気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

ソード・ワールド2.0リプレイドラゴンスレイヤーズ3 神ならざる者に捧ぐ鎮魂歌

ico_grade6_4

ユリウス:………………(思案中)………………よくわからんな。

ミスティン:あはは(笑)。とりあえず飛んで王城にこのままつけましょうか

ユリウス:そうだな。我々は王城に行こう。

(略)

GM:合流、失敗ッ!(笑)

 

第一話『邪悪なる者たちの進軍』、第二話『異界より迫る破滅の足音』の二話収録。

超越者たちの物語を描くドラゴンスレイヤーズ・リプレイですが、今回はPC2人を入れ替えた形で進行。

蛮族PCでも16レベル以上に成長できるルールが導入されたため、それを用いたPCを登場させたかったから、とのこと。

 

片方の蛮族PCは名誉人族として登録されていますが……片方はガチ蛮族。

バジリスクだから「反応:中立」ではあるらしいですけど。気まぐれなキャラで……蛮族名誉点が3000点。

地域全土に名前が知られ、国家が冒険者や軍隊を派遣してくるレベルの脅威。魔物レベルとしては22レベルとか。GMからうつろな笑いがこぼれるレベル。

 

しかもこのバジリスク――サラディーンの取得していた邪眼が、もう一人の蛮族PCケンタウロスのリヴィエラの能力と奇跡的に噛み合って。

別々にPC作成したらしいですけど、それでシナジー発生するんだから、ゲーマーってすごい。

2ラウンド目に合流のイベント起こそう、とか考えていたのに1ラウンドで状況を解決されてしまった場面は思わず吹きました。

 

高サーペントシリーズのように、出来る事が多いからこそ、出来る事を忘れたり、うっかり大事故が発生するかと思いましたが……

今回は、読んだ限りではかなり余裕を持って対応出来ていたのでは。

サラディーンの邪眼が便利すぎたからなぁ。流石22レベルバジリスク……

まぁ、能力を活用して厄介な相手を的確に倒したからこそ、いくらか余裕を持てたわけですが。

 

今回も「何言ってるんだコイツラ」という、高レベル冒険者の訳が分からない程のすさまじさが楽しめたので満足です。

別シリーズになってもいいので、高レベルリプレイ定期的に出してくれないかなー。GMする方もかなり大変そうですけど。



週刊少年ジャンプ No.40 感想 

ジャンプの感想。続きを読む

リンドウにさよならを

ico_grade6_3h                                                             

「真っ直ぐであれば真っ直ぐなほど、固ければ固いほど、ぽきり、簡単に折れちゃうんだ」

 

地縛霊として学校で退屈な日々を過ごす神田幸久。

彼はある日、いじめにあっている少女穂積美咲に存在を気付かれて、彼女の友達になることに。

初めて会話が出来る相手という事で美咲と過ごす時間が増えていき。

そんな中で、彼女のイメチェンを図ったり、英語の勉強を教えたりと、二人だけの小さな場所で穏やかな時間を過ごしていました。

 

そうして交流を続けていく中で、穂積にも変化が出て来て。

神田と穂積の二人だけだった輪が広まったり、穂積がいじめられていた理由なんかも語られて。

未練はない、と言い張っている神田が学校で地縛霊のようになっていた謎も最後には明らかに。

 

いじめだとか、一方的な正義感とか、好みが分かれそうな部分もあります。

色々と事情を把握している高木が、人に対しても心配りしてもっと早く行動していれば、もうちょっと状況改善していたのでは、とか思ったりしましたが……

彼女一人に全ての問題を解決しろって言うのも無茶な話ですし。意固地になってる人を説得するのって、中々難題ですしね……

 

死んでしまった人が居る以上、完璧な答えを出すのは難しく、生きている人達が納得できる着地点を目指すしかないわけですが。

そういう意味では、この作品は見事に着陸してのけたのではないかと。

喪ったモノは戻らない。それで傷を負うことだってある。それでも生きていくんだ、と苦さと切なさが感じられる青春物語で、新人の作品としては結構良質だったのでは。



ソード・ワールド2.0リプレイ 導かれし田舎者たち

ico_grade6_3

ジズ さ、さすが『鮮血のエレクシア』だ……!

