気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

ディアスポラ2

ico_grade6_3

「精霊たちと祖先に誓います。たとえ何があっても、私はあなたを害さない」

 

魔法使いを魔法使いたらしめる、守護精霊。

彼らは地水火風の四属性に判れており、それぞれの属性のトップは精霊王と呼ばれているそうです。

そして、クワンについていたのが火精のトップ、炎の精霊王で。

前回ゼクロスは水の精霊王についての情報を持ってきて……その道中で土の精霊王の魔法使いからの襲撃を受けたり、と精霊王の大安売りって勢いで登場してきます。

 

水の精霊王の魔法使いフレイアは……港町にある娼館の娼妓で。

自分を抱いた者は水難事故に遭わない、というジンクスから守られている存在のようで。

未だ幼く娼妓を知らなかったクワンをユリウスは出来るだけ保護しようとしていますが。

その一方で、ユリウスは唯一人四属の守護を受けた魔法使いという孤独を、精霊王の魔法使いの傍にいることでより強く感じているようです。

割とトラウマ持ち多いですよね、魔法使い……いやまぁ、アエミュルスの子供たちにトラウマ刻んだのはクワンなんですが。アレは不幸な事故だった……

 

魔法の制御を学ぶため、クワンはフレイアと机を並べて過ごしてましたが……

その町で、狂った魔法使いが発生し、ユリウスが処理に赴くことに。

慕っていた相手の、非情な面を見たクワンは心を閉ざしてしまい。

治療法を求めてユリウスたちが行動を開始するものの、道のりは険しいもので。

 

水の精霊王なら、能力的に治療は出来る。ただし、事情がありその知識は失われている。

では、知識を補充すればいいのだが……治療法を確実に知っているだろう相手――風の精霊王は容易に立ち入れない場所に居るとかで。

そこに向かうための道筋を整えている中で、次の事件が起きて、と。大体ゼクロスのせいなんじゃないかな……



週刊少年ジャンプ No.42 感想

先週のジャンプの感想ー。続きを読む

週刊少年ジャンプ No.41 感想

ジャンプの感想―。続きを読む

月刊少女野崎くん9

ico_grade6_3h

「そうか…そっちがその気なら力づくでとめるまでだ」

「今この瞬間から俺達は敵同士になる」

 

今回は若松が特に面白かったです。

野崎弟と御子柴を巻き込んでギャルゲーをやってる場面で、バットエンドへ。

「ハッピーエンドに行くためには一度追い詰められて壊れなきゃいけないんですよね…?」

「お前はどうして初めに乙女ゲームをしてしまったんだ…」

とか。

 

ローレライの歌声で、眠りに落ちるという事実に気付いた瀬尾が、ところかまわず若松を眠らせて……

周囲を白線で囲んだり、おかしな儀式のような状況を作り出したり。

あの状況整えるのも大変だったと思いますけど、瀬尾遊ぶことに関しては揺るぎないな……

 

その後、若松がローレライに心惹かれていると知った佐倉が、応援しようとして……

それを見た野崎が止めにかかるという愉快な展開。

力づくで止めるって、そういうじゃないだろ……あと、野崎のあの運び方だと普通に胸とか尻とか手が当たってると思うんですが……

 

演劇部のエチュードデーとかも面白そうですけどねー。

堀先輩と鹿島の環境もなんか変化しそうな雰囲気ですけれど……野崎と佐倉の関係はさっぱり変わりませんなー。

佐倉の思いに気付いてないのは肝心の本人のみって言うのがまた何とも。

月刊少女野崎くん(9) (ガンガンコミックスONLINE)
椿いづみ
スクウェア・エニックス
2017-08-22


インフィニット・デンドログラム3 超級激突

ico_grade6_3h

『ありがとう。君は、素晴らしい敵だった』

 

決闘都市で行われることになった〈超級〉の闘い『超級対決』。

以前レイが地下迷宮で出くわした、王国の決闘ランキング1位のフィガロ。

対するは黄河の決闘ランキング2位の迅羽。

迅羽は結構好きなキャラです。性格的にも好感持てますし……何より、話が通じる上に結構良識的な〈超級〉ですからね……

アウェーでの決闘イベントってことで、ヒールプレイを楽しんでる感じがありますが。

 

そして始まる超級対決。

フィガロも迅羽も、UBMよりも強力なSUBMを倒した経験のある腕利きで。

共に決闘ランキング上位にいますから、かなり迫力のある試合になっていたと思います。

迅羽が、策を練りフィガロに一撃をお見舞いした場面も中々でしたし。

そこから今まで明らかになっていなかったフィガロのエンブリオの能力などが明かされていくという展開も熱いものでした。

 

……これで、最後暗躍していた奴に水差されなければ完璧な興業になっていたと思いますがねー。

ドライフの超級。戦争で王国に大打撃を与えた一角。大教授、Mr.フランクリンが姿を現して……場を引っ掻き回しに来ました。

悪役プレイというか、悪党プレイって感じでゲスい……

 

