気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!2

ico_grade6_3

(俺が頼もしいなんて思う人間、この世にお前しかいねえよ)

そして、だからこそ恐ろしい。

(より多くを救おうとするこいつと、より多くを得ようとする俺の道は……いつか必ず、決別する)

 

異世界にやってきた超人高校生たち7人。

彼らは、異世界においてもそのスペックを存分に発揮して。

地方領主を打倒し、帝国との全面戦争に備え諸々の準備を整えております。

その為に打った手のひとつが……宗教。

 

天才マジシャン暁あらため、ゴッド暁として旗印になったりしてました。

地球に帰る手がかりを求め『七光聖教』を名乗り、市民革命の行動を勧めつつ、本物を知る相手からの接触も期待する。

1つの行動にいくつも意味を持たせたり……情報を集め、油断なく対策を打つ。

なるほど司は優秀な指導者ですねぇ、ホント。

彼らが居なくなった地球においても、いざという時の為に準備しておいたマニュアルのお蔭で、問題なく対応出来ているようですし。

 

どんどんと勢力を拡大していってますが……当然それをよく思わない相手も居るわけで。

北部四領の総督である『潔癖公』は、中々厄介な手合いのようで。

皇帝陛下に揺るがぬ忠誠を誓った統治者。「死ね」と命じられれば、嬉々として疑いも持たずに死ぬだろう……と言う、狂信者。

 

戦場に在れば、あるいは英雄となったのかもしれませんが。為政者としては、最低の存在で。民が飢えて死のうが、それで構わないと言ってのける精神はおっかなくてたまりませんね。

おまけに一発限りの切り札を、苛立ちから発動して来る短気っぷり。

あの情緒不安定な相手が心酔してる皇帝ってどんなキャラなんだ、とは思いましたねぇ。

明確な敵が居て、ゴールもはっきりしていて、それに向かって準備している段階なので、高校生たちは協力して事に当たってはいますが……

勝人が何やら不穏な思いを独白してましたし、途中で道を分かつ可能性もあったりするのかなぁ。

 



ACMA:GAME 18

ico_grade6_3h

(略)「即ち〝鉄壁の守り“である」

(略)「即ち“究極の受け身である”」

「あかーーん!!」

「決着つかない奴だコレ!!」

 

「キグルミかくれんぼ」は潜夜に軍配。

伊達さんは正直ベストを尽くしていました、えぇ。

途中で仲間が潜夜に見破られて、独りだけになってしまったのが痛い。

これで、毛利チームが2勝。

毛利相手に2連勝しなくてはならない、というハードな状況ですが。

初が、たとえ将棋であろうとかって順番を回すから、5戦目の心配だけしておけ、と言える彼は格好いいなぁ。

 

……その後のゲームが「サイレントにらめっこ」というシュールなものでしたが。

外野のグングニルの一人が「こいつは痛々しいものが見られそうだ」とか凄く楽し気に言ってましたねぇ。

そして、お互いに笑う気はないぞ、と完全防備。

……しかしながら相手にアクションを起こさせる気もない、というゲームが進まない状態で。

 

サブプレイヤーたちが必死に手を打っていましたが、それでも無反応を貫いて。

毛利が自ら行動を起こしていましたが……最終的に勝利したのは初で。

決着は5戦目にもつれ込みましたが。

照朝がここにきて意気消沈。まぁ実際、今回のゲームで本当に良い所ないからなぁ……

伊達さんが嬉々として傷を抉りに来るくらいには。

「リーダーはお前なのだから お前が先頭に立ちこの決勝戦を勝利しなければならない」と初には焚き付けられておりました。

 

奮起して最終戦、照朝と毛利がメインプレイヤーの、ラストゲーム。

5スペルサバイバル」という、特殊ルールのサバゲー。

5文字で表現される「5スペル」という能力あり。文字が被ると使えない、というルールでしたが…危険牌を山盛りにしたスペルは伊達に割り当てるあたり、伊達の扱いも安定してるな……

