気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

歌姫

ico_grade6_3
「どうして神様は悪い願いばかり聞いてくれるんだろうね」
「…きっと」
「悪いことを願って幸せをつかもうとしたから 天罰が下ったんだ」

掲載誌的にはBL。Amazonの分類でも、「コミック・ラノベ・BL」に入ってますし。
ただまぁ、そういった要素っていうのはほとんどないですね。
あきさんのイラストが好みで購入。
画も話も結構好きなんですけど、結局のところどうして歌姫が歌をささげないといけないのか。そもそも国王の血筋に男児しか生まれないっていうのはどういうことなのか、とか疑問が多くて、説明が足りないかなーっていう不満は少しあります。
ただまぁ、それがあっても結構いい作品だとは思いましたよ。
1巻完結になっているんですが、もう1冊分くらい書いて世界観の補足してくれたらもっと面白くなっていたんじゃないかなぁ。

さて、本編。
女の「歌姫」が歌を歌い、彼女たちが歌い続ける限り、国は平安を保つとされている。
逆に、そうやって保たれている国の「国王」は、男のみがその役目を果たす。
だがある村には、居ないはずの男の「歌姫」が存在していて……?
第1話~第5話まで。
第1話で最新の状況を描き、そこに至るまでの描写を4~5話で描いています。
より正確に言うなら最新は5話のラストの当たりなんですけどね。

国家守護の歌をささげる歌姫は、その恩恵を守ろうとする村人たちの監視のもとに歌を歌う。関係が凍り付いているんですねー。どうにか改善しようという動きがまったくなかったとは言いませんが、徒労に終わった者が多いようで
歌姫の「能力」っていうのが結局よーわからん。

1話で、カインの放浪の原因を「村中でマリアばかり大事にするから拗ねて家で」とトーマスが語っているのがなぁ。そういう面もあるでしょうし、逃げたっていうのも嘘ではないんだと思いますけど。どうにももやもやするといいますか。

歌姫という立場に救いがないんですよね。村人もその恩恵にあずかっているというよりはまさしく寄生しているような状態で。持ち上げてやっているんだから言うこと聞け、みたいな雰囲気があるのはすごく気に食わない。
その中で、トーマスがいろいろと動いて、状況を変えようとしているのは、実って欲しいと思いますねー。

あの村で起きた悲劇は、マリアもカインもトーマスも、歌姫の母親も。誰も彼もが、一言足りなかったが故のものでもあるのかなーとか思ったりして。誰かが、もう少し声を上げていれば。なんてことをつい空想してしまう。
哀しい事があったからこそ、最後のシーンが映えるとは思いますがね。

「『今まで通り』って一番簡単そうだけど 今まで何もなくたってこれかもそのままで大丈夫とは限らないわ」
「『何もなかった』んじゃない『何も起きなかった』だけ 気付かなかっただけでどこかに破たんが必ずあったはずなのよ」

エマの言葉が、歌姫ってこともあってこの世界だと重いよなぁ。必死にやっていることにすがりついているものがいて、特別化と思ったら、それを気にしていない人もいるんだ、と。それはある種の絶望なんじゃないかと。吹っ切って行動しているあたりが強さ、なんでしょうけど。

読み切り掲載だった「ダリカ」も巻末に収録されています。
かつて存在した神を再度作ろうとし失敗。破壊を好む悪魔のよな存在が誕生してしまった。そして、今、その悪魔の子から「神の子」には必要ない存在を取り除いて作られたのが「ダリカ」。ただ、これも問題があって、取り去ったはずのものを得ようと動くことがあり、その兆候が視られたら処分しないといけない…とまぁ、そんな感じの話。
結構面白かったと思いますよー。

歌姫 (ゼロコミックス)
あき
リブレ出版
2006-12-09

アリアンロッド・リプレイ・アンサンブル

ico_grade6_3h
稲葉:また、ずいぶんあやしげな技の名前が(笑)
GM:まあ剣豪モノですから。
かわたな:剣豪モノなめんな!(笑)

ゲームフィールド掲載の単発のシナリオを2本まとめた文庫。
「ルネス殺人事件」と「アリアンロッド剣豪伝 明星連也降魔剣」の2本が収録。
おまけとして「ベネットのうろ覚えエリンディル東方ガイド」も掲載されています。サプリの「東方ガイド」を読んでからだと、なるほどこれは確かに「うろ覚え」とつくわけですね、という感じ。
まぁ、ベネットだからなぁ……

