気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

ノーゲーム・ノーライフ7 ゲーマー兄妹たちは定石を覆すそうです

ico_grade6_3

〝皆が俺を信じるとでも?“――と、自身の不信を根拠に。

裏切りあわないなぞそもそも不可能、と断じられたステフは天を仰いで零した。

「どうすればいいんですのコレ……説得力しかないですわ……」

 

積読消化―。

序列第一位、神霊種とのゲームに挑む空たち。

ゲームは、巨大な双六。ただし、サイコロは自分たちの命で、増減によって年齢が変動したりするし……全てを失った場合は、当然ゲーム続行不可能の為リタイア。

 

オマケに、ゲーム開始直前の記憶は徴収されてプレイヤー達のルール設定時の記憶がなく。

更には、記憶を失っていない裏切り者まで紛れ込んでいる。

双六に参加しているのは、いの、いづな、プラム、空、白、ジブリール、ステフ。

巫女さんは、ゲーム開始時に命を徴収されたため、開始時には不在。

けれど……裏切り者がいる? そんなの、この面子でゲームしたら、皆裏切るだろ? という空の断言を否定できないのが辛い……仲いいのやら悪いのやら。

腹の探り合い大好きだな、このクソゲーマーども(褒めてる)。

 

それにしても、また色々ネタを仕込んだ壮大なゲームだなぁ、という感じですが。どんどんルールも複雑化していくので、今後の展開が大変なんじゃとか思ったり。

……双六盤が物理的に巨大すぎて、空たちはかなり移動に苦労してましたがね。

いのと同じ勘違いをしていたので、後半のあの場面では笑うと同時にそういうカラクリか、と驚きました。

……その後、怒涛の裏切りコンボが入るので、いのの胃が少し心配ですが……まぁ、あの爺さんなら胃に穴あいても何とかなりますよね!

まぁ、空白もジブリールからの無茶ぶり喰らってるので、それぞれ頑張ってくださいとしか。

 

ノーゲーム・ノーライフ7 (MF文庫J)
榎宮 祐
KADOKAWA/メディアファクトリー
2015-07-24
 

週刊少年ジャンプ No.13 感想

先週のジャンプの感想。続きを読む

週刊少年ジャンプ No.12 感想

先々週のジャンプの感想ー。続きを読む

魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?

ico_grade6_3

「俺は俺のやりたいようい振る舞う。ネフィを陽の下で生きさせたいなら、陽の下も支配すればいいだけの話だ」

 

人に恐れられ、教会の騎士からは討伐の対象とされている魔術師の一人であるザガン。

自分の力を高めることにのみ注力する彼らは、財産にはこだわらないが……必要だと思った時、法規にもとらわれず他人から奪うのも躊躇わない人種だとか。

さらに言えば、人の顔の皮を媒体に使う輩も居るので、恐れられているのもわかりますが。

ザガン自身は特に生贄を使う術式とかには興味が無く、自身を高める為に、結界を張った自分の領地に引きこもってる研究バカのようで。

 

魔術師の友人に連れ出された、魔術を極めた「魔王」の遺産を巡るオークションで彼は、美しい少女に出会った。

一目ぼれしたので、思わずとんでもない額を積み上げて落札してましたが。

元が研究ばかりして、同類の魔術師とばかり話していた若い男子。

上手く言葉を紡げず、交流はかなり迂遠な感じですが……まぁ、割と微笑ましい感じですな。

 

落札された奴隷の少女……呪い子とも言われる白髪のエルフ。

彼女も色々な事情を背負っているようですが。ザガンの不器用なやさしさに触れて、彼を主人として慕っている感じがいいですねー。

ザガンとバルバロスの魔術師同士のやり取りは結構楽しいものがありました。続き出てくれるといいなぁ。

 

ジャンプSQ 2017年3月号 感想

先月号のジャンプSQの感想ー。続きを読む

聖剣使いの禁呪詠唱19

ico_grade6_3h

「諸君らには言わずもがなだろうが、敢えて言う。僕たちは日本支部に所属しているが、日本支部の犬ではない。そう――」

彼の言葉に続いて、一同全員で唱和した。

「「「我ら救世の剣なり!」」」

 

