気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

ジャナ研の憂鬱な事件簿4

ico_grade6_3h

 人はキマイラだ。身体は一つでありながら、決して両立しない二つの意思を抱え込むことがある。どちらが真実、というわけでもないのだ。愛しながら憎むし、沈黙しながら叫ぶ。

 

いやぁ、容赦ないわ……

って言うのが正直な感想。相変わらず苦い展開が多いと言いますか、傷口に塩を塗るような容赦のなさがあると言いますか。

1話「金魚はどこだ?」、第2話「スウィート・マイ・ホーム」、第3話「ジュリエットの亡霊」の3話を収録。

 

第一話は、ジャナ研の隣に部室がある写真部で起きた騒動を解決する話。

良太郎と同じ部活の由香子は、強い。「その時が来たら、誰だって、戦うべきよ」と言って。

それを実践し続けているんだから、強いというほかない。

自分で選んだことならば、諦めるな、と。それを強いるだけではなく、ちゃんと出来る限り協力するというあたりも、流石と言うほかない。

 

1話は、謎解きがうまくハマった感じではありましたが。

……2話、3話はまた謎が解かれても救いがないというか。

真実を公言するのを啓介が躊躇する気持ちも分かってしまうなぁ。

真冬がかつての出来事から、いなくなるまえの対話を望む気持ちも分からないではないですけれど。

 

2話の件に関しては、啓介の肩を持ってしまうなぁ。                   

家族だからと言って、無条件に愛情が湧いてくるわけでもなし。かつてはあったとしても、時の流れの中で、諦めてしまうことだってあるでしょう。

そして下手に手をだせば、状況を更に悪化させる可能性が高いでしょうし。とはいえ、他人の秘密を知って、それを抱えているというのもまた、重荷にはなりそうですが。

 

考えの差異から、啓介と真冬が疎遠になったところで、3話。

ユリの状況もまた厳しいなぁ。努力が実を結び、夢がかなう。それは絶対の事ではないけれど。これまで積んできたものを他者に台無しにされるのは、辛い。

啓介がどんどんと追い込まれている、と言いますか。真冬との関係に答えが出るのかとか思っていたら、それどころじゃなくなった感。



精霊幻想記11 始まりの奏鳴曲

ico_grade6_3

「し、知らないわよ。私なんかのために……」

 

910巻に比べると薄め。

展開もちょい落ち着いた感じでしたかね。

貴久と亜紀の処遇について話し合いをして、兄姉の行いに衝撃を受けた雅人が今後について決断をして。

強い子ですね、本当に……あの兄姉の弟とは思えない。リリア―ナ姫にも同様に評価されてましたし。これからももっと強くなってくれるでしょう。

 

そして、リオがかねてからの約束通りセリアを連れて、彼女の実家を訪問する。

そこで意外な人物との再会を果たして。

10巻で第一部が終わり、ここから第二部とのことですが。

状況を整理して、次の展開につなげるための準備段階って感じでしたねぇ。

 

リオに大事な人、と言われて顔を真っ赤にしてるセリア先生が可愛かったです。

あと、美春救出の様子を目撃してリオに惹かれていると、父に宣言し、リオにも今度デートしようとか言えるシャルロット姫が強い。

リオのたらしめ……まぁ、スペック高いし普通に優良物件ではありますが。

 

レイスが相変わらずいやらしく動いています。

肩書をいくつも持って、いくつもの国に干渉しているようですが……未だにその目的が読めずに不気味極まりない所です。

今回もまた爆弾を放り込んでくれましたが、それを聞いた面々がこの後どう動くかが気になってならない。

 

とはいえ、ガルアーク王国の名誉騎士という身分を獲得し、王や姫、勇者の覚えも目出度いとなれば、あまり過去の事に突っ込むのも憚られるのでは。

そもそもがベルトラム王国追放される原因が冤罪なわけですしねぇ。

ただ紗月との関係は良好とはいえ、貴久とか弘明とかとは距離がありますし。

瑠衣個人との関係は悪くなさそうでしたが、互いの立ち位置が微妙ですし、勇者絡みの問題には巻き込まれていくんだろうなぁ。

ドラマCD付くっていう12巻も楽しみです。


精霊幻想記 11.始まりの奏鳴曲 (HJ文庫)
北山結莉
ホビージャパン
2018-08-31

鬼滅の刃12

ico_grade6_3

「目が覚めて 良かった…」

 

上弦が欠けた事で、無惨が残る上弦を集めて。

産屋敷一族を葬れていない事、青い彼岸花を見つけられない事。

それらが積み重なって無惨様激おこでしたが。

……いやまぁ、常時こんな感じか、無惨様。鬼たちの回想ではなんかまともに見える場面とかありましたが。

                      

炭治郎、あの戦いの後2か月も目覚めなかったとか。

それでもちゃんと復活するあたり、タフな奴だな……

足をダメにした善逸がもう任務に復帰してる辺り、あっちの方が頑丈か。

カナヲが、炭治郎の目覚めに動揺して花瓶を落としてるあたり、大分人間味出てきた感じがします。

 

