気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

Unnamed MemoryⅢ 永遠を誓いし果て

ico_grade6_5

「王よ、私は貴方の魔女」

(略)

「そして貴方は私の王。魔女が貴方に、永遠に変わらぬ愛情を捧げましょう」

                                                                                                                                

まず最初に言わせてください。

最っ高でした!!!

当ブログでも、オススメ記事書くたびにその名前を出している位のイチオシ作品なんですが。期待値を軽く超えてくれて、もう感謝しかない。
都内で流通開始した日にゲットしに赴いたのですが、感想書いたネタバレ満載になったので、公式発売日をまってました。未読の方は閲覧注意です。
 

というわけで3巻ですよ。

Unnamed Memory』は大別してAct.1Act.2からなりますが、Act.1の終着点が描かれます。WEBで初めて見た時、衝撃を受けたのを今でも覚えていますね……

今回も冒頭の1章まるまる書き下ろしで、あちこち加筆されていてWEB読んでいても楽しめる構成。

 

特に後半。呼ばれぬ魔女レオノーラの事とか、戦いの情景とかがボリュームアップしていて、熱かったです。

いや、なんだあの隠し玉。気軽に城を呼ぶな。魔女って本当油断ならないですね……怖い。そりゃあ、こんなのが五人もいたら魔女の時代とか言われますわ……

 

ティナーシャがどんどん城に馴染んで、頼み事をされることも増えて。

契約終了まで三か月。四百年を生きた彼女からすれば、あっという間……のはずだった。

けれど、彼女は揺れ迷っていた。そんな中で、城が襲撃される事態になって、オスカーが危機に陥ったりもしてましたが。

それでも助けるべく手を尽くしてくれた、彼女に敬意を表したい。

 

……私人としては、わりと抜けてますけど。

彼女が多数決を取る場面は、WEB時代から特に好きなシーンです。笑った。

そこがギャップになっててまた魅力的というか。完璧すぎるより、ちょっと抜けてるくらいのほうが親しみやすいですよね。

 

そして、その後の挿絵が卑怯でした。あそこで一度死んだ。

というか、あそこに至るまで挿絵がなかったことに最初は気付かなかった位、のめり込んで読んでましたね……

トラヴィスとオーレリアの挿絵も付いてて、今回の挿絵指定、完璧だなって気持ちで読んでました。トラヴィスが思った以上に男前で、同時に胡散臭い……

ついに結婚に至って、感無量でしたね。あの場面でまた死んだ。死に過ぎである。

 

王と魔女が協力して、災いを生む魔女を討ち、ついに結ばれる。

普通の物語だったらここで終わりです。

けれど、『Unnamed Memory』には、まだ続きがあるのです。

文武両道、完璧と言っていい王オスカーの、ただ一つの愚かしさを、それでも後悔がない結末をどうか見て欲しい。

 

巻末には、『Re:ゼロ』の長月達平先生の解説付き。

長月先生の熱が伝わってくる文章で、楽しかったです。

そして、その解説の終わった次のページには、ある広告が掲載されています。

 

えぇ、えぇ。WEB読者すべてが願っていた事でしょう。Act.2の書籍化が、発表されました!!!

後書きと解説まで読んで、「これは……どっちだ……?」と、元々Act.1のみで愉悦するなんて話もあったので、不安になりながら読み進めて。

たった一ページが、とても重くて、深呼吸してから開きましたよ私は。

 

「書籍化決定」の文字を見た時には、冗談じゃなく固まって、「マジか」と零しました。夢かと思った。三度見くらいして、本当だと認識した後くらいから、しばらく動悸が激しくなって大変だった。

刊行時期とかはまだ触れられてなかったので、続報を待て! 状態ですけど、もう、決定したって言う情報だけでしばらく生きていけそう。ありがとうございます……!

◇オマケ1
今回も作者様製作の「書籍情報」サイトにて、短編が読めます。
ネタバレあるので、読了後のお楽しみにどうぞ!!

