気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

黒鋼の魔紋修復士13

ico_grade6_3

「……珍しくおまえのいうことが正しいのかもしれん」

 

長く続いたシリーズの完結巻。

まぁ、4年ほど詰んでたんですけど。発売日に買っておいて、そんなに詰むなよ……

最近昔の積読の山にようやく手を出せるようになったんですけど、奥付の日付を見るたびにそんなことを思います。なにやってんだ。

 

ディミタールは、叔母から聞かされたディヤウスとノイエスについての知識を王に伝えて。

彼が覚醒しない保証はない、という事で険悪になりかけましたが。

これ以上厄介な敵を増やしてる場合じゃない、という事と。ディーがリヒテルナッハ家で得たある知識のお蔭で命をつなぐことに。

 

カリンとダンテ。ディミタールとルキウス。オルヴィエトとバベル。

因縁対決をこれでもか、というぐらい見せつけてくれて満足のいく最終巻でした。

最後ついに挿絵になってたベッチーナや、カリンの意外な勝負所とか、エピローグもいい感じでしたねー。

黒鋼の魔紋修復士13 (ファミ通文庫)
嬉野 秋彦
KADOKAWA/エンターブレイン
2015-08-29


黒鋼の魔紋修復士12

ico_grade6_3
「世の中の人間すべてが、おまえみたいに割り切った考えができれば、もう少し苦労は減ったんだろうがな」

 

オルヴィエト達は動きを止めず。

各国の拠点を破壊し、神巫を襲撃し割と好き放題に動いてますね。

そして、事態を重く見たアーマッドの王は、自国の首脳陣に隠された真実を打ち明けて。

 

神巫に刻まれるコントラートについての真実。

そこからさらに踏み込んだ、アーマッドの隠していた歴史。

いやはや、人の業の深さを感じる話ですね。ありえない、とはとても言えない絶妙な塩梅です。

本来は知るはずのないその秘密すらオルヴィエトは知ってる可能性がある。

だからこそ、口封じに次は殺さなくてはならない、という非情な判断を下せる辺りもいいですねぇ。王様結構好きです。

 

ディーの過去についても明らかになっていましたけど。

リヒテルナッハの抱えていた秘密。過去の、火事の本当の原因。

そうした真実を突き付けられても、戦う事を選んだ彼の覚悟に敬意を。

 

黒鋼の魔紋修復士12 (ファミ通文庫)
嬉野 秋彦
KADOKAWA/エンターブレイン
2015-04-30


黒鋼の魔紋修復士11

ico_grade6_3
「何だ、これは!? こんな都合のいいものがあるのなら、なぜさっさと出さんのだ!?」

 

アーマッドを去ったオルヴィエトとルキウス。

ディーは残ったものの、重鎮の裏切りを重く見た勢力によって、連座で獄中の人に。

信頼していた二人の裏切りに、彼自身捨て鉢になってましたけど。

カリンから恩赦のためにヴァレリアがイサークと結婚するなんて噂を聞いて、動き出すあたりかなり入れ込んでますね……

 

ディミタールを救うために、いろんな人が動いてくれて。

バベル猊下の手は反則すれすれというか。王様は面白がって活用してましたけど。

清濁併せ呑む器量を持った王様、結構好きですよ。

 

国を脱した後、オルヴィエトとルキウスは同盟各国での破壊工作に従事したりして、あちこち慌ただしくなってましたが。

裏技使って表に出てきたディーとヴァレリアのコンビが動き出したのは、緊迫した状況下で救いでしたね。いつも通りのやり取りが心地いいこと。

黒鋼の魔紋修復士11 (ファミ通文庫)
嬉野 秋彦
KADOKAWA/エンターブレイン
2014-11-29


お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件

 ico_grade6_4

「怒るなよ。……今は前よりずっと、なんつーか、いいなって思うよ。そうやって笑ってた方がずっと可愛いのに勿体ないって思ってたし」

 

