気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

放課後は異世界喫茶でコーヒーを3

 ico_grade6_3

何かを諦め、捨てるということを自分で選ぶのだ。確かに持っていたものを放すことは、怖い。それを失ってしまえば、自分からどんあんいおおきなものが欠けてしまうのか、想像すら難しい。

けれどそれが、その怖さを乗り越えることが、今の僕には必要だと気づけた。

 

迷宮街に歌姫なる存在が来訪する事になって。

ユウも事情をよくわかってないので、アイドルのコンサートツアーみたいなものかなぁとか思われてましたけど。

来訪は3か月くらい後だというのに、歌姫目当ての観光客が増えて。

普段は閑古鳥が鳴いていることもある喫茶店にもお客さんが流れ込んできて。

 

そして同時期に学院でもトラブルが発生。

教授が実験で失敗し、校舎を吹き飛ばしたとか。死傷者は出なかったそうですが……失敗で校舎吹き飛ばすとかどんな実験してたんだ。

余波で寮にも被害がでて、残っていた学生を安全の為に退去させることに。

その中にはリナリアも含まれていて……歌姫騒動で宿が取れずに難儀していた彼女にユウは喫茶店の一室を貸すことに。

元々は酒場だったこともあり、二階に介抱用の部屋とか色々あったみたいです。

 

同棲じみた状況ですが、混雑している喫茶店の手伝いなんかもしてもらってるし……もちつもたれつ?

アイナの暴走もあって途中メイド喫茶になったりして、商人から商談を持ち込まれたり、リナリアの過去、彼女の両親について知る事になったりしてましたが。

そうした変化の中で、ユウが決断を迫られることに。ただ、目の前に用意された者から選ぶのではなく、ユウ自身が考えた上で答えを出したのが良かったですねぇ。

 

今回はノルトリの出番が少なくて残念ではありました。気だるげな彼女の雰囲気は、観光客でにぎわって状況が変化しているという状況と温度差あるから仕方ないかもしれませんが。



週刊少年ジャンプ No.27 感想

ジャンプの感想‐。続きを読む

週刊少年ジャンプ No.26 感想

先週のジャンプの感想。続きを読む

ミリオン・クラウン2

ico_grade6_3h

「人類退廃の時代と呼ばれるこの時代で、俺より力のない人たちが、俺より必死に生きている。その努力が見えていないお前とは、永遠に共存共栄の関係を築くことは不可能だ。(後略)」

 

今回は次回以降に向けての準備回、って印象でしたねぇ。

一真が隊長となって、その部下になる新キャラが登場。

ただ、一真が後ろで指揮をとるよりも前線で暴れまわる方が向いているから、部下を置いて先行したり、突貫したりしてました。

結果的にそれがいい結果に繋がったりもしていますが、単独行動しすぎと那姫には注意されてましたねぇ。

 

調査に向かった先でまだ生き残っていた環境制御塔のAIと交流し情報を得たものの……

襲撃を受けたために、一から十まで分かったわけではなく、重要そうな情報と鍵を入手したにとどまりました。

内容を解明することが出来れば、この退廃の時代においてかなり優位になりそうですが……そもそも人類最盛期から退廃していった流れが、通説だった制御塔の暴走ではない可能性まで出てきて、きな臭い。

 

そして情報をどう扱うか、と一真が他の面々に相談する余裕もなく他国からの干渉が入って。

新しい王冠種が登場し、一真と相対してました。人語を操り、会話は出来るけれど、理解し合える存在ではない獣。

かなり手ごわい手合いで一真も苦戦していましたねぇ。まだまだこの世界での戦い方になれていないといいますか。

スペックは高いし、素の戦闘能力はあるけれど、B.D.Aを使ったこの時代に合わせた手札が少ないので、その辺りが今後の課題でしょうか。

 

他所のミリオン・クラウンは早々自国を離れられないのでは……と思ってましたが、あっさり出てきたなぁ、という感じも。

この時代において革新的な視野を持つ傑物ではあるようですし、色々と情報を握って良そうな油断ならない人物ですが。

今のところ友好的とまでは言えない距離感ですが、話が進んでいく中で一真と共闘する展開とか来たら熱いなぁ、とは思った。



電撃大王 2018念7月号 感想

電撃大王の感想。続きを読む

ラストエンブリオ5 集結の時、暴走再開!

ico_grade6_3h

「二人とも――“ノーネーム”に、おかえりなさい」

 

表紙についに登場、久遠飛鳥。

同志を増やし、コミュニティを新興し、新たな力を身に着けた彼女。

2年でちゃんと成長している感じがしますねぇ。目下一番成長を実感できた感じがします。

 

十六夜はアジ・ダカーハ戦直後の迷いまくっていた所から浮上して、多少は訓練も積んでたようですけど、牛魔王、パラシュラーマ相手どった時とか彼らしくありませんでしたし。

前回、焔の支援で新しい力を獲得してようやく次の段階に進んだ感じ?

