気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

Unnamed Memory短編感想(電撃文庫MAGAZINE2020年2月号)

ico_grade6_3h

「名前で呼ばれないのには慣れてるんですけど、予想外の方向過ぎて反応できないというか」

 

電撃文庫MAGAZINE20202月号掲載の短編の感想です。

4巻発売前という事もあって、別にページ割いて挿絵が掲載されていたのは嬉しかったですねー。服の色も相まって、印象変わってて絵師さんが凄い……

 

短編は3巻で結婚した後のエピソード。

「王妃様」と呼ばれて、一回気付かないティナーシャが新鮮でちょっと笑ってしまった。

魔女としての酷薄さも持ち合わせている彼女ですが、一個人としては抜けてる部分もありますよね……

そして王と魔女の、「周囲を困らせるな」トーク。ネタに尽きない辺りが流石としか言えない。

 

そして今回はルクレツィアがいい仕事してました。いやぁ、幼いティナーシャが本当に可愛くてたまらない。

記憶があるから、心が幼くとも転移出来たり力を行使できるのがまた。

退行した精神に魔女の技って一緒にしちゃいけないものでしょ……オスカーが唖然とするとか、中々ないですよ。

そこから、終盤の「私の王」と呼ぶ場面が、もう尊くて最高でしたね。

彼女にとっての唯一を見つけた魔女の在り方が好きです。

とても情が深い彼女は、魔女であるが故に一線を引いていましたが、王がその内側に入り込んだからこそ見れる姿は、愛らしい。

 





続きを読む

マテリアル・パズル~神無き世界の魔法使い~4

ico_grade6_3

「きっと俺達の下にやってきてくれる……!!」

「そう信じています」

 

守護神デュデュマが吸収されてしまった事で、大地はみるみる内に荒廃して。

いやぁ、惨憺たる有様ですね。最終決戦に負けた後を描くとこうなるのか……

そんな中でもミカゲを筆頭に諦めずに戦い続けているキャラが居るのはいいですねー。

命七乱月に必要な「七人」を探して旅をするミカゲ。

彼は、女神の三十指の中でも魔人と呼ばれるジャンクーアの子供たちに目をつけて捜索。

 

親に言われたからと言って、危険な場所で健やかに育っている子供たちよ……

いや、妹の方は父が盗んできたグリ・ムリ・アの研究成果によって命を繋いでいるようですけど。それにしたって逞しいな……

生存能力・身体能力は高くても勉強が苦手なのは、まぁ、兄妹しかいなければ教材もないしな……リキは、うん頑張ってたよ。

 

グリ・ムリ・アが亡くなったのを知ってなお、女神の信奉者たちが変わらず動いているのもおっかない。もっと沈め。油断しろ。

いや、油断している隙にジャンクーアが忍び込んだから、警戒を強化した部分もありそうですけどね……というかジャンクーアはジャンクーアで何してるんだ。出会って2秒で裏切ったって。

妹の方は右手ドリルで、兄の方は左手に手甲装備して戦うのが、対の設計な感じで良かった。

 

あと今回驚いたのは、伍式隊に所属していたクインベルが、三十指に属してることか。あの時目的としていた神獣狩を果たして、成果を上げている辺り空恐ろしいんですけど。

オマケに使う魔法が焦天回廊って、オイオイ……



活版印刷三日月堂 小さな折り紙

 ico_grade6_4

「自分の知らない世界を見たいんだよ」

 

前巻『空色の冊子』では、三日月堂にまつわる過去が描かれました。

シリーズ6弾となる今回は、三日月堂から広がっていく未来の話が収録されていました。

「マドンナの憂鬱」、「南十字星の下で」、「二巡目のワンダーランド」、「庭の昼食」、「水の中の雲」、「小さな折り紙」の6編が収録。

 

金子さんが朗読会をしたちょうちょうの一人と交際を始めたとか、ワークショップをした高校生たちのその後の話だとか。

当然なんですけど、これまで多くの人が三日月堂を訪れて、色々な経験をしていましたが。

たまたま多くの人々の歩く道が、三日月堂を通っただけで、彼ら彼女らには三日月堂の視点からは見えないこれまでとこれからがあるんですよね……

世界が広がった様で、とても楽しかったです。

 

直近の時間軸のエピソードが紡がれるのかと思ったら、「小さな折り紙」では子供たちの話になっていて、驚きました。

弓子さんが、三日月堂の店主としても立派になっているのが感じられましたし、家族を亡くした彼女が幸せそうな過程を築けている事にほっとしました。

読んでよかったと思えるシリーズで、とても素敵な番外編でした。


マテリアル・パズル~神無き世界の魔法使い~3

ico_grade6_3

「俺を動かしちまった時点で!!!」

「大誤算かましてんだよ!!!!!」

 

1節が終了し、第2節がスタート。

とは言っても、第1節終了から第2節スタート部分は回想というかダイジェスト的で、かなり巻いてたなぁ、という印象。

実際2節そのものも2話で終わってましたしねー。

 