「ルネス殺人事件」
GMは久保田悠羅。舞台は温泉の町ルネス。そこにあるムーンスター芸団員育成のための学園、ムーンスター・エンターテインメント・アカデミー。ひょんなことから、そこで行われる劇に参加することになったPCたちは、その劇の裏側で進む陰謀を防ぐことができるのか、というリプレイ。
演目が『クラン=ベルの四英雄』、という事で、「ベネット役のベネット」がみられることに。本人が舞台とかで本人役を演じるっていう展開は、それなりにありますが、それがベネットだとどうしても笑い話に感じてしまう。
実際お調子者なんで「本物のベネット」といっても、「はいはい」みたいに流されているお約束のテンプレが出来てましたけど。

PLはベネット役の大畑顕。
安達洋介とツジヤスノリ。どちらも『アリアンロッド』のエネミーイラストをやられたりしているそうです。安達さんは『ダブルクロス・リプレイ・オリジン』の辰巳狛江のPLだそうで、そっちの印象が強いなぁ。
ビアンカというアコライト/バードの少女。
チャンピオン・レックスというグラディエーター経由のウォーリア/モンクのドゥアンの男性。
この二人は、レックスがグラディエーター経由ってこともあって、選手とそのマネージャーという設定に。チャンピオンなレックスがいるから、最後の戦闘とか、そういう格闘技な色が強くなって笑った。P125のイラストとか、演出としては完璧なんじゃなかろうか。

「アリアンロッド剣豪伝 明星連也降魔剣
GMは丹藤武敏。タイトルから連想できるように、剣豪モノですね。こういった遊びもできるとは、アリアンロッドの懐結構広いですね。当然のようにPC1はサムライなんですが。師匠との関係とか、兄弟子との因縁とか、お約束ではあるんだけど、王道だからこそ面白いですよね。
秘剣の存在とか、結構面白くなるエッセンス込ですし。

豪快なサムライ、アケボシ・レンヤ。
呪いをかけられ隔離され、金銭に価値を見出したアルケミストのお嬢様、リオナ。
フィルボルの賞金首なギャンブラー、シャーマンのナジャール・コジャール。
復讐を目的としているはずがどこか間の抜けたニンジャの少女、シノブ。
PLはそれぞれ、稲葉義明、田中信二、大畑顕、鈴吹太郎。

この4人の掛け合いがいい感じでしたねー。リオナの呪いとか、最初は敵対しているシノブとかの構成とかも中々。出てくると面白くなってしまうザンマが個人的には好きですよ。えぇ。面白いから。

空挺懐古都市2

ico_grade6_3h
「俺はこんなにも残酷な喜びを ほかに知らない」。

Episode5~7とSide Story1と2が収録。
愛した人を忘れてしまう病が広まるまち、空挺都市。
全体的に切ないっていうのは1巻から共通ですねー。

空挺都市にとっての重要人物、ユナ。
その幼馴染、空挺都市で再開したトキ。
2人は、距離を縮めていくが、トキが『古妖精病』を発症。
記憶を失っていく。
そして、ユナとは最終的に離れてしまうけど、ユナが諦めていないのがいいですねー。
片方だけの記憶が、想いが消えてしまうっていうのは、酷く悔しく、切ないものです。
どうにか、良いおわりに辿り着いてほしいものですけど。

都市側の人間にも、色々主張はあるんでしょうけど、なーんかあまり好きになれないなぁ。
灯篭屋さんもなんかいろいろ知っていそうですけど、今後もっと絡んでくるんですかねー。
天草は結構いいキャラだと思うんですけど、どうにもこの人も記憶を失っているんじゃないかと思うんですよねー。星を見たくないっていうくだりとか。
ただ、やっぱりいいキャラというか、あちこちで良いシーンがあるんですよね。

「…………優しい子に育ったね」
「そういう君は きっとここに来るべきではなかった」

とか、次のやり取りとか。

「人は面倒くさいのね」
「面倒くさいかね?」
「それすら面倒くさいと思う世の中が来るなら わたしはそんな世の中は見たくないと思うよ」
「人を想う気持ちはこんがらがってしまうこともあるけれど そうやって紡いで絡みあっていくのだと思いたいからね」

そして空挺都市が何を持って浮いているのか。1巻でおおよそ予想していましたが、はっきり言われるとなぁ。だいぶこの世界も病んでいるようですけど、救いは残るんですかねー。

えーっと、なんか後書きが不穏なんですけど、続き、でます、よね……?


