気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

さよならの次にくる 卒業式編

ico_grade6_3

恋愛の相談など友人にするものではない。そういう相談は親友にするものである。

 

次に出た「新学期編」と合わせて前後編の構成なんですよね。

タイトル通り、卒業式までのエピソードで、頼りになる探偵役の伊神も卒業する事に。

まぁ、今度も折に触れ葉山君が事件に巻き込まれて、相談を持ち掛けるので頻繁に登場するんですがね……

伊神のスペックなら不思議はないと言えますが……よく時間確保できてるよな大学生……

 

閑話休題。

葉山君が幼少期に書いたラブレター。

それをみた友人たちに閉じ込められた葉山君が脱出するために頭を凝らした謎をとく「あの日の蜘蛛男」。

そして再登場が早かった、葉山君の初恋の相手渡会千尋が登場する「中村コンプレックス」。

彼女は、愛心学園の生徒で。そこの吹奏楽部の部室に張られた「東雅彦は嘘つきで女たらしです」という怪文書を張った犯人として名乗りでたと言うが……

 

「猫に与えるべからず」は、実家で猫を飼ってるので、判りやすかったと言いますか。

当然気をつけないといけないことですからね……

四話目は卒業式のエピソード「卒業したらもういない」。

伊神は式の最中はいたはずなのに、退場の時には見失ってしまい。

葉山君が伊神を探してあちこち走り回ってますが。「卒業生は後輩に何か、残していかないと」という理由で開かずの部屋とかまで駆使して振り回された葉山はお疲れ様……

 

 

ソード・ワールド2.0リプレイ Rock’n Role4 ドロップデッド・マーメイド

 ico_grade6_3

ヨミノ でも、メギスって四天王の中でも最弱なんでしょ?

GM 決定事項みたいに言うなよ! そうだけど!

一同 (爆笑)!!

ヨミノ やっぱそうじゃないの!

 

好評につき続編が出ることとなったリプレイ、ロックンロールシリーズ。

今回のメインパーソナリティーはヨミノ。

フレーズの過去や、その周囲のキャラなどを中心に進行した結果、PCであっても彼女の背景については余り触れられてこなかったんですよね。

まぁ、それでキャラが薄くならなかったのは、彼女のスケさん達への愛がすさまじく、この濃いパーティーに埋没しなかったからなんですが。

 

8話と第9話が収録されているわけですが。

ヨミノの故郷がピンチ、という事で同郷の相手が救いを求めて帝国へやってきて。

名を知っている相手がヨミノだけだから、と手を貸して欲しいというわけですが。

かつてヨミノを迫害しておいて、虫のいい話だなぁとは思いましたね。帝国の流儀に則って、見捨ててしまっても良かったのでは。

 

まぁ、同郷のよしみで……とかではなく、正式に依頼を持ってきたから、ビジネスとして受けるというのは、ヨミノも成長したな……と言いますか。

フレーズたちとの縁がなかったら、ヨミノもこの依頼受けなかったんだろうなぁ。

流れるように【クエスト】かけたクルーンも、バリスタ狂のトワイニアもいつも通りで、なんというか安定感のあるパーティーになりましたね。

近くにいるとSAN値減りそうなパーティーでもありますけど。

 

マーマンたちを襲っていた勢力には、お約束の四天王とかが居て。

そいつらを蹴散らしていきましたが、ラスボスまでは手が伸びず、また何か怪しいことを始めたようで、一時撤退する事になっていましたが。

さてはて、敵のボスは一体どんなキャラなんですかねぇ。四天王見るに、また変な方向に振り切ってそうな予感がしますが。

 



クオリディア・コード2

 ico_grade6_3

霞の物事の優先順位ははっきり決まっている。

(略)

彼にとっての優先順位はとうの昔に定められているのだ。

 

敵の襲撃を受けて東京の次席は消えた。

ただひたすら彼女の為に戦っていた、東京主席も戦う気力を失ってしまい。

都市運営・防衛網の構築なんかを神奈川・千葉陣営がフォローする事になっていくわけですが。

 

最高戦力でもある主席・次席にここまで事務仕事振り分けるのもどうなんだろうとは思います。いやまぁ、霞は次席にいるけど、戦闘力特化型じゃないので都市運営に回るのも手だと思いますが。

神奈川でいう青生みたいな役回りのキャラがもっと、最高戦力の彼らを支えるべきなんじゃないかと、防衛都市の危うさが見えますなぁ。

実際この後神奈川陣営の方にも大打撃が入り、ボロボロの状態になってしまうんですが。

 

千種兄妹が、言葉にしないけれど、何よりも優先するものとして互いを置いているのがはっきりと描かれて、本当仲いいなぁ、と。

この二人の独特の距離感結構好きですよ。傍から見てる分には理解できない部分もあるかとは思いますが。

ほたるの姫信仰に近いものを感じますがね。彼女は口にするけど、彼らは口にしないってだけの違いのような気も。

最後、霞が世界の嘘の片鱗に気が付いたところで終了。3巻で終了って感じになりそうですね。それは良いことですが、作者さんは千葉編の2巻と、青春ラブコメの新刊はまだでしょうか……



