気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

悪役令嬢(ところてん式)

ico_grade6_4

「やったぜアイリーン、おまえの心が狭いおかげで話が早いぞ」

「口を慎みなさい!」

 

ノベルアップからの書籍化作品、なのかな?

WEBはなろうとカクヨムをいくらか読んでるだけで、余りWEB小説のプラットフォームに詳しくないんですが。

作者さんのTwitterが面白かったので、気になって購入。

 

タイトルから分かるように、悪役令嬢モノです。

まぁ、一作好評なのが出ると類似テーマの作品がバンバン出てくるのもWEB小説ですが。

テンプレートで言うと「主人公が、乙女ゲームの世界に転生したら、主人公に嫌がらせをする悪役令嬢だった。このままいけば破滅が待っているので、それを回避するために奔走する」みたいなのが多いですよね。

婚約破棄要素を混ぜて、破棄される場面で覚醒したり、本編よりも前に気付いて回避のための作を練ったり。要素を足し引きして、個性を出していくわけですが。

 

この作品の個性は「ところてん式」。容器から押し出られるところてんのように、心が入れ替わる。プレイヤーの意識が悪役令嬢に入り込み、悪役令嬢の魂は本来の主人公役の令嬢に入ってしまった。

ところてんというか、もう魂の玉突き事故みたいな感じですけど。本来の令嬢の魂はどこいっちゃったんでしょうね……

 

あと転生モノではなくて、ゲームをプレイしたら意識が切り替わった、憑依モノとでも言えば良いのか。なので、目的はお互いに元の身体に戻る事。

その為に秘密を知る者同士協力する運びとなりましたが。悪役令嬢が、その性格ゆえに周囲とバチバチに激突し、我を貫き通す性格だったため、早々に従者に信じて貰えてたのはラッキーでしたね。

理解者が増えるのは良いことです。打てる手が増えますからね。

 

とはいえ、悪役令嬢アイリーンの身体に入った現代の大学生コノミは、かなりのゲーマーで……思考回路が中々に極端で、読んでる最中ずっと笑ってましたね。

コノミが乙女ゲーになれていないこと。主人公シャーロットの身体に入ったアイリーンが、変わらずに気ままなこと。それらが合わさって、相乗効果でまぁ男性陣がひどい目にあってました。

 

フラグを折る。フラグを折る。フラグをこれでもかと折る!

秘密を暴露して学校を辞めさせる。得意ジャンルで逆にボコボコにする。池に叩き落す。贈り物をすれば、それを活用して別のキャラとの親睦を深める。

信じられるか、これ全部攻略対象に主人公ズがしたことなんだぜ……

身体に戻る条件を「誰かのルートに入って、エンディングを迎える事」と推測していたのに、どうしてそうなるの……

俺様キャラのはずなのに苦労人属性が生えたドミニク先輩が、笑えて好きですね。「おととい来やがれ青二才」とか言われても、交流にいくメンタルの強さは尊敬する。


ビブリア古書堂の事件手帖Ⅱ~扉子と空白の時~

ico_grade6_4

「まあ、ぎゅっとしたい気分で」

 

扉子ちゃんが、高校生になってる! 子供の成長は早いなぁ……

今回のテーマは横溝正史。金田一の生みの親、とのこですが。

恥ずかしながら余り詳しくはないですねぇ。相変わらずスラスラと出てくる栞子さんの雑学にへ~そうなんだ~って相槌打ちながら読んでた。

相変わらずの雰囲気が楽しくて良き。ビブリア、好きだなぁ。

 

祖母から連絡を受けて、待ち合わせをすることになった扉子。

その際に「『ビブリア古書堂の事件手帖』を2冊、持ってきてほしい」と指定されて。

ここでいう事件手帖は、作中で大輔がマイブックに記入してるやつですね。

 

2012年と2021年に起こった、横溝正史の『雪割草』事件。

発表から77年を経て単行本化された、「幻の長編」。実際に2017年に見つかって、2018年に刊行されたみたいです。

ある旧家の婦人から相談を受けて、消えた本を探すことになって。

作中の2012年には、まだ発見もされてない筈の作品が、なぜ盗まれるのか。その辺りもしっかりと情報出してくれてましたね。当時はまだ書店員だったのに、把握してなかったのはちょっとアンテナの感度悪かったかな……

 