圧倒的身体能力を誇る涼がキーになると思ったら……それを増やしてくるとか、反則だろ……



ACMA:GAME 17

ico_grade6_3

「涼 真の強さってのはな 戦わずに争いを収める力だ」

 

万中五選。

妄想最強決定戦は……毛利チームの勝利。

涼の思考を読み切れなかったというか、紫の思考を読み切れなかったというあたり照朝と初は……良い所なしな。

そして、策を察して初を責めてる伊達さんが本当に楽しそうで、この人はぶれないな……

 

そして第二回戦は「しりとりドローイング」。

要するに絵しりとりなわけですが……ここでさらに照朝が失態を見せて。

どうしてあのセンスで、自信満々に名乗りを上げられたんだ……

織田チームの読解力がなかったらここで負けてたからな……

 

三戦目「キグルミかくれんぼ」。

メインプレイヤーに選ばれたのは伊達と潜夜。

性格悪いコンビというか、この二人を出逢わせてはいけなかったんだ……みたいな手合いですが。

それはそれとして。初がランダムでダチョウの着ぐるみになり、無駄にリアルなつくりな為、散々な目に合ってましたね……

敵として戦った時は強敵だったのに、仲間になった途端コメディ担当になってないか初……



昨日まで不思議の校舎

ico_grade6_3h

……これから警察に行く。決着をつける。ずっと昔から、この学校に取り憑いていたものに。

 

葉山君たちが通う市立高校には、七不思議があるとか。

超自然現象研究会なる集まりが「七不思議」の特集を発表したと思ったら、それにまつわる悪戯が発生して。

……取り上げられた七不思議の内、4つまで関わって事情を知っている葉山君は相当に変わった高校生活を送っていますよねぇ……

 

しかし「カシマレイコ」の件は放送室にパソコン置いて、放送されるように準備しただけでしたが……

口裂け女は、鍵の施錠が甘い部室などに入り込んで、演出するというもので。

演劇部だったら、小道具のマネキンの首をとり、マスクをつけ「わたしきれい」と文字を残す。鎌まで買ってきておいてあるあたり、細かいことに拘ってはいますが……

ジョークにしては趣味が悪いな、という感じ。

 

葉山君は、これまでの事件で慣れてるのか、また色々と捜査しています。

ただ、慣れてはいるけれど葉山君は決して名探偵ではないので、一部分は分かっても真相にはたどり着けず。

結局伊神さんに頼ることに。しかしまぁ、伊神さんはまた相変わらず気ままな生活していると言いますか……普段の食事はカロリーメイト、料理は気が向いた時。だから調味料も、最低限……どころか、醤油すらないとか、ツッコミどころばっかりだな……

 

とはいえ、伊神さんの方も葉山君の事よくわかってるので気を使ってくれたのは良かったかなぁ。

「それなら、先に君に真相を話しておくよ。君はいま言った七人の中から、呼ぶべきだと思う人間だけを呼べばいい」

と事情を聴き、三つの不思議の内のひとつの謎を解く、という場面で葉山君の判断に任せたのは、少し変わったのかなぁ、とか思ったり。

 

そうして、七不思議について調べて、今回発生した悪戯の謎を解き明かして……そこからさらに別の真実が導き出される、という展開は中々面白かったです。

まぁ、間に合わなかった部分もありますが、闇の中に葬られてしまうよりは、救いがある結末になったのではないでしょうか。



ディアスポラ6

ico_grade6_3

「借りを返すどころか、死んだ相手には、礼を言うことも、詰じることもできない。……最悪です。こんな借りを彼に押し付けられる謂われはない」

(略)

「私は自分勝手な人間なので、自分がやるぶんには構わないと思うのですが、他人にそれをやられると腹が立つんです」

「傲慢ね」

 

