気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

Fate Prototype 蒼銀のフラグメンツ5

ico_grade6_3h

「あるじの行いはおよそ凶行ではあるだろう。しかし、すべてはあなたの願いがため!」

「願いは明日に託すものであり、人々に託すものである」

そんなにも堂々と。

貴様は断じてしまうのか、セイバー。

 

シリーズ完結巻。

敵対的なサーヴァントは全て打倒され、残ったのはキャスターとアサシン、そしてセイバー。

……要するに愛歌陣営の完全勝利と相成ったわけですが。

愛歌は、セイバーの願いを叶えるために聖杯を用いた準備をすると言って彼を遠ざけて。

キャスター・アサシンと共に着々と儀式をすすめています。

聖杯を起動するためには、サーヴァント七騎の魂が必要。けれど、愛歌はセイバーの願いを叶えたいから彼の魂は注げない。

だから、大量の生贄を用意してセイバーの代わりに聖杯に放り込もうってあたり、流石の悪逆っぷり。

 

その果てにビーストを産み落とそうとするとか、愛歌、本当に手段を選ばないな……

これだけのことをしているその目的が、恋をした相手の願いを叶えるため、というただその一点というのが、本当に恐ろしくてならない。

置いて行かれたセイバーは、大聖杯を探し街をさまよい歩き、沙条家の当主や愛歌の妹・綾香と会話をし……特に綾香の言葉によって、迷いを振り切ったようで。

 

愛歌の行いを阻止するために、大聖杯の元へと駆けた。

真の充足を知ってなお、愛歌のためにセイバーの前に立ったアサシンを打倒し、万端の準備を整えていたキャスターを退けた。

キャスターとアサシンは自らの行いを悪と認めながらも、心のどこかには迷いがあった。

 

主への忠誠を誓いつつ、死なせたくない相手を想ったハサン。

道を見誤ったことを自覚し悪を謳いながら、確かにあった暖かな交流を胸のうちに抱え続けていたキャスター。

中々彼らの在り方は、悪役として筋が通ってていい感じだと思いましたよ。

「私すら滅ぼせぬものに! 大聖杯の悪を両断する事は叶わない!」とキャスターが叫んだ当たりとかは、展開として好みです。

そしてセイバーの迷いない行動の果てに愛歌が倒れ、此度の聖杯戦争は終結したわけですが……一度死してなお止まらない辺り愛歌怖いですね!

中々楽しいフラグメンツの数々でした。




ワールドエネミー 不死者の少女と不死殺しの王

ico_grade6_4

「覚悟と言ったな。己の腕を引きちぎるのが覚悟だと」

()

「その程度の覚悟で俺に勝とうと願った。それがお前の敗因だ」

 

吸血鬼や、魔獣といった強大な怪物がはびこる時代。

その中でも世界の敵とされたアークエネミーが存在して。

たった一体で人類という種そのものを滅亡の危機に追いやれる、という力を持った存在が居る中で、人類は戦い続けていた。

 

怪物に対抗するための聖素を操る術を持つ教会と、教会の手が届かないところで戦いを続けているハンターと二つの勢力があって、余り仲が良い感じではありませんが。

ノアは怪物に育てられたという特異な過去を持つ、最強の怪物ハンターで。アークエネミーにすら一人で戦いを挑む傑物。

 

組織の中で孤立すると情報が得られないから、ハンター同士の交流も行うし、スポンサーへの定期的な挨拶もする。

鍛錬も怠らず、対策を練ることを忘れず、人間としてエネミーに立ち向かうノアの姿はかなり格好良かったですねぇ。

ただ、既に迷いも何も無く完成されている感じがあって、安定しているのでハラハラような場面はありませんでした。

敵がどんな手を打って来ようと、これまでもこんな窮地は経験していると、即座に行動に移せるあたり、頼もしすぎる。

 

ゲームとかでよくある、スポットで参加する強力なユニットだけど、事情により途中で別れざるを得ないとかそういうお助けキャラな立ち位置に居るべきキャラクターだと思います。

なので、ノアに救われ同行する事になったシスター見習いのシルヴィの存在は物語的に結構貴重だったのでは。

常識にとらわれて失敗したり、次の機会には対策を学んで行動するようにしたり。王子守ったり活躍もしていましたけどね。

最終的には、ノアは無傷で勝利していましたが……彼自身が重傷を負った時にどうするか、って言うあたりが描かれるとまた楽しそうですねぇ。続きを期待したいところです。




週刊少年ジャンプ No.29 感想

週刊少年ジャンプの感想。続きを読む

週刊少年ジャンプ No.28 感想

先週のジャンプの感想。続きを読む

ロクでなし魔術講師と禁忌教典8

ico_grade6_3h

「俺の見立てじゃ、お前ら三人が、このクラスで一番強いからだよ」

()

「だから、最初に纏めてコテンパンに叩いとけば、後が楽だろ?」

 

派閥争いの煽りを受けて、「成績不振のため退学」という通知が来たリィエル。

それを回避するための実績を作るために、ある女学院へ短期留学する事になって。

システィやルミアも同行し、グレンも臨時講師として派遣されることになりました。

ただし、男子禁制の学園の為、グレンは魔術で女に変身するというひと手間が加えられていましたが……

セリカが嬉々としてグレンに魔術をかけていて、人生楽しそうだなこの人と思いましたね……

 

そして何とか潜り込んだ女学院ですが、そこはお嬢様同士が派閥を作り内部で抗争が起きているような状況で。

グレンは、今まで講師としてやってきたように、彼女たちのこれまでの積み重ねてきた常識を打破し「魔術師」にしてやると断言。

普段がかなりロクデナシですけど、こうやって真面目にやっている時は格好いいですよねーグレン。

 

まぁ、今回は始まりからしてリィエルの退学回避が目的だったわけですが。

そうやってリィエルを動かしたことが敵の狙いの一つでもあったようで。

女学院にもまた変な輩が入り込んでいたようですけれど、この国裏で蠢いている闇、深すぎませんかね……

敵の尻尾を掴むことはできませんでしたが、リィエルが新しい友人を得たようですし、そこは良かったですねー。

途中でリィエルがやっていた「縄抜けの魔術(物理)」と「鍵開けの魔術(物理)」にはひたすら笑いましたけど。それでいいのか魔術師……!




ジャンプSQ 2017年7月号 感想

ジャンプSQの感想。続きを読む

電撃大王 2017年7月号 感想

電撃大王の感想。
続きを読む

LaLa 2017年7月号 感想

LaLaの感想。続きを読む

週刊少年ジャンプ No.27 感想

今週のジャンプの感想―。続きを読む

週刊少年ジャンプ No.26 感想

先週のジャンプの感想。続きを読む
livedoor プロフィール
アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索