気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

Unnamed MemoryⅥ 名も無き物語に終焉を

ico_grade6_5

『お前の言うことも分かる。だが、昔と今は違う。自分一人で何でも背負うな。後で悔やむくらいなら俺を頼れ』

(略)

『そうしたら、俺が一生一緒に背負ってやる』  

 

Act.2の幕引きとなる、完結巻ですよ!!

最悪3巻まで出たところで終わる愉悦ルートすら示唆されていただけに、ここに来られただけでも感慨深い。

そして、今回は今まで以上に加筆されていて、WEB既読組でも楽しめる事請け負いです。書籍版初出のネタが登場するので、「加筆多いっていう6巻だけ読もうかな?」はあまりオススメしませんが。

 

初っ端から女王として君臨していた当時のティナーシャの様子が描かれていました。

なにこれ知らない……。王候補のラナクが乱心したこともあって、女王には支持者の他に反発する勢力も居て。それを、女王として切り捨てて。

ファルサス王家から遊学に来た王族と、ちょっとした交流をしていましたが。この当時は、建国当時の逸話が口伝で残っていたんですね……。ディアドラ……。

 

即位してから面倒事にばかり巻き込まれるために、在位期間を削ろうか、という提案がレジスから出て。

ティナーシャが伏せていた情報を告げて、オスカーが交渉した部分もあるみたいですが。

婚礼衣装が出来たら退位する、と言う話になりました。幸せそうなティナーシャが良いですよね。

その報告をしに行ったら、「聞いたら死ぬ歌」を聞きに娼館に行く計画をオスカーがたててるんだからもう……。

扉が一瞬で潰されたり窓にひびが入ったり。ラザル達が逃げ出したそうにしてるのも分かるわー。

 

この歌のエピソードが、Act.1とはまた違った方向に話が進んでいくのが楽しいんですよね。

噂を流した娼館の男、シモンの過去。呪歌によって故郷が滅ぼされた、と言う話から大陸規模でひっそりと進行していた事件が明らかになって。

犯人を捕まえた後、オスカーとレジスが酷薄な会話をしてる場面も好きです。敵には容赦しない王族の覚悟が見れる気がする。

 

加筆部分で、調査の過程で水の魔女が登場するのも嬉しい。

元々古宮先生が、設定上はいるけど本編に登場しない「全員揃わない」ネタが好みだったとかで、本編には関与しない筈だったんですよね、水の魔女。ただ、都度「本編に登場しませんよー」と言うのも何なので、加筆で登場する事になったとか。

実際、私も他の短編とかですれ違ったりするのも好みだったんですが。こうやって絡んできてもそれはそれで美味しい。精霊たちの中に、彼女を知っているって情報も知れてよかった。

 

鏡に関する騒動では、ティナーシャの女王としての顔がより鮮明に描かれて。

オスカーが珍しく足踏みしてる感じはありましたけど。動きだしたら止まりませんよね、彼。

暗黒時代を知るティナーシャの隣に立とうとする気概を感じるというか。

彼女に言わせれば「存るがままにしか言わな」くて、絶望を超えるために支えてくれるという理解が、とても尊い。

 

5章がまるまる書き下ろし章なんですが……ヴァルトが、オスカーに使えていた時代とか、最高ですよね……。

ヴァルトのオスカーへの態度と言うか、感情が明瞭になったのはいいですね。たった一度仕えただけだけど、他の人間の様に上手く操れない、と言う彼が好き。時読の一族であるが故、相容れない相手ではあったけれど、憎んでるわけではないこのさじ加減がもう最高ですね。

 

帯で明らかになっていますが、長月達平先生による「完結に寄せて」と言う寄稿文が収録されていて、愛を感じてよい。

そして、その後に章外としてのオマケがあって、先の話を垣間見れるのはとても楽しかったです。

 


(※以下に巻末で明かされた情報についての叫びを収録します。未読の片はご注意下さい)


