気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾンⅩ(上)

ico_grade6_3h

「いえ、無理ではありません!」

立花・誾が応じた。こちらに届く声で、

「並ぶものなし! 無双の名において、無理などという限界は存在しないのです!」

『よくぞ言った!』

 

信長が本能寺の変を断行。

それでもトーリたちは、創世計画を止めて、末世を救うという目標を崩さず。

武蔵勢と羽柴勢との戦いは避け得ない状況となり。

歴史再現『伊賀越え』によって、明智勢と評されている武蔵を松平に戻そうとしてましたが。

 

歴史を動かす最終局面だって言うのに、その内実が中々ひどい(褒めてる)。

流石武蔵というか。ネシンバラの不良在庫とかをゴミとして、敵の前にばら撒くとか。

魔女たちの同人誌ばら撒くとか、確かに時間稼ぎにはなっているけど、なぜその手を選んだ、というのを普通にやってくるからな……

『ごみを捨てる大義名分を作った文書を送れ』と無茶ぶりされる大久保と、その怪文書を読まされた安土達の反応が愉快。

 

あと通神で言質を取られらくないからと役職ではなく「武蔵の八百屋」と「安土の肉屋」を名乗り交渉してる辺りはおかしすぎた。

何をしているんだお前等は……!

いい感じに温まっている武蔵勢に振り回されている竹中の言動も怪しくなってくるあたり、武蔵勢の感染力すごいよな……

あと「武蔵副会長のパターンとしては、宣戦布告が来る可能性がかなり高い」とか見込まれている正純のウォーモンガ―っぷりよ。否定できないけど。


本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第三部 領主の養女Ⅰ

 ico_grade6_3h

「確かに。どちらにもいかなければ争いになりませんね」

なんていい考え、と手を打った時、フェルディナンドの肩にジルヴェスターとカルステッドの手が両方からポンと置かれた。

「フェルディナンド、抜け駆けはいかんな」

 

領主の養女となる事が決まったマイン。

名をローゼマインと改め、カルステッドの娘として養育されることに。

カルステッドの妻エルヴィーラに、フェルディナンド達が事情を明かし協力を仰いでいました。

貴族らしい振る舞いが出来ていなかったマインが、図書館の鍵という褒美の為に奮起してるのは笑った。

 

本当に本が好きすぎて……けど、目的がはっきりしていた事もありますが、マインなんだかんだでスペックは優秀ですよね。

ちゃんと上級貴族らしい振る舞いを身に着けているし、仕事を割り振らればちゃんとこなすし。

本や身内が関わるとブレーキ壊れて、常識がずれているから周囲が振り回さえますけど。

 

この巻で好きなエピソードはやっぱりイタリアンレストラン辺り。

食が関わると面倒くさいエーレンフェスト首脳陣のやり取りは見ていて楽しいです。

……無茶ぶりされたベンノとギルド長は大変そうでしたけどね!

あと、フェシュピール演奏会も外せませんね。

引き受けざるを得なくなったフェルディナンドからの意趣返しと、それを受けてのマインの暴走と……この二人のやり取りが好きですねぇ。

最終的にマインが痛い目見るあたり、フェルディナンドの方がまだ上手、というか。マインの詰めが甘いですけど。




好きなライトノベルを投票しよう!2018上期 投稿

ラノベ人気投票『好きラノ 2018上期』用のエントリー。
応募は今日まで! 記事書こうと思っていたのに、ドタバタしててさっぱり忘れてました。
10票まで投票できるので完全に好みに走ります。

1、『ラストエンブリオ5 集結の時、暴走再開!』




【18上期ラノベ投票/9784041055199】

2、『魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?5』
魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい? 5 (HJ文庫)
手島史詞
ホビージャパン
2018-03-30




