気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

サモンナイトU:X〈ユークロス〉 黄昏時の来訪者

ico_grade6_2
過ぎたことはやり直せないし、後から都合よく改編することだってできない。
少しでも自分の望む結果に近い未来を手に入れたいのならば、その一瞬一瞬に、最善をつくして生きていく以外の方法はない。

さて、前回最後襲撃を受けたミコトですが。
その襲撃に対する対応の情景と、そこに至るまでの物語。
正直言うなら、面白くは、なかったかなぁ。
文章書いている人が、好き勝手書いているような、印象。

ギブソンとミモザの結婚式、そしてそこに集まる歴代のキャラクターたち。
ゲーム本編では描かれていないけど、確かに繋がりがあるだろう人とか、色々いますしね。
こういうシリーズ間を超えた交流の風景っていうのは中々楽しく読みました。
1とか2なんてプレイしたのPS版でしかも結構昔なんで薄れている部分がありますねー。
プレイし直そうかなぁ。うろ覚えですが、ギャラリーとかがなくてEDの絵が視られないから、やり遂げた感じがないんですよねぇ。シリーズで最初に3から入った人なんで、どうにも、物足りない。
PSPの3・4では夜会話も見られるようになったんで満足ですが、1と2はDSだからボイスとかも削られてるらしいですし…
まぁ、ゲームの話は脇に置いておくとして。歴代のキャラがあちこちに出てくるのは面白いと思いますよ。

ただ、気になるのは、ハヤト以外の1主人公たちの扱いとか、その辺。
こういう展開が面白いだろ? みたいな風情で、ちょっと萎える。
難敵だったボスが復活するとかは王道で悪くないと思うんですが、こう、そこからの展開が。
世界の在り方すら変えてしまった【狂界戦争】に至る話である以上、避けて通れない要素なのかもしれないですけど、主人公たちからの脱落者っていうのはあまり出てほしくはなかったかなぁ。
主人公たちって、色々と敵を否定したり、常識を説く割に、同じ状況になると同じように振舞ったりするんだよね。薄っぺらい。
挫折から立ち上がるっていうのも、王道ですけど、それにしたってなぁ、という思いからどうしても逃げられない。
4までのゲームは問題なく面白かったのに、どうしてこう自分の首絞めるようなことしてるのかなぁ。

…この感情を呑み込んで、続きが出るなら、次の巻までは買います。それで判断する。

サモンナイトU:X〈ユークロス〉 異境の異邦人

ico_grade6_3
「終わりにだって、その先はあるはずなんだ」
たとえ今日、この世界が滅んでしまったとしても。
形あるもの全てが、欠片も残さず消し去られてしまったとしても。
「想いの力は――絶対に消えたりしない」

ゲーム、サモンナイトシリーズの世界である、リィンバウムを舞台とした小説。
そもそもサモンナイトシリーズは1~4まで出た後、会社が消えて、続編でないと思ってました。
ただ、運よくというかなんといいますか、奇跡的にナンバリングタイトル、正式な続編である「サモンナイト5」が今年発売されたんですよね。
同じ世界であっても、違う時代、違う国が舞台で、前作までのキャラは番外編とかで特別出演する、といった形式を取っていたシリーズですが。
何と、サモンナイト5は、実に300年後の世界を描いているという事で。
召喚術とかのシステム、国家の情勢など、色々と変化しているというか、強制的に変えさせるような災害、【狂界戦争】なるものが「5」に至るまでの300年間にあったそうで。
ゲーム自体は、満を持して登場した、後継タイトルとしては、ちょっと力が足りなかったかなぁ、というイメージ。世界が変貌しすぎているのに、その断片についてしか触れられていなかったりと、不満点が多いです。
その空白の300年を埋める、【狂界戦争】について記されているのが、この小説版です。
まぁ、正確には、その周辺の騒ぎについて、ってことでまだ【狂界戦争】って言葉はまったく出てこないですけど。

