気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

蒼き鋼のアルペジオ1

ico_grade6_3
「人類の希望を・・・最後の希望を運んで欲しい」


今現在アニメ放送中、ということでつられて購入。
いや、書店でバイトをしているんですが、店頭で一押し、みたいな感じになっていまして。
・・・コミック担当の社員さんに踊らされてるなぁ。
まぁ、店の利益につながるし、俺は俺で楽しい漫画読めてるから、悪い事じゃないんですが。

さて、内容としては、海戦モノというかなんというか。
こういう系統の漫画はあまり読んだことないので分類に困りますなー。
と思って後書き見たら、「SFちっく海洋冒険(美少女)アクション(仮)」と思って書いているそうで。
とりあえず、SFってことですかね。

ざっくりあらすじを書いてみると、「霧の艦隊」と言う謎の船が登場した世界が舞台。
霧の船には人類の攻撃は効かず、一方で霧の船は人類にはない威力の武器を備えている。
海は霧の船の縄張りとなり、人類は孤立を余儀なくされた。
大陸や、全ての島嶼が孤立するってことは、輸入に頼り切ってる諸々が足りなくなるわけで。
再利用可能な輸送機を持って、細々と支援し合ったりしている、と。
・・・詰んでね? とか思いますが。

そんな中で、人類側についた「霧」の船イ401に紀子だ主人公とその仲間たちが、霧の艦隊に戦いを挑んだり、国内の事情に巻き込まれたりするお話。
イ401が人類側についた、というよりは主人公についた、って感じなので、国内の他の勢力からすると、主人公一行は目の上のたんこぶなわけですなー。

アニメも軽く見てるんですが、コミックとはまた違う展開になってる部分があちこちに鳴るみたいですなー。
これ、最終的に、アニメオリジナルのエンディングとかに着地するんじゃなかろうか。
いや、コミック自体もキリのいいところ探すのが難しいようには思いますが、さてはて。
内容としては結構面白いです。



マギクラフト・マイスター

ico_grade6_3
「ようこそ、我が後継者」
(略)
「私は、私と志を一にする者に私の築き上げてきた全てを譲りたい。
 それをどう使うかは、後継者、君の自由だ。詳細は記録を見て欲しい」


「小説家になろう」連載の小説。
連載中で、この記事を書いている時点で、275部。

分かりやすく異世界召喚モノですね。
魔法を使った工作工芸、「マギクラフト」。
その「マイスター」の後継者として選ばれたため主人公は異世界に召喚され、そこから話が始まります。 
マギクラフト・マイスターの没後に、後継者を探し、見つけ出すまでの長い時間の間に戦争が起きたようで、技術的には後退しています。
そんな中、戦前ですら先進的すぎて受け入れられなかった「マギクラフト・マイスター」の技術はとんでもない価値を持っているわけで。

そして主人公は、割と頓着せずそれらの技能を駆使し、多くのものを開発していく。
現代で得た知識なんかも活用して、工作無双するお話。
いや、ポンプに始まり果てはレールガンまで作れるんだから、実は簡単に世界征服とかできそうですね。
ゴーレムとか自動人形とか、兵隊相当のものも作れるから、もう最強。
本人の性格が無かったら、本当に、世界を支配する暴君になっていたかもしれないチートな制作能力です。

ゆったりと異世界ライフ満喫してましたが、あの無頓着な制作ぶりを見ていると、よく権力者に捕まらなかったものだと思います。
いや、捕まっても割とあっさり逃げられる能力ありますけど。

全体としてみれば、能力が凄いけど、展開がゆったりだから、こう中だるみしやすいんじゃないですかねー。
まぁ、それなり。

今月の末に、 MFブックスから単行本が出るらしいですねー。
嫌いじゃないんですか、買うかどうかは未定。イラストの人は好きですけど、うーん、どうしようかなぁ・・・ 

ブレイブレイド4 神葬の魔剣

ico_grade6_5
「欲しいものは、もう持っています」

主人公のジンがどこまでいっても、悪役であったというか。
いっそここまでいくと爽快な感じですね。
後、やったことに対して、言い訳しないウィルも個人的には嫌いじゃないです。

あちこちイベント盛りだくさんで、でも、織り込まれていた情報はしっかり全部出し切ったんだからさすがですね。

虚工物とはいったい何なのか。
虚人とはなんなのか。
虚工物に、亜人が守り人としてついているのはなぜなのか。
魔法の原理、というかその力に強弱がある理由。
そして、ウィルの目的。

いやぁ、これ以上ない見事な最終巻だったんじゃないでしょうか。
前回の最後で壮大な引きになってた大量発生した虚工物もおおよそ解決しているし。
勇者一行が、英雄が、そして悪役が。
それぞれ思うように動いて、まぁ、いい結果を引き寄せたといいますか。
ジンの行動力というか実行力は本当に素晴らしいものがありますねー。

面白くて、一気に読みましたよ。
やっぱりこの作者さんの作品は好きですね。新シリーズも準備されているみたいですし、早く来春がこないものかと。


ブレイブレイド3 惨下の都

ico_grade6_4
「(前略)私はすっごいワガママなんだ! 私は――ジン・アークロストの妹だ!」。

今回の個人的な見どころは、冒頭のセリフですな。
こりゃすごい。これ以上ないくらいの説得力を感じましたよ、確かに。さすがは「勇者」ですねぇ。
今まで「魔剣使い」な兄に振り回されているような印象を受けましたが、ここにきて振り切れたな、と。
悩みもあったようですが、振り切れた後の、行動はなるほどあの兄にしてこの妹ありという感じで。

