気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

天賀井さんは案外ふつう4

ico_grade6_3h

「善いことをすれが良い報いがある 悪い者は必ず最後に倒される 努力すれば夢はかなう」

「それは絶対的な法則ではないけれど」

「そういう物語がいくつもあり 長く語られているなら」

「世の中そういうことがおこりうると少しは信じられそうじゃない」

 

シリーズ完結巻。

とはいえ、異界を巡る謎に関しては前回までで基本的に回収されたので、残っているのはエピローグ的な日常回ばかりなんですが。

やっぱり、この部活の面々も結構面白いキャラ多かったし、ストーリー上真木と天賀井の絡みが増えるのは仕方ないですけど、日常回ももうちょっと見たかった感じがします。惜しい。

 

部活の引き継ぎの話。

新部長を誰にするか、という話から始まりますが……真木の事情もあり、そうすると二学年が1人になるから、必然的に天賀井さんが部長を務めることに。

転校時の最初の挨拶がアレだったので、それを知る方々からはかなり不安視されてますが。

見張り番が採用される部長という中々レアな立場です。笑う。

 

部長就任後に、住職からの相談が持ち込まれたりしてましたね。

真木も居なく、西陣先生も不在の為、天賀井部長に相談する事に。

「できれば私には相談したくなかったんだけどこの際やむを得ないという気持ちがばればれですが 話くらいは聞きます」に至るまでの流れにまた笑った。

それで実際スパッと解決してしまうんだから、頭の周りは良いしスペック高いんですよね、何気に。割とポンコツな面があって、初期の失敗から不安がられているだけで。

実際、当初の騒動を知らない後輩が入部した後にはかなり尊敬を集めていましたし。

 

真木の泰然としていて、どこでもぶれない性格とか結構気に入っていたので、もうちょっと読んでいたかったなぁ、という気持ちもあるんですが。

……とはいえ、原作者あとがきによれば、連載開始前の予定と大幅に変わった点も多く在り「伏線の意味の変更などまったくもって綱渡りでした」って話もあり。

それで4巻でなんとかゴールさせるんだから流石というかなんというか。

本来の想定だとどんなルートを辿ってどんな結末になっていたのか、なんてのも少し気になりますねぇ。

まぁ、終わるのが惜しいなと思うくらいには好きなシリーズでした。このコンビでいつかまた何か作品だしてくれないものかなぁ。

 



電撃大王 2017年8月号 感想

電撃大王の感想。続きを読む

魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?2

 ico_grade6_3h

「この街は俺の領地だ。あまり勝手がすぎると、ひねり潰すぞ?」

()

「〈魔王〉の言葉とは思えんな?」

「〈魔王〉だからこそ、傲慢なのだ」

 

年若い魔術師が〈魔王〉の座についた事は、魔術師たちの間に広まったようで。

駆け出しとも言っていい若さのザガンが〈魔王〉になってことに不満を抱く魔術師や教会の騎士たちが二日に一度は襲撃をしてくる日々が続いていたようです。

ネフィを陽の下で生きていけるようにするため、彼女に嫌われないために不必要な殺しは避ける。

勘違いして襲ってくる輩を生かさず殺さず、追い返してザガンに手を出すことが割に合わないと知らしめる。

そんな襲撃を行ってきた魔術師の中にいた、ウォルフォレという少女が魔王城に加わったことから話が進んでいきます。

 

しかしまぁ、ザガン1巻初期の頃に比べると大分人間味が表に出てきましたね。

元より「人間の皮をはいで触媒にする」とか外道な真似はしていませんでしたが。ザガンは顔を覚えていなかったけど、危ない所を救われた、なんて相手もいましたし。

周囲にそこまで興味が無かったから、とも取れますが。興味が無いからと、切り捨てる真似はしなかった。

 

だからこそ、ネフィを傍に置くことによって、安定したザガンは割と街に馴染んでる感じがしますねぇ。

ネフィにも「優しい方」だと評されてますし。なんだかんだ言い訳していますけど、ウォルフォレを可愛がってますしねぇ。

ザガンが庇護欲を感じ、知識を与え導こうとする姿は、先達として良い姿だと思いました。

……言葉選びがまだ苦手で尊大になったり、「正しい復讐の在り方」を教えようとしたりするあたりは「もう少し頑張りましょう」って感じですけど。

「正しい復讐のあり方」を教えるって場面では、あのバルバロスに「お前、自分の養女に教えることがそれでいいのか?」とあきれられてましたよ?