ソード・ワールド2.0リプレイ たのだん3

ico_grade6_3
「世の中、人族と蛮族なんて、大した違いはないとガートルード様はおっしゃっていた。どちらかが正しいなら世の中には一方しか残っていない。それがまだ両者ともに健在なのだから、どちらが正しいとかそういうものではないのだと」

まぁ、身もふたもない言い方すると、ゲーム的に敵が滅びては世界が成り立たないって話ですが。実際に生きる人族からすれば、たまった話ではないんだろうなぁ。

第7話 とんでもないおおしごと
第8話 わるものたちのしま
第9話 じんせいはぼうけんだ!

なんとたのだんは「キネティックノベル」にもなっているそうで。
それのセッションを挟んでいるので、前回のおわりよりも成長しています。
冒険者レベルも6~7に。能力値も上昇して、なんかシャーリィがフェンサーとは思えないボーナスの世界に入ってるそうですよ。追加ダメージ+10だとか……あれ?
で、今回は、リプレイ完結刊の上、全編書きおろしってことで、全体通して一つのシナリオ、みたいな感じですね。
7話で敵地に潜入して、8話で一つの依頼を果たし、さらなる陰謀を知り、9話で、その陰謀の阻止に動く、とまぁ、そんな感じ。

蛮族と通じているという噂のある、クーデリア侯爵領、その調査に赴き連絡の取れなくなった密偵を確保しに行く、というミッション。
以前、自分たちを助けてくれたカサンドラさんを、逆に助けに行くっていうシチュエーションは美味しい。
ただ「たのだん」……つまり「たんしいだんじょん」ということで、ダンジョン探索ばかりしていたPCたちは、その勢いのまま突っ走って。
街での探索とか向いてません、という猪突猛進ぶりで。
いやぁ、あそこまで一直線だといっそ気持ちがいいですけど。
情報収集とかせず、手がかり得たら、そこに突撃かますという、後先考えていないような戦法で臨むメンバー。ちゃんと途中であれ、色々手落ちじゃ、と気付きますが時すでに遅し。
うっかりまた捕まるとかにならないでよかったですね。

で、なんとか依頼を果たしてみると、どうやら、依頼主というか、現地協力者にシャーリィは見覚えがあるようで……まぁ、ここで設定拾って元婚約者だしてくるのも、お約束展開と言えばそうか。
どうにも好きになれないキャラクターでしたけど。
散々冷やかされていたレクサスとの関係が落ち着いたのは、よかったかなぁ。

ソード・ワールド2.0リプレイ たのだん2

ico_grade6_3
ポポ (リーリアを指しながら)この顔に見覚えはありませんよね?
その他一同 ポポさーん!? (大爆笑)
シャーリィ ポポさん、態度があからさますぎです!(笑)

前回初心者だった、ヒヨコ君ももう立派なゲーマーになってきた感じがありますねー。

第4話 なやましいじたい
第5話 まいごのまいごのるーんふぉーく
第6話 おもいでをとりもどせ!

4話は、前回最後の話の続き。
蛮族との戦いに負けて、捕まってしまったPCたち。
どうしたものかと思っていたら、捕まっていた場所に忍び込んできた冒険者が。
彼女は、助けてやるからちょっと力を貸して、と交換条件を持ちかけてくる、
まぁ、状況からして飲むしかなく、とりあえず助けてもらったところ、予想以上の厄介ごとが。
最初は此処であったことは忘れた方がいいと言っていたNPCが事件解決後「覚えておくわ」って言うあたり、嫌な縁が出来ましたね! ネタになりそう。

5話と6話は前後編。
なんとか拠点としていた冒険者の店まで戻ってきたPC一同。
村にはなにか変ったルーンフォークが主人を探してうろついていた。
どうやら、起動から1年以内に蘇生されたらしく、記憶がない。そして、荷物のように送られてきた為に、関係者もいない。
主人を探すルーンフォークを連れ、主人探しの旅に出る、っていうのが5話。
まぁ、探し物をする話で、たらいまわしにされたりして、結果かなりの遠出になるっていうのはお約束ですよね。

そして、赴いた先で調査をしてみたら、予想以上の大事のようで。
ルーンフォークの少女は、生贄に捧げられたはずだ、という相手から情報を取り、本拠地へ。情報を集めるに、どうもその儀式を行っているのは、チロルの昔の知り合いのような……?
と、結構ロールプレイが見ごたえある者になって来たかなーという感じ。

リーリアが案外戦えるって時に、仲間に引き込もうとしたポポの行動がわかりやすくて結構好きです。

ソード・ワールド2.0リプレイ たのだん1

ico_grade6_3h
さなえ いえ、面白いので採用しました(笑)。シャーリーは自分の結婚式の途中に逃げてきた設定にします。
(略)
さなえ まぁ絵と本物は違うか……と思って、式には出たんだけど、戻った控室で「45点くらいの嫁だな」と言われて悔しくて逃げてきました。