続きを読む

疑似ハーレム6

ico_grade6_3

「俺もどんな凛でも好きだ」

 

完結巻となります。

演技の顔も私の一部だと、メラメラと意欲的な凛ちゃん可愛い。

アピールするために小悪魔ちゃんぶったり、ツンデレちゃんに切り替えたり。

役をしっかり使い分けて、幅が広がってる感じはありますね。

 

映画撮影用のネタに、凛の昔のエピソードを参考にリメイクしたネタを作ったりも。

嬉しそうな凛と恥ずかしがってる先輩とが微笑ましくていい感じ。

それが話題になった、というか。興味をもった事務所からオファーが来るとか、後半は急展開だった感はある。

ま、お互い大切にしていて幸せそうなのは良かったですね。

Unnamed Memory1

ico_grade6_4

「ならば私は貴方の守護者として塔を下りましょう」

「今日から一年間 貴方が私の契約者です」

 

私の最押しライトノベル、『Unnamed Memory』のコミカライズです。

好きな小説が書籍化して。それに好きなテイストで挿絵がついただけでも嬉しいのに、好ましい漫画連載まで始まって、言葉にできないくらい幸福を感じている。

 

呪いを受けた王太子オスカーが、試練を乗り越えた末に魔女に解呪を依頼するお話です。

画が付くと、青き月の魔女が住まう塔の高さが映えますね。雲がかかって頂上見えないんですが。

この中にあるいくつもの試練を、オスカーは実質一人で乗り越えていくんだからお見事です。

コミック用に描写が圧縮されたり、一部変更されたりしてます。ただ、古宮先生の監修が入ってるので自然に読めるので、もう本当にたくさんの人に読んでほしい。

 

小説版でもティナーシャが自然に浮遊の魔術を使う、と言う描写はありましたけど。

コミカライズされて、実際に浮いてる姿を見るととても可愛いんですよ! 特に2話で祭りを楽しみにしてくるくるしてる場面とか、とっても良いと思います。

3話で実際に祭りを満喫してるシーンも挿入されてるんですよねぇ……。

 

オスカーに求婚された時とか、城を抜け出してると聞いた時とかに見せる表情とか、全員の記憶いじって解決しそうな気がすると見抜かれて「心を読むな!」してるシーンとか。メイン二人の表情がコロコロ変わるので楽しいです。

 

あとはリトラとかラザルやメレディナみたいに、書籍版で挿絵がつかなかったキャラの容姿見られるのはポイント高いですね。

1巻では「繰り返し触れられる過去」が終わる場面までが描かれていますよー。オススメです。

可愛いだけじゃない式守さん1

ico_grade6_3h
「今年も式守さんが一緒に居てくれるなら何も怖くないから」
 

不幸体質で、日々何かしらのトラブルに襲われまくってる和泉君。

彼には、式守さんというとても可愛い彼女が居て……その上、数多の不運に見舞われる泉君に害が及ばないよう、可能な範囲で助けてくれる、とてもカッコイイ一面もある。

この可愛いカップルを見守る漫画ですね。

 

付き合ってることは周囲にも知られていて、基本的には受け入れられてる模様。

なんでもっとイケメンと付き合わなかったんだ? なんて話題はどうしても出るみたいですが。

彼が大好きな式守さんはひと睨みして話題を終わらせてたのが強かった。不運続きな和泉君はメンタル強くて気にしてないのも良いですね。

 

この二人、ちゃんと自分の想いを相手に伝えてるから偉い。

和泉が不運にあっても式守さんは守ろうとするし、それに甘えすぎるのも悪いって和泉も認識してるし。褒め言葉もちゃんと言う。忘れてた事に気付いたらその場で伝える。

手を繋いだりデートしたり、イベントをこなしつつ楽しんでるし、赤面したりしつつで初心なところもあって、微笑ましいなぁ、って思います。

地球さんはレベルアップしました!

ico_grade6_3

「覚えておいて」

(略)

「私たちはね、世界最強の四人組なんだよ」

 