 

春日部は、当主として成長してるようですし、変化は感じます。

先日の天の牡牛事件の時、箱庭で起きた騒動を解決したり、今では最強の階層支配者と言われたりしているようですし。

十六夜より強いと自負する彼女の本気に期待したいところですが。

 

問題児三人がそろい、状況を引っ掻き回していたクリシュナの秘密を暴いてましたが。

さらに厄介な問題を目覚めさせたような気がします。殺人種の王、ねぇ。三人が協力し、追い払う事に成功したのは何より。

これで、叩きのめされたら流石にちょっとフラストレーション溜まりますしねぇ。

この調子で、ゲームを解き明かして軽快さを味あわせて欲しいものですが。

 

本編が少し短めで、短編を二つ収録。

魔王レティシアと金糸雀の出会いを描いたエピソード『吸血鬼の御茶会』。

レティシアの妹と姪の名前が一緒だという点、子食いの呪いがかかった妹に子が出来るのか、という点。

太陽主権戦争に参加してるラミアが電話をかけた相手の、彼女への呼称「Blond my fair lady」。金糸雀がレティシアに仕掛けたゲームと同名だという点。

気になる情報が多すぎるんだよなぁ。

 

そして、十六夜の無二の親友イシとの交流を描いた『トラブル・ファイル』。

元々もスペックが高すぎる十六夜が、世界を楽しんで生きるきっかけとなったエピソード。

金糸雀が彼に見せた地獄の風景。

オーディオドラマ化もされていて、重苦しい部分もありましたが……大食いゲームで五連勝してる春日部とか、ちょっと笑える部分もあっていい塩梅でした。



ノエルと白馬の王子 アリアンロッド・リプレイ・ルージュ+1

ico_grade6_3

GM:事務所に戻って、次の生け贄を連れてきてください()

 

ルージュの外伝、みっしょん56の間のエピソードが掲載されています。

みっしょん5.5ノエルと白馬の王子。

これが全体の3分の1くらい。その後はタイトルの「+1」の部分。ルージュとは関係のない、『魔を貫くもの』というリプレイが乗っているのと、ルージュシリーズのギャグ4コマ、巻末にダイナストカバルのデータとルージュキャラの設定資料集が乗ってたりと盛りだくさん。

 

ノエルと白馬の王子は、ノエルとトランに、スポット参加の新PCを加えた三人パーティーのリプレイ。

軍資金が尽きたので、稼ぐために屋台をやるトランとそれに付き合うノエル。

復讐に生きるPCヴァルとの温度差がすごくて笑えました。

ポージング対決がある出店勝負とはいったい……

 

「魔を貫くもの」はランダムダンジョンを使った死亡上等のガチバトル・リプレイ。

途中でPCが死んだプレイヤーは退室し……次の生贄を連れてくると言うある意味ゾンビアタックというか。

ランダムダンジョンだったので運悪く全てのパネルを開ける羽目になったり、色々と苦悩しながら進んでる様子は楽しそうだと思いました。

あーTRPGしたい……

 

ノエルと4つのコマはコミカルで笑えました。

キャッチセールス、懲りずに、あたりが特に好きです。トランとクリスは、ぶれないな……



ノエルと蒼穹の未来 アリアンロッド・リプレイ・ルージュ4

ico_grade6_4

クリス:ちがう! 神はそんなことで諸君らを見捨てたりはしない。神官・クリス=ファディナントとして言わせてもらおう! 兄弟諸君! 神は……

()

「神の愛は……無限だ!」

 

みっしょん07真実の扉、ミッション08旅の終わり、夢の始まりを収録した、リプレイ最終巻。

 

トランという大切な仲間が死に……けれど、彼らに足を止めることは許されない。

クリスも神殿を離反した形になり、神殿の追手から逃げながらも、ノエルの母に会うために北の最果てへと歩みを進める。

途中でダイナストカバルから派遣された新たなメイジ、レント=セプターと合流していましたが。

稼働し立てで、色々と情緒が足りない部分があり、クリス達を刺激する場面もありましたが。

 

ガーベラがノエルたちを止めようと最後の壁として立ちふさがって。

遂に薔薇の巫女の目前に迫ったノエル達は引き下がらないだろう、と事情を語り……事情を知ってなお、立ち止まらないことをノエルは決めた。

ノイエが抱えていた事情を解決するために、ガーベラが犠牲になる、という選択肢を選べなかったからこそ、戦う事に。

 

苦戦しながらもガーベラを打倒し、ついに母と娘が再会できるかと思いきや……

最初からクライマックスみたいな、みっしょん8がスタート。

封印から解き放たれた神竜が君臨し、神殿も思うように動けない中、限られた時間で出来ることを、とノエルたちが進み続けたのが良いですねぇ。

まさかの大首領登場のシーンとかは笑えました。まさかの事実が明らかになって、プレイヤーも笑いが堪えられなくなってましたねぇ。

GMが「別にギャグのシーンではない」とか言ってましたが……いや、確かに、重要なシリアスなシーンですけど……アレはある意味ギャグでしょう……

ノエルの出目が光ったクライマックス戦闘もかなり盛り上がって、いやぁ、良質なリプレイでした。



LaLa 2018年7月号 感想

LaLaの感想。続きを読む

週刊少年ジャンプ No.25 感想

以前のジャンプ感想。続きを読む
プロフィール

ちゃか

 友人に「活字中毒っていうか読書中毒」と評される程度には本が好き。適当に感想を書いていく予定。リンクはフリーでコメントはご自由に。悪質と判断したものについては削除する場合があります。

アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索