エレクシア このタコ足は今日のご飯にします(笑)。

GM(認識を間違ってた。この子、メインヒロインじゃない……完全に主人公だ)(後略)。

 

第一話「笑う館」、第二話「峡谷の悪魔」、第三話「鎖国都市」、第四話「凍った太陽」の四話収録。

TRPG初参加のプレイヤーを混ぜた上での、SW2.0の世界を楽しむためのスタートリプレイ。

 

基本的に『ルルブ1改訂版』のみを使用しつつ、第三話からは『ルルブ2の改訂版』を開放したり、少しずつ出来る事を増やしていく感じなので、本当に初心者向け。

用語の解説が入ったりして、かなり読みやすい構成になっています。

それぞれの事情を抱え、田舎から都会(ルキスラ帝国)にやってきた冒険者たち。同じ冒険者に集ったよしみで、店主からパーティーとして仕事を振られて、つるむようになる、と。

 

ナイトメアのプリースト、ジズ。

ルーンフォークのマギシュー、スミス。

人間のファイター、エレクシア。

ドワーフのグラップラー、キャロル。

ポンコツセージ疑惑が浮上したり、石強いんじゃね的な戦闘があったり。

中々愉快なパーティーになっておりました。

 

このリプレイ独自ルールとしてそれぞれのPCにシナリオの鍵になる「秘宝」を渡していて。

それを活用しないとシナリオが詰む、という仕様ですが……

まぁ、PC4人のパーティーで4話収録だから、全員一回は主人公ポジションになるよ、という程度の味付け要素。

しかし、コレが意外といい雰囲気になっていたんじゃないですかねー。ジズのイメージなんかもこれに影響を受けた感じがありますし。

2巻も予定されているそうなので、そこでもなんかこういうギミックあると面白そうですけどねー。どうなるやら。



ワールドエネミー2 不死殺しの王と王殺しの獣

ico_grade6_4

『そう。ユンメルンゲンがメルンの名前。よくわかったねぇ』

「最初から疑ってかかるのが俺の流儀だ」

『というと?』

「出逢った怪異すべてが大敵。そう疑っておけば寝首を掻かれることもない」

 

吸血鬼や屍鬼、魔獣などの怪異が跋扈する世界。

相変わらず、ノア達は怪異と戦いながら大敵を探していますが。

人狼と屍鬼という全く別の怪異が、連動して動いているという事態にとある村で遭遇し。

前回戦った吸血鬼も、気の合う大敵から屍鬼を借りていると言っていましたし、黒幕探しをすることに。

そんな中で、ノアがシルヴィに過去に在った事件の話を始めて。

種族の違う大敵が屍鬼を使っている場面を見たという事ですが。それが例の女王ヴィクトリアを助けたって言う事件みたいですね。

 

獣の魔術師、ユンメルンゲン。

他の大敵は国を滅ぼせるような脅威として「認定されるべくして認定された」存在ですが。

ユンメルンゲンは例外で、大きな事件を引き起こした直接証拠はなく、人間を見ても即座に襲う事もない。「他の怪異と様子が違う」という奇怪さから、認定されたという異質な存在。

ノアが取り逃がした数少ない怪異だそうで。未だ討伐も出来ていない。

その事件でノアに興味を持ったらしく、おまけに耳が良いとかでノアがその名を口にしただけで、近くに姿を現すあたり筋金入りですな……

 

そしてそのユンメルンゲンから、屍鬼を率いていた獣人という異質な事件の片一方――『王殺しの獣』という異名を持つ人狼について情報を得ていました。

不意打ちが最も得意な大敵。実際その特異性はかなり厄介なものでしたね。

ノアが腕がいいと評したハンターも不意打ちを食らって、意識不明の重体になってましたし。

状況が困難であろうと、思考を止めず対策を考え続けていたノアが最後には真相を見抜いて。ただ事件を巻き起こす怪異を蹴散らす、というだけじゃなく今回みたいなビターな結末もありうるという事で、今後の展開がますます楽しみになりましたね。

 

他の大敵の情報もぽつぽつ出てきましたねー。

ユンメルンゲンもそうですが、配下の屍鬼を他の大敵に貸してそれで起こる騒動を見て楽しむ大敵「マザーD」とか、ノアを先生を慕うハンターの故郷を滅ぼした『紫雲』ですとか。

1巻も重版掛かって好調なようですし、3巻を期待したいところです。



物理的に孤立している俺の高校生活

ico_grade6_3

「同盟者のグレ君に、友達作りに関する三つの言葉を与えるわ」

(略)

「我慢・忍従・妥協よ」

 

日本の人口の5%が異能力を持つ世界。

異能力者用の学校も設立されており、能力持ちは必ず異能力科のある学校に入ることになっているそうですが。

その中でも主人公はかなりレアな異能を発現していて。

「ドレイン」と本人は呼んでいますが……近づいた相手の体力を奪い、自分の肉体を強化するというもので。

 

オンオフ切り替えられば良かったんですが、常時発動型。

しかも接触による発動とかではなく、自身を中心に一メートルの範囲から無差別吸収という厄介さ。

通常15で測定される「どれだけその異能が社会的に役立つか」という貢献レベルで、0という特殊な判断が下されるほど、使いどころに困る能力。

これで異能バトル的な展開があれば、ヒーローにもなれたでしょうけど……異能がある、という一点が特殊なだけの学園ラブコメだからな……

その能力のせいで、彼はクラスの中で孤立していた……物理的に。

 