精霊たちは空からやってきて、故郷へ帰りたがっている。

けれど、精霊たちを忌み嫌い排除したい勢力も居るので、状況が整ったとはいえ即座に行動に移すわけにもいかない。

そんな状況なので、ユリウスたちは色々と画策しております。

 

まずは、故郷へ帰るための船のパーツを確保するために、カムツィエを襲撃。

戻るための船は準備が出来た。けれど、いざ故郷へ旅立とうとすれば、全ての精霊を連れて行かなければならない。

……つまり、全ての魔法使いが、魔法を使えなくなる。

そんな異常事態を敵が見逃すとは思えない。精霊たちが行動を起こしたと悟れば、直ちに攻撃してくるだろう……と言う中々に困難な状況。

 

ユリウス、ゼクロス、ヴィグナラージャの大人三人が策を練り、実行。

クワンやユファ姫たち子供組は、精霊王の魔法使いとして同行するのか、別離を選ぶのか選択を迫られることに。

クワンは決断の為に一度故郷の村に帰り、育ててくれた村長夫妻と再会したりしていました。孤児だったクワンを拾い育ててくれた人達だけあって、出来た人でしたねぇ。

 

ユリウスたちの行動によって精霊たちの悲願は達成されましたが……

事情を知らなかった魔法使いたちにとっては、かなり大変な時間が流れたんだなぁ、というのも描かれていて、寂しさもありましたねぇ。

最後のエピソード「帰郷する魔法使い」では彼らが去ったその後のエピソードが見られて、クワンやユファの成長ぶりが見られて良かったんですが。

 

ユリウスの描写が少なかったり、状況ゆえに精霊たちとの会話が少なかったのは惜しいなぁ。

まぁ、あれ以上に紙幅割く余裕もない感じではありましたが。

彼らを取り巻いていた問題については大凡解決し、ここから先は束縛もほぼ無いようですし、これからは楽しいことに巡り合えるといいんですが。

……戻ってまずやらなくてはならないことが、フレイアと婚約者の騒動の調停って言うあたり、お疲れ様です……



秋期限定栗きんとん事件 下

ico_grade6_3h

「ぼくにとって小佐内さんは、必要だと思う」

(略)

「うん、小鳩くん。また一緒に居ようね。たぶん、もう短い間だけど」

 

新聞部で取り上げていた連続放火事件はどんどんエスカレートしていき。

部長に就任した瓜野くんは、記事にするだけでは飽き足らず、自ら怪しいと踏んだ現場に張り込みまでしてました。

……瓜野自身も、もう止まる事なんて出来ないとこまで行ってるなぁ、という感じで。危うさばかりが目につきます。

 

小鳩君の恋人仲丸さんが、二股をしているという話を聞いて……

それでもそれまでと変わらない関係を続けられるあたり、小鳩君中々神経太いというか、大人物ですよね……

顔は覚えていたけれど、名前もよく知らないクラスメイトの告白を受け入れるくらいだから、まぁ、彼らしいと言えば彼らしいのかもしれませんが。

結局、変わらないままの小鳩に業を煮やして、仲丸さんから別れ話を切り出されてました。

……そんな小鳩君が、小佐内さんとの会話の時には、最後まで言わせるわけにはいかないと気を利かせてましたからねぇ。本当にもうあの小市民コンビは……

 

別口で連続放火事件を負っていた小鳩君と、小佐内さんと……新聞部の瓜野君。

小鳩君が犯人を追い詰めた脇で、瓜野君は見事誘導されて、全く違う答えを出して、追い詰められてましたねぇ。

まぁ、最初から役者が違うって言うのは分かっていた話ではありましたが。

 