【18上期ラノベ投票/9784798616780】

3、『本好きの下剋上 第四部Ⅲ』

【18上期ラノベ投票/9784864726863】

4、『精霊幻想記10』
精霊幻想記 10.輪廻の勿忘草 (HJ文庫)
北山結莉
ホビージャパン
2018-03-30




【18上期ラノベ投票/9784798616773】

5、『14歳とイラストレーター5』
14歳とイラストレーター5 (MF文庫J)
むらさき ゆきや
KADOKAWA
2018-05-25

【18上期ラノベ投票/9784040699233】

6、『女神の勇者を倒すゲスな方法4』

【18上期ラノベ投票/9784047349636】

7、『境界線上のホライゾンX(下)』




【18上期ラノベ投票/9784048936835】

8、『青春ブタ野郎はおでかけシスターの夢を見ない』




【18上期ラノベ投票/9784048935852】

9、『なぜ僕の世界を誰も覚えていないのか?(4)』

【18上期ラノベ投票/9784040699554】

10、『聖剣使いの禁呪詠唱(22)』
聖剣使いの禁呪詠唱<ワールドブレイク> 22 (GA文庫)
あわむら 赤光
SBクリエイティブ
2018-06-14

【18上期ラノベ投票/9784797397055】

読んでるけど感想記事をまだ欠けていない『本好き~』とか『なぜ僕の~』、『ホライゾン』とかが混ざってるのは……
なんというかすいませんって感じですね。
最新刊の更新頻度についてはもう少し頑張りたい(願望)。

ジャンプSQ 2018念8月号 感想

ジャンプSQの感想。続きを読む

本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~ ふぁんぶっく

ico_grade6_3
「無理だと思われていた孤児院の救出をローゼマイン様は達成しました。たとえ無理だと思われたことでも、それを可能にする努力をローゼマイン様の側仕えは求められます」

 

初出の情報も紛れ込んでるふぁんぶっく。

Q&Aとかを見るに、本当に世界を細かく作り込んでるんだなぁ、って感じがします。

口絵・扉絵ギャラリーやキャラクター設定資料集なども収録されていてかなり豪華な感じ。

シリーズファンなら必見です。
ローゼマインが神殿長になるにあたって、フランが二コラ達に貴族区域を案内する短編「神殿案内」も

収録されていて、マイン不在時のキャラの絡みが、普段と違う姿が見えて楽しい。
 

鈴華さん描き下ろしのコミック番外編「娘は犯罪者予備軍!?」も掲載。

約束を守れなかったマインはもう森に行かせない! というギュンターがトゥーリやルッツから話を聞いて考え直す話。

「ちゃんと理解した」からの「全力で泣かす」というマインの迫力に負けてました。

「もったいなくない?」のところとか絵、可愛いんですけどね。言ってる事物騒ですが。

扱いになれてるルッツが流石。家族の寛大さもあるけど、ルッツの存在はかなり大きいよなぁ。

 

Q&Aで出てきたのは、ベンノの亡くなった恋人リーゼの死因とか。

マインの前世、麗乃の名前の由来とか。貴族たちの正式名の設定についてだとか。

回答もわりとフランクに書かれてて、スラスラ読めました。




週刊少年ジャンプ No.31 感想

ちょい前のジャンプ感想。続きを読む

詩葉さんは別ノ詩を詠みはじめる

ico_grade6_3

「過去は取り戻せる、か……。そいつは分からねえけど、二回目は同じ間違いを繰り返さない。そのために過去はあるのかも知れないな」

 

大切な思いや言葉が形となった影。

幽霊みたいな存在が見える主人公。

同じように、その姿が見える女性――詩葉と出会い、彼女に色々と教えてもらっています。

誰かが発した、届けられなかった言葉。それが形を持ったものだ、と。

故に「迷い言」と呼んでいると語っていましたが。

 

数年前の事故で無くした幼なじみの「迷い言」を見つけてしまった事もあり、詩葉に助力してもらって色々と手を打っていますが。

彼女に頼りきりになるのではなく、彼自身も動いているのは好感が持てますかね。

事故以来疎遠になっていた幼なじみたちと連絡を取る、なんていうのは中々踏み出しにくいことだと思いますが。

それを実行して、言葉を聞きだせたのは、感心した。

 

しかしまぁ、幼なじみ達の心は少し軽くなったでしょうけど……

誰も彼も重たいもの背負ってるなかで、詩葉自身も何か抱えて混んでいそうだからなぁ。

続きが出るとしたら、その辺りをつまびらかにする話になるでしょうが……ビターな展開になりそう。



本好きの下刻上~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第一部 本がないなら作ればいい! Ⅲ

ico_grade6_3h

「ルッツ わたしの紙…ルッツが作る?」

 