最初に決戦前夜を描き、そこに至るまでの道筋を振り返る、という形式。
歴代主人公たちだったりが出てきたのは個人的には結構テンションあがるところ。
しかし、そこに至るまでに失ったものとかもあるようで、どういう事情があったのかは気になりますね。
断章として描かれた、歴代主人公たちのシーンに至るまで刊行が続いてくれることをただ祈るばかりです。
ゲームみたいに途中で消えていくとか、勘弁してほしいですけどね。

本編では、小説版のオリジナル主人公が、リィンバウムの因縁に巻き込まれていくという話。
1の主人公であるハヤトとかと同じ町に住んでいるミコトは、自分にのみ反応する「門」を使って、リィンバウムと日本とを行き来する生活をしている。
自分の出生というか、叔父との関係とか、いろいろ疑問を抱える中で、リィンバウムは心安らぐ場所であったようです。
ただまぁ、異世界を結ぶ門が反応するという時点で、只者じゃないのはもう当然と言いますか。
事件に巻き込まれるというよりは、隠されていた事実が明らかになり、事件の中心に放り出される、といったほうが正確かなぁ。

ミコトとその周りの…ぶっちゃけ小説版オリジナルのキャラクターは、そこまで魅力的にも映らないのですよね、なんか。
彼らの存在が、一体この世界にどういう影響を与えるのかっていう、【狂界戦争】に至るまでの道筋だけが気になるので、とりあえずこのシリーズは追いかけてみるつもりですが。
さてはて、どう転ぶかなぁ。


小説家になろう連載作品 まとめ感想3

小説家になろう連載作品が更新されたのでその分の感想を追加。
今回は、以下の3作品。例によってネタバレ含むので気を付けてください。

宇井東吾/災厄の寵児
十本スイ/金色の文字使い~勇者四人に巻き込まれたユニークチート~
氷純/詰みかけ転生領主の改革(旧:詰みかけ転生領主の奮闘記)
 
感想を上げる前に、「金色の文字使い」について。
まぁ、見て分かる通り、旧題、勇者四人に巻き込まれたユニークチートですが、書籍化が決定したそうで、『金色の文字使い』と改題。合わせて作者名もシャン翠から、十本スイへと改名。
感想がまとめにくくなったな・・・書籍版は、かなり変更している部分が出てくるそうです。
最終的な目的地は同じでも、WEB版とは別な物語になっていくそうで。オリジナル要素もあるようですし。
イラストがよほど好みから外れているとかじゃなかったら、手を出してみましょうかね。
まぁ、書籍化決定の報告のみで、レーベルとかはまだ明かされてませんが、ちょっと楽しみかな。 続きを読む

トラキス A School Odyssey 3

ico_grade6_2
「そりゃ誰の書いたシナリオだよ」
「こういう時悪党ってのは 全部教えてくれるもんだろ?」


世界を一変させるほどの価値を持つデータを巡る戦いが繰り広げられている、学園島。
勝者は敗者の持つデータを閲覧することができる。
ただし、その方法は、粘膜を介在―つまりキス―をしないといけない。

あれこれ理由つけてキスさせるためにこの設定考えただろ、っていうにおいがプンプンと。
ただ、世界観が結局のところよく判らない。
情報をもたらすものがあり、それに適合したものは、ファイと呼ばれるアバターを顕在化できる。
そして、相手の持つ情報を知りたければ、戦って勝利しないといけない。
ただ、それは良いとしても、メインキャラが、情報を収集しているシーンがないから、相手の持つ情報を知りたければ・・・って言われてもよく判らないといいますか。

1巻でトラが、情報もたらす者に接続していないことが問題視されていたように思います。
ってことは、そういう情報集める義務みたいなものがあるはずで、その辺が描かれずに、バトル一直線なのがなぁ。
よく判らないけど、学園内には序列もあって、序列上位のキャラたちがそれぞれ陰謀を巡らせている感じなのはわかるんですけど、その割には、主人公たちの情報収集能力とかその辺には不安がある。
あと、13番目の人型? とか言っていた割に、人型についての説明もほとんどないような。

