気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

第六皇女殿下は黒騎士様の花嫁様

ico_grade6_3

「この身は殿下の剣となり盾となり、殿下の御身を生涯お守りいたします」

 

隣国の学院に留学している、第六皇女ヴィクトリア。

戦争の気配を感じた彼女を救出に来たのは、黒騎士と呼ばれる第七師団の団長アレクシスだった。

争い自体は短期間で終わったようですが、武勲を上げた彼に降嫁させる話を父から聞かされることに。

 

齢十七になろうとしているのに、見た目が十歳くらいにしか見えないヴィクトリア。

一方で、黒騎士はその体格と風貌から若い令嬢から逃げられるという経歴の持ち主で。

美女と野獣……というにはヴィクトリアの方に迫力が足りないというか。いや、彼女目鼻立ち整っているし、成長すれば美女になるのは間違いないですけど。

現状だと子連れの軍人に見えてしまうのは致命的なバグでは……うーん、割とお似合いなんですけどね。

 

まぁ、ヴィクトリア自身も成長していない自分の体格に思う所はあるようで不満を零す場面もあったりしましたが。

アレクシスは彼女の内面に、為政者の顔に惹かれているから、その辺は問題ないと思います。

ただまぁ、色恋の甘さよりは実務的な話題が多くなりがちなのは、今後に期待というところでしょうか。

 

友好の証として来訪した隣国の王女が、チャームの魔法をばらまいて不和を起こす場面が多かったり。「姫様をアッシーに使った挙げ句」とか、砕けた言葉遣いが散見されるのには、ちょっと引っかかったので残念。



「no-seen flower」百題感想 IP編2

Icy Prayer編の百題3~5の感想。

続きを読む

「no-seen flower」百題感想 IP編1

Icy Prayer編の百題1~2の感想。
件数が多かったので分割。続きを読む

ワールドトリガー20

ico_grade6_4

「千佳! 今のは不慮の事故だ! 気にするな! よくやった!」

 

ランク戦第七試合の決着と総評。

最期の試合に向けての準備の話。

合間で葦原先生の状況についても触れられていましたが。

手術をされて、術後に併発で発症した別の病気で再入院とかしていらっしゃったとか。

連載再開は喜ばしいですが、お身体を第一にご自愛頂きたいですねー。

 

当初の予定ではこの20巻あたりでランク戦が終わってる想定だったそうですが、余裕で終わらず。あの情報量ですからねー。ファンとしては嬉しい限りですけど。

今回もまた面白かったです。

ヒュース初参加で、相手取るチームも大変そうでしたが。玉狛内部でも、修とヒュースとで意見が違う場面が出たりして、ランク戦途中でメンバーを変えるのがリスキーなのがよくわかりました。

 

カバー裏のネタのキャラ紹介も相変わらず情報が多くて素敵。

クロ―ニンが「トリオンの形状と軌道の制御」が専門でハウンド、バイパーや迅と共同でスコーピオンを開発したとか。かなりの功労者では。

ネイバーとしての出身国はどこなのかなぁ、とちょっと気になる。

 

嵐山が1巻裏があんまりなので再登場。19歳組で京都旅行を決行したとか、なにその美味しいイベント。

広報部隊で忙しいだろうに、旅行行けたんだーと変なところで感心してしまった。

あと、結束。片桐・雪丸とともに第二期東隊で鍛えられたとか。やっぱり東さんボーダー内の育成担当なんですね……



ソード・ワールド2.5 ルールブックⅢ

ico_grade6_3

さあ、英雄的な冒険を始めましょう!

 

人間として普通に到達できる上限、15レベルまでのデータが掲載されているルールブック。

リプレイ、サーペントシリーズとかで高レベルの描写見た事はありますが。

出来る事多すぎて、プレイヤーの申告忘れが生じるレベルらしいですからねー。        

「メテオ・ストライク」とか「コール・ゴッド」とか滅多に見られない技能のデータが乗ってて、規模のデカさに笑う。

 

また、2.5Verのライダー技能、アルケミスト技能が追加されてます。

新種族「ティエンス」、「レプラカーン」のデータも追加。

新ルルブ・サプリ出るごとに種族増えてる印象。それだけラクシア世界が多種多様ってことですけど。

わりとこの世界も何でもありだよなーと思ってます。       

 

構造物破ルールも掲載されてました。

「何もかも壊す必要はありませんよ?」とコラムが二回入ってたぐらいですから、扱い間違えると大変なんだろうなぁ……

エッセンスとしてたまーに取り入れると楽しい、ぐらいのさじ加減が良し。乱発は良くない、と明記されてますし。

 

あとはワールドセクションでアルフレイム大陸のランドール地方について。

大破局後も戦争を継続している地方とか、厄介事の匂いしかしない……

そこに商機を見出して、中立を謳う国なんかもあるみたいですけどね。

ネタの宝庫ではあるでしょう。アンデッドの王が支配する死者の王国まであるとかで、おっかない事この上なさそうですが。



「no-seen flower」百題感想 月白編

正式名称は『月の白さをしりてまどろむ』。
月白の百題は5個目にしかなくて、だいたい第伍譚読了後推奨な感じですねー。
「この世の真理」は物語開始前の王と巫のエピソードなので、コレは先に読んでもいいですが。
……でも、王の巫の願いについて描かれている話でもあるので、本編読んでからの方が、オススメかなぁ。
続きを読む