 

ザガンは、ネフィと過ごすこれからの安寧の為に魔王の遺産を発掘し、知識を増やし色々と対策を練っていますが。

教会側でも色々と動きがあって。斬った魔術師の数が五百に迫らんとする聖騎士がやってきたり、前回ザガンやネフィと縁が出来たシャスティルを狙った動きがあったりしますが……

シャスティルのポンコツな一面が光っていたというか、今回彼女の戦闘能力が本当は凄いって面も見えましたが、それ以外割と抜けすぎじゃなかろうか……

ザガンの周囲に面白いキャラが増えてきたので、今後の展開も楽しみですねー。



LaLa 2017年8月号 感想

LaLaの感想。続きを読む

フラウ・ファウスト4

ico_grade6_3h

「なにをしようと全部自分がやりたいからやるんだ」

「その結果だれかを助ける形になったとしても自分がやりたいからやったんだってな」

「――そう思わないと 報われなかった時に他人を恨むようになる」

 

ニコの身体を直すために立ち寄った街で、悪魔に襲撃されるヨハンナ。

メフィストフェレス復活を阻もうとする教会の手のようですが……悪魔の復活を阻止するために、別の悪魔の協力を得る、って本当になりふり構わないって感じですな。

 

ヨハンナがなんで、メフィストフェレスのゲームに乗っているのか、なんて話もぽつぽつ描かれました。

「――馬鹿な悪魔を殴りつけにいってやる理由には十分だ」。

自分の中に折れることのない芯がある、彼女の強さが見ていて心地よいですね。

……傷つくこと前提で行動したりするから、周囲の人々はかなり大変そうですけど。

 

オルガ大主教が本当、手段を選ばない人ですねぇ。

ヨハンナが「他人にやらせて一人おきれいな場所で偉そうな口をきくな」とばっさり切り捨ててくれたのはちょっとスカッとした。

 

メフィストフェレスは封印されねばならない、とオルガは主張して。聖都には元々首が封じてあったようですが、パーツが残り2個…首と片腕になった時点で腕も回収して聖都に封じたとか。

コレ、聖都に連行されたヨハンナが脱走できれば、一気にパーツ2個揃えて大逆転なのでは……下手に纏めずばらけさせておけよ……

いやまぁ、バラしておいたところ、個別に回収されて現状に至ってるわけで、残りを一か所にまとめて防衛戦力整えるのは間違ってはいないのか。

過去のエピソードが描かれたりしていましたが……次回5巻で完結とのこと。果たしてメフィストフェレスは何をしたのやら。今から楽しみです。


フラウ・ファウスト(4) (KCx)
ヤマザキ コレ
講談社
2017-06-07


週刊少年ジャンプ No.31 感想

先週のジャンプの感想。続きを読む

週刊少年ジャンプ No.30 感想

先々週の週刊少年ジャンプの感想。
続きを読む

Fate Prototype 蒼銀のフラグメンツ5

ico_grade6_3h

「あるじの行いはおよそ凶行ではあるだろう。しかし、すべてはあなたの願いがため!」

「願いは明日に託すものであり、人々に託すものである」

そんなにも堂々と。

貴様は断じてしまうのか、セイバー。

 