本編は半分で終了して、後半部分にはルークとマリーの短編が掲載されております。

短編……? って分量ですけど。

ルークは新たなテイムモンスターを獲得して戦力向上させてますし。

マリーが、この国の第二王女と知り合ったり、彼女の周囲で起きそうなトラブルを解決したりと活躍していたりしてました。

隠していた手札もちょっと明かしたりしてましたけど、うんまぁ、知ってたという感じ。

 

好評だったので4巻以降も出せることになって、ページを贅沢に使ってますねー。

「三巻まで出せれば、一部までは纏められますね」って書籍化当初の打ち合わせで言ってたらしいですけど。……事件、ここから本番なのにどうやって纏めるつもりだったんだ……

変にダイジェスト化されたりすることなく、書籍化されて良かったです。えぇ。



おはよう、いばら姫5

ico_grade6_3

「…困りましたね」

「別れはきっともうすぐそこなのに」

 

志津を連れて……哲は駆け出し。

まさかの駆け落ちでどーするんだ、って感じでしたが。

逃げ込んだ先は哲の祖父が運営している民宿で。

全く考え無しってわけでもなかったのか。まぁ、突拍子もないことなのは確かですけど。

 

ちゃんと事情を説明して、親子で話をする場が持たれたのは良かったなぁ。

哲は去年、父と祖父が、母の延命治療を止めるかどうかの話をしているのを盗み聞きしてしまって。

だからサッカー部もやめてバイトを掛け持ちして、お金を稼ごうとした。

そんな話を今度は妹二人と、友人と志津が盗み聞きしてて。

あそこで乱入できるあたり、志津もかなり変わってきてますよねぇ。

 

志津の父親も中々厳しい人生を生きてきたようで。

多くのモノを強いられる人生の中で、妻に迎えた彼女だけが特別だった。

だから、妻が娘に怯えるならばそれを遠ざけようとした、と。

誰も彼も不器用に過ぎる感じがしますねぇ。いや、ホント。もう少し言葉を尽くして入れバ、ここまで抉れなかったのでは、と思わずにはいられませんが。

何とか、ちょっとはマシな場所までたどり着けそうですし、ちょっとほっとしました。



ディアスポラ1

ico_grade6_3h

『どうして欲しい?』

「助けて! 奴等を倒して、俺たちを助けてっ!」

 

精霊に好かれた者のみが魔法を使える、そんな世界。

最も、何らかの事情があって精霊からの守護を失ってしまうと、魔法使えなくなってしまうようですけどねー。

例えば精霊に嫌われるような悪意に塗れた行動をするとか。

より高位の精霊だったら命じて守護を説かせたり、暴走した力の余波で精霊吹き飛ばしたりもできるようですけど。

 

魔法使いも、生まれてすぐに使いこなせるわけではなく、学校が各地にあるようで。

その中でも最高学府と呼ばれるアエミュルスの街に、とある少年クワンがやってきて。

守護精霊は望めば人型で姿を現すことも出来るようですが……彼はそれも出来ない状態で。故に、門番に止められていて。トラブルの気配を察知した、ユリウスというアエミュルスでも特殊な立ち位置に居る人気者に保護されていました。

 

ユリウスが人気者であるがゆえに、クワンを保護したことで絡まれてトラブルに発展したりしていましたが。

その中で、クワンがなぜアエミュルスに魔法学の基礎すら修めぬまま派遣されたのか。その原因が顕現したりしていました。

 

そしてクワンは魔法を制御できずに、被害も発生する事に。扱いきれぬ力を使った反動で意識を失って、本人に自覚がないのは不幸中の幸いかもしれませんが……

1巻からメインキャラに負わせるには重い物持ってきたなぁ、という様な感じ。

その結果としてユリウスとクワンはアエミュルスから追放されてますしねー。下手に絡まれても困るから、とユリウスが噂を流して追放させた、というのが正しいんですが。

 

ゼクロスというユリウスの腐れ縁のキャラも登場して同行してますが……この巻だけ見ると、ゼクロス割とロクでもないことしかしてないよな……

シリーズ後半の彼は結構好きなんですけどねー。

舞台としては地球ではあるんですが……「厄災」と呼ばれる原因不明の災害によって荒廃。

文化的に断絶しており、格言とかが間違って継承されているのが笑える。

 



魔物使いのもふもふ師弟生活2

ico_grade6_3

「新しい時代、か。それは僕も同じさ。弟子に教えられるとはね」

 

アレサを正式に弟子に迎え、ルリを加えた三人での生活。

そこにセシリアから謎の手紙が届いて。

本文に地名しか書いていないので、何の目的で送られてきた手紙かは分からない、という。

ただ、シンラは長い付き合いでもあるので、また何がしかが起きているのだろうと判断して、手紙で指定された場所を目指すことに。

 