小説家になろう書籍化作品。WEB未読。

BOOKWALKER読み放題にて読了。

 

ある日突然、世界中で轟音が鳴り響き「地球さんはレベルアップしました!」というアナウンスが流れて。

それにとって世界のルールが書き換えられました、という。

大量破壊兵器は使用できないように土に還されて、人類にステータスとスキルが適用された。

 

同時に実装されたカルマ値の存在により、行いの善悪は可視化され、極悪人がさらに罪を重ねようとした瞬間地獄送りにされる、という分かりやすい「罰」が下されることも、早い段階で明らかになったそうです。

さらには、マナという謎の物質も散布され、ダンジョンまで出現した。

 

怒涛の展開が続き多くの人々が混乱する中で、中二病気味な高校一年生・羊谷命子は訳が分からないなりにそれを祝福し……運悪く足元に出現したダンジョンに呑まれた。

ダンジョン内で魔物と遭遇し、攻撃を食らったり敵を倒したり、命の危険に晒されたりもしていましたけど。

しかし、彼女はその不運を楽しんでいた。そういうメンタルだからこそ、ダンジョン内で生き残れた部分はあると思います。

 

数時間、ダンジョン内部を探索した彼女は運よく出口を発見し、初めてのダンジョン帰還者となった。

関係各所への情報提供を行って、しばらくは自衛隊などが調査に乗り出していたようですけど。

命子は、いずれ一般にダンジョンが解放された時のために、特訓を始める事にして。

 

変化に多くの人が戸惑っている間に、命子たちは未発見のダンジョン入り口に触れてしまって命懸けの探索を始める羽目になったりします。

女子4人のパーティーがわちゃわちゃしながら、強く泣ていく過程を楽しむ物語ですね。

バシーンと宣言して、とか。シュタっと壁に背をつけて、とか。擬音が多くて文体は好みが分かれそうかなとは思いました。イラスト 可愛いですよー。

やしろあず記 僕と家族のクソみたいな日常

ico_grade6_3
「あんたこんな本見て何やってんだい!!」

そんなお母さまのありがたいお言葉(?)からはじまる日記。
BOOK☆WALKERでセールやってたので買ってみたんですが、ま笑える作品ですね。
よくもまぁ、これだけのネタがあるなと感心してしまう。
家族ネタを本にするにあたって、中学生時代の未公開イラスト(厨二仕様)の添付が条件に付いたとで巻末に乗ってます。

母親にTwitterを教えたら、やり方を覚えて息子のアカウントにリプを送ってくるとか、強い。
イラストをアコンにしたりとか、信頼しあってないと仲が険悪になるネタですよね……と言う感じ。

ヘビが登場したときのリアクションとかも笑えました。
結婚されたのはおめでたいですが、妻と母とで公開リプ合戦やってるのは凄いですね。それをネタして漫画書いてるのそうですけど。
この時期はまだ三角コーンの人じゃなかったころなんだな、とは思いました。


本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第五部 女神の化身Ⅴ

ico_grade6_4

「どこまでとおっしゃられても……。取れる時に、取れるところから、取れるだけ、取っておくもの、とわたくしは教えられて育ちました」

 

プロローグはボニファティウス視点。

彼は次期領主としての教育をヴィルフリートに施していたそうですが……不満を口にするだけの現状では、相応しいとは言えないとジルヴェスターに申し出て。

名捧げのルールが変わってしまう懸念をローゼマインに伝えてくれたりと、孫娘愛が強すぎる面白キャラなだけじゃなくて、ちゃんと周囲が見えてるんですよね。

 

「ローゼマインは人を育てるのが上手い。どれも私が欲しいくらいだ」なんて最高の褒め言葉じゃないですか。

フェルディナンドから、他の領主候補生の側近と力量差が生じてるとか言われてましたしね。

ボニ様に比べると、ジルヴェスターは甘いなと思わざるを得ない。嫌いではないですけどねぇ。ここで忠告を貰っているのに、結局ヴィルはあぁなるわけですし。

 