業平の偉い所は、これでグレたりせずちゃんと学生をやってるところですよね。

不登校になったりしそうなものですが。……と言うか、異能力科を設立するんだったら、そういう集団の中に置くとマズい能力者用の対策があるべきなのでは……

業平の「ドレイン」もそうですが、愛河の「チャーム」も本人たちが善良でも、集団生活送る上では危険極まりないと思うんですがねー。

 

閑話休題。

そんな強力だけど実際に活用しづらい異能を持つ業平が、同じくぼっちな女子生徒、高鷲えんじゅに友達を作る同盟をですが……

コントかな、という感じでから廻っていたりして笑ってしまった。

まぁ、灰色だった青春が色付き始めたってことで、楽しそうだからいいんじゃないですかね……



ソード・ワールド2.0リプレイ Sweetsおかわり上 魔剣少女は眠らない!

ico_grade6_3
GM
 う……ううう、く、悔しい! 先にオチを言われるだなんてぇ~!

エマーラ あはははっ、残念だったわねー!(笑)

GM くっ……GMSweets力が足りなかったか……。どうやらまだ本調子ではないようだ……。

ソフィ 何の話ですか(笑)。

 

あの色物魔剣騒動を繰り広げたリプレイシリーズ「Sweets」の後日談が開幕。

あれから3年の月日が流れ……タビットのエマーラは45歳に。限界寿命まであと5年……!妙なスリルがあります。

現実の方でも時間が経ち、様々なサプリが増えていることもありリビルドを行っておりました。

 

その結果、ストラールがサブ技能で持っていたセージとかを忘れミスティックになったりしていました。

まぁイェシカとかがスカウトを取ったりちゃんとパーティー内で話し合いした結果ですが。

魔剣騒動の渦中で、賢神キルヒアの降臨まであって。

ユッシキャリオではその日に古代神降臨祭を開いているそうですが……五人はそれに関与した面々として、毎年招かれていたそうです。

特に今年は熱烈に招かれたとかで、集ってみたら案の定厄介事が発生していて。

 

事情を知ったからには放っておけず、五人は調査に乗り出すことに。

Sweetsの続編を謳うからには、当然避けて通れぬ色物魔剣。「乳搾り選手権の1位になりたい魔剣」とか情報を聞くだけで笑ってしまいそうなんですが。

カップル破壊する怨嗟を呟く魔剣とか効果まで考えられてて、GMも楽しそうだなぁ、と。思いました。

 

三話まで収録されていますが、魔剣を求めて蛮族が動いているという情報が出てきましたところまで。

パーティーが呼び出されるに至った問題もまだ解決してませんし、下巻での巻き返しと……新たな色物魔剣に期待。



電撃大王 2017年10月号 感想

電撃大王の感想ー。続きを読む

思春期ビターチェンジ7

ico_grade6_3

「お前の夢は かなえられる夢だ」

「オレなんて 叶うかもわからない 七年も待ってんのに」

「オレは あと何年待てば 叶えられるんだ」

 

入れ替わって7年目。

高校2年生になった二人ですが……その心はどんどんすれ違っていって。

和馬の事を想うユイと、ユイに気持ちが向いているユウタ。

元の体に戻りたいと思うユイと、もう戻りたくないと思い始めたユウタ。

 

入れ替わってから続いて生きていた報告会も、行われなくなって。

メールでの最低限の連絡はするものの、お互いに相手を避けてしまっているような状況に。

けれど時間は待って何てくれなくて、どんどん周囲の状況は変化していく。

ユウタの友人である橘が学校を辞めるなんて話が出て。

 

世話になってる淳さんが店を畳み、引っ越すことになり。

引っ越した先でも店をやるつもりだから、橘はそれについていくつもりみたいですが。

淳さんは中退はするなと言うスタンスで止めたみたいですが……橘も若いなぁ。

 

そしてその話を聞いて、橘の家に乗り込むユウタ。……その行動力は素晴らしいと思うが、君今結以の体だからね……不用心……いや、今更ですけど。

卒業まで待てば、反対されないだろうし、待てと彼は叫び、涙する。

入れ替わりの事もあり、自分自身の夢も持てず。抱いた思いは一方通行。

……そりゃあ叫びたくもなるよなぁ。一方的に叫ばれて、そのまま立ち去られた橘は混乱してましたけどね!

 

今回の帯には「思春期の終わりのはじまり」と謳い文句が乗り、巻末の8巻の予告でもクライマックスへのカウントダウンと書かれています。

入れ替わりによってかなり歪になっていた彼らの青春は、佳境に至って歪さが極まってきましたが……さて、どんなゴールへたどり着くんでしょうかね。



LaLa 2017年10月号 感想

LaLaの感想‐。続きを読む
livedoor プロフィール
アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索