小説家になろうでランキング上位に来てたんで読んだんですが、いい感じに甘くて好きです。

オマケに挿絵が『白聖女と黒牧師』の和武はざのさんと来たら買うほかない。『白聖女~』も感想書けてないけど読んでます。アレも良作なので、絵に惹かれた方はあちらも是非。

 

学校で天使様と評判の容姿端麗、文武両道の少女、椎名真昼。

藤宮周は、ある日雨の中ずぶぬれになっている彼女を見かねて傘を貸して。

クラスも違うし、もう交流する事もないだろうと周は最初思っていましたけれど。

マンションで隣同士、という事情も手伝って少しずつ交流が始まる事に。

 

周はよく一人暮らし許可されたなって感じは正直あります。

料理不得手で、掃除もサボりがち。成績は良くて、人格面ではかなり優良株ではあります。

誠実であったり、しっかり言葉にしてくれたりと美点も多いです。

料理をごちそうになったらうまかったと感想を言ってくれますし、世話になった分のお返しも忘れない。

 

きっかけを得た事で自分で料理しようとし始めたり、向上させる意欲もありますし。

……結果的に真昼のお世話になってましたが、それはそれで。

真昼の方も、最初は名前ぐらいは知ってるという関係ゆえに距離がありましたが。周の人柄に触れて交流する中で、二人でいる時には照れたり笑ったり、堅さがほぐれていくのが伺えて良いです。

既に中々の甘さがありますが、WEB本編最新話付近だとさらに糖度マシマシでいいぞもっとやれって感じです。

挿絵がつくとまた一段と面白いのでシリーズ続いてほしいですねー。

 

メロンブックスの有償特典でタペストリーも購入しました。

いやぁ、予約してよかった。心が浄化される気持ちです。
GA文庫は早売りがあるのでサイン本ゲットし損ねたのはちょっと残念でした。



トリア・ルーセントが人間になるまで

ico_grade6_3

「うん。よく言ってたんだ。王族は、民とこれから民になる可能性のあるあらゆるものを殺してはならない、ってさ」

 

病に伏した父王を治療するために、サルバドールという一族との取引に赴いた第二王子ランス。

白い肌と銀色の髪、青い瞳を持った少女トリア・ルーセント。

自らを薬と呼ぶ少女は、医学の知識を多く持つのは当然として、「ルーセント」としての業を背負っていた。

 

トリアの護衛としてついてきたロサはランスに「トリアに恋をさせて欲しい」と頼み込み。

だから、というわけではないですが。

王都へ戻る道すがらランスはトリアと多くの言葉を、意見を交わし、少しずつ距離を近づけていって。

 

サルバドール一族の中でも、主流から外れた思想の妨害工作なんかもありましたが。

それを乗り越えて、無事に王都に辿り着いて。

そこでまたランスは、隠された秘密を知ったりしてましたが。

旅を経て成長していたランスが、兄姉に対しても父譲りの頑固さを見せてくれたのは、良かった。

 

国王の信念が良いですね。民になる可能性のあるものを殺すな、と。理想論であるかもしれない。守れなかったものだってあるかもしれない。

でもそんな彼の子だからこそ、三人は真っ直ぐに育ったと思うんですよねぇ。

だからこそ、ランスはトリアに影響を与えることが出来た。うん、いいお話でした。

 



ラノベ感想1000件突破記念 オススメ10選

ラノベ記事1000件突破記念のオススメ紹介。
1000件近づいた時期に5冊分まとめて紹介した記事があるので『コチラ』もどうぞ。
いや、元々はあれを記念記事にするつもりだったんですよ。
ただ好きな作品を推す文章書いていたら、早々に共有したくなって、勢いのまま投稿してしまっただけで。
おかげで一から作り直しになって少し悲鳴をあげてました。ご利用は計画的に!
続きを読む

1000件突破。

どうも、ポンコツラノベブロガーのちゃかです。
自分でポンコツとか言うのは、ブログ名通り気ままにやってますし。
過去の作品の感想を連投したり、話題作手に取ってなかったりするので……
『錆食いビスコ』みたいな注目作、読んでないからなぁ……
積読の山が酷くて、新作買う量抑えめにしてて、追いそびれてるシリーズの多いこと多いこと。
時間をどうにかねん出して積読を片しつつ、その辺りの人気作も読んでいきたいとは思ってるんですけどね。