RPG大好きな著者、藤澤さなえさんが、初心者のヒヨコ君を巻き込んで、実際にTRPGをやってみようっていうリプレイ。
そんなわけで、SNE系のリプレイにしては珍しいことに、プレイヤーAとかの無記名制じゃないリプレイ。まぁ、他の人はうー先輩とか仇名な人もいますが。
あとは、リプレイの中で珍しい事に著者がGMではない、っていう試みも。GMは田中公侍さんですねー。最近『カルディア・カーニバル!』を読みましたが、それのGMだった人。藤澤さんは、今回はプレイヤー側の人ですね。
解説の北沢慶さんによると、「プレイヤー視点からのリプレイを書き、どのようにプレイヤーとして楽しめばよいか、どのようなことを考えてプレイしているのか」ということを紹介しようとして書かれたリプレイだそうで。
最初の初心者を引き込んで、っていう部分もあって、結構初心者向けのリプレイかなーと思いました。解説とか多いし、結構丁寧なつくり。
キャラ作成の様子とか、話の間には、キャラクター解体新書って題で、シャーリーっていうキャラができるまでの、PLとしての考えとか書かれていますし。

地の文も他のリプレイだと「難度高くしていたのにここで6ゾロ出されるとGMとしては計算が崩れてしまう」とかGM視点ですが、今回は藤澤さんのPCシャーリーの視点で書かれているので、普通のリプレイとは違った面白さがありましたねー。

で、本編は、次の3話収録。
第1話 はじめてのくえすと
第2話 ばんぞくとのたたかい
第3話 ゆだんはたいてき

まぁ、初心者向けってことで、結構ゆったり進行って言いますか。
大きな問題もなくクリアしていったかなぁ……と思いきや最後の話に落とし穴が。
まさかシナリオ失敗してしまうとは。GMとしても、ちょっと予想外だったそうですが。
うっかり捕まってしまったPCの今後はどうなるんですかねー。

サエズリ図書館のワルツさん

ico_grade6_3h
「本は死にません」
「だってみんな 本を愛していらっしゃるでしょう?」

星海社FICTIONSから出ている「サエズリ図書館のワルツさん」のコミカライズ。
是非本が好きな人に読んで欲しい、という原作読んだ時と同じような思いを抱いたので、コミカライズとしては良作かと。

紙の本が貴重品となった世界。
サエズリ図書館と言う紙の本を貸し出している図書館と、その図書館の主、ワルツさん。ほとんど本を読んだことのない女性の話。
教育にも"贅肉"は必要だ、と考える女性教員の話。
祖父が寄贈した本を求めて来館した男性の話。
盗まれた本を探しに行くワルツさんの話。

2番目のコトウさんのエピソードが一番好きですかねー。

「データベースは調べたことしたわからないだろう?」
「私は知らないことを 知りたいんだよ」

本が貴重になった世界でも。
本を愛する人がいる限り、本は死なないのだというワルツさんの言葉が快い。
この本読み終えると、なんか本を読みたくなるんですよね。

アスラクライン

ico_grade6_3
『闇より暗き、深淵より出でし……其は……』
『其は、科学の光が落とす影――!』

幽霊憑きの少年、夏目智春。
その幽霊である幼馴染の少女、水無神操緒。
智春には、有能で世界を飛び回る直貴という兄がいた。

兄は有能だがトラブルメイカーでもあり、智春は色々と巻き込まれてきていた。
高校に通うにあたって兄の住んでいた家を借りることにしたのだが、そこに、兄の知り合いが訪ねてきて。
新しいトラブルの種がやってきて。

兄の通っていた高校には、色々と変人が集まっていて。
生徒会が3つあるという時点でまぁ、すごい事だけど。
悪魔を名乗る巫女、同じように幽霊憑きの生徒会長、トランクの中に封じられていた謎の兵器。
破滅を約束された世界。二巡目の世界に生きる彼らの物語。

まだまだ序章、といった感じですね。
悪魔とか、アスラ・マキーナとかそういう世界を構成する要素に触れていって、智春が学校での立ち位置を決めるところまで。
既に完結しているシリーズで、最後まで読んでいるんですけどね。
悪魔の能力とか、今後の流れも割と好きです。

