気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

ソード・ワールド2.0リプレイ from USA 10 英雄之剣―アンセルムズソード―

ico_grade6_4
クリフ (略)しかし、僕達、明日の朝にボスに向かって突撃するっていうのに、なにしてるんですかね!
エリヤ 私たちは最後まで走り回る運命なんだよ! 

リリオに迫っていた蛮族を撃退した一同。
後始末やら復興作業やらで忙しくしていたら…ラスベートが蛮族に占拠されるという事件が発生して。
ついにリプレイ最終巻。

第二十一話 『Curse over Rasbate』
最終話    『Anseim's Sword』

ミケがまさかの着ぐるみリルドラケンを着るとか。
これ、グラスランナーが来ても「リルドラケンに変装するとき+4のボーナス」を得られるんですよね・・・
クリフも突っ込んでますが、一目で分かるけど。
だがダイス目で決める以上、達成値が凄く高くなって、全然わからないパターンはあり得るっていうか、レベル高いから早々見破られないっていうか……シナリオで使いどころないけど、なんかツボった。

さて、占拠されたラスベートに派遣されて、生存した権力者と接触したり、状況を改善したりしてほしいと依頼を受けます。
通話のピアスが通じないので状況がわからないから、漠然とした依頼になっていますけどね。
実際、

クリフ しかし、蒸し返すようでなんですが。通話のピアスがもし本当に妨害されているとして、僕達が入っても連絡取れないわけですし、本当にこれ僕たちが入る意味あるんですかね?
アンセルム 連絡は遂次、首都の外にでて……
クリフ 僕はアンセルムが何を言っているのかまったく理解できない……


なんてやり取りもしていますけどね。
占領された街でわいわいやっていましたが、アンセルムがある人に認められるシーンがやっぱりよかったよなぁ。
奇跡的な瞬間ではあったんだと思う。

最終話。
PCの思わぬ行動によって、GMの思惑が少し乱されてましたけど。
まさかシナリオがほとんど進まない内に、隠し条件だったボーナスを達成されるとは思っていなかった事だろう……
げにTRPGは怖ろしい。

戦闘はPCの出目が輝いていたり、逆にGMの出目が腐っていたりして、結構あっさり片付いている感じのあるシリーズですけど、今回もあっさり感はあるなぁ。
その分、10巻も続いていると、PC同士の関係もはっきりしているから、ロールプレイはいい感じでしたね。
中々楽しかったです。

ソード・ワールド2.0リプレイ from USA 9 闇塔閻舞―ダンスマカブル―

ico_grade6_3h
GM こ、これで1ラウンドキルされたらあっけなさすぎる……!?
アンセルム 「ふふ。そいつは影武者だ」って、真の兄貴が急遽出てくるんだな(笑)。
GM うわ、超心惹かれる!
一同 (笑)!
ウィスト やっちゃダメだからね?

第十九話 『The Longest Night of Lirio』
第二十話 『Death Rejecter』
 
クライマックスという事で、誰も彼もが自重しない。
ついに、アンセルムの兄貴との決着もつきましたが、全ての問題が片付いたわけではない。
しかし最後の因縁は若干唐突な印象が否めないなぁ。
最初のデス・リジェクターなんて、合流させるためだけのギミックかと正直思っていました。
そういえば、一応、遺跡探す指令書とかも出ていたんでしたっけ。
前巻で展開に影響を与えるギミックになっていたとも言ってましたし、最初から仕込んであったネタではあるのか。
まさか、ここまで重要な存在になろうとは。
そしてそれをクリフがさっぱり忘れていたことで、援軍を呼べた面もあるというGMの説明があったりするのがまた。

第十九話。
ギュスターヴがリリオに向かってしまったのでそれを追う一行。
蛮族の侵攻が再会していることもあって一回外出ると戻るの大変そうですねー。
GMが時間ポイントで管理していますけど、それで一般人に被害が出るとか言う効果があるんだったらPCに公開しておいた方がいいんじゃないかなぁ。
自分たちの知らない情報によって、NPCが死ぬってのは中々厳しいと思うんだが。
まーそれをうまくロールプレイに活用していたから、悪いとまでは言いませんけどねー。
微妙に釈然としない。
なんとかリリオまで戻って、無事にギュスターヴ倒せたのでそれは良いですけどね。
クリフが無駄に格好良かったというか、彼の姫騎士愛が凄すぎて怖い。
根性で出目を引き寄せたような気すらします。