情報っていうのが相手の持っている記憶とかその時一番強く抱いている感情とかで、ただひたすらキスするために戦うコメディにしたいのか。
得られる情報とそれに絡む利権をめぐる、陰謀渦巻く中、主人公が勝ち進んでいく学園バトルものにしたいのか。
ちょっと焦点がぼけているような感じ。
説明が全体的に足りていないので、世界についてよく判らないというのが正直なところ。
世界観説明が十分じゃないのに、キャラクターだけは多いから、結局、何が書きたいのかさっぱりわからない。
そろそろ切ってしまおうか。

トラキス A School Odyssey (3) (電撃コミックス)
トマトマト
アスキー・メディアワークス
2013-12-21

境界線上のホライゾンⅣ

ico_grade6_3h
「だから教えてくれ セージュン」
「俺の望みが どういうことなのか」


電撃文庫の鈍器と評判の、全然ライトじゃないラノベ、境界線上のホライゾンのコミカライズ。
厚さを自重しないあの本を見ると、ダンベルでも作ってるのかとたまに疑問に思います。

アニメが結構良作でしたけど、このコミカライズも中々いい感じですね。
アニメは、あの厚みをよく1クールで落とし込んだなぁ、と思ったものですけど。
画と動きでおぎなって、あの厚さを構成している説明をあちこち削っているんですよね。
そこでいくと、コミカライズは、アニメと原作の間を行っているといいますか。
説明削っている部分とかもあるんですけど、原作よりは取っつきやすいかなぁ、という感じですね。
初心者にはアニメから漫画、それでなお気になるんだったら原作っていうコースが情報量としては優しいのかもしれない。
個人的には、あの登場人物たちの頭おかしいんじゃないかっていう川上節なやりとりを楽しんでいる人なので、原作をぜひ読んでほしいところなんですけど。

閑話休題。
とりあえず今回は 、シロジロと直政の相対が終わって、ネイト登場。
そこからトーリと正純の討論、賢姉が出張る延長戦とその決着まで。
討論とかのシーンは良いんですけど、戦闘シーンはちょっと絵が微妙といいますか。
流れが見えにくい。その辺はアニメが良かったからっていう部分もあるとは思いますが、それにしたってもう少しどうにか、と思ってしまう。
 
書きおろし小説は『落雷場の処罰者達・中編』。
短いに、外道属性満載とか、川上さん自重しない。
神道、本当に大丈夫なんだろうか。この世界の外道たち相手にするには必要なのかもしれないけど、神道自体が外道になっていないか、コレ。
まぁ、浅間からして、射殺巫女で大酒呑みでいろいろ突っ走ってるから、問題ないのか。
しかし、青雷亭のホライゾンの接客は、アレでいいのだろうか。
いや、旗から見ている分には面白くていいんですけど、実際それを頼んでる人がいつもいるっていうのは中々凄い事なのかと。
あれか、仲間内でロシアンルーレット風に外れ混ぜた菓子を食うとか、そのノリなのかなぁ。

「ははは、メジャースイーツで安心した貴様の負けだ!」

「抹茶なんだからフツーは砂糖入りませんよね。まだ慣れてない人達ですか」
「わ、私たち、慣れてきてますわよ!?」


こんな会話が飛び交っているお店。
面白そうで、ある種の名所にはなるだろうけど、自分で注文する根性はないなぁ。 
水を注文して、なぜか粉末がやってくるという謎の店員がいるお店。・・・自分で書いていてまったくよく判らないんですが、これで嘘がないっていうのが。
さて、次回以降は、ホライゾン救出行ですねー。楽しみ。

境界線上のホライゾン (4) (電撃コミックス)
武中英雄
アスキー・メディアワークス
2013-12-21
 

まんがタイムきららフォワード 2014年2月号

ico_grade6_3
まんがタイムきららフォワードの感想。
以下に収録。 
 


続きを読む

彼女を好きになる12の方法

ico_grade6_4
病は気からという。意味は逆だが。そして恋の病という言葉がある。たいてい、悪い意味でつかわれないのだが。その二つを組み合わせた結果、ひたすら彼女が可愛いと思い続けてみることにした。なにしろ彼女はかわいい。よしだいぶ病んできている。