シリーズ完結巻。

敵対的なサーヴァントは全て打倒され、残ったのはキャスターとアサシン、そしてセイバー。

……要するに愛歌陣営の完全勝利と相成ったわけですが。

愛歌は、セイバーの願いを叶えるために聖杯を用いた準備をすると言って彼を遠ざけて。

キャスター・アサシンと共に着々と儀式をすすめています。

聖杯を起動するためには、サーヴァント七騎の魂が必要。けれど、愛歌はセイバーの願いを叶えたいから彼の魂は注げない。

だから、大量の生贄を用意してセイバーの代わりに聖杯に放り込もうってあたり、流石の悪逆っぷり。

 

その果てにビーストを産み落とそうとするとか、愛歌、本当に手段を選ばないな……

これだけのことをしているその目的が、恋をした相手の願いを叶えるため、というただその一点というのが、本当に恐ろしくてならない。

置いて行かれたセイバーは、大聖杯を探し街をさまよい歩き、沙条家の当主や愛歌の妹・綾香と会話をし……特に綾香の言葉によって、迷いを振り切ったようで。

 

愛歌の行いを阻止するために、大聖杯の元へと駆けた。

真の充足を知ってなお、愛歌のためにセイバーの前に立ったアサシンを打倒し、万端の準備を整えていたキャスターを退けた。

キャスターとアサシンは自らの行いを悪と認めながらも、心のどこかには迷いがあった。

 

主への忠誠を誓いつつ、死なせたくない相手を想ったハサン。

道を見誤ったことを自覚し悪を謳いながら、確かにあった暖かな交流を胸のうちに抱え続けていたキャスター。

中々彼らの在り方は、悪役として筋が通ってていい感じだと思いましたよ。

「私すら滅ぼせぬものに! 大聖杯の悪を両断する事は叶わない!」とキャスターが叫んだ当たりとかは、展開として好みです。

そしてセイバーの迷いない行動の果てに愛歌が倒れ、此度の聖杯戦争は終結したわけですが……一度死してなお止まらない辺り愛歌怖いですね!

中々楽しいフラグメンツの数々でした。




ワールドエネミー 不死者の少女と不死殺しの王

ico_grade6_4

「覚悟と言ったな。己の腕を引きちぎるのが覚悟だと」

()

「その程度の覚悟で俺に勝とうと願った。それがお前の敗因だ」

 

吸血鬼や、魔獣といった強大な怪物がはびこる時代。

その中でも世界の敵とされたアークエネミーが存在して。

たった一体で人類という種そのものを滅亡の危機に追いやれる、という力を持った存在が居る中で、人類は戦い続けていた。

 

怪物に対抗するための聖素を操る術を持つ教会と、教会の手が届かないところで戦いを続けているハンターと二つの勢力があって、余り仲が良い感じではありませんが。

ノアは怪物に育てられたという特異な過去を持つ、最強の怪物ハンターで。アークエネミーにすら一人で戦いを挑む傑物。

 

組織の中で孤立すると情報が得られないから、ハンター同士の交流も行うし、スポンサーへの定期的な挨拶もする。

鍛錬も怠らず、対策を練ることを忘れず、人間としてエネミーに立ち向かうノアの姿はかなり格好良かったですねぇ。

ただ、既に迷いも何も無く完成されている感じがあって、安定しているのでハラハラような場面はありませんでした。

敵がどんな手を打って来ようと、これまでもこんな窮地は経験していると、即座に行動に移せるあたり、頼もしすぎる。

 

ゲームとかでよくある、スポットで参加する強力なユニットだけど、事情により途中で別れざるを得ないとかそういうお助けキャラな立ち位置に居るべきキャラクターだと思います。

なので、ノアに救われ同行する事になったシスター見習いのシルヴィの存在は物語的に結構貴重だったのでは。

常識にとらわれて失敗したり、次の機会には対策を学んで行動するようにしたり。王子守ったり活躍もしていましたけどね。

最終的には、ノアは無傷で勝利していましたが……彼自身が重傷を負った時にどうするか、って言うあたりが描かれるとまた楽しそうですねぇ。続きを期待したいところです。




週刊少年ジャンプ No.29 感想

週刊少年ジャンプの感想。続きを読む
livedoor プロフィール
アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索