そして、結局一年かけて小市民たちは元の形に戻ってきましたが……既に彼らも受験生。

残り僅かな時間の中で、さらに彼らの関係が変化するなんてことがあるだろうか。

冬期限定に期待したいところですが……未だ刊行されてないんですよねぇ。最近ぽつぽつとミステリーズに短編が乗っているので、書籍化を待ちわびているんですが。

さて、あと何年待てば、続きが楽しめるだろう……何年でも待つつもりではいるんですがねー。



秋期限定栗きんとん事件 上

 ico_grade6_3h

「甘い衣の上に衣をまとって、何枚も重ね着していって。そうしていくうちにね、栗そのものも、いつかキャンディーみたいに甘くなってしまう。本当はそんなに甘くなかったはずなのに、甘いのは衣だけだったはずなのに。上辺が本性にすり替わる。手段はいつか目的になる。わたし、マロングラッセって大好き。だって、ほら、なんだかかわいいでしょ?」

 

別々の道を進む小鳩君と小佐内さん。

誤魔化しの技は磨かれていたので、特に大過なく日々を過ごしているようですが。

それぞれに告白して来る物好きな相手がいて。

……いやまぁ、二人の本性を知らなければ、それこそ無難な相手に見えるのかも知れませんが。

春期、夏期を見た側からすると、素人が手を出すと危険だぞ、と止めたくなるような。

 

小佐内ゆきに近づいたのは、一年生の男子。

小鳩の友人、堂島健吾が部長を務める新聞部に入っていますが……去年と似た記事を書くだけの部活に飽き飽きしていて、もっと違う事をしたい、と主張する子。

その題材に、最近あったって言う「誘拐事件」を持って来ようとするあたり、向こう見ずというか。石橋を叩いて渡るって諺を彼に送りたい。

壊れかけのつり橋だろうと構わずダッシュしそうで、見ていてハラハラします。

 

小鳩にラブレターを送ってきたのはクラスメートの少女。

夏休み以降、小佐内と行動する事が無くなって別れたなら、私とつきあっちゃおう、と割と軽いノリで交際がスタート。

文化祭やクリスマスと言ったイベントを共に過ごし、初詣にも行き、恋人らしい交流をしております。

ただまぁ、そんな中でも、小鳩君は気が付くと謎を見つけ、解こうとしてしまって。

 

そして時間が流れて……小佐内の恋人、瓜野君は市内の連続放火について新聞に載せたりして、どんどんとエスカレートしていってます。

連続放火の内の一件が、夏に小佐内をさらった連中が使っていた車を標的にした、という事を知り小鳩も少し興味を持ち調べ始めていますが。

春期、夏期は互恵関係の二人が中心だったので、ある意味では安心感がありましたけれど。今回はそれぞれの恋人という、どういう動きをするか分からないキャラが居て、心配でならない。



最良の嘘の最後のひと言

ico_grade6_3

「ところで、ナンバー7.最良の嘘ってのは、どんなものだと思う?」

「最良?」

「そう。もっとも優れていて、もっとも強い嘘。そいつは意外に、真実なんじゃないかと俺は思うよ。これだけ嘘であふれた試験だ。本当のことまで嘘に聞こえる。誰もが嘘だと思っている。でも、実は真実だ。そんな言葉が最良なのかもしれない」

 

発売直後に購入してはいたんですけど、感想書けてなかったので。

都内に足伸して、サイン本を無事にゲットできたので満足しております。

 

世界的な大企業ハルウィンが「41日に年収8000万円で超能力者をひとり採用する」という正直ドッキリ企画だろ、みたいな告知を出して。

当然応募してくる「自称・超能力者」は多数いるわけですけれど。審査を経て7人にまで絞り込まれた候補者たち。

 

採用の前日、331日に街中で行われる最終試験に臨むことに。

たった1通の採用通知書。それを試験終了までに、所定の位置で待機している係員に提出する、という簡単なものですが。

まぁ、破格の条件ですし参加者はそれぞれに目的があって、「超能力者」としてこの試験に参加しているわけで。

 