で、第二十話は、ギュスターヴを倒したと思ったら、街中に不可思議なダンジョン設置しやがったので、それを攻略する話。
その塔を有効活用して人材育成しようっていうPCたちのプランは中々面白そうでしたね。
 
クリフ ほう。つまり、その金額が貴方達にとってのリリオの価格ということですね……って、なんで僕は報酬を吊り上げようとしているんでしょう?
アンセルム 知るか(笑)。

流れるようにつり上げに入ったクリフがさすがというかなんというか。
ダンジョンアタックの「運命を享受するか、抗うか」の場面はそれぞれの特徴が出ていてよかったなぁ。
アンセルムは、成長したなぁというか、魔剣が折られる映像とか見て、享受したあたりとかで、少しおおらかになった部分があるのかなー。覚悟が決まっているというか。
クリフ、姫騎士姫騎士叫びながらも結構仲間重いですよね。
エリヤは・・・うん、肝心なところでダメというか、うっかり発言が多くて笑わせてくれます。
ミケは「ミケはエルフ」っていう呪文が笑った。さすがグラスランナー。まぁ、最後はしっかり良いイベントになってましたけど。
ウィストは、過去の設定からああなる気はしてましたけど、もう少し「享受するか抗うか」悩める選択肢なかったのかなぁ、とは少し思った。

まー、とりあえず今回でギュスターヴとは完全に決着つけましたけど。
まだなんか面倒な敵が残っているようで、次回、本編最終巻ですね。

 

ソード・ワールド2.0リプレイ from USA  8 双剣相克―デュアルブラッド―

ico_grade6_3
クリフ ……親友が人から善意でもらったものを使って借金を返したのを目撃してしまったんですが、僕はいったいどうしたらいいんでしょう?
一同 (大笑)!


第十七話 『Siege of the North Wall』
第十八話 『Dual Blood』

GM (略)一応言っとくけど、前回のボスはリャナンシーのミンシアであって、決して超清掃ロボ・エイスァムではないんだぞ?
一同 またまたご冗談を(笑)。

なんてやり取りがありましたが、8巻と結構息の長いリプレイ。
まー完結の11巻まで読んでるんですけどね……
 
戦争ルールが正式に採用されているTRPGもありますが……
よもやSWで戦争をやろうとは。
しかも指揮官暗殺とかじゃなくて、結構真面目に戦争していたといいますか。
デモリッシャーが瞬殺されたところが、やっぱり一番笑いましたけど。

GM ソーズマンは「我らが生くるは前進のみ。今日は死ぬにはいい日よ!」と言って笑ってるよ。

瞬殺される雑魚のくせに無駄に格好良かった。
戦争用のネタを仕込みすぎて、GMが墓穴を掘ってる場面が多かったかなぁ。
GMはGMでロマンを追及していましたから、ある程度は満足だったんじゃないでしょうか。
ミケがすごくグラスランナーしていて笑えた。
殺戮マシーンとか、筋力とかに注目しがちですけど、敏捷も高いんですよね。グラランだから。
韋駄天ブーツとかが無駄にならなかったのは笑えた。

運だけで乗り切ってきた、GMの無茶ぶりというか無茶な戦闘は健在で、その内本当に誰か死にそうな感じがして怖い。

そして、ようやくリリオに返ってきた一行。
周辺がすこしだけ落ち着いてもボスは健在だから、驚異はまだまだ残っているんですよねー。
デモリッッシャー壊して一時的にでも撤退させたのは有意義ですけど。
クリフが【リモート・ドール】相手にやった行動もまたナイスというか。
うん、あとのこと考えなければ、あれは理にかなっている。

GMがイザベラつかってやってみたかったドラマっていうのが微妙に気になりますね。
勝手な推測で言えば、フレイアを庇って死ぬとか、PC守って倒れるとか、ギュスターヴに切り捨てられるとかそのあたりじゃないかなーと思うんですけど。
あの状況じゃ、PCたちはああするしかないよなぁ。 
GMは本気で殺しにかかってきているよなぁ。

クリフ ……僕たちのレベル帯で出てきていい敵なんですか?
アンセルム ギリギリアウトかな。
クリフ スペルジャマ―と一緒に出てきていい相手なんですか?
アンセルム かなりアウトだな。
クリフ ……。ソード・ワールド2.0リプレイ from USA、次回からは冥界編です。お楽しみに!