本気を出したバレットによって、ヤトイデカは蹂躙されて。

最後に反撃をしていましたが、それすらも織り込み済で、足を切って乗り切ってる辺り凄いわ。

伍式隊のニニの方にも魔法を残し、そちらの方は効果を発揮してましたが。あそこで見捨てない辺り、人がいいなぁ。

 

そして第二節、決戦の終幕。コルクマリーの行動によって、渾沌と化した状況で、相変わらずアダラパタが楽しそうだなぁ……

命七乱月が発動してましたが、アレも謎が多いですよねー。アダラパタがなんか知ってそうですけど、教えてくれないだろうなぁ。

辛くも命を拾ったミカゲが出会ったのがニニというが、巡り合わせの妙というか。復活してるのを見るとちょっとほっとした。




Fate strange fake6

ico_grade6_3h
「俺は、凄く身勝手な事に聖杯を使いたい」

 

帯によれば、後半戦に突入したらしいですが……マジですか?

あちこちの勢力の思惑が入り乱れているのが、加速しているというか、誰も彼もが好き勝手に動いているなぁという感じ。

 

『まっくろさん』の世界に飲み込まれたアヤカとセイバーは警官隊と同行して、フラットはハンザ達と合流。協力し合ってるというよりは、ひとまずは敵対していないという方が近いか。

そして、マスターである椿の近くには、アサシンとシグマ。

さらにはジェスターもこの世界に踏み込み、あちこちにちょっかいを出してきているのが厄介極まりない。

 

外側でも、ティーネ達の下にエルキドゥが踏み込んだり、他の勢力もじりじりと動いては居ますが。

個人的に今回一番驚いたのは、フラットの自由さですかね……どんな縁を結んでいるんだ君は。『まっくろさん』世界に取り込まれて、結界の薄い部分に目を付けて外部と通信をとったり、スペックは相変わらず高いですね。

それが結構な打撃となってはいましたが……その後の容赦なさにもまた驚きました。衝撃的だ……

 

フランチェスカとプレラーティも、『まっくろさん』内部に入り、セイバーたちにちょっかいを出してましたが。

彼の在り様には、痺れたな……うん、なるほど彼もまた王なんだよな、と実感した。

そして彼が見つけ、聖杯に願おうとすることが、我儘だっていうのも最高じゃないですか。

あれが実現したら相当楽しいだろうなぁ。……そこに至るまでの道のりが遠そうですけど。他の勢力がまだまだ健在ですからね。

 

そして、この巻で悲しかったのは、椿のことでしょう。

幼い彼女が、あの場面で願ったこと。それがあまりにも悲しすぎる。

その願いを聞いて、憤ってくれる人がそばに居たのは救いだと思いたいですが。

迷いながらも戦い、道を見つけたキャラも多いですが、終着点が未だ見えないこの聖杯戦争、どこに辿り着くんだろうか……

 

Fate/strange Fake(6) (電撃文庫)
成田 良悟
KADOKAWA
2020-01-10

マテリアル・パズル~神無き世界の魔法使い~2

ico_grade6_3
「光栄に思え 俺の本気を引き出せたことをな」

 

王を人質に取られて、過激なことはしないだろう、という思い込みをついた襲撃。

……いやぁ、アクア筆頭に止まらなかっただけとも言いますが。実際それがうまくハマって混乱させられてるんだから、結果オーライ。

そして敵を捕虜にとってましたが……イルチ、口軽いな。笑うわ。チョロイ。

味方も「こうどなわじゅつ」に動揺してませんか、アレ。目が点ですよ。

若い頃のシュダンが描かれていたり、楽しいなぁ。

 

そして神獣伍式隊の背景も明かされて。元は小国の騎士団だったが、三大神器に滅ぼされて。生き残りが復讐の為に結成したとか。

このまま真面目モードで行くのかなと思ったら、オイーモゴッデスが降臨して。いや、おい。マジかよ、って素で声が出た。

一瞬で薙ぎ払われてオチまで完璧でしたね……

 

剣仙の弟子という触れ込みの相手を、武で圧倒する辺りプリセラは相変わらず。

出来る事が限られている分、他の二人よりも現時点で完成に近づいているのかな。本編と比べると、まだ甘い部分もありますが。

伍式隊の仲間割れがかなりスケールの大きい事になっていましたが。窮地に、本気のバレットの活躍が見られて、ちょっと感激した。まだ上があったのか……



ソード・ワールド 蛮王の烙印2 魔域の王と黄泉帰りし英雄

ico_grade6_3

「姫さん、俺はあんたに感謝してるんだ。俺を生き返らせ、もう一度果たしきれなかった使命をやり直させてくれたんだからな」

 

姫と共に戦う、かつての英雄の旅第2弾。

最終目標のヴェルカーの魔域にも到達してましたし、完結巻かなー。

姫の実家の事とか広げようとすればネタはありそうですが、ここで終わりでも綺麗だと思います。

 