その無限の先へ6

ico_grade6_3h

……ふざけるな。認められない。そんなことは断じて認めない。誰がそう思おうとも、自分だけはそんな評価を下してはいけないんだ。自分の限界を知りたいなら、つらくても前へ進め。理想の自分を描いて、それに向かえばいい。限界がこんな低い場所になどあるものか。僕の限界がこの程度だと認めてたまるものか。

 

遂に始まった、最高難易度の昇格試験。

8人の仲間が集ったものの……第一試練は一人ずつの挑戦。

綱はまた鬼難度のところに当たってましたけどね……いや、綱ホント一番難易度高いコースに当たってるんじゃないですかね。

鉄球の間はガウルのとこより難易度高かったらしいですし。

 

ユキがどんなルート通ってきたのかが気になりますなぁ。第二の試練は臓腑の間だったらしいですけど、詳細不明ですし。

WEB版のファンクラブでの会話にあった溶解シーンが多分ここだと思いますが。

「何度も死ぬのが当たり前の難易度」なのではないか、とかつてユキはそんなことを言っていましたが。

今回彼らに課されたのは、まさしく何度も死んで、何度もやり直し、最適解を求めていくようなやり方で。

 

この試練のボスであるリーゼロッテは、最終試練まで到達するのは、綱とユキ、サージェスの三人だけと予想していたみたいで。

実際、摩耶なんか途中で心折れかけてましたからね……

それでも彼女の工作なんかもあり、負けず嫌いだった連中が、遅刻はしても決戦の部隊まで駆けつけてきたのは熱かった。

 

今回はサージェスとフィロスの視点がそれぞれ描かれていましたが。

綱以外のキャラも魅力あるので、こういう感じでまたこういう感じで描いてもらえないものですかねぇ。

そして、書籍版の追加要素として、綱の過去の記憶の断片が描かれていましたが……

得体のしれぬブーストかかっているとはいえ、やっぱり綱自身がバグキャラなんだな、と言いますか。未来の断片すら見てましたが……

凄い魔法使いが不吉な予言下してたので、ちょっとそこは気になりますねぇ。

 

花を追え 仕立て屋・琥珀と着物の迷宮

ico_grade6_3

「なんで怪石にまで教えてしまうかなあ。切り札は最後まで取っておくものと、誰かに教わりませんでしたか?」

「それは大人のやり方でしょう? 私は子供ですから」

 

先代に住む八重は篠笛教室に通う女子高生。

かつてあったある出来事から、着物を苦手にしていますが……おそんな彼女が仕立て屋である琥珀という男性と出会い。

着物にまつわる様々な謎に挑むことに。

 

泥棒になるから着物は着ない、という七五三前の少女の言葉の意味ですとか。

端切れで作られたシュシュ、その絵柄に込められた謎だとか。

本人は着物に関わらないようにしてるのに、縁が出来て向こうから問題がやって来るのがまた何とも。

しかし、最初の方の話はまだ可愛げがあったというか、日常の謎的ではありましたが。

 

後半に行くにつれ、重たくなっていくからその辺の温度差がなぁ……

和装の雑学というか蘊蓄部は面白かったですけど、後半のそう上手くいったら苦労しないんじゃ……みたいな部分がありましたし。

真犯人を罠にかけてやる部分とか。全体的に嫌いではないんですが、もう一押し何か欲しかったかなぁ、と感じました。



理由あって冬に出る

ico_grade6_3

「葉山君、どうやら、謎が解けたぞ」

それを聞いて、僕はずっこけそうになった。……この人、スーパーコンピューターどころじゃない。

 

積読に埋まっていた最新刊を読むにあたって、既刊読み返しー。

1巻の刊行2007年ですって……凄い懐かしかったです。

「芸術棟」と呼ばれる建物がある、市立高校が舞台です。

もっとも、この芸術棟って何かに使うだろうから作ったけど、用途不明で文系クラブが占拠して部室を確保したので芸術棟と呼ばれてるだけらしいですけどね……自由だな……

 

市立高校では、この芸術棟にフルートを吹く幽霊が出るという噂が立って。

それを怖がった部員が練習に来ない、と吹奏楽部の部長が悩み……じゃあ幽霊が出ないことを証明しようと、夜芸術棟に残ると言い出して。

いい加減な顧問から芸術棟の鍵を預かり、戸締りを委任されている葉山も、夜の見張りを手伝う事に。

幽霊なんかいないと思っていたものの……葉山たちは、フルートの演奏と幽霊の影を見て。

 