なんてやり取りしているくらいですし。
それ聞いたGMの内心が「問題はラクシアに冥界があるかだ」とか書かれていて、あの人マジですよ。
無事に生き残れてよかったですけど、本気で運だよなぁ。
 

ソード・ワールド2.0リプレイ from USA 7 蒼天騒乱―ライオットスカイ―

ico_grade6_3h
ミケ え? 飛空船乗れるの?
クリフ 待ってください、ミケ。このラクシアで最も危険な乗り物……それが飛空船です。なんと、PCが乗ると落ちるのです!
一同 (笑)! 


第十五話 『Traps & Dungeouns in the Sky』
第十六話 『The Empire's Seal』

援軍呼ぶのにこんなに時間かけていたら、リリオ灰燼に帰してるんじゃないのかなぁ、と思う。
やりたい事がたくさんあるのは分かるけれど、早く帰してあげて、という気持ちになってくるんだよなぁ。
GMも内心(ちょっとやりすぎたかもしれん)と戦闘時ですが思ってるところありますし。
ちょっとバランスがなぁ……いや、PC同士の掛け合いとか、シナリオギミックとか、個性的なNPCとか要素で言えば面白いんですけどね。

設定的にウィストがラスベートいったら、そりゃあ家族絡みのネタが来るだろうとは思っていました。
しかし予想外の方向にぶん投げられたというか、癖の強いNPCというか、女装っておい。
タイトルにある通り、飛空船にのって、一路アイヤールに。
援軍の無心というか、まぁ、政治的な諸々というか。
非公式に打診はしているけど、軍を動かしたりする以上、公式な書類も交わしておかないといけない。
で、派遣できる人材が中々いない、という事でPCたちにお鉢が回ってくるわけで。
まー冒頭に引用したクリフの台詞通り……PCが飛空船にのったら、そりゃあ落ちますよね。
今回は、魔剣のダンジョン化されただけで、厳密には墜落まではいってないか。

そしてウィストが本格的に仲間から崇められそうになっている。
「施しの女神ウィスタリア推進委員会名誉会長だと何点くらいですかね」とか聞いてますし。
まぁ、ウィストはパーティー財産管理してたり、メンバーに貸し出したりと色々と施してますけどね。

高レベルになってくると、一つの都市ではとどまらない活躍をしていきますねー。
状況がそれを許してくれないっていうのもありますし、高レベルになると、下手な事件じゃ足りないですからね。
アイヤールについたらついたで面倒事をおしつ・・・依頼を受けて、調査に赴くことに。
蛮族であるドレイク込のパーティーだから、色々と心配はしていたみたいですけどね。
確かに蛮族が混じっているのがばれるだけで問題ですし、そもそも他国の使節の護衛で来てるのに内偵やって万一ばれたら死ねますからね・・・
無事に事件は解決して、とりあえずそろそろリリオに戻れる感じですかねぇ。 
 

ソード・ワールド2.0リプレイ from USA 6 蛮竜侵撃―ドレイクストライク―

ico_grade6_3
GM ………………
クリフ GMが完全に無表情なのが面白いですね。ってかこんなに青ざめてるベーテGMは初めて見ました(笑)
GM (蚊の鳴くような声で)当たるよ。  

第十三話 『Lilio Under Sigel』
第十四話 『A Long Night in Rasbate』

キャラメイクで笑ったのは、アンセルムがクリフに金を貸して、しかしそのアンセルムはウィストに借金を抱えている。
・・・なので、クリフはウィストに金を返すという、よく判らない金の回り方をしていたところですかね。

クリフ ですねえ。僕も可能なら援助するんですが、アンセルムから借りたお金をウィストに返して、あまり余裕がないんですよね。

 
さて、第十三話。 
ホットスタートにもほどがあるといいますか。
タイトルにもある通り、ついにリリオに蛮族軍が。
あれだけ手を打ってきたのに、いざシナリオ始まってんみたら包囲されているとか、結構フラストレーションたまるんじゃないかなぁ。

レベル上がって出来ることが増えてきたアンセルムたち。
達成してきたものも多く、守りたいものも増え、それが枷になってますねー。
疑心暗鬼というか、面白いんだけど、ちょっと楽しみ切れなかった部分もある。
アンセルムが面白がって正面突破を唱えてGMがそっちはデスシナリオとか言い返すあたり、慣れてきているよなぁ。
 