◇オマケ2
電撃文庫公式Twitterにて「#UnnamedMemory感想」キャンペーンを実施中。
開催期間は9月30日まで。抽選で5名様に、なんと絵皿が当たるとか。
タグ付けてツイートした後に、作者様にDMすると短編URLを送ってもらえます。1~3巻、どの感想でもOKとのことですので、ぜひぜひご参加ください。




何故か学校一の美少女が休み時間の度に、ぼっちの俺に話しかけてくるんだが?

ico_grade6_3
「――ない。恥ずかしいなんて、俺は思わないよ」

 

タイトル通りの作品ですね。

ライトノベル好きを拗らせて一人読み耽っているぼっちの安藤君。

クラスメイトで、学校一の美少女と評判の隠れラノベ好き朝倉さん。

 

接点がなかった二人が、ラノベという共通項から接近していくんですが……

朝倉さん、安藤君が絡むとポンコツ度を増すため、噛み合わず。

安藤君がぼっち極めすぎて、予防線を引いているって言うのもありますが。

後半に行くにつれて糖度高め。
一緒に出掛けた時とか他のお客さんから爆発すればいいのにとか思われてます。
実際、爆ぜればいいと思いますよ、えぇ。

 

地の文なし、会話オンリーという形式。

とはいえ、心の声で、それぞれのキャラの目線から補足が入るので混乱はなく読み進められます。

自分の好きなものを、卑下することなく語れる安藤くんは、いい子ですね。

総じて読みやすいラノベでした。

 



ソードアート・オンライン18 アリシゼーション・ラスティング

ico_grade6_3

「ああ、終わりにしよう」

 

長らく続いたアンダーワールドでの戦いの終結。

9巻から続いたアリシゼーション編も、未来への希望と問題を孕んだ状態とはいえ、一先ずの幕引き。

アリシゼーション編は相変わらず、イラストの見せ方が上手いと言いますか。最後の演出には驚きました。

 

長らく心神喪失状態にあったキリトがついに目覚め、活躍してくれました。

ここに至るまでに積み上げて来たもの。ユージオを筆頭にアンダーワールドでの縁が彼を助けてくれた部分もありますが……

敵集団を壊滅させて、Pohを封じて、ガブリエルまで撃破するとは。

「オイシイとこ持っていきすぎなんだよ」とクラインの言葉取り。いやまぁ、これは、復活してくれた彼への冗談みたいなものでしたけど。

回復を泣きながら喜んでくれる、危地に駆け付けてくれた友。結構いいキャラしてるので、クラインの事好きですねぇ。

 

さて、課題山積ながらとりあえずは落着。

この後、最大最後の戦いが待っているそうですが、キリトの心神喪失状態や戦争が長くてじれったかったので、次はスカッと解決してほしい所ですが。さてはて。



読者と主人公と二人のこれから

ico_grade6_3

「――傷ついたり、傷つけたりする覚悟はできた?」

「……ああ」

 

『三角の距離は限りないゼロ』と同じ学校が舞台なんですねー。

『三角』の2巻で登場した、柊時子と細尾晃がメイン。

細尾と幼馴染という事で広尾と須藤も登場してます。

これ読んでから2巻読んでたら、更に楽しかっただろうなぁ。

他の作品とリンクする描写とか、結構好きなんですよ。

 

『十四歳』という小説に惚れ込んで、読みこんでいた細尾。

高校に入学して、最初のホームルーム。早く帰りたいな、と思いながらクラスメイトの自己紹介を眺めていた。

そんな彼の、出席番号が一つ前の少女。彼女は『十四歳』に登場するヒロイン、トキコにそっくりで。

 

少し接点が出来て聞いたところによれば、彼女の姉が本の作者で、ヒロインのトキコは彼女をモデルにしているとか。

それがきっかけで交流が始まって……少しずつ距離は近づいていく。

けれど、「トキコ」と「時子」は似ているけれど、どうしても違う所がある。

人一人を一冊の本で描き切るのは困難ですし、そもそも人は年を重ね、変化してくわけで。

ズレが重なり、違和感を覚えるようになって……一度は、距離を取ったりもした。

それでも側に居てくれる友人がいる、というのは宝だと思いますねぇ。良い青春モノでした。


魔法科高校の劣等生30 奪還編

ico_grade6_2h

「これまで、およそ五年間。お世話になりました」

 

