気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第三部 領主の養女Ⅲ

ico_grade6_3
「姫様のことを詳しく知らない貴族の方が多いので、貴族たちは面食らったでしょうけれど、わたくし達にとっては今更のことですよ。……ローゼマイン姫様、魔力が多いことは貴族として誇ることで、そのように困った顔をすることではございません」

 

役職が多いのに側仕えが少ないと指摘を受けて、少し人員を増やすことに。

フランやギルの意見を優先するあたりがマインだよなぁ。

そして、印刷機の改良をするために、グーテンベルグを集めて異業種交流をすることに。

 

巻末の「神殿長の専属」でインゴは大分悩んでいたようですし、専属認定されたのはおめでとう。

……マインの起こす騒動にひりまわされる運命が確定したよ! やったねインゴさん仕事が増えるよ!

マインの思い付きでどんどん加速していく変化に対応するの大変だよなぁ。ハッセの孤児院みたいに、他の貴族の思惑ものっかって制御不能になることもありますし。

そりゃあギルド長も悲鳴上げますよ。

 

冬のお披露目、子供教室など他の貴族の子供との交流も開始。

お披露目の音楽で祝福ばら撒いたり、子供教室でカルタや聖典絵本を活用したり、ローゼマインの影響が如実に表れている感じ。

ヴィルフリートの側近たちも、能力の高さに警戒している面もあるようです。

周囲が見れるようになったのは成長だと思いますが。そもそもヴィルフリートは教育足りてないんだし、その辺もうちょっと頑張れよ、とは思わなくもない。




血界戦線 Back 2 Back 2

ico_grade6_3

「……古来から 締め出された時は二階から侵入と相場が決まっている」

 

限界値に近いほど優しくなるというスターフェイズが怖いわー。

「震災存在」なるものの召喚を阻止するための活動。

今度は万単位ってことは、一度召喚されたときにある程度は被害出てるわけで。

 

対策を準備していた所に、別の騒動が起きて。                 

外で暴れている奴を捕まえたら、今度は事務所が乗っ取られる。

更には件の震災存在の召喚まで重なって……

この街は本当厄ネタばっかりあるな。毎日が世界の危機なのでは。

 

「あんたらいつもこんなやり方なのか」「滅相もない 本日はかなり立て込んでいる方だ」とは言っていましたが。

あくまで立て込んでいる方レベルで、今までで1番忙しいとか言わない辺りお察しというか。

裏側で色々対策を取っているスターフェイズが好きです。

 



血界戦線 Back 2 Back 1

ico_grade6_3

「市販すんな!!」

「僕に言われましても ヘルサレムズ・ロットはそういう街じゃん?」

 

4年ぶりのゲーム新作を休みの日にやろうと準備万端にしていたレオ。

……しかし、そこに電話がかかってきて、ヘルサレムズ・ロットの喧騒に巻き込まれていくことに。

ここまで準備整えても、ちゃんと電話には出る辺り律儀だよなぁ。

 

全休の日に、仕事ぶんなげられて、部屋と携帯と楽しみにしていたゲームを破壊されたレオには同情します。

そして必死に走り続けた後、振出しに戻るあたりメンタルに大ダメージ。

えーと、うん。合掌。

 

その後のザップとチェインが巻き込まれた騒動には笑った。

何でもありだなヘルサレムズ・ロット。

手錠の頑丈さ証明するのに砲撃するのはまだ良しとして、なぜ装着した状態でうつの……?