目的地に行こうと思えば、街を蛮族が襲って。

その中に蛮王を知る者がいてエルヴィンに跪いた上に、それを街の住人に見られて。

ひと悶着起こるかと思いましたが、そうかああいうのもアリなのか。蛮族や魔神についての知識が足りんなー。

あらすじにもあるとおり、エルヴィン以外の300年前の英雄が蘇って戦場で相対する事になったりもしてましたが。

全体的にサクサク進んだ、と言いましょうか。アンデッドの軍勢とか喫緊の課題があって、それに対処しているうちにどんどん前進していくので、かなり読みやすかったです。

姫様の不器用な想いと、それを見守っている2人がなんとも言えない味わい出してて好き。

 

あとがきで実は2.5ルルブのワールドパートに、「その後」が少し書かれてると会って、引っ張り出してきましたけど、NPC紹介のページにしれっと居たのか……

購入した直後にざっと読んだだけだったので、気づかなかった……

あと、短編小説集「ショートストーリーズ」の新作刊行予定って書かれてましたし、楽しみです。



マテリアル・パズル~神無き世界の魔法使い~1

ico_grade6_3

「見せてやるよ!!

「本物の魔の力ってやつをな!!」

 

いやぁ、懐かしいなぁ。ゼロクロイツはリアルタイムで読んでいたはず。

本編の記憶薄れてるんで、その内読み返したいですねー。

……新章刊行されてるのには、最近気づいたんですけど。情報感度が悪い……

 

冒頭に本編『マテリアル・パズル』と『ゼロクロイツ』の宣伝が入ってからの第四章。

最初に描かれる1節は、なんと過去編。

最盛期のメモリア国王バレットと、彼と出会った当初の、まだそれぞれの戦い方を極めて居ないティト達の冒険譚。

 

いや、国王がそんな行動派でいいのかとは思いましたが。そんな彼だからこそ、ティト達と絆を育めたのかなぁと思います。いや、捕まった時あっさり「逃げる準備」とか言って見捨ててましたけど。アレも信頼ですよね、うん。

しかしバレット王、強いな。グリンのように血統によって魔法を扱える。おまけにそれが「三千大千世界」だって言うんだから。

 

実際、それをよく活用して戦っていましたけれど、敵も無策で暴れていたわけではなく。一時は彼を捕縛してのけるんだから見事なもんです。

まぁ、その実内部に裏切り者抱えていたり、面倒な気配がしますけどね。さて、どう決着するやら。

真面目なシナリオの裏でオイーモゴッデスとかやってるのがこの作品らしさだよなぁ。緩急の付け方が凄い。

 



つるぎのかなた3

ico_grade6_4

「大丈夫よ。……みんな分かってる。あたしも分かってる。だから何があっても誇りなさい」

 

2巻と対になる、第3巻。

前回は暑苦しい男たちの戦いが描かれていましたが……剣を手にした女たちだって、同じくらい暑いんだと。戦うためにここに居るんだ、という事が描かれていました。

後書きによれば、相当な難産だったようですけどねー。

帯の文句は「かわいいよりも、強いと言って。」。口絵にはその後に続く一文がありますね。

 

強い部分もあるし、弱い部分もある。人によっては逃げ出してしまうことや、目を逸らしてしまう事だってある。

けれど今、彼女たちはここにいるのだ。戦って、間違って、傷付いて。

そうして立ち止まったときに、見えていなかったものに気が付いた。そして、気が付いた後にはもう止まらなかった。

それぞれが前に進むために動いて、足掻いて。励まされたり、背中を押したり。

 

後書きで語られた、3巻のテーマ2つを真摯に描いてくれたと思います。未熟で青臭い青春模様は、とても輝いてる。

そして章間では、悠が部長となった後の8月の大会の様子が少しずつ描かれていました。うん、新しい形で戦う姿は格好良かったですよ。

4巻書けるかは不明瞭な感じみたいでしたが。もしかけたらそれが最後になる予定だとか。個人的には、続きを期待したいですが、さて。

 


ヲタクに恋は難しい8

ico_grade6_3

「…これでよかったんだ」

「…これで…よかったのか??」

 

エピソード55のお題を認識して、コメントしてるメタネタな1頁漫画が結構ツボ。

そしてついに告白した樺倉たちの話がいくつか。

先輩を畏れている後輩と、打ち明けようとしているのに上手くボールを拾えない樺倉のディスコミュニケーションっぷりが笑えました。

最後に宏嵩がオチを持っていって、まぁ、あのままだと一生言えなかっただろうからファインプレー。

 

今回はこーくんと尚のエピソード多めでしたね。
表紙にもいますし、引きもそんな感じだったし、しばらく主役回続くのだろうか。

服を買いに来たところを成海・小柳コンビにみつかったこーくんが……えーっと、ご愁傷様ですというか。

小柳がノリノリで、こーくんが成海に助けを求めた時に真顔で「ごめん」って言った場面が笑えました。



プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