今回は、達也への妨害が少なくてストレスフリー。

新キャラが登場してバックアップしてくれたり、四葉からの支援などもあって、無事に水波を奪還できましたし、おおむね好調な感じかなぁ。

達也の恒星炉プロジェクトを評価してくれる人……つまり、現状の魔術師の扱いに異を唱えてくれる人が増えているのはいい感じですねー。

 

戦略級魔法が抑止力としてではなく、実際に兵器的運用されてる辺りに危機感を覚えている人も多いようですし。

佐伯少将がなーんか根回ししてるのも、不穏というか。大筋では正しいけれど、達也を駒扱いしてるのがあからさまというか。

海外では魔法の発動長考を察知して無力化する首輪、なんて代物まで開発が進められているそうです。奴隷扱い待ったなし。

 

佐伯が達也を畏れすぎている感じがしますがね……普通の人と同じで、彼にとっての地雷踏まなければ、とくに爆発しないんですが。

傍から見てると判断基準判りにくいしなぁ。一般人が魔法士を畏れるのも、同じような感じでしょうか。

水波は奪還したものの、光宣との決着はつかず。パラサイト側の騒動があって、姿を消したようですが、どこにいったやら。



86―エイティシックス― Ep.7ミスト

ico_grade6_4

「もう充分、助けられた。……俺たちもいい加減、解放してやるべきだよな」

 

……え、ライトだった、だと……?

表紙が綺麗で、作者様もTwitterでライト回と仰ってましたが。

いや、騙されんぞと思って読んだら、本当に『86』なのかと思うくらい穏やかな時間が流れていて驚かされました。

 

立て続けに過酷な戦線を超えた、独立機動打撃軍に休暇が与えられることとなって。

ヴァルト盟約同盟にて羽を伸ばすことに。連邦のお偉いさんたちが、悪の大幹部ごっこしてたのには笑ってしまった。言葉に出さなかった副官は偉い。

お互いを意識しているシンとレーナが、見ていてもどかしいから、そろそろくっ付けと周囲が有形無形の援助をしているのも良かったですね。

 

エイティシックス達が驚いたように、シンにも変化があって。人間味が増したというか、柔らかくなりましたよね、態度が。

レーナの方がハッキリと自覚せず足踏みしていたのは、ちょっと意外というか……休暇中に割り込んできやがった、共和国の人材を思うと、納得できる部分もありますが。

 

いやまぁ、本当に未だに価値感変わらないんだな。地獄を見ただろうに。いや、地獄を見たからこそ、責任を押し付けたいのか。

共和国から更に西にある国家の生存も確認されて、狂国とか呼ばれていたのが恐ろしい。え、この大陸あの邪悪よりも評判悪いとこあるの……?

 

同時に、第三国の協力のもと前回確保した「無慈悲な女王」の尋問も行われていたようです。

最初は情報部が行っていたものの、成果が上がらずシンやヴィーカが駆り出される状況にもなってましたが。

難航しながらも得た情報が、値千金かつ爆弾みたいなもので、恐ろしい。


終末はあなたに会いたくない

ico_grade6_4

「再会を……」

それは、冗談でも、祝えない。

「呪って」

 

数日後に、隕石が降って来て世界が終わる。

そんなニュースを聴いた私は、仕事を放り出して一人、無為に時間を潰していた。

誰に会うでもなく、趣味に費やすでもなく。

ただ一人だけ、思い出した顔はあったが、会いたいとは思わなかった。

けれどチャイムが鳴って、ドアを開けた先にはその後輩が立っていた……

 

世界が滅ぶ、最後の数日を共に過ごす二人の話です。

もう、凄まじかった。情念が濃い、と言いましょうか。

ドロドロとした想いが、読んだこちらにも伝わってくるようで、手が震えて……それが、たまらなく面白かった。

                                                                                                    

お互いが、お互いの特別であるために、彼女たちは名前を呼びません。

「せんぱい」とか「君」で通じてしまう。殊更に、識別記号としての名前を必要としていない。

陳腐にまとめるなら、好きという事。それも、間違いではないですけど、一面でしかないですよね。

彼女たちの想いは、比類ないほどで、だからこそ離れた。だからこそ、会いたくなかった。でもコレ、反語ですよね。裏側には強い肯定が隠れていて、それを隠していた。

 