アスラクライン (電撃文庫)
三雲 岳斗
メディアワークス
2005-07

ラストゲーム5

ico_grade6_3h
「でもむしろ 10年前からずっと オレの方があいつに追いつきたくて必死」

GAME18~GAME23まで収録。
あとは、おまけ漫画もちょっと。

いろいろ残念な柳と鈍感な九条の恋愛?模様もついに5巻。
柳に迫る桃香という相手の存在を間近にみて、どうにも九条さん、嫉妬とかを覚えているようで。今まさにいろいろ学んでいますっていう感じで、近づいてしどろもどろになる九条が可愛い。
ヘタレな柳もいいかげんはっきりすればいいのに。本人以外にはもう周知の事実みたいなもんなんだし。

「周りの人間ばかりが状況を把握していく図」が面白かった。
相馬がいろいろ葛藤しているのがなぁ。相馬、嫌いじゃないんですけど、柳と九条の関係、九条の方が意識していないだけで結構鉄壁な感じがあるからなぁ。
そのことを本人が自覚しているだけに、どうにも、もどかしいものがあるといいますか。
割り切れたら、それが一番楽なんでしょうが、そうもいかないのが恋の話、という感じで。いろいろ錯綜してきたような。

柳、桃香とかにしっかり言えるんだったら、ちゃんと踏み込めばいいのに。
10年ヘタレをこじらせるとこうなってしまうのか。もう少し頑張れ。

そして、可愛さごり押しでくるのかと思っていた桃香さんにはなにやら消したい過去があるようで。うん、それはかなりの黒歴史。
どうにか振り切って、今の状態を維持できているっていうのは、誇ってもいい事だと思いますよ。……昔の知り合いには、そりゃあ会いたくないだろうけど。同窓会とかいけないって本人が思うのもむべなるかな。

「オレはどーしたってコイツがよくて 誰を傷つけてもそれは譲れない」
「――仕方ない 恋ってのはそーゆーもんだ」

とか内心で思っていられるんだったら、さぁ、今、とか傍から見ていると思わないではない。……そう思って、心許している状況を九条母に目撃されるとか、柳、おいしいな……
こうして、イベントとフラグだけを積み重ねて、最後の距離を詰め損ねるのか……そう思うとちょっと哀れ? まぁ、掲載誌の最新話ではちょっとハプニング起こしてましたし、次の巻に収録されるエピソードとかで結構動き出すんじゃないですかねー。
 

赤髪の白雪姫11

ico_grade6_3h
「俺は――――白雪も自分と共にある者の一人なのだと 明白にしたいと思っている」

第45話~第49話まで収録。他、特別編と、おまけ。
45話は、リリアス組が王城に来る話。歌いながら薬草の世話しているところをゼンに目撃されて顔紅くしている白雪が可愛かった。ミツヒデがオビに話聞こうとするくらい木々とのことで迷っているのはちょっと面白い。覚悟決めればいいのに。
この話で一番笑ったのは、使えないシダンさんからのガラク薬室長の対処法の手紙。うん、使えない。対処法で「諦めろ」っていう時点でいろいろ違う。

第46話からは、帯の文句通り、ゼンの妃決めが始まるエピソード。
見合い写真来たり夜会を開く開かない云々の話でるあたり、ゼンってちゃんと王子なんですよね。最近はちゃんと仕事してますが、割と自分から動く人だからなぁ。
とりあえず、木々とダミーの見合いをして、「妃は選びますよー」ってアピールをして時間を稼ぎつつ、ゼンが行動を起こす。
ミツヒデとオビの「…………からかえてますよね?」「…さあなぁ…」ってやりとりが個人的にはツボ。で、そんな物騒な空気創ってるミツヒデの知らぬところで木々が心の内を明らかにしていますが。さてはて。
イザナ殿下が格好いいんですよね。壁になっているようではありますが、敵ではない。超えなくてはならないハードルとして、好感が持てる相手だっていうのは良いと思います。

ハルカ公が、なんのかんの言いつつ気にかけてくれているところとか。
白雪がゼンの前だと赤くなったりあわてたりしているけど、しっかりと嫌味には向き合い、男前なところ見せたり。白雪、ときどき無性に格好いいですよね。

さて、最後の49話。いろいろとイザナとゼンの立場が動きそうな、騒動というかイベントが起こるようですけど、次巻以降の展開が楽しみですね。

特別篇は、数年前のゼンと側近二人の話。木々がゼンについてすぐの話しで、言葉づかいとか態度とかが、今とは違って面白い。
おまけページの4コマ『暇な夜』が笑えた。カードをするゼンとミツヒデとオビ。オビが罰ゲームを提案してそれを聞いた二人は「なんて事思いつきやがる」って思ってすごい顔でオビをみている最後のコマが……で、次のページでその罰ゲーム実行しているゼンの姿が描かれているところまで含めて完璧ですね……。
livedoor プロフィール
アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索