この巻だけでもローゼマインの周囲は騒がしいです。

王族の願いで、未成年なのに地下書庫の調査を手伝わされるし(これはローゼマイン自身も楽しんでますけど)。

他の領地からは中央神殿に入れようとする動きがあったり、果ては王族に迎え入れようとまでしてきますからね。

 

星結びの儀式が挿絵になっていたのは最高でしたね。

神々しいって言葉が出てくるのも納得できる、迫力があった。

そして、祠巡りを強要されたローゼマインと、王族として命令してくるアナスタージウスとエグランティーヌの挿絵も、構図とローゼマインの顔に陰入っており断絶を感じる構図が目を引きました。

 

商人聖女の章が、好きなんですよね。

下町で育ち、神殿で学び、領主の養女にまでなった彼女だからこそ見える世界と出来る提案がある。

ローゼマインが積み重ねてきた時間の集大成とも取れる交渉ですから。

……脅しも混じってるけど。まぁ、交渉相手になる王族が、話し合い席を設けたからいいだろう? と思ってる傲慢さが透けて見えて、イライラするシーンでもあるんですけど。

 

祠巡りの時もそうですけど、ローゼマイン達の貢献は小さくないと言いながら、向こうの都合ばっかり押し付けてくる王族はハッキリ言って嫌いです。

アナスタージウスの方は、祠巡りを終えた後にすまなかったと言ってくれる描写が入ってましたが。一回の謝罪で許せるような真似じゃないぞ……。

 

ちなみに書籍化で祠巡りの描写は加筆されていて、それぞれの神様の授けてくれる言葉が分かるようになってます。細かいですけど、結構嬉しいポイント。こういうの気になるんですよね。

 

エピローグは、ヒルデブランド視点。WEB版の『閑話 望みと出口』。

恋は盲目状態で暴走をはじめそうな王子が恐い恐い。マグダレーナは、変に昔んフェルディナンドを知ってる分、認識が歪んでる部分はあるよなぁ、と思います。

まぁ、ローゼマインみたいな突飛な存在に影響されて、変化したことを他領の人が把握するなんてのは難しいでしょうけど。

 

巻末SSはアドルフィーネ視点の「望まぬ結婚」とオルタンシア視点の「シュラートラウムの花」。

前者は、順調にジギスヴァルト王子の株を落とす話でしたね。いやぁ、傲慢ですね。

自分達の意見が通って当然と言う振る舞いと、言葉選びのセンスがなくて敵ばっかり作ってる気がする。これで本当に貴族院出てるのか……? って思いたくなる。

これはアドルフィーネが、個人的に好きになれないというのも分かる。無理はない。むしろナーエラッヒェは彼のどこがいいの……?

それでも政略結婚だから、と受け入れていたのに無茶ばっかり言うんだもんな……。

 

オルタンシア視点では、彼女が智の番人として覚悟を示してくれてるのが好印象。

一方で、彼女の夫である騎士団長には不審さが募るといいますか。……最後のシーン、正直怖かったですよ。おっかない。

 

今はまだ「幼馴染の妹」ですけど。14

ico_grade6_4
「それでも…」
「本当に奇跡にでも縋らないと敵わない望みがあるなら」
「いったいどうすればいいんですか…」


おさいもコミカライズ! 1話~5話を収録。

灯火ちゃんが可愛くて良い感じです。表情がコロコロ変わるんですよ。
巻頭の「どうですかぁ? うれしいですか?」のハート飛ばしまくってるコマとか結構好き。
子犬扱いされてたりもしましたね。わりと分かる。

7年前の7月7日に降り注いだ7つの流れ星。
「星の涙」と言われるそれに願えば、失失った一番大切なものを取り戻せるという。
ただし、二番目に大切なものと引き換えに。
よくありそうな都市伝説ですが、実際のところ本物には効果があって。