黒幕だった駿河安東が動き始めて。

サツキを手に入れる為に、彼こそが六翼の巫女であるという見解を示し、日本支部の精鋭を動員、亜鐘学園に攻め入るという荒っぽい手段に打って出ます。

これまで六翼とかを上手く使い隠れていたことを想えば、随分と派手に出たなぁ、という感じですが。

 

戦力の逐次投入をせず、ここで仕留める心積りで人員を動かしている、という点では理にかなっています。

まぁ、サツキを探すために裏に潜んでいた部分もあるから、見つかった以上仮面も必要ないってことですかねぇ。

なお天木虚穂の正体は貝利の操る宝具で、貝利や駿河が中に入り操っていたそうです。

 

各地の分局長が学園に攻め込んできますが……石動が居るとやっぱり締まるなぁ。

上手い事人員を動かし、相性も上手くハマったこともあり、分局長達は結構余裕もって撃退していましたね。

ただその後に、騎士級異端者(ブラックナイト)を自称する……魔神級のような叫びではなく、明確な意思を持ち会話する異端者なんてものもあらわれて。

 

第一波は辛くも凌ぎましたが……間髪入れずに第二波が攻めてきて、中々厳しい状況ですねぇ。応援も駆けつけてくれてるのが何よりですが。

読者的には知ってたとしか言えない不可視の正体も明らかになったりとイベント盛りだくさんで、次回が待ち遠しい感じでした。

聖剣使いの禁呪詠唱<ワールドブレイク> 19 (GA文庫)
あわむら 赤光
SBクリエイティブ
2017-02-14
 

霊感少女は箱の中

ico_grade6_3h

「《道具》として、擦り切れて終わるまで《道具》として生きる。霊と人とに望まれるまま自分の力を使って、死なせた人間の存在を全部背負って、それに押しつぶされるまで。それしか報いる手段がない」

 

甲田学人さんの新作、となれば買うしかない。

発売日に買っていたんですが、ドタバタしててやっと読めました。

さすが甲田さんって感じで、適度に暗く重い感じでしたが……他の作品と比べれば、読みやすい部類に入るかと。

 

転校生の少女瞳佳は、前の学校で心霊事件に巻き込まれ退学になっていて。

受け入れを表明してくれた学校に転がり込んだが、転入早々クラスメイトにおまじないに誘われ……そして、そこでも新たな騒動が起きて。

五人で行い写真を撮ったはずが……いないはずの六人目が移りこんでいて。おまけに、おまじないに参加していた一人が姿を消す事態にまでなり。

 

心霊案件の相談を有料で請け負っているクラスの男子、守屋真央に相談して。

その中で瞳佳は、色々と心霊関係の知識や、巻き込まれてきた自分の体質についてなど知識を得て。

守屋は見事、消えた少女の行方を突き止め、依頼を完遂していましたが……

 

いやはや、何事も一見しただけでは分からないものだと言いますか。

おまじないを行った4人の友人たちの隠していた物。学校で行われていた、陰惨な交流等。

イジメていた少女たちに報いがあったのは、正直すっとしましたが……一方で、救いもなかったなぁ、という感じ。

守屋のサークルの仲間たちにも色々事情ありそうですし、刊行続いてくれると嬉しいんですが。



女神の勇者を倒すゲスな方法 「おお勇者よ! 死なないとは鬱陶しい」

ico_grade6_3

「さて、シンイチよ。今こそ召喚者として其方に命じる」

()

「あの殺しても死なない人間共を、どうにかせよ!」

 

剣と魔法の世界に召喚された真一。

彼を呼び出したのは……人間界にやってきた魔王様で。

人間族には魔王の恐ろしさが伝わっているため、襲撃されたりもしているようですが……

かの魔王が人間の世界へやってきたのは、娘に人間界の美味しい食料を上げるためで。

特別人類を滅ぼそうとかそういう危険思想をもっているわけではないとか。

 

まぁ、先に人間たちのほうが軍隊を寄越して来たので、撃退はしたそうですが。蘇生魔法とかがあるので、それで回復可能なダメージしか与えてないとは言っていましたね。

……六千の軍勢に責められて、半数の三千を蘇生可能な状況で殺す。要するに手加減した状態で仕留められる相手が、近くに突然城ごと出現したら不安にもなるわな……

 