「no-seen flower」百題感想 将軍と黒猫編

将軍と黒猫の百題感想。
続きを読む

スイレン・グラフティ わたしのあの娘のナイショの同居

ico_grade6_3

「わたしは、ファンだよ。庭上さんの描く漫画の、ファン」

 

クラスメイトの少女二人。

不良と評判で距離を盗られている庭上蓮と、母子家庭で弟妹の面倒を見ている池野彗花。

接点なんて学校で隣の席、くらいだったのに。

ひょんなことから蓮の秘密を彗花は知って、不思議な同居生活がスタートすることに。

 

ある作品に影響を受けて、自分でも創作を始めた蓮。

漫画制作の知識が無い彗花は、彼女に教わりながらも手伝いをして。

そこから影響を受けて自分でちょっと調べたりもしてましたが。

デジタル作画は、初期投資の面で学生には厳しいですよねぇ……

 

少女二人がメインですが、今はやりの百合的ではなく、あくまで友情、青春モノですね。

家庭環境に問題があったり、行き違いで喧嘩をしてしまったりもしますが。

諦めかけていた蓮のところに彗花が来てくれたのには、ほっとしました。

蓮が、自身を縛る鎖を断ち切る思いを得たように。彗花が行動を起こす燃料としたように。創作物には力があるのだと、そう信じたくなる良作でした。



ロード・エルメロイⅡ世の事件簿10「case.冠位決議(下)」

 ico_grade6_4

「本当に、ボクは、お前の望みを叶えてやりたかったんだ」

 

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿、ここに完結。

ハートレスの思惑を阻止するべく、霊墓アルビオンに突入するⅡ世チーム。

そして冠位決議に挑むライネス側のエピソードの、同時進行。

どちらも面白かったですねぇ。魔術師の業というものを強く感じた。

 

Ⅱ世達の状況から始まります。

一日足らずで、深奥まで簡単に辿り着けるような場所ではなく。

フリューの伝手で情報やなんかを得てましたが、こんな所にまで伝手あるあたり傭兵凄いというか。

彼の師父殺しという異名についてもしっかり触れてくれて満足。微妙に気になってたんですよね。

即席のチームではあれど、実力者揃いであるので何とか先に進んでいました。

その中に混じったⅡ世が要所要所で自信ないことを明言してて、ちょっと笑ってしまった。

 

冠位決議に望むライネスが、アルビオンの工房を見学したりしてる一面もありましたが。

秘匿をなげうった複合工房とか、そこで行われている蕩尽とか、魔術師の側面を見られたのは新鮮でしたね。

一筋縄ではいかない決議の場に、油断ならない相手を引っ張り込んでくるあたりライネスも策士というか。暗躍好きな魔術師ですよね。しかしあの人形師、とことん自分のやりたいように場を作るな……

 

最後、全てはⅡ世がハートレスを止められるかどうか、という局面になって。

残り14分という時間で、答え合わせに時間を割くあたりが彼だよなぁ、と言いますか。

魔眼蒐集列車の時のような激しさはなく。思ったよりも、静かな幕引きになったのは少しだけ、意外でした。

……そこに至るまでが大変だったんですけどね!

 

グレイが、良い立ち回りをしてくれていましたね。

内弟子としての彼女が、彼をエルメロイⅡ世として引き締めさせた、というか。

わざと間違えた言葉を口にした時。師匠にも言わぬ秘密を得た時。

「君が居なければ、困る」というロードの言葉が、彼女たちの日常そのもののようで、綺麗なエンディングだったと思います。




廻る学園と、先輩と僕3 Simple Life

ico_grade6_3

「だから、わたしたちの邪魔をしないで……!」

 

学期末テストが終わり学園祭が近づいて。

そんな中、学校見学に来た少女と那智は出会い……彼女に気に入られ、付きまとわれて。

司先輩がその状況にヤキモチをやいて、爆発。

ついには交際関係にあると公言して。いやまぁ、薄々察してる人も居たようですけど。

 

しばらく那智の周囲を見に来る連中が居たり、ゴシップ好きな人間の多いこと多いこと。

バスケ部のエースが一対一の試合に引きずり込んで、負けたら別れろとか言ってくるあたり見苦しいことこの上ない。

そういう事してるから、モテないんだと思うな……言動に難あり。

 

那智の両親に関する描写も入ってきましたが。

いやまぁ、何とも面倒くさいというか。父親の方はまだマシな部分もありますが。

手口が乱暴というか、初めに行動ありき過ぎる……

ラブコメというには今回はシリアスな部分多かった感じですねぇ。ラブコメはもうちょっと糖度多い方が好みですが、ちゃんと伏線を回収した上で最後は先輩のところに帰ったので、最終回らしい終わりだったのでは。



プロフィール

ちゃか

 友人に「活字中毒っていうか読書中毒」と評される程度には本が好き。適当に感想を書いていく予定。リンクはフリーでコメントはご自由に。悪質と判断したものについては削除する場合があります。

アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索