気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

教えてFGO! 偉人と神話のぐらんどおーだー

ico_grade6_3h

(だからこの問いかけの答えは言葉ではなく 

きっと態度で返さなければならないものだ)

(いつか逃げられない時が来ると これはそういう戦い何だと

 お伽噺の彼らの 曲がりくねった優しい忠告)

 

FGOのマスターの数だけ存在するカルデアのIF……

歴史がさっぱり出来ない(社会の成績が5段階で2)マスターぐだ男が、英霊本人やマシュ達に、「一体あなたはどんな英霊ですか」と教えてもらうエピソードがまとめられています。

今回収録されているのは「アーラシュ」、「清姫」、「マルタ」、「坂田金時」、「レオニダス」、「アン・ボニー&メアリー・リード」、「アステリオス」、「カーミラ」の8人。

 

中々わかりやすい感じでまとまっていますので、この調子で他のサーヴァントたちの特集もしていってほしいものです。

……が、続刊が出たとして、1巻で8人ってことは現状居る鯖だけでも20巻分近くいくんだよな……掲載中に鯖増えるだろうから、エンドレスだよな……

 

まったく知識が無いぐだ男に対して教えていく、という形なのでかなり説明も簡易だったり、マシュの独特なイラストが交えられたりしてますが、所々でネタも挟まっていて、読んでいて退屈はしませんでした。

アンとメアリーのエピソードの最後の4コマが結構好きです。

 

ラストエンブリオ4 王の帰還

 ico_grade6_4

「そうだ。人間には意地がある。その張ってきた意地と誇りが、今の時代を築いたんだ。だから俺は、イザ兄は〝絶対悪(オマエ)“の甘言なんかに屈しない…………!!!!」

 

ついにアトランティス大陸へ上陸。

上陸の順番は精霊列車内で行われていたゲームで焔たちはまさかの全敗。

おかげで降車する順番が最後尾に回され層って話でしたが……箱庭に来た時から思ってましたが、何してるんだ、コイツら。

まぁ、まだ知り合ったばかりという事もあって上手くかみ合ってない部分も多々見受けられるので、そこが噛み合えばまた面白いチームになりそうですけどねぇ。

 

そして、この主権戦争の裏側で「ウロボロス」連盟も動き始めていて。

レティシアが何を想ったのかウロボロス側に与していたり、その姪っ子が奪われたはずの「アルカディア」大連盟の名を口にしたり。

大連盟に属し、金糸雀を指示した詩人オルフェウスが裏切り者として姿を現したり。

ここにきて大物も大物、ヘラクレスが参戦したりとキャラクターがどんどん増えていくので、戦闘シーン少ないはずなのに、かなり目まぐるしい感じがしますね。

 

ここまでキャラが増えているというのに、未だに飛鳥は箱庭に戻っていないし。

山羊座のアルマテイアを従えている彼女は、この主権戦争に参加する権利があるのではないかと思うんですが。まだ来ないのか。

春日部も登場こそしているものの、あまりまだ見せ場は来ていないしなぁ。

ノーネームの問題児三人が一堂に会して、笑い声を箱庭の天幕の下響かせる……なんて日が早く来ればいいんですけど。

今回も刊行が遅れたようにスランプ気味ではあるみたいなんですが、本編が不穏だからこう箱庭の日常回とかで心を休めたい……

 

外界で情報収集していたはずの十六夜たちも、箱庭に召喚されるトラブルに身まれていて。

幸いにして、主権戦争の部隊であるアトランティス大陸に飛ばされて、色々と情報は得ているようですけれど……

ウロボロスの連中が蠢いているからなぁ。アヴァターラ所属のジンが今何を考えているのかも、気になるところではありますが。

十六夜がまだ微妙にくすぶっている感じ在りますからねぇ。今回の出来事で吹っ切れて、これまでのように彼らしく笑いながら、敵を吹っ飛ばしてほしいものです。

 

LaLa 2017年5月号 感想

LaLaの感想ー。続きを読む

ジャンプSQ 2017年5月号 感想

今月のジャンプSQの感想。続きを読む

ジャンプSQ 2017年4月号  感想

先月のジャンプSQの感想。続きを読む

剣魔剣奏剣聖剣舞

ico_grade6_3

「――固い決意とか強い想いとかそうういうのなんてさぁ、現実の強さとは何の関係もないんだって思い知ったでしょ?」

 