嘘吐きばかりで、騙したり騙されたりして、時に協力したりもしていましたが。

作中には何人か自称ではない「本物の超能力者」も登場して。

その能力は、万能ではなく使い勝手が悪いものもありましたが、中々便利そう……というか超能力者が居るミステリってのが中々新鮮。

トリック偽装し放題だな……とか思いましたけど。タイトルにある通り「嘘」をいかにして扱うか、って部分が肝で。

それぞれにとっての最良を目指す、彼らの試験風景は呼んでいて中々楽しかったです。



ディアスポラ5

ico_grade6_3

「決めたよ、ヴィグナラージャ。あんたが言ったとおりに、誰にも相談せずに決めた。土の精霊王がそえを守るために辛い思いをしてるなら、それを壊してしまおうって」

 

「厄災」が始まったと恐れられている大陸。

そこを目指して生きて帰ったものは居ない、とまで言われる場所に土の精霊王は居を構えていて。

ユリウスたちは船で到着する者の……あまりにも荒廃した様子に驚きを隠せずにいましたねー。

 

土の精霊王はフレイアも連れ去り……ユリウスとゼクロスを排除しようとし始めて。

ただでやられる二人ではないですけどねー。時間を稼ぎつつ、クワンを見つけることに成功し、「精霊王の魔法使い」の助力を請おうとしますが……

ユリウスたちが来るまでに土の精霊王の事情を聴いていたらしいクワンは、ユリウスたちを害そうとする態度にキレて。

一先ず、ユリウスたちの無事は保証されることに。ようやく四人の精霊王が一堂に会することになっていましたが。

 

万全を期すなら各属性のナンバー2がついているユリウスが心配なのも判りますが。

この四人の間に立つ人間が誰かいなければ、計画途中で頓挫したと思いますがねー。

そういう意味では譲歩を引き出したクワンはいい仕事をしました。

そして精霊たちの悲願を叶えるための作戦を練ることになっていましたが……そのためにカムツィエに犠牲を強いる展開になりそうで、ユファにとっては辛い流れですな。

ユリウスたちも面倒な状況になった、と悩んでましたし。

精霊たちの真実も明らかになって。ファンタジーというよりはSFだったんだなぁ、と初めて読んだときにはちょっと驚きました。




夏期限定トロピカルパフェ事件 

ico_grade6_3h

「ぼくは、ぼくたちが一緒に居る意味はないとは思わない」

(略)

「ただ、効果的ではなくなってると思う。確かに、小佐内さんの意見には一理あるみたいだ」

 

夏休みに入り、互恵関係を続けている小鳩くんと小佐内さん。

初日に、お菓子屋さんの分布を記した地図を小佐内さんが持ってきて。

「小佐内スイーツセレクション・夏」。ベスト10だけではなく、選外ながら注目店をランクABでリストアップしている渾身のデータ。

 

第一章「シャルロットだけはぼくのもの」は、小鳩君が小佐内さんと二人きりだったから、つい知恵試しをしようとして……あえなく失敗。

その代価として、あまり乗り気ではなかったスイーツセレクション制覇に付き合わされることに。

 

夏休みにまで積極的に交流する理由はない……はずなのに、何度も顔を合わせている。簡単な謎かけを出されることもある。

小佐内ゆきという人物は、果たして無意味に無目的にこんなことをするだろうか、と小鳩君の中で疑惑の念がどんどん膨れ上がって。

「何かを企んでる」という推測を立てていましたが。

 

実際、彼女は彼女の本質に従ってある行動をしていて。なるほど「狼」と例えられるわけだ、と言いますか。

互恵関係にある二人は……共にあることに安心感を覚えたり、その関係に甘えたりしていて。……けれど、相手の事を知っているから、甘えてしまうから。

二人でいる時に、それぞれの本性がこぼれることもあり……互恵関係の限界を見た二人は、別々の道を進むことに。

頭の回転は速い筈なのに、何とも不器用な感じがしてならない。まぁ、これもある意味彼ららしい青春模様なんですかねぇ。



livedoor プロフィール
アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索