個人のスペックでは人間を圧倒している魔王ですが、人間の中の精鋭……神に選ばれたらしい「勇者」の存在だけは厄介に思っているようで。

殺しても死体はその場から消え、翌日には復活してまた襲ってくる。奇怪な彼らに魔王も困り果て、異界の人間の知恵でも借りようと真一を呼び出したそうですが。

 

……魔王に協力する事になった真一の作戦がまぁ、ゲスいなぁ、と。

魔法で痛覚を遮断し、命を失えばその場から離脱出来る勇者を無力化するとなれば、交渉でお互い納得して手打ちにするか、精神的に行動不能にするって言うのは理に適ってますが……

本当に情け容赦なく心を折にいってる。これはひどい(褒めてる)。

まぁ勇者をけしかけている司教の方も中々にゲスだったので、最終的に痛い目見たのには胸がすっとしましたが。

 

同居人はひざ、時々、頭のうえ3

ico_grade6_3

(ぼくの書いた小説が 誰かを あんな風に)

()

(あの ひとつひとつ 誰かが 生きているんだな)

 

昔から一人で日々を過ごしていた素晴。

誰かと好きな本の話をしたりする……なんてことも無く。

ただ、猫の陽の影響で交友範囲が、彼に見えている世界がどんどん広がっていって。

 

押守の家では、彼女の弟と遭遇して。

彼は、素晴の小説に最近はまっているようで、作者に作品をオススメするなんて状況になっていました。

友人の大翔が兄弟姉妹引き連れて陽を見学しに来る話も乗ってましたねぇ。

 

陽が小さい子は弱い、弱い者いじめは良くない、と子供たちに付き合ってあげてるの偉いなぁ、と思いました。

実家で飼ってる猫は、家の住人以外が怖いのか、ピンポンなっただけで高い所にげたり、隠れたりするので、あんなにぞろぞろと押しかけたら多分姿も見られないだろうな……

 

素晴も、心境の変化があってこれまでやったことのなかったサイン会を行う事に。

サイン会をやるとなった時点で予想してましたが……最後に押守さんがやってきて、作家という事がばれましたが、さてまた素晴がテンパって心中大惨事になりそうですが。

単行本待ってたんですが、今回はWEBで先に読んでしまおうかな……まぁ、WEBの最新が3巻の最後のエピソードなので、WEBの方でもちょっと時間かかりそうですけど。

 

 

天牢都市セフィロト

ico_grade6_3

「おまえは、まだ……」

「うん。あたしは飛びたいと思ってるよ。カイはどうだい?」

 

空に浮かぶ10の都市セフィラ。

最上層、上層、下層、最下層の4つに分類され、それぞれの層の間での行き来は基本的にない。

上層の民によって下層の民が奴隷扱いされていた時期もあり、最上層に住まう天使たちの力添えによって、下層の民が自由を獲得した……セフィラ戦争なる出来事も過去には起きたとか。

 

下層で用心棒として生計を立てているカイは、ある日空から一人の少女が落ちてくるのを発見・保護して。

そこから、その少女を巡る事件に巻き込まれていくわけですが。

かつて親友のリアと一緒に自作飛行機で空を飛び、事故を起こした……そんな過去を持つため、どうにも自身が無いというか、悩み続けているカイですが。

少女……ヴィータとの出会いを通じて、親友だったリアと向き合って会話できるようになったのは良かったなぁ。

 

近年では上層と下層を繋ぐ、荷物運搬用の装置「天の梯子」が設置され交流が進んではいました。……表向きは、ですが。

天の梯子が稼働し始めた時期から、下層では失踪者が増え始める事件が発生していて。

世に悪意の種は尽きず……と言うか上層の選民意識が研ぎ澄まされてる。

下層の人間を拉致して、実験用の猿的な事言ってましたからね……

今回の事件はまぁ、何とかけりがついたけれど、今後も似たような問題が浮上してきそうで、この世界の先行きが危ぶまれる。

天牢都市〈セフィロト〉 (MF文庫J)
秋月 煌介
KADOKAWA/メディアファクトリー
2015-11-25
 
livedoor プロフィール
アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索