神剣という強力な力を持つ剣と、それを扱う剣聖が存在する戦乱の時代。

兵の数で負けていても強力な剣聖が居れば、戦線を維持……ともすれば反撃すら叶う、という強大な戦力で。

故に、神剣も剣聖もかなり厳重に管理されていたり、要職についてたりすることが多いわけですが。

 

立場に縛られぬ自由な剣聖、リューイン。

彼は冒頭から神剣を輸送していた部隊を襲撃し、強奪。

それを敵国に持っていって交渉のネタにした……と思ったら、輸送していた側の要塞に堂々と入り込んで食事をする。

お前は一体何をしたいんだ、と。いやはや、ここまで勝手気ままにやられると、いっそ気持ちいい感じすらしますね。

 

実際のところ、かなりの外道ですけど。

賭けに負けた相手にさらに追い打ちをかけたあたりとかは、庇いようがないかなぁ。

「つまんない立場なんてものに縛られてるから、ほら、今もぼくに手をだせずにいるわけでしょ?」

とか言ってのけますからねぇ。ただ、彼が自由に振る舞う裏には、確固たる目的があって。探し物を見つける為には、手を選ばない。下手に仕官して立場を得ると行動を束縛されるから、自由に動く。

そして勝手気ままにふるまって、他の剣聖に殺されないだけの腕も備えている。そんな彼がこだわった剣聖ソーロッド。

彼女には幼少期の記憶が無いって話ですし、何が隠されているのか気になるところです。

 

剣魔剣奏剣聖剣舞 (MF文庫J)
嬉野 秋彦
KADOKAWA/メディアファクトリー
2016-02-25
 

 

週刊少年ジャンプ No.18 感想

先週のジャンプの感想ー。続きを読む

週刊少年ジャンプ No.17 感想

先々週のジャンプの感想。続きを読む

ワールドトリガー18

ico_grade6_4

(前と同じ失敗はしない)

(もう 何もしないまま やられるわけにはいかない……!!)

 

本誌は休載中でもストックあるとコミックス出るんですね……

え、葦原先生大丈夫なんですか? 作者コメントに「最近8キロ痩せました」とかあって、不安が募るんですが。

いつまでも待ってますので、ご自愛ください……

 

収録内容としてはROUND6をすべてと、ヒュースが玉狛第二に入るためのアレコレ。まさか一日でB級まで上がってくるとはさすがに予想外。

県外にスカウトに行っていた玉狛の先輩方が戻ってくるよ、というのが最後でしたねー。

ゆりさんやクロ―ニンの顔見世は次回。となると、カバー裏もゆりさん達になるのかなぁ。

それともまた別のメンバーか。今から楽しみです。

 

しかし、こうしてまとまってみるとラウンド6はかなりテンポよく進んでたんですね。

元々王子隊が機動力が売りの部隊という事もあり、玉狛の戦術を警戒し潰しに動き回っていたという事もあって、流れが止まる事が無かった。

生駒隊の「機動型狙撃手」の隠岐が前評判ほど活躍してなかった感はありますが、生駒隊長の「生駒旋空」とか既存のトリガーだけど、使いこなして個人の技として昇華しているあたり凄いなぁ、と。

 

合間とカバー裏のネタも相変わらず面白かったです。

王子隊の独特な作戦会議時のアイコンは誰が作ってるのか気になってたんですが……王子のリクエストを受けて羽矢がデザインしたとか。

作者に「自分でリクエストしておいて自分のアイコンがこれなので王子は多分アホ」とか言われてて、こんなの笑うしかない。

カバー裏は生駒隊。スカウトされたメンバーが多くて、結構あちこちからの混成部隊なんですね。生駒が京都、水上と隠岐が大阪、海は三雲で、真織が兵庫らしいですよ。

 

 

週刊少年ジャンプ No.16 感想 

最新号のジャンプの感想ー。
合併号なので18日土曜には出てました。 続きを読む
livedoor プロフィール
アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索