閑話休題。

そもそも誰が、どうして、盗んだのか。

親族内で不仲な人が多く、あの人が盗んだだの、私には動機がないだとやいやい言ってましたが。

少ない情報で答えを見つける辺りは、さすが栞子さん。とは言え、情報が不足していて、2012年の時には詰め切れない部分もあって。

9年越しに、改めて謎と向き合う事となって。いやぁ、人の良くは醜いというか。それでも、「すぐには許せない」と言ってくれる人が居たのは、救い、なのだろうか。

優しいとも甘いとも言えるけど、でもあの台詞はとても印象に残ってる。

 

第一話が2012年、第三話が2021年の『雪割草』。

第二話は、小学三年生になった扉子が出会った横溝正史の『獄門島』について。

本に特化しまくって友人がほとんど居ない扉子。けど、良い出会いがあったようで何より。

あと全体を通して、大輔の知識が向上してますね。栞子さんの話を真面目に聞き続けたのと、ビブリアで働いて相場の知識が身について来てる感じ。

まだ至らぬ部分もあるようですが……栞子さん達のようにするする出てくる方が凄いというか。彼のその朴訥さが、作品の清涼剤にもなってるので、あのままでいて欲しいな。

シリーズの構想、前日譚や成長した扉子の話など。構想はあるようなんで、続きを待ちたい。


新約とある魔術の禁書目録7

ico_grade6_3h

「やるべきことは分かってンのか」

「ああ」

「なら行け。ここの主役は俺じゃねェ」

 

積読消化。

上条当麻が目覚めた時、そこは暗闇の中だった。

彼をそこに送り込んだ土御門元春によれば、霊装を用いた工作が実行されようとしているとかで。

タイムリミットまで猶予はなく、慌てて行動を開始した当麻が居た場所は……名門お嬢様学校の更衣室で。

 

利用者とばったり遭遇し、変態として追いかけ回される羽目に。流石にこれは、送り込んだ土御門が悪い。

それでもうまい事逃げてる辺りは、凄いというかなんというか。まぁお嬢様たち、追跡の専門家ってわけでもないですしねぇ。

現地で協力者を得て、情報を集めたりしてましたが……調査がスムーズに進みすぎていたのは確かですね。

 

一方、当麻を送り込んだ後音信不通になった土御門が何をしていたのか、といえば。

彼は彼で、学園都市で蠢く謀略を探っていたわけですけれど。

かなり厄介な状況に追い込まれた、というか。彼の逆鱗に触れるような出来事が起きたせいで、彼らしからぬ行動が多かったなぁ。

あそこで犠牲を飲み込める彼じゃないからこそ、好きなんですが。

「何をやっているんだ!!」と言う当麻の叫びが痛かったなぁ……

 

暗躍していた統括理事が、結構いい所まで作戦進行して、学園都市内部で7500人ほどを動かす成果を挙げたりしてましたが。

悪人が『ヒーロー』を生み出す辺り、信用ならねぇ……実際、ほとんど暴走状態でしたしね。

暴走した挙句、レベル5の能力者に遭遇して一蹴されるんだから哀れなヒーローたちでありました。合掌。いや死んでないけど。



処刑少女の生きる道4 赤い悪夢

ico_grade6_3h

「まあ、でも、メノウちゃんが死んじゃうくらいなら、世界なんて滅んでもよくない?」

「それはわかります」

 

メノウから離れ、モモと別行動をすることとなったアカリ。

いやぁ、それにしてもこの二人とことん相性悪いですね! お互いにメノウ第一主義なので、話題は尽きないようですが。

……どっちがメノウを理解しているか。大事にしているかのマウント合戦なので、バチバチにやり合っているのは、他人事なら楽しい。

二人とも爆弾じみてるので、ちょっかいは出したくないですねぇ。

 

故あって手を出したチンピラ達が蹴散らされてましたし。

命を狙われていると警戒されるより、別件で逮捕されて警戒を薄れさせた方が良い、と。あるいは誘拐の罪状よりはナンパの方が良い、と。連行されていく歴戦の戦士たちは笑えました。

 

メノウの追跡を少しでも送らせるため、財布からお金を取ったりしてましたが。

それならば、と即座に王女様を頼る辺りメノウが一枚も二枚も上手でしたね……

モモの行動予測も完璧で、しっかり追跡してましたし。王女からお金を借りる代償として、メノウが男装執事していたなんて瞬間を見逃した方が、逃亡者2人にはショック大きいのでは。

 