「好き」という気もちがわからない「俺」。
「好き」という気持ちに身を焦がしている「僕」。
この二つの視点が織りなす話。
「俺」の隣には「彼女」がいて、「僕」はその二人を遠くから見ていたり、時に不気味に近づいたりしています。
端的に言って僕はストーカーっぽい。っぽいっていうか、構成要素はおおよそストーカー気質。

いいかえると、ポジティブルートとネガティブルートみたいな感じですかね。
何となく付き合いが続いている「彼女」と、友人以上恋人未満みたいな関係を続けていた「俺」。
なんでこの関係が続いているんだろうと考えたとき、彼女を好きになればそれが理由になるんじゃないかと思い、4月から、1年間をかけて彼女を好きになろうと試みる。
その発想が酷いというか、頭良くないのにややこしい頭だと12月に言われていますが。
まさしくそんな感じで、考え過ぎて空回りしている感じ。

一方で僕は、彼女の事が気になりつつも生来の性格なども合わさり、声をかけられずにいる。
そして、行動を起こしてみたは良いものの、かなり不審者で、最終的には避けられたり、気分や状況などを合わせて、大分落ちていってる感じが。
こっちのルートにはほとんど救い無いので、なかなかアレです。
ただ、僕視点からみた「俺と彼女」のやり取りは、結構面白かったり。

もう俺と彼女は、傍から見ていると普通にカップルみたいですけどねぇ。

「それは、わたしの一番嫌いなことね」
「なんで好き? とかきかれるのも、どこが好き? とかも最悪」
「だって理由を好きになったわけじゃないの。わたしはっ、ほら・・・・・・」

「言わなかったことに、『理由』があるのよ」
「なんか褒めるときに、すごいすごいって何回も言っていたら逆にすごくなさそうに思えるでしょ? 言葉は流し放題の水。味が薄くなるのよ。だから、こういうのって口にしない方がいいと思ってた」


12月あたりからの「彼女」が可愛くて、結構楽しんで読みました。
「彼女」には「彼女」の哲学とかがあって、それでも「俺」の近くにいたってことで。
こういう距離っていうのは結構羨ましいような気もしますな。
まぁ、劇的な事件が起こるわけでもないから、淡々と進んでいく感じもあります。
ただ個人的には結構気に入りました。

彼女を好きになる12の方法 (メディアワークス文庫)
入間 人間
アスキーメディアワークス
2012-08-25

 

ノーゲーム・ノーライフ3 ゲーマー兄妹の片割れが消えたようですが……?

ico_grade6_5
「一歩でも間違えれば谷底じゃない。これの何処が“必勝”だなんて言えるの」
「一歩でも間違えれば必勝じゃねぇよ。だから、一歩も間違えないしかないだろ?」


東部連合に勝つための最後のピース。
それをゲームで獲得に行ったはずの、空の行方が分からなくなり、あまつさえほとんどの人の記憶から消えていた。
そのことに、白は怯え、恐慌状態のようになる。
が、「負けて兄の記憶を失え」という八百長のゲームを仕掛けられた際、「『  』に敗北はない」という理念を唱え、勝ちに行った場面が、絆が分かっていいですね。

しかし、空は、本気で正気じゃないっていうか。
よくもまぁ、あんなゲームを考え付くもんです。
そしてそれを実行できてしまうあたり本当に一種の怪物の類なんじゃないだろうか。

――なぁ白、人は変われるっていうけど、ホントにそうかな。

空が白に語った翼の話、完成されたものであるという考え、お互いの存在の前提。
作中でも語られてますが、本当にこの兄弟は二人で一人なんだなぁ、という感じがしますね。
やっぱり、良いですね。