第十四話の舞台は、リオスの首都ラスベート。
城壁が無かったり、秘密結社や犯罪組織が暗躍していたりする、結構な魔窟ですよね。
商業都市というだけあって、金の魔力につられてやってくるんでしょうけど。
情報が多いので結構振り回されていたのかなぁーという部分も。
まぁ、ホットスタートで追い込まれている状況になったから、結構疑ってかかっている部分があるんですよねぇ。
そのおかげで助かった部分もあるんですけどね。
まさか屋内で夜番を立てるとは。
ラスベートのお偉いさんとも縁が出来て、ますます重要人物になっていきますなー。


ソード・ワールド2.0リプレイ from USA 5 鉄姫降臨―アイアンレディ―

ico_grade6_3h
クリフ ふう。これで僕は人生の目標を達成しました。これでいつ引退しても大丈夫です。いや、むしろ今しても……
一同 待てええええええええええ!?
ウィスト 君は馬鹿か。ああ、いや答えは知ってるから言わなくていい。

クリフが自由だなぁ。
まぁ、つかの間の夢というか計算違いに気付いてな気を見ることになるんですけどね。

本編でたびたび触れられていた、外伝3篇が収録されています。
クリフとアンセルム+プラチナの脱出行。
あとはオマケと言ってはなんですけど、本編の12話も収録されているんですがね。
しかし、12話のゲストはアレでよかったのだろうか。いや、アレはアレでおいしいといいますか。
「新米女神~」では格好いいNPCだったのに、変な属性ついてませんか。まぁ、面白かったんですけどね。

外伝 『蛮域脱出―ディルフラムエスケープ―』
    第一話「Dilfrum  Escape」
    第二話「Goblins Must Die」
    第三話「Kobold's Haven」

十二話 『Psychoanalabyrinth』 

を収録。
 
外伝はタイトル通り、ディルフラムから脱出する、アンセルム達の話。
四札将の設定とかこの辺から生えてるんですねー。いやーしかし色物ぞろいというか。
ギュスターヴも結構チャレンジャーというか、面白さ優先して凄いことやってますな。
まぁこれはアンセルム達のレベルに合わせるっていう大人の・・・いや、うん。無粋なことはよくないですよね。

外伝第二話の自由すぎる盗賊団が、本当に自由すぎて笑いましたけど。
蛮族にしたって統率がないというか、自由であれ、という一本の戒律しかない恐るべき集団ですよね、アレ。

GM/ゴブリンズ 「オレ達のスピリットは行住坐臥(オールウェイズ・エニータイム)フリーダム! ヤりたいことをヤる。これがオレ達のジャスティス」「Oh Yeah、ドレイクだって恐くなあい!」「オレは怖いから逃げるぜ」「それもまたジャスティス」「ヒャッハー!」


という部分は思わずふいた。
アンセルムも突っ込んでますが、自由すぎるだろう……。

第三話のボスでオリジナルのデータを作っていますが……意味がないのをわかりつつ、イメージ優先のオリジナルデータまで作ったGMの心意気というか行動が嫌いじゃないです。
笑いは取れましたし。

さて12話。
まぁ、四巻から続くエピソードではあるんですけど、外伝と一緒に収録されていることもあってちょっとお祭り企画じみてるといいますか。
ちょっと高名なNPCが素性を隠して接触してくるわけですなー。
そしてアンセルムの剣に追加の特殊能力が。GMの采配でつけられたものですが「魔砕刃」と予定していたところ、まさかの「仮称ガッデムブレード」に。
TRPGリプレイで仮につけた名前がのちのち後々訂正された例は見たことないなぁ、と正直思いましたけど。

で、そのNPCを交えたうえで、魔剣の迷宮に。
無事に踏破していますが、最後の戦闘がスリリングだったなぁ。
12話の後についている四コマで「死んでないのは運」って書かれてますし。
まー、このシナリオでちょっとコネもできましたし、それを活かす方向に行くんじゃないですかねー。

ジャンプSQ  2014年 4月号 感想

ジャンプSQの感想。続きを読む

電撃大王 2014年 4月号 感想

電撃大王の感想。続きを読む

ソード・ワールド2.0リプレイ 七剣刃クロニクル②

ico_grade6_3
ヴィート てゆーか、考え方が間違っています! 逆だ逆! 感情が待芽生えたからこそ、そういうシチュエーションになるんですよ! シチュエーションが感情を作るわけではないんです!

第四話 メイドな野郎ども!
第五話 独りよがりなセンチメンタル!
第六話 混沌なプレリュード!