赴いた先では魔物の境界襲撃事件なるものが起きていて。

村人たちはその対策に誰かを呼んでいたらしいですが……先に到着したらしいシンラ達がその救援と誤解されて。

事情を聴いて放っておけないと判断して、解決に動いたわけで。

教会が派遣した救援だったら、魔物は討伐されていたから、魔物使いとしては動かざるを得なかったという感じですけどね。

幸いにして、やってきたのはシンラの事を知っている相手で、下手な争いに発展しなかったのは幸いでした。

 

シンラの旧友シャルロッドは、十五年前の争いの時共に戦った仲間で。

今回は、ナギという少女の護衛として同道していたとのこと。

ある儀式をするために向かう場所があるという彼女たちと宿を同じくして……魔物嫌いだというナギと友達になろうとアイサが奮闘する一幕も。

 

翌朝、ナギ達を見送った直後、謎の手紙を送ってきたセシリアが接触してきて。

その話に寄ると何やらこの地域の魔物たちの動きが不振だ、と。中でも北にある遺跡が怪しい、とナギ達が向かった場所の名前を挙げて。

そうして向かった先でシンラ達は、十五年前の黒の災厄で見られた……瘴気に侵された獣と出くわして。

もはや殺すしかない、という彼らの前で、アイサが別の答えを見つけ出したのはちょっと都合よすぎかなぁ、と思わなくは無かったですけど。

過去の争いを止めた英雄たちの前で、そこから先に進める変化できるきっかけを彼らの弟子が見つけるという展開は、良いものだと思いました。

魔物使いのもふもふ師弟生活2 (HJ文庫)
無嶋樹了
ホビージャパン
2017-05-31


ホリミヤ11

 ico_grade6_3

「いやいいけど……好きじゃないの?」

「好きだよ!!!」

「恥ずかしいセリフ言ってる自覚をしてくれ」

 

仙石宅に泊まっている男子たち。

本当仲いいな君ら……そして、交流が続く中で仙石は宮村に興味を持つように……

頑なに服を脱がない宮村の服の下に何があるのか、を気にしているみたいで。

眠ってる宮村の服をめくろうとしてる場面を井浦に見られて誤解されたりしてました。から廻っている感じが見ていて楽しい。

 

というか宮村は、隠しておきたい割にガードが緩すぎるからな……

石川に打ち明けてなかったら途中でバレてたろうなー。まぁ、なんだかんだで付き合い続いてきますし、バレたとしてもそれで離れてくって事は無いと思いますが。

 

そして表紙に居る石川と吉川のエピソードも。

石川が仙石と井浦に、吉川の事どう思っているのか話すシーンは微笑ましかった。

その後で吉川が石川の家にゲームやりにいって、お手伝いの矢代さんに遭遇。

「透くん変な事してたら奥様にいいますよ」「矢代さん帰ってきたからもーしねーよ」とかやり取りしてましたが。

それを聞いた吉川が動揺しまくって……もう早く付き合ってしまえよ、って感じですけども。

ホリミヤ(11) (Gファンタジーコミックス)
HERO
スクウェア・エニックス
2017-08-26


ノウ無し転生王の双界制覇

ico_grade6_2h

「この世界でも、魔力が活性化した以上は、これからはどんどん魔法を使える人間が増えていく。文明的に魔法が必要だとか不必要だとかはかんけいなく、これからこの時代は、魔法というものを理解し、正しく使えるよう教育するのは重要だと思うんだが」

 

異界と接続する事で、魔法を使える人間が生まれるようになった世界。

魔法後進国である日本に生まれた黒陽練は、超一流の魔法使いになれると期待された神童…だった。

魔法の本場ブリタニアの姫を救った代償に、その才能をほとんど失い、魔法学院に通う事も出来なくなった。

 

それでも練は独学で勉強を続け、少ない魔力でも戦える技術を編み出していて。

才能を失ってから時が流れ……魔法技術学園高等部への入学が許可されることに。

そこで出来損ないが今更何をしに来た、と絡まれたりしてましたが。

練が編み出した技術が、才能に溺れた自称エリートな生徒くらいは蹴散らせるくらいのモノで。

 

絡んできた方にも問題があったとは思いますが。練の方も割と口が悪いからなぁ。

自分の知識欲が満たせればいい、みたいな部分があるから、トラブルの元になるのはある意味必然で。

才能を失ったはずの元神童が入学するってだけでもニュースなのに、練が過去に助けたお姫様が、あの時の恩を返さんと「娶られに来た」とか言い始めて傍に寄るものだから、注目の的ですよね……

 

練自身にも魔術の才能はあるみたいですが、さらに彼の中にはなぜか優れた魔法技術を持った初代ブリタニアの王の魂が同居していて。

彼に色々と教えてもらったりしては居たようですけれど。

……なんというか、盛りすぎな感じは否めない。



livedoor プロフィール
アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索