状況はかなり阿呆なのに絶体絶命で。それでも創意工夫で乗り切る辺りは手慣れたエージェントですねぇ。片方ボンクラクズとして純度高すぎとか言われましたけど。

 



本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第三部 領主の養女Ⅱ

ico_grade6_3

「それから、お前は虚弱であまり外に出ていなかったせいか、もともと常識に疎いところがあった。その上に、商人の常識が混ざり、神官の常識が混ざり、今、貴族の常識が混ざろうとしている。お前の常識はどの階層から見てもどこか歪だ。その辺りをきちんと話し合わなければ、お前の考えていることは神官長に通じないぞ」

 

上級貴族から領主の養女、そして神殿長となったマイン。

そんな彼女と公に家族といえなくとも。会える機会を逃さず、絆を大事にしているエーファ達がいいですねぇ。

この絆があったからこそ、マインは慣れない環境においても平穏を保てた部分が大きいと思う。

 

ただ、そうして今までと変わらない部分もあったりするから完全に意識が切り替わってないというか。

ベンノが言った通り、いろんな常識が混ざり合って……異世界の知識まで抱え込んでいるもんだから、温度差があるんですよね。

その差があるからこそ、マインは色々と改革が出来ているって言うのもありますが。違いを踏まえて修正してくれる人は必要です。

その意味ではベンノが叱ってくれたのも大きいし、神官長の存在もかなり重要なんですよね。

 

今回のポイントは、ハッセ絡みの騒動に対する対応と……

ヴィルフリートとの入れ替わり生活でしょうか。いやぁ、予想以上に酷い有様だったと言いますか。

これマインが居なかったら本気で廃嫡コースだったろうなぁ……            

平民から貴族となったマインと比べるのは可哀想ですが、それにしたってという状況で。

改善していってくれればいいんですが、ねぇ……




僕らはみんな河合荘コレクションBOOK 入居の手引き

 ico_grade6_4

「あなたがどんな風に変わるのか 楽しみね」

 

ほぼ全てのカラーイラストが収録。

キャラの裏設定や、描き下ろし漫画も読めるとなれば買わない理由がない。

フルカラーイラストがこれだけ乗ってて1800円って言うのは結構お得なのでは。

 

コミックスのカバーイラスト解説、没ラフ公開で率がどんどん変化していってるのが分かってにやける。

意識し始めてる顔が6巻までしっくりこず没に回される仏像系ヒロインよ……

特典絵とかも収録されてて大変満足できました。律可愛いなー。

 

キャラ設定で宇佐と律がそれぞれの影響を受けて、趣味の幅が広がってるのがいい。

宇佐は読書量が増え自分でも気になった本を買うようになったし。

律はストーリーの評価が高いRPGをやって本以外で徹夜するなんて経験をして、時折ゲームにも手を出しているようですし。

あとは佐久間。「恋愛面ではまだ子どもで女子への関心が薄かったところに、河合荘で女性観を狂わされ、これをただすのに結構時間がかかった」というあたりお前……苦労してたんだな……



三年差

 ico_grade6_3

「三年差なんて大っ嫌い」

「追いかけても追いかけても追いつけないんだもん」

 

ツイッターで話題になっていたらしいんですが、その辺は知らなかった。

「この結婚に愛はない」みたいなタイトルの4Pマンガは見ていたので気になって購入。

学生にとっての三年は大きいですよねぇ。

私も三つ上の姉が居ますが、入学・卒業のタイミングが重なるから、親が大変だと愚痴ってました。

 

閑話休題。

タイトル通り、三年差がある幼馴染のお話。

最初のカラー4Pで変化していく関係を端的に描いて……

結婚後のエピソードも多かったですけど、幼なじみの気安い距離、意識している場面とかそういうのも描かれていて口元が緩んだ。

いやぁ、幸せそうでいいですねぇ。癒しになる。

三年差 (ガンガンコミックスpixiv)
島崎無印
スクウェア・エニックス
2018-08-22

 

佐伯さんと、ひとつ屋根の下 I’ll have Sherbet! 5

 ico_grade6_3

「そりゃあそうでしょう。僕にとって君以上に甘いものなんて世の中にないんですから。今は何を食べても見劣りしますよ」

 

シリーズ完結巻。

佐伯母の実家での騒動がちょっとこっちに響いて来たり。

父親公認ではあったけど、母には知られてなかったので、その絡みでドタバタしたりはしてましたが。

これまで二人で積み上げてきた時間があるので、まぁ、乗り切れた感じ。

 