主人公の伊織が久しぶりに幼馴染の妹、灯火と再会した翌日から彼女が付きまとってくるように。
彼女は「星の涙」に願おうとしているのかもしれない、と伊織は考えて。
それを阻止するために、意図がつかめない彼女の行動に付き合うことに。

同じ学校だったので、合うのは難しくないものの。
伊織は校内で嫌われているため、進んで灯火が会いに来たときには変な空気になったりして。
3話のデート回とか結構好きです。なんか小説版と違う描写になってるところがあって、原作者Twitterを見るにそれはわざとっぽいので、種明かしされる機会をずっと待ってる。4巻出て……。
個人的には小織推しなので、たまに登場すると嬉しいです。

巻末にはおまけ4コマを収録。
放課後楽しそうにデートしてる風景が描かれてて中々楽しい。
電子版買ったので自信ないですが、多分並び的にカバー裏にも漫画書かれてるタイプなのでそちらもご確認ください。おまけ4コマ3と4がある筈。

 

コンガの音が鳴り響く(どうして)

私のイチオシ作品、『Unnamed Memory』のコミカライズが本日発売です!
魔女に呪われた王太子オスカーが、別の魔女に解呪を依頼するファンタジー小説です。
どちらも最強クラスの腕前なので、戦闘シーンも結構安心して見れます。
コミカライズ1巻パートだと余り戦闘描写ないですけど。
王太子が魔女に求婚して「結婚するか?」「しないよ!」みたいな可愛いやり取りしてるのを見て欲しい。


 
小説完結巻となる6巻も4月17日発売予定で、とても楽しみにしております。



コミカライズ版からでも良いので、是非読んでください!
作者の古宮九時先生は、『Unnamed Memory』の新作がでると、購入者限定短編をアップしてくれたりして、満足度も高いシリーズとなっております。

なぜか今、コミック購入者にコンガがあたるキャンペーンも自主的に行っておられます(どうして)……。
いや、読者が新しい情報出る度に「ドンドコドンドコ」言って盛り上がってたせいなんですが。
そんなユニークな企画に今なら参加できますよ! 4月23日まで。

君もUMを読んでコンガを叩こう!(作中には出てきません)

美少女と距離を置く方法2 ぼっちとクールと恋敵、キスとヤキモチと修学旅行

ico_grade6_3h

「だって……遠くだと寂しいじゃないですか」

 

サブタイトルと表紙で、察しの良い人は大体何が起きるか分かりそうな雰囲気。

どストレートにそのまま出されてきますけど。それが良いんですよね……。

付き合い始めたけれど、それを周囲には隠している簾と理華。

絶対に隠すと決めているわけでも無いけれど、わざわざ公表するような事でもなくて。

簾の交友範囲が狭いこともあって、二人の交際は現状ではバレていなかった。

 

そんな折に、修学旅行の時期となって。                                 

簾は実行委員会に所属していたので、準備に駆り出されることに。

珍しいな、と正直思いましたけど。去年は掲示委員会に入って、年中忙しかったから、イベント1回で終わるのに方針を切り替えた、と語られていて、ブレなさに感心してしまった。

連絡事項の都合上、男女1名ずつ選出されることになっていて。去年も同じクラスだった(簾は忘れていたけど)女子が、なぜか簾に近づいてきて。

 

一緒に委員会の仕事をしている場面とかを、理華も見ることがあって。

ヤキモチを焼いているのが、可愛かったですね。読者目線だから言えることですけど。

当の二人は、まだまだ恋愛初心者で。対応を誤って、ギクシャクしたりしてしまう事も。

それぞれの友人が気にかけて励ましてくれたり、外から見ていた分気付けたこともあった筈でそれが出来なかったな、なんて反省までしていて。

それだけ親身になってくれるのは得難い縁だと思うので、大事にするといいですよ。

 

最終的には、収まるべきところに収まるので安心してお読みください。

イチャイチャも含有してるし、特に自分の「好き」がどんどん大きくなって御しきれない理華が可愛かったですね。

プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