温泉のある山間の街。そこでモモとアカリは、アカリの概念魔導の特訓をしたりしてましたが。

追ってきたメノウと王女以外に、マノンと万魔殿なんかもその街を訪れて……

それぞれの思惑が交差してて面白かったですね。すわ、この街も滅びてしまうのかと思いましたが。集っていた人材から考えれば、驚くほど穏やかに決着してました。

かつての四大人災が為したことや、帰還する方法のこと。この世界に広まっている魔導の生まれ方など、世界の真実が明らかになる巻でもありましたが。

 

やはり大きいのは、モモから話を聞いて、メノウがアカリに記憶が残っている事、彼女の行動原理について知ったことでしょうか。

それによって、彼女達の立ち位置が確定したともいえますし。さてはて、力を使い続けて灯りの人災化まであとわずかの状況。

聖地でなにが待っているのか。期待して続きを待ちたい。

 

新約とある魔術の禁書目録6

ico_grade6_3h
「何故、か」

(略)

「見捨てる理由が一つもなかったからじゃねえかな」

 

積読消化。

窓のないビルより、フロイラインは解き放たれた。

オッレルス陣営やグレムリンは、確保するべく行動を開始。

学園都市側も手を打ってないわけでもないですが、暗部が垣根提督を放流するという荒業で……

 

随分とまぁ化け物染みた存在になったな、とは思いました。なんでもありなのが凄い。

一方通行と対峙する事になってましたが、第一位と第二位が、相手の考える事を想定して一歩も二歩も先に行こうとする思考してるパートが好き。

「「それで勝負が決まる」」と離れているのに、噛み合ってる二人が良い。

実際に相対したときに提督が打ってきた手が容赦なくて笑えたし、一方通行に予想以上に刺さってましたね。

そこにやってくるのが、第四位って言うのも熱かった。キャラが多いのに、誰も彼も濃さで負けてないんだよなぁ……

 

わき腹に穴が開いてても、止まることを知らない上条当麻。

トールにその負傷で戦場を走ってきたことを「ただ者じゃないようで何よりだぜ」とか言われてましたが。

右手がどうしようもなく特殊なだけで、訓練もろくに受けてない学生のはずなんですけどね。

経験則を活かして、魔術師と渡り合えたりするだけで。助ける事に躊躇しないだけで。

闇が深いこの世界において、それだけのことが、とても貴重で。だから彼はヒーロー何だよなぁ、と思ったり。



はたらく魔王さま! 21

ico_grade6_4

「いってらっしゃい。みんなの幸せのために。私達の、働く魔王様」

 

長らく続いたシリーズの完結巻。

もう1~2冊くらい続くかなーと思っていたので、ちょっと意外ではありましたが。400P超で1冊に纏めあげたって感じですね。中々に分厚い。

神討ちの戦いに向けて準備は順調に進んでいて……敵がどんな手を打ってくるかは分からない。

 

ならば、戦いに臨むにあたって心残りは残せない、と。ちーちゃんのお父さんに事情を打ち明けたり、かつて犯した罪について謝罪に行ったりしている様子が、笑う場面じゃないんですけど笑えた。どこまでも真面目だなぁ、ホント。

 

神討ちの戦いに向けた前巻から続く時間軸の話と、全てが終わった未来の話を交互に描写していくのは、最終巻だからこそ出来る遊びだなぁというか。

未来において、あっちこっち予想できなかった方向に事態が進んでいて、驚きましたね。一番はサリエルですけど。まさかすぎる……

まぁでも、早々に愛を見つけていたからこそ、割り切りも凄かったというか。「佐々木千穂の心の百と、貴様の心の百は違う」みたいに中々いい事言ってましたよね。

 

未来のエピソードが挟まることで、討伐準備の段階では作中のキャラ達も不安を感じていましたが、まぁ上手い事決着したんだろうなぁと思えて、スルスル読めました。

神討ちの戦いがさっぱり始まらないので、本当に終わるのか……? みたいな気分にはなりましたけど。思ったよりもあっさり決着した風味。

 

物語のように勇者が魔王を倒して終わるわけではなく。終わってからも色々とすることは多くて、未来においても全てが決着してはいない感じでしたが。

事後処理も含めて、彼らの日常となって続いていくんだなぁという終わりは、余韻があって好きですね。

鈴乃やちーちゃんの気持ちに対して、魔王がそれぞれ答えを返していたのも良かったですし。

シリーズ完結、おめでとうございます。

新約とある魔術の禁書目録5

 ico_grade6_3h

「行くか」

「そう来なくっちゃあな」

 