寝込んでいる間に、刀が届いていなかったため、里を訪問する事に。

そこで柱二人と遭遇して。……柱が無意味に出てくることはないだろうなぁ、と思ってたら、上弦も二人そろって里を襲撃して来るとか、鬼か。いや、鬼だけど。

 


鬼滅の刃11

ico_grade6_3

「幸せかどうかは自分で決める」

「大切なのは“今”なんだよ 前を向こう 一緒に頑張ろうよ 戦おう」

 

上弦との戦い。

既に全員がボロボロで、それでも戦い続けて。

動きがどんどん向上していって……なお、届かない。

炭治郎が戦いの中で、水の呼吸とヒノカミ神楽を混ぜて使う、という荒業に成功。

 

自分の力を発揮できる形に、呼吸を変化させていったのだろう、と推測していましたが。

戦闘の中の土壇場で成功させる辺り、末恐ろしいというか。

とっさの爆発力はあるよな、炭治郎。

鬼に圧倒されながらも、誰も彼も諦めず戦い続けて、泥臭く勝利した。柱と上弦の戦いについて行って、生き残ったって言うのは良い経験になったのでは。

 

間のQAでも気になる情報がちらほら。

柱になるまで、早ければ2年、普通は5年かかるとか。二月で柱になった時透ってかなりヤバい才能の塊なんですね……

柱になるには十二鬼月を打倒するか、鬼を五十体倒す必要があるとか。……下弦解体されてるから、柱になる難度上がったのでは?
というか、つまり柱合会議の時のお館様の「十二鬼月を倒しておいで」って端的に柱になれ、って言われてたのか。

あと、蟲と音と蛇の呼吸の派生元は書かれていて、しれっと恋の呼吸には触れられてない辺りは、明かされる時を待ちたい。



幼い女神はかく語りき2

 ico_grade6_4

「この世に真理はなく、万能は遠く、おれたちは必ず、いつか何かを間違える!」

 

激闘を制し、一時の安寧を得た真人たち。

鬼と人と神とが協力して、特別な刀を生み出したことで、人に歩み寄る鬼も出てきて。

概ね順調に進んでいるかと思いきや、厄介事を持ってくる輩が居て。

女神アメノウズメと名乗る少女は、荒神霊に狙われた都を救ってほしいというものの……真人は、絶対に嘘を吐いていると取り付く島もなく。

 

当人は行く気がなかったものの、常夜の説得などもあり都に足を運ぶことに。

そこではまた、これまで見てきたものとは違う神と人との交わりがあって。

どこまでも勝手で、目の前の事しか見えていない、愚かな人間。自分たちの行いを横に捨てて、目の前の救いに飛びつく。

 

アスラウグなんて「何故、あの愚か者どもに罰を与えないのです?」と常夜に直接聞いてましたからねぇ。……いやまぁ、常夜への嫌がらせって言う面もありましたが。

そうして浅ましさを目にして、責められて、それでも人を幸せにできる神なんだと自分を信じると宣言する常夜は眩しいですねぇ。

 

元クラカヒメ、ことアスラウグ。

あの戦いの後、真人に縛られていた女神。

滅びゆく神話世界を渡り歩き、極東までたどり着いた乙女。

幼い頃に見た夢、抱いた願いの為に旅をして、戦い続けて敗れた後に死ぬこともできず自暴自棄になっていた彼女。

諦めの淵から浮上して、新たな願いを抱けるようになったのは何よりです。



ダーウィンズゲーム15

 ico_grade6_3h

「情報は使ってこそということです」

 

圏外村を訪れたリュージに、エイスのジャケットを来た男が迫り……

銃撃を食らって、コレは死んだかな、と思ったものですが。

スイが異能で、体内に干渉し取り急ぎの治療を終えていました。

……逆に言うとスイが居なかったら死んでたよな、というあたり綱渡りでありました。

 

オマケに犯人見つけるところまでスイがやりのけて、決してマスコットキャラじゃないと証明してくれましたね。

いや、マスコット扱いしてたのはシュカですけど。

あと圏外村のエピソードでは、トワが「運命の分岐点」の説明をしてる場面が和んだ。

いじわるして足をひっかけるトワと、こけたスイのイラストが可愛かった。

 

そして、次なるDゲームのイベントが迫っていて。

これまでを茶番と言ってのける、力を入れたイベントになるようですけど……嫌な予感しかしないなぁ。

実際、モクレンたちがカナメとシュカが死ぬ未来を見て、それを変える為にまた色々と手を打ってましたが。ハンティングゲームと違って、先に情報を得られる、って言うのはやはり強いなぁ。

 

懲りずに反乱を企てようとして、それが失敗に終わったテミスの顔芸も笑えましたね。

意外と芸風広いのでは? 特権の全容をレーベンズに明かす事になり、もう打つ手なしかな……
リアクション芸人として強く生きて欲しい。

やりなおし英雄の教育日誌3

ico_grade6_3

「殺す気はないよ。殺したくもない」

「なら、」

「だから言っておこう。殺されないでくれよ、と」

 