さておき、前置きが長くなりましたが、ラノベ感想記事が1000を突破しました。
長かったような短かったような。
今年の11月で開設から6年を迎えるんですよね、このブログ。
6年で1000件と思うと少ない、と最初自分で思ったんですが。
日数にすると2000日超なので、平均すると2日に1記事更新してると思うと、まぁまぁのペースなのではないかと。
ちなみに、全部まとめると余裕で2600件とか超えて来て、1日1記事ペースを超えてますね。

実は読書メーターも登録してて、あっちの感想更新がおろそかになってるので、その辺りもどうにかしたいところ。
漫画とかの感想も多いのでかなり雑多な感想ブログですが、これからも気の向くまま続けていきたいと思っておりますので、今後もよろしくお願いします。

本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第四部 貴族院のお称図書委員VII

ico_grade6_3h

「わたくし、そういうことはしたくありません」

()

「存じています。だからこそ、ローデリヒは名を捧げようとしたのでしょうし、他の者も注目しているのです」

 

プロローグはハンネローレ視点。

本好きのお茶会でローゼマインが倒れた事が、彼女から、ひいては他領からどう見えていたのかが詳しく描かれているのは新鮮。

ローゼマインに慣れすぎてて、読者としてはそりゃ倒れるよなーって感じだったんですが。

突然倒れたように見えるわけか。うん。

 

ローゼマインの現代語訳をアウブに確認してもらわなくてはいけない。その為に領主候補生としてレスティラウトも確認したい。

いやそれなら私が読みたいというクラリッサ達の暴走っぷりが癒しですね……

挿絵ついてるのには笑った。

 

ローゼマインは倒れた事から強制帰還し、エーレンフェストで過ごしていますが。

魔獣討伐に関する事での事前打ち合わせが必要という事で、情報共有。

ローゼマインがまだまだ貴族として不足している部分もある、という話もありましたが。

フロレンツィアが、上位との交流を作った功績も見ずに叱るのは教育に良くないと、ジルヴェスター達に釘を刺してくれたのは良かったですねー。

彼女、本好き過ぎて暴走しやすいですけど、優秀ですからね。ちゃんとした報告書を書けば、領主が対抗戦の資料替わりにするくらいに。

 

しかし、不穏さを増していく貴族院の空気が怖いですねぇ。

魔獣討伐に絡んで事情聴取が行われ、中央神殿の不穏さが描かれたりもしてましたが……イマヌエル、顔が怖い。アレにぎらついた眼を向けられたら、そりゃ引くよ……

王を認めぬ勢力の襲撃があったり、中央騎士団長とフェルディナントが気になる会話をしたり。

 

エピローグがエグランティーヌ視点で、襲撃を受けての王族案件について。

アナスタージウスが彼女を大切にするべく、言葉を交わしていましたが。これが後の祠巡りに繋がるのかと思うと憂鬱ですねぇ。

巻末短編はクラリッサ視点とレオノーレ視点での東屋でのエピソード。

貴族の恋人として、温度差がひどくて思わず笑いました。レオノーレが乙女で可愛い。


本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第四部 貴族院のお称図書委員VI

ico_grade6_3h

「わたくしが行きます」

「ローゼマイン様!?」

 

プロローグはシャルロッテ視点。

ローゼマインとヴィルフリートの婚約によって、アウブになる道は途絶え、兄姉の補佐を望まれるようになった。

物足りなさを感じつつも、ローゼマインへの恩返しの為に頑張れる彼女は、本当にすごい。

兄はもうちょっと見習え……って思ってしまいますね。

 

ローゼマインが実行した髪飾りを配る、という作戦についてもシャルロッテの側近から見ると「声をかけてもらいたかった」案件なのかぁ。

領主候補生難しいわー。シャルロッテがちゃんと窘めたり、逆に側近に背を押されたりと良い関係が気付けてるのにはほっとしましたけど。

 