積読消化。

バゲージシティでの騒乱から、当麻は無事に学園都市に帰還して。

最も、気が付いたら学園都市にいたという状況で。誰が運んできたかも不明。

状況を確かめようとしたところ、クラスメイトの吹寄に見つかって連行される羽目に。

折しも、学園都市内部向けの超巨大文化祭『一花覧祭』の準備中という事で、やるべきことは多く。

 

予定をぶっちしてサボった扱いになってる当麻へも、ガンガン仕事が割り振られてました。

先生がめっちゃ心配してたのは分かる。休みが多すぎて、補習や課題で補いきれそうにないけどどうするんだって言うのは、学生としてはめっちゃ切実なんだよなぁ……

ま、当麻の日常なんか考慮せずオッレルスや、グレムリンのトールなどが接触してきて、彼をまたしても混乱に招き入れるわけですが。

 

それまでの出来事もあって、当麻の行動が鈍くなってるというか、疑う事が多すぎて足踏みしていた感じですが。

トール相手に啖呵を切った場面はやっぱり熱くて、主人公してるなぁという感じ。

あと、オッレルスが現れた時に取った行動だとか、トールが変装していたことから美琴を誤認した場面とか。冒頭の、インデックスと久しぶりに会った時ですとか。

コミカルな演出も出来るって言うのが強いんだよなぁ……今回もまぁ、例にもれず危ない橋を渡って病院のお世話コース入ってましたけど。ハラハラする。

 

オッレルス達やグレムリンが求める「誰か」。それは学園都市の内部にいる。

しかも、よりにもよって「窓のないビル」が第一候補だとかで、トールと当麻が外壁に挑んでましたが。

対策を練れば突破できないことも無いのか、アレ。正直びっくりしました。

当麻達の行動もあって、目標の相手は外界へと出ましたが。封じられていただけの事はある、厄介さがありましたね……いつもの事ですが、これどう収拾付けるんだ……



ヲタクに恋は難しい9

ico_grade6_3h
「や 違うでしょ」

「許してるんでしょ? いつも」

 

表紙からしておめでたい!

合間合間に他のエピソードを挟みつつ、樺倉と小柳の結婚回が今回のメインと言ってよいでしょう。

結婚式をやることになって、その打ち合わせをしたけれど。

新婦がコスプレを披露したいと言ってひと悶着。男子組・女子組で愚痴をこぼしてましたが。「音楽性の違いで解散しそう」と言い出してる辺りは、そっくりだよなぁ……

 

愚痴ったことで落ち着いた部分もあるでしょうけど、結果的に盛り上がる、悔いのない式になったと思うので、祝福したい。おめでとうございます。

……結婚してからもまぁ、バチバチ喧嘩してましたけど。それが彼らのいつも通りなんだろうぁ……

 

どうすれば布教できるか……いいや、沼に引きずりこめるかの話とか。

樺倉・二藤の初対面回とか、こーちゃんと尚哉のすれ違いとか。

他のキャラの話も楽しかったです。


現実もたまには嘘をつく

ico_grade6_4

「…女装すれば良いのでは…?」

「良くないよ!?」

 

元はTwitter連載の4コマコミック。

コミケとかのイベントで、ある程度まとめたものを刊行されたりしていたシリーズですね。今だと同人誌版の最新巻は5巻かな?

作者さんの方針としては、WEB公開版だけで楽しんでもらえるものを描いて、同人誌版はもっと二人の話を見たい人へ向けての「+α」のものだそうで。

 

単行本化に当たっては、これまでに同人誌版買ってくれた人への感謝と配慮を込めて、原則「WEB公開+描きおろし」になるそうです。展開上必要なコマは引用するみたいですが。

今回も半分(20Pくらい)は描きおろしですし、それもカラー収録。さらにほぼすべてのページに、目元・口元などの微修正が入ってるらしくで、作業量想像しただけでくらっと来た。

同人誌版で揃えたい人向けに、単行本化に合わせて重版したりと精力的に発信されてて尊敬する。

 

さて、前置きが長くなりましたが本編について。

オンラインゲームで知り合った男女。好きなゲームキャラの話題も通じる、話しやすい相手ということで、オフ会をしようという事になって。

男性PCを使っていた男子が苦手な女子と、女子PCを使ってネカマプレイをしていた男子。

 