そして、肝心の東部連合のゲームですが……
あれはアレで中々にひどい(褒め言葉)。

「――あのさ……寝返るって言おうぜ?」。

個人的にはこのあたりが好きです。
あんなふざけたゲームを国家間用に持ってくる根性は、素晴らしい。
しかし、技術に優れた種族とはいっても、あのゲームって一体どうなっているんですかね。
実際にゲームの中に入るとか、魔法の類に思えるんですけど。
獣人族って序列14位で、身体能力特化みたいな種族のはずなんですがね。
幾ら技術力合っても、あの手のゲーム作れるとか、一体どんな技術とか駆使すればできるんだろうか。
ファンタジー補正と言っても限度があるんじゃないかなぁ。さてはて。



ノーゲーム・ノーライフ2 ゲーマー兄妹が獣耳っ子の国に目をつけたようです

ico_grade6_5
「答えは簡単だ――『人類』なんて信じてないのさ」
「だけど――『その可能性』は信じてる」

タイトルからすると、獣耳っ子の国とゲームをするような印象を受けますが。
今回はその国とのゲームに対する仕込みの回ですな。
そして3巻に続く引きになるので、これから読む人はちょっと注意。

かなり追い込まれている『人類種』の国をどうにかするために、この世界の知識を求めている空と白。
しかし、この国には求めるゲームの情報はほとんどなかった。
それもそのはず。
類まれなる愚王と称された先王が「知識」を賭け皿に乗せ負け、天翼種に図書館を奪われてしまったから。
ならば、知識を得るついでに、序列六位にあるその天翼種を仲間に引き入れてしまおうと、『  』が動き出す。

宣言した言葉が、実態化する具象化しりとり。
それを用いたゲームで、空の打った初手がまず驚きですよね。
途中でエロネタ挟むのも相変わらずと言いますか。
超好意的に解釈をするのであれば遊び心と余裕をいつでも持っているというところでしょうか。

そのゲームを超えた後、望んでいた知識と、望外に得たゲームの知識を合わせ、空たちは、ついに動き出す。
対策を万全に整えてから動き出す。
挑んだときには、もう勝っているという、その行動が恐ろしい。
空のハッタリが毎回驚きを与えてくれるんで結構好きです。
心を読むという序列14位の獣人種。
世界第三位の規模を持つその大国を呑み込もうとする空たちの策略。
最後のピースを求める為に、空がとった行動が、また壮絶と言いますか。

この終わりは結構酷い。続きが気になってしょうがない感じですね。
俺は、先に読んだ人から「終わりが凄いことになってるから次出てから読んだ方がいいよ」と言われていたので、素直に3巻出てから読んだので、被害を受けませんでしたけど。



ノーゲーム・ノーライフ 1 ゲーマー兄妹がファンタジー世界を征服するそうです

ico_grade6_4
……絶望から希望を見せていく
……希望だけを語るものは楽観主義者であり。
……絶望だけを語るものは悲観主義者だ。
……絶望の淵に、暗闇にあってなお。
……希望の篝火を灯す者だけが大衆をひきつける。 

 
作中のある場面の地の分を引用。
本当は間に台詞が挟まっているんですが、抜粋という事で。
空たちが大衆に向かって宣言する場面なんですが、そのセリフは、是非実際読んでほしいですし。
 

ニートで引きこもりだが、ネット上では都市伝説とまで言われる天才的なゲーマー兄妹、空と白。
二人で「  」(くうはく)として活動している二人を、ある日、“神”を名乗る少年が異世界へと召喚する。
そこは、国境線すらもゲームで決まる世界だった。
魔法が存在する中、魔法の才もなく、16の種族が存在する中で序列最下位の追い込まれた種族である『人類種』。その王を決める大会が、『人類種』最後の領土で行われているところだった。

中々に痛快と言いますか。
空と白が単体だと、すごいダメ人間なのに、二人そろった途端に、これ以上ないほどの結束を見せるといいますか、本当に、二人で一人とでもいうべき状態を見せてくれるのが凄い。
2人のやり取りは結構好きです。
今回は、異世界で王になるための行動をしていく感じですねー。
まぁ、そのためにやったチェスゲームの最初の奮起させるための宣言はちょっと酷いけど。
そこからの逆転模様っていうのは中々。

最新五巻まで出ていますが、やっぱり面白いですね。 

 
livedoor プロフィール
アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索