講義が始まり着実に合格し、今年もどんどん話題を作るローゼマインよ……

うん、まぁ彼女はこうやって勝手気ままに動かしてる方が成果上げますよね。自分の好きなものに突撃するための手間を惜しまないから。

フラウレルムがエーレンフェストの妨害をしようと、課題を変更したりしてましたが。過去の問題を引っ張りだしてきたもので、そこを抑えていたエーレンフェストは無事合格。

しかし、研究領地のドレヴァンヒェルにおいても、講義課程の変更が問題になってなかったのは意外。地頭がいいから、現場で覚えられてどうにかなってたという事だろうか。

 

今回収録のエピソードでは、ローデリヒ回りの話が好きですね。

言葉を尽くして、願いを告げる姿。挿絵にもなっていましたが、願いと焦燥とが混じった良い表情だと思うのです。

名を刻む魔石を得るための採集から発展した魔獣退治と、癒しの儀式もローゼマインがいたから被害が抑えられましたしね。

次の騒動に繋がるタネにもなってましたが、裏で暗躍している陣営が居る以上、どうせ別の形で問題は起きたでしょうし。被害を抑えるという意味でファインプレー。

癒しの儀式をしているローゼマインのイラストが口絵と挿絵でそれぞれ雰囲気が違って良かったです。

 

巻末の短編一つもローデリヒ視点でしたしね。

ハルトムートがいい仕事しているとみるべきか。

魔石を得る資金が足りないローデリヒに、旧ヴェローニカ派を利用しろと助言して。

ラウレンツはその状況をもって、逆にローデリヒの扱われ方を見る事で、指針と出来ると利用しかえす算段。それを口にしてる辺り、善良ですよね。

 

もう一つ、ルーフェン視点の旧ベルケシュトック寮の探索。

封鎖された寮から魔獣が来た形跡があるため、調査する事になっていましたが。

フラウレルムは本当にろくな事しないな……誤魔化すにしても方法が荒い。

初手ヴァッシェンは無いでしょう……ヒルシュールが研究以外にも色々考えている事とかが知れたのは良かったですね。

騎士団長がやってくる流れにグンドルフ先生が関与してるのは驚き。

確かに傍から見てるとエーレンフェストに大きな被害出てないように見えますね。

領主候補生の魔力という貴重な資源をこれでもかと使って、領主候補生倒れてるんだけど。

……ローゼマインが倒れるのいつもの事だからなぁ……

リベリオ・マキナ2―《白檀式》文月の嫉妬心―

ico_grade6_3

「ああ、やっぱりお前は独りなんだな」

「負け惜しみを……!」

 

前回の騒動において、起動停止したはずの睦月は姿を消していて。

水無月は、黒幕の存在を示唆してましたね。カノン大事すぎてポンコツ感が際立ってますが、有能な面もあるんだな……

他の兄弟が展示されているのに、白檀式の人工頭脳に使われていた「吸血鬼の脳」の存在は明らかになっていない。

それは、今も研究を続けている何者かがいるからだ、と。

 

さらに水無月が見たマークが、ある会社の前身で使われていたものだと分かり。

……その張本人が学校に乗り込んでくるとは、フットワーク軽いにもほどがある。

白檀式に、というか今は亡き博士に執着している黒幕。

彼は、カノンの才能を評価していると言って、オートマタのイベントに招待して。

 

そこでまた騒動に巻き込まれていく、というか。

警戒して、リタを応援に読んでいたのは幸いでしたね。水無月だけでは対処しきれなかった部分ありましたし。

対吸血鬼用のオートマタである水無月が、宿敵のハズのリタと共闘するって言うのが熱いじゃないですか。こういう展開大好きです。
カノン狙いの思惑は崩せましたが、敵は他にも手を打っていて。
対立が激化しそうな次回のエピソードが楽しみですね。



プロフィール

ちゃか

 友人に「活字中毒っていうか読書中毒」と評される程度には本が好き。適当に感想を書いていく予定。リンクはフリーでコメントはご自由に。悪質と判断したものについては削除する場合があります。

アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索