対面したときに女子の方が大分ショックを受けてましたが、それでも解散とならずに一応会話を続ける辺りは優しいというか。

変な勧誘とか引っかからないようにね……みたいな気分になりましたが。まぁ、薫も人柄は良いし。そもそも家に帰れば「娘に近づく男絶対なぎ倒すマン」な父親いるから、ガードは硬いし。同好の士は貴重なので、語り合えてうれしかったという前提があるから平気か。

 

とはいえ、そこで話は終わらず。母に女友達を連れてくると言ってしまった手前、引き下がる事も出来ず。

薫が女装すれば良いのでは?! という錯乱した発想に至り、実行してしまう辺りは二人とも凄い。

その後もリアルでの交流が続いて、ゲーセン行ったりカフェ行ったりと楽しそう。「ふて寝するアルマジロのポーズ」とか、別れの挨拶の時に離れて「君のお父上が御在宅の場合速やかに避難するためだよ」とかコミカルな絵が好き。

 

描き下ろしの花見回も良かった。楽しみにしている七海の為に工夫している薫は良い子。

電子描き下ろしは1P4コマで「譲れない好物」。七海ご両親の話。好きな物に妥協は出来ませんよね! 撤退を選んだ七海たちは賢明です。

カバー裏にも4コマ収録していて、七海たちの髪型アレンジ。カオリちゃん可愛いな。「何か腹立ってきたわ」という七海の発言に思わずうなずいてしまった。

ストライク・ザ・ブラッド22 暁の凱旋

ico_grade6_3h
「だけど、そのときは姫柊が俺を止めてくれるんだろ?」

(略)

「はい。わたしはそのための監視役ですから」

 

シリーズ、ついに完結。

9年以上続いた長編の終わりはちょっともの悲しいですねー。

まぁ、元々明かされずに終わる想定だった裏設定まで吐き出しての完結なので、大団円と言っていいのでは。

古城陣営の面々も(ほぼ)フルキャストで出演してますし。ページ数の問題でカットされた場面もあるようですが。それでも400P越えてる、普通に厚いラノベになってます。

 

異境を制圧したシャフリヤル・レンは、封じられていた眷獣弾頭という兵器を手に入れて。

全てを使えば地球を三度滅ぼして余りある、なんて敵側は謳っていましたが。

真祖クラスの眷獣を封じた弾丸とか、災厄にも程がある。実際、聖域条約機構軍も一度は壊滅状態に追い込んで撤退させてましたしね……

 

おっかないにも程がある平気でしたが、敵が忘れてはいけなかったのは、それが咎神カインの遺産であったこと。

封じただけであったら、絶対に探す者は現れる。ならば、それすらも踏まえた対処を考えておかねばならない。

そこまで考えて実行して。現代において結実したんだから、大したものです。中々の綱渡りでもあったように思いますが。古城が第四真祖になったのも、運命的に思えるな。

 

最終巻であっちでもこっちでも吸血してて、さすが吸血鬼の真祖……って感じでした。

妹の前で、妹の親友から血を吸うのには躊躇するのに、自分が傷つく手を迷わず選ぶ辺りは彼だよなぁ、というか。うん、あそこで吸血する他なかったけれど、うん。一回と言わず殴られろ。爆ぜろ。

 

またしても絃神島が狙われそうになり、奔走しそれを回避することとなっていましたが。

「異境への門があるから狙われるんだから、要石破壊しちゃおう」を味方側がやろうとするのには吹いた。

最終巻でまで内ゲバすんなや。なんとか解決してましたけど。

雪菜がまた色々と悩んでいましたけど、いくらか吹っ切れたように見えるのは良かった。

 

古城は「こんな時でもないと言えないから」とか言わず、もうちょっと積極的になっても良いと思う。

……が、夏音や結瞳が頑張ってくれたお礼に大人のデートする約束させられてる辺り、もうしばらくヘタレでもいいよみたいな気分もある。

 

あと、戦場が異境になった時点である程度は予想出来てましたが。

やっぱり出てきましたね、戦闘狂。来そうな気はしていたよ。

解決後にとった行動も、そこから派生した未来予想も全部こなしてきそうな変な信頼がある。

最初から最後まで、シリーズの空気が一貫していて楽しい作品でした。

完結お疲れ様でした。新作も楽しみにしています。

プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