ここまで強い想いは、ある種の「呪い」ですよ。

だってお互い相手を忘れずにいて、最後の時間を共に過ごすことになって。

縛られている。別れてから時は流れたけれど、根っこが変わっていない。

そんな有様を、突き付けられるようなお話でした。

暗さも重さもあって、毒のような物語。でも、二人がともにいる様が美しく思える。

用法用量を守って、お読みください。もし、世界が終わる前だったなら、ご自由に。刺さる言葉が記されている筈。


本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第四部 貴族院のお称図書委員VII

ico_grade6_3h

「ちょっと待ってください。このように二人だけでお話できる機会などもうなさそうなので、わたくし、神官長を脅迫しておきます」

 

第四部、終盤。次のIX巻がクライマックスとなり、第五部へ移るわけで。

WEB版を既読済みなので、展開を知っていてなお辛かった。

政変で中立で、ローゼマインの影響で順位を急激に上げたエーレンフェスト。

長らく下位領地であったことが、どうしようもなく痛い。

貴族社会で神殿が忌避されている、というのもありますけどねぇ……ハイスヒッツェを筆頭に他領の後押しが恨めしい。

 

代替わりのタイミングとか色々あって仕方ないことはわかるんですけどね。

エーレンフェストに事情があるように、それぞれの事情を抱えて、要望を通そうと社交をしている。

エピローグがディートリンデ視点でしたが……フェルディナンドを「自分の思い通りに動く男」とか思っていて、本当にもう……

 

プロローグでの、メルヒオールの可愛さが吹き飛ぶ勢い。

ローゼマインを真っ直ぐに慕う様子が、微笑ましくていいですねぇ。本当。

兄弟姉妹でのお茶会でも、ローゼマインの表情が緩んでましたし。そのまま育つといいよ。



月刊少女野崎くん11

ico_grade6_3

「やっぱり催眠術で人の心を操ろうなんて間違ってるよ!!!」

「お いいなそれ 30ページの読み切りの21ページあたりに出てきそうなセリフだ」

「ウワーッ なんとなくわかるー!!!」

 

鹿島の妹が登場。

姉に勝るとも劣らない曲者というか、妄想癖の少女。

それで割と行動力もありますね。

あれで中々個性が強い演劇部の面々を驚かせるって、相当ですよ……

 

締め切り間際の応援。

野崎が一番飽きてて、模様替えしようとしたり、2時間はかかる料理を仕込もうとしてたり、現実逃避もはなはだしくて笑える。

 

あとは、ついにローレライであることを若松に打ち明けようとする、って言うのも大きなイベントでしたが……

これまでの積み重ねの成果が、アレだよ……

カタルシスネタの話してるときの佐倉のリアクションが理想出来て楽しかった。

あとは、催眠術ネタも、かかりが良すぎる2人とその周囲のノリがよくて愉快でした。

堀先輩順応性高いな……

月刊少女野崎くん(11) (ガンガンコミックスONLINE)
椿 いづみ
スクウェア・エニックス
2019-08-22


クール・エール2

ico_grade6_3

「……ちゃんと、帰ってきて」

「わかってる」

 

ソーマ達が今いるのが、アーネル王国の一都市。

隣国のチョーカ帝国の工作員を捕獲し、水の大精霊であることを明かしたソーマを、アーネル王国上層部は扱い兼ねているようですねぇ。

冗談ではなく、都市を、国家を滅ぼせるような力量を持った、自分達とは違う価値基準で動く相手を御せる方がおかしいんですが。

 

対チョーカの戦争終結まで、かなり畳んだ印象。

はぐれ竜の回収とかも割愛されて、ウォルの建設と、『ホワイトクロ―』が去るまで。

WEBだとショート・エールで、もっとウォルの面々の描写があったので、そこはちょっと物足りなく感じましたかねー。

ソーマ、その経歴ゆえに、割り切りが過ぎるので、あまり描写しすぎても殺伐としてしまうので加減は難しそうです。

書籍化に当たっての改稿も、短く読みやすくする感じだったので、楽しめました。

 



プロフィール

ちゃか

 友人に「活字中毒っていうか読書中毒」と評される程度には本が好き。適当に感想を書いていく予定。リンクはフリーでコメントはご自由に。悪質と判断したものについては削除する場合があります。

アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索