四話。
第一話で出会ったNPCの父親がかなりの重要人物だった件。
前回起きた事件でその護衛とかもやられてしまったため、とりあえず安全な場所を用意しようという事で、一路連れて帰ることに。
娘を故郷に送りに行ったはずなのに、帰り道も一緒なんだぜ……?
まぁ、何の問題もなく帰れるはずもなく。豪雨によって途中の村で足止めを食らいます。
で、その村ではちょっとした問題が起きていて・・・しかし、そこでどうして「女装メイク判定」になるんだ。
口絵で吹いた。GMもびっくりだ。
本当にバラバラに行動することが多いPCたちですね。
でも、仲間内ではそれなりに仲良くなってきているんじゃないですかねー。
女装組とかアイコンタクト技術上昇してましたし。

五話。
凄く残念な迷宮というかアトラクションがあったりして、笑える場面も多かったですね。
あのアトラクションはいい迷惑だ……

リディウス ……あのさ。多分な? たぶんだけど、これ、俺たちが思っているようないわゆる苦役系、謎系、戦闘系の試練じゃないんじゃねえ?
ヴィート リディウスくんのいいたいこと、わかります。苦役というか、むしろ……羞恥系(ぼそ)。

ポリアンナがこっそり? 登場したりとイベントは発生してますけどね。
あの人捕まえるのは無理なんじゃないかなぁ、という鮮やかさでしたけど。

六話。
冒険者の店から「ちょっと深刻そうな依頼」を持ちかけられる一行。
北西の街で蛮族が出没しているらしいという話。
しかもそこはリディウスの故郷だったりして。
そういう縁もあって、依頼を受けて町まで赴くことに。
まぁリディウス、実家の兄弟間宗教戦争に嫌気さして逃げ出したから、微妙に気まずそうですけど。
妹にあったときに土下座してるし。
そして最後ちょっと事件が起きての引きになって、動き出しそうな感じですねー。

 

ソード・ワールド2.0リプレイ 七剣刃クロニクル①

ico_grade6_3
GM では悪に手を染めた神官ですが。「よく考えた! よく考えた上で、こうするしかないと決意したのだ!」
セルヒオ OK! じゃあ仕方がない、俺様もよーっく考えて……この蛮行を許しちゃいけないって決意したよ! 戦おう!(笑)


第一話 孤島なサバイバル!
第二話 果実な追跡者!
第三話 秘密なガーディアン!
 
シエナクェラスという新しい地方が舞台ですねー。
かつて蛮族に支配され、後に小神となった鍛冶師によって与えられて神器を用いて、国を興した地方。
神より7つの神器を与えられた勇者たちはそれぞれ国を興す。
だが時間の流れの中で国は、気がつくと8つになっていた。
偽物を持っているとされた国は滅ぼされて、それでギスギスしているところもあるようで。

この地域で新興されている小神マキシム。
大破局が終わっても収束しなかった蛮族の支配を破るべく立ち上がった反抗部隊に武器を与えたものの、反抗は失敗。
「武器を与えたことが正しかったのか、間違っていたのか」と悩むようになり、その声を聞き届けたキルヒアの手によって神の階梯を登った鍛冶師。
武器や鍛冶の神と解釈されがちだが、実は決意や誓いの神様だそうですよ。
「よく考えましょう。よく考えたら頑張りましょう」的なものだとGMに言われてましたね。

冒険者がこの地域では、少しかわった立場になってるんだとか。
試験を受けることで、登録した冒険者に国から依頼を出すこともある、っていう仕組みが入っているようで、
その辺は面白いかなーと思った。
登録すると、通常の冒険者業務をしながら、国から依頼を出したときは優先的に受けて欲しいという形式。
まー冒険者を傭兵として、予備軍扱いにしている感じなんですかね。

第一話はその登録をするための最終試験をするために、孤島でサバイバルをする話。
重要そうなNPCと出会ったりとイベントもこなしていますけどね。
暫定リーダーになったリディウスがなるほど結構残念な感じで。頑張ってほしいものですけど。

第二話は、腕試しとしてちょっと近くの村の野菜泥棒を捕まえに行く話。
第三話は、第一話で出会ったNPCの事情を知って、ずぶずぶ深みにはまっていく話。
あながち間違ってはないない。ヴィートが判定失敗してうっかり覗き魔になってしまったシーンには笑った。

しかし、本当に分散行動が多いな、このパーティー。
何のかんので、しっかりチームではあるようですが。
 

プロフィール

ちゃか

 友人に「活字中毒っていうか読書中毒」と評される程度には本が好き。適当に感想を書いていく予定。リンクはフリーでコメントはご自由に。悪質と判断したものについては削除する場合があります。

アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索