トーゥリの7歳を祝う洗礼式。

その当日に会議が入ってしょぼくれているギュンターは本当親バカだよなぁ。

マインはそんな父親を連れて門で仕事のお手伝い。

親バカギュンターに振り回されるオットーが大変です。

そして門で順調に文字を覚えている者の、本づくりが停滞中のマイン。

 

ルッツから相談を受けて、それをオットーに伝えて。

旅商人になりたいという、この世界ではかなり無謀な夢。

それを諦めさせるため、あるいは普通の商人に変えるため会合を持つことに。

ここで大店のベンノと伝手があるオットーを頼れた、というのがマインの転機のひとつだよなぁ。

まぁ、そもそもあの家族の下で暮らし、ルッツに出会えなければ、とっくに死んでいたでしょうけど。

 

コリンナ愛を語るオットーがどこまでもオットーで、凄いな……

最初は興味津々で聞いてたマインが頭抱えるくらいですしね。

商人見習いになるために、紙づくりをすることになったマインとルッツ。

場面ごとに表情がちゃんと描かれていて、見ていて楽しい。

 

巻末には描き下ろし短編「洗礼式と髪飾り」が収録。

マインがトゥーリの為に作った髪飾りをギルド長とその孫娘が目撃して。

いったいどこで売り始めたのか、と探し始める顛末が描かれています。

コミカライズ途中から短編が乗るようになって、コレがまた面白いんですよねぇ。少しずつ世界が広がっていく感じが良いです。



ロード・エルメロイⅡ世の事件簿1

ico_grade6_3h

「――あなたの師匠は最悪の魔術師ですわ」

「……否定はしません」

 

三田先生の引き込まれる文体で描かれた、あの世界を見事に描いていると言いますか。

Ⅱ世がグレイに魔術講義をする場面。ライネスと会話をしている場面。

それぞれの場面で違う表情が描かれていて。シリアスなところとギャグな場面とでメリハリが効いてる。

 

現代の魔術師の扱う「天使」。

それが多く展示された、剥離城アドラ。そこの城主が死んだことで遺言が公開され、遺産を目当てに、癖の強い魔術師が集まったわけですが。

戦闘になったら誰と戦っても負けるのは私だ、と言いながらもⅡ世が言葉によってちゃんと渡り合っているのが彼らしい、と言いますか。

彼なりの戦い方を身に着けてるんだなぁ、と変化が好ましいやら寂しいやら。

 

この城に来た面子はそれぞれに事情があって、それの説明を入れるのがかなりややこしくなるんじゃないかと思ってましたが。

いい感じにはめ込んでいて良質なコミカライズだと思いますね。


装甲のジェーンドゥ! 

ico_grade6_3

「お嬢様はせっかく有力情報を手に入れながら、使い方を誤りました……」

 

ある災厄によって、精密機器や通信機能が使えなくなった近未来。

それでも色々工夫して開発してるだから、大したものだ、と言いますか。

人体の微弱電流で稼働するアーマード・スーツを作って、地下で興行してるのはどうかと思いますけど。

 

いや、表沙汰に出来ないから地下興業なんですけどね。

表向きは電子機器が使えなくなったこともあり、障害を持った人のサポート器具とか、建設・災害現場での使用なんかもされているようですが。

レーダーとかも死んだ世界なので、人力で稼働する兵器として、アーマードスーツは優秀で。軍事利用としての需要が高い。

 

地下興業に参加していた女子高生、結々子は色々と不穏な動きに巻き込まれていくわけですが。

自前のタフさで乗りきったり、後見人の先生に助けられたりと、超えていきました。一人で戦い続けるのではなく、ちゃんと助けてくれる人が居たのは良かったかなぁ。

キャラとしては、結々子にちょっかいをかけてるお嬢様が好きです。手の出し方を間違えて、最終的に不可の評価を下されているあたりは、つい笑ってしまった。

 



プロフィール

ちゃか

 友人に「活字中毒っていうか読書中毒」と評される程度には本が好き。適当に感想を書いていく予定。リンクはフリーでコメントはご自由に。悪質と判断したものについては削除する場合があります。

アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索