ルームシェアしている部屋に、佐伯さんのアメリカでの友人が止まりに来るなんてイベントもありました。

巻末の番外編もバレンタインの準備をする佐伯さん視点のストーリーで、今回は彼女よりの展開が多かったかなぁ。

まぁ、弓月の方は色々と喪失したりと経験したあとですし。残ってる問題も、総監谷解決する類でもないですしねぇ。

 

アリス絡みの描写は、よくわからない部分もありましたが。

まぁ、イチャイチャが目に毒というか、うん。糖度高めなラブコメでアリだとは思います。



活版印刷三日月堂 雲の日記帳

ico_grade6_4

「運命なんてものはないですよ。みんな自分で決めなければならない」

 

シリーズ完結巻。

これまでの仕事、これまでの縁。

それらがつながって、三日月堂の未来になるというのが良いなぁ。

「星をつなぐ線」、「街の木の地図」、「雲の日記帳」、「三日月堂の夢」の4話が収録。

プラネタリウムの星空館。開館時に作った星見盤の木口木版を使って、リメイク版を作る話。

色々と時期が良かった。弓子が平台を動かそうと決意した後でなければ、縁をつないだ後でなければ、三日月堂に辿り着かなかったでしょうし。

 

そこからまた縁がつながっていくわけですが。

星座館でバイトしている学生が、課題で作る雑誌を三日月堂で作ることになって。

それを販売するために借りた店舗の店主についての話が始まり……三日月堂で本を作ることに。

 

終わろうとしていた、継ぐ予定もなかった三日月堂が、ついにここまで来たのか、と感慨深かった。

何でも電子で出来る時代ですけど、やはり紙は紙でいいですよねぇ。書店員としては、やはり紙の本の良さを推したい。電子書籍の手軽さも良いものだと思いますけどねぇ。

本づくりの時も、全て昔のやり方にすることには拘らずDTPソフトとかも活用してましたし。
良い所どりして共存していければいいんですが……

 

視点が切り替わっていく流れが綺麗にまとまってて、読んでいて楽しい。言葉の選び方が、好みなんですよね。

作中の人物だと、「雲の日記帳」の水上さんの言葉が特に気に入ってる物が多いですねぇ。

「でも、思うんですよ。夢だけがその人の持ち物なんじゃないか、って」とか。

地の文では最後の方にあった、「本とは不思議なものだ。」から始まる6行が好きです。

願いを込めて言葉をつづっても、届かないかもしれない。けど、誰かに心に残るかもしれない。
何の気なしに紡がれた言葉に胸を打たれるかもしれない。

言葉には、物語には、そうした力があるのだと信じたくはありますね。
うん、希望が見えるいいシリーズでした。



僕らはみんな河合荘11

ico_grade6_4

「いろいろ変わってくけど ずっと変わらない2人になりたいって思うんだ」

 

シリーズ完結巻。

扉絵のカップル二人を狙う女子二人がおっかない。

麻弓は水鉄砲とゴム鉄砲な感じですが、彩花の普通にモデルガンなのでは……

 

河合荘では、文章がうまく書けない、と。創作()しか出来てない、と。

だから出ていく予定で、次を探しているというシロ。

「俺はさぁ もう十分休んだ」という台詞が、染みるなぁ……。

更に麻弓に大ダメージが入ってましたが。いやはや全く素直じゃないというか、面倒くさいなぁ、この二人。

見守り続けていた住子さんの「理想(夢)を人に被せるのは良くない」という発言とか、しんみりする場面が多かった。

 

いつまでも続くような気がしてましたけど……

律が柔らかくなったみたいに、変わらないものなんてないんですよね。

……イチャイチャしやがって。もっとやれ。他の面々の冷やかし技術もどんどん向上していくけど。

番外編での二人も可愛かった。恥ずか死ぬ律……




週刊少年ジャンプ No.42 感想

ジャンプの感想。続きを読む
プロフィール

ちゃか

 友人に「活字中毒っていうか読書中毒」と評される程度には本が好き。適当に感想を書いていく予定。リンクはフリーでコメントはご自由に。悪質と判断したものについては削除する場合があります。

アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索