灰色の魔女。

アキを過去に送ったと思しき相手。

リューリから『魔女に会いに行け』と言われたこともあり、捜索に行こうとしてましたが……学院長から許可が下りず。

そうしたら、向こうの方からやってくるって言うんだから、ひねくれ者というか。

 

彼女は、救世衆に世界を救ってもらわなければ困ると言い。

二代目を鍛えてやろうといって、イフリアとソニカを攫っていって。

それをアキ達が追いかけたりと、予想外の状況に転がっていきますなー。

殺す気で襲うから、殺されないでくれとか無茶苦茶いうなぁ、この魔女。

 

色々と情報が出てきて、正直よくわからない部分もあるんですが。

過去は確定情報だから改変できない、と言いつつアキが送り込まれてるのはどういうか絡繰りだ?

アミという存在が今なお説明できずに謎として残っていて、不気味ですねぇ。いつか必ず爆発する爆弾、って感じがしてならない。

やりなおし英雄の教育日誌 3 (HJ文庫)
涼暮 皐
ホビージャパン
2018-07-31


ジャナ研の憂鬱な事件簿3

ico_grade6_3

「俺が本当に怖かったのは――俺です」

 

第一話「自画像・メロス」、第二話「鬼の貌」、第三話「怖いもの」を収録。

啓介は不器用極まりないというか。

もうちょっと要領よく生きられるんじゃないかと思いますが。

 

友人・知人から真冬との関係を勘ぐられて、「釣り合わない」と卑下する姿はあまり見ていて楽しいものじゃないですねぇ。

ま、それを周囲の連中が指摘してくれたのは何より。……正確には、そこでちゃんと指摘してくれる人が居るのが、何より彼の糧になるでしょう。

 

第一話は、真冬の遠い親戚が残した絵の話。

処分してくれ、と言われたその絵に込められていた願いとは。

第二話は、啓介の地元の祭りで起きた、逃げ続ける少女の話。

なぜ、彼女は逃げたのか。現代にもいる、鬼の姿とは。

第三話、啓介が思い出した、幼少期の怖いもの。

忘れていた事と、何故それを恐れていたのか。

 

相変わらずどのエピソードにも苦い物がありますが。

何かからの逃避、について描かれているようにも感じました。別に逃げることは悪いことじゃないんですよね。二話の少女も、逃げ続けたからこそ、謎が解かれたわけですし。

ただ、いつまでも逃げ続けられるわけでもなく。何かしらの変化は必要になってきそうです。

真冬との関係を進展させるのか、どうなのか。その決断が迫られようとしているのでは。



悪魔の孤独と水銀糖の少女

ico_grade6_4

「やりたいことをやることが、生きるということではない?」

 

黒い海の先にある、呪われた島。

ネクロマンサーの孫娘、シュガーリアはある目的を持ってそこを訪れた。

その島には、「孤独を力に変える」能力を持つ悪魔を背負った青年が居て。

 

その二人の交流が、とても愛おしい。

あらすじには「愛など知らない男と、愛しか知らない少女が出会った時、末路を迎えたはずの物語が動き始める」と書かれていましたが。

上手いこと纏めるなぁと思いましたね。

 

「勇者が魔王を倒して、みんな平和に暮らしました」なんてハッピーエンドはない。

ひたすらに終わりに向かう話で、あるは既に終わってしまった話といってもいいかもしれない。

ネクロマンサーたちは滅びを選んだ。悪魔のいる島には孤独があった。

未来に希望はなく……それでも生きることは出来る。罪と言われようと、生き続けることは出来る。その中で、生まれるものだって、あるんだ、と。

彼女たちはそう、やりたいことをやって、愛して生き抜いた。それが宝石のように輝いて見える、良質な話でありました。



魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい? 1

ico_grade6_3h

「あんなものは塵芥だ」

 

魔術師の極致、魔王。

13人いる魔王の一角が欠け、その遺産がオークションに懸けられることに。

悪友に誘われて、そのオークションに足を運んだザガンは、美しい少女と出会い……彼女を全財産で落札。

 

口下手魔術師と、奴隷少女の微妙にすれ違っているやり取りが微笑ましいというか。

ザガン、凄い不器用なんですよねぇ。

単純に一目惚れした少女を、他の相手に渡したくなかったから。

そしてその後は、仲を深めたいと思っているのに、上手く言葉を伝えられずにいる。

けれど、悪辣ではないんですよね。その性根を感じてか、少しずつ距離が近づいているのは和みます。

 

原作最新刊でのこの二人の進展度合いとかを思うに、スタートが感慨深い。

オークション参加者のキメリエスやゴメリ、ウォルフォレのカットも中々いい感じでしたし、続いてくれると嬉しいなぁ。



プロフィール

ちゃか

 友人に「活字中毒っていうか読書中毒」と評される程度には本が好き。適当に感想を書いていく予定。リンクはフリーでコメントはご自由に。悪質と判断したものについては削除する場合があります。

アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索