もう一つ、ゼクトとユスティンが途中で叫んでいた、

「焚き付けたな、騎士の兄さん!」
「そのつもりが引火して大爆発だ! まったくあの兄妹は! 英雄の子供はまるで火薬庫だ!」

っていうのが、もう、心の底から叫んでるんだろうなぁ、と思えてしまって。
割と苦労性ですよね、ユスティン。腕はいいはずなのに。
触れちゃあいけない親子ですよ、アレは。下手に手を出したら火傷じゃすみませんから。

ローズマリーとかに見せ場があったかなー、と思う一方で『徒花』の連中は、ちょい役過ぎた気がするというか。色々と残念な奴らでした。
まぁ、ジンがあっさり切り捨ててるのはいっそ愉快と言うか。
割とシスコンなジンの前で、手を出そうとするからいけない。

相変わらずの面白さだった。
終盤、マキナがある人物を指さし告げた言葉から、転回していったよなぁ、と思います。

次回、最終巻が楽しみ。 



ブレイブレイド2 鉄鎖の泉

ico_grade6_4
「――好きにすりゃいいじゃねぇか。――好き勝手やりかえされて構わないなら」。

ジンは自称する通り、悪者な面を持っているんですよね。結構いざというときに容赦ないし。
弱いけど、それでもやっぱりジンは主人公、なんだなぁ、とか思います。
神民の態度にはイラっとするときもありますが、そんな不満に対して、ジンが不平を言ってくれてて、ジンの考え方は結構好きだなーとか思いました。

イルマが信念を持たずに、でも好きだからやっている、と言う部分も結構好きですね。
登場人物が自分なりの価値観を持って行動しているとわかる描写が多くて、それらに共感できる部分もあるので、キャラの魅力が引き立つんだろうなぁ、とか思います。
いやまぁ、敵キャラのナッシュとオルティアは勝手だなぁ、と思いますが。本人たち納得してるならいいんじゃないでしょうか。やられた方は納得いかないでしょうけど。

最後の、ジンの「打つ手に容赦がない」シーンは好きですが、おっかないですね。
すれ違った勇者チームの感想にもありましたが、怒らせると、こうなるわけで。
持たせちゃいけない人に、持たせちゃいけないものを持たせた結果。
これを見ると、確かに1巻で英雄たちがジンを閉じ込めてまで何とかしようとしたっていうのもわからないではないです。しかし、閉じ込めるような真似をしなければ、猛威を振るう事もなかったんだから、自分で自分の首絞めてるよなぁ、と父親世代に関しては思いますけど。


ブレイブレイド1 遺跡の虚人

ico_grade6_4
「答えろよ! 正義の言葉で俺を屈服させろ!」 

主人公のジンは、英雄と呼ばれる父と、勇者と称される妹を持つ、落ちこぼれ学生。
「英雄の息子」として求められる実力や振る舞いをしない彼に対して、周囲の目は厳しい。
本人は、自分に父や妹のような力がないことを早々に悟り、自立をめざし、自らにできることを探している。

別の巻で「我慢できていたのが異様だった」と言われる状況の中、ジンはそれなりに学生生活を満喫しているんですよね。
エリスやウィルみたいな変わり者と付き合いながら。
類は友を呼ぶって言いますが、まさしくそんな感じで。 能力的には平凡で、自分で雑魚と自嘲するぐらい。
普通だったら、英雄である父親や、勇者と呼ばれる妹が主人公になるでしょう。
でも、この本の主人公はジンなんですよね。 誰も彼もが、彼を無視できていない。
そんなジンが、遺跡で少女を拾い、運命が動き出す。

まぁ、これが普通だったらボーイ・ミーツ・ガールの典型で、成長だったり、努力だったり、友情だったりとつながっていきそうなものですが。
ひねくれているジンがそんな真っ当な道を選ぶはずも、また周囲が選ばせてくれるはずもなく。
ついに、彼の抱えていた爆弾を爆発させてしまう。

冒頭に挙げた言葉は、途中でジンが叫ぶ言葉です。
何者にもなれないと嘘をついていた彼が選んだ路がまた痛快で。
英雄たちが悪だっていうんじゃなくて、ジンも自分で言っているように、多くの人はジンを悪とするでしょう。
でも、それがどうした、とばかりにその道を進んでいく様がいいですね。 その精神性は、決してヒーローのものではなく。その逆を行くものですが。
周囲が勝手すぎる、と言う部分になんとなく共感もできるので、障害を越えていく様子が気に入っています。 イラスト、嫌いじゃないんですが、ちょっとみにくい部分があったかなーと。 P211を見たとき、最初どういう体勢なのかわからなかったです。 あと、スカルノ学園長にすらイラストついているのに、イラストもなくやられていったユスティンはすごく哀れな気も。


ヒーロー文庫 感想一覧

ヒーロー文庫の感想まとめ。
著者名アイウエオ順。 続きを読む

角川ビーンズ文庫 感想 一覧

角川ビーンズ文庫の感想一覧。
著者名アイウエオ順。続きを読む

オーバーラップ文庫 感想 一覧

オーバーラップ文庫の感想まとめ。
著者名アイウエオ順。 続きを読む

ガガガ文庫 感想 一覧

感想まとめ記事。
著者名アイウエオ順。続きを読む
livedoor プロフィール
アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索