翌日調べてみると、演劇部の部室に泥棒が入った、という話だとかも聞こえてきて。

文芸部の伊神部長が探偵役として、謎を解いたと思ったら……また別の幽霊が出てきて。

なんだかんだでノリがいい学生がそろってるなぁ。柳瀬さんとか結構面白いキャラで好きです。

東は痛い目見ればいいと思うし、三野はちょっと視野狭かったんではと心配になりますが。

 

 

星くずドロップ4

ico_grade6_3
「お互いの夢が叶ったら そしたら――・・・」

 

文化祭当日からスタート。

見目麗しい先輩方を見に、他校の女子がたくさん来てるようですが。

マナーがなってない相手への対応がナイスというか。

在校生たちもノリノリですな……果てには女装してるやつもいたけど、それでいいのか。

 

付き合うようになった二人が周囲から見てすぐわかるくらいにはピンクい雰囲気になってますが。

まぁ、幸せそうで何よりです。

ステラとしてのコンサートもありましたが無事に成功。

ちょっかい出してきていた相手とも喧嘩友達的な距離に落ち着いて、傍から見てると楽しそうですけどね。

 

けれど、そんな時間は長く続かなくて。

家の事情と、仕事の事情。

それぞれの問題……というか課題が目の前に差し迫ってきて。

夢を追うために、離れ離れになる選択をした二人。最後、夢を叶えて再会したって言うのはまぁ、出来すぎとも思えますが……

あの二人にはお似合いのハッピーエンドだったんじゃないでしょうか。

星くずドロップ(4)<完> (KCx)
小嶋 ララ子
講談社
2016-04-07
 

銀の河のガーディアン3

ico_grade6_3

「君があの人の娘に相応しくないなんていう人がいるなら、僕がそれを消し飛ばして見せる。邪魔する者もだ」

 

前回、銀河中に演説をぶって帝国批判をした叛乱の首謀者が居ましたが。

皇帝がその場に乗り込んで「じゃあ私の進退を議題に会議開いて、臣民の意志を問おうじゃないか!」と乗ってくるとはだれも思うまい……

それを考え付いた辺りセーヤってやっぱりどこか頭のネジ外れてるんじゃないのかな……

 

まぁそんな会議が行われるとなれば、当然妨害を企む勢力もいるわけで。

皇帝の養女という立場があるラリエナに、会議に出席してもらえないかという依頼が持ってこられて。

任務、じゃない辺りが肝ですよねぇ。そしてその護衛としてセーヤも参加する事に。立場なりに、皇帝いいお母さんやってると思いましたがねぇ。

どちらも不器用で距離感間違ってる感じはありましたが。

 

警戒していた通り、大会議においてトラブル……そこを襲撃してくる勢力が居て。なんとか追い払う事には成功していましたが、黒幕の姿は拝めず。

この3巻で一つの区切りという事だそうですが。

今回出てきたキャラクターが、これまでの敵達よりもいいキャラしてたので、もうちょっと読んでみたかった気もしますな。

 

 

君にさよならを言わない2

ico_grade6_3
それでもぼくは――
君にさよならを言わないと、決めた。 

 

幽霊が見える症になった少年のお話、第二弾。

娘を愛する幽霊小梅さんの話。

在る少女の「生霊」のお話。

そして、去っていった彼らが戻って来るお盆の時期のお話。

三編が掲載されております。

 

全体的に読みやすい作品ではありますね。

小梅さんのエピソードはかつて住んでいた場所から動けぬ地縛霊になってしまった彼女が、二十年の時が経った今、娘がどうしているのか知りたいと願い。

何とも不器用過ぎる感じはしましたなぁ。

 

話を聞いて、娘を探しに行く明も明ですけど。その行動力は凄いと思うけど、傍から見ていると中々の不審者だと思うので、もうちょっと周囲見てもいいんじゃなかろうか。

警察に連れて行かれかけてましたが……そう思われても仕方ない感じですしね……

全体的にこう上手く回るだろうか、って匂いはしますが。まぁ、全てが上手くいく、優しい世界だという事でしょう。

幽霊たちが、未練を解消できるなんて救いが与えられているんですし。

 

 

NOT LIVES10

ico_grade6_3

「…これが…これが真のエンディングだってのか…!?」

「認めない…! 認めないぞこんなの……!!」

「俺は…」

 

反撃をうけた皇帝紳士たちは、「紳士」の仮面をかなぐり捨てて、全てを破壊する巨大な一撃を振り下ろさんとして。

三神たちはアスタロトと協力して、反撃に打って出る。

敵が攻撃の規模を拡大したからこそ、最後のカウンターが成功したわけで。冷静さを欠いた時点で皇帝紳士の負けは決まってたようなものですな……

 

そしてボロボロになった状態で、三神たちとアスタロトの最終決戦が始まり……見事それにも勝利したわけですが。

ここでまたしてもバグが発生。それについてGMから解説が入ってましたが……

彼らは天宮がバグを発生させているのを把握し、経過観察していたそうで。

最も、バグを即座に排除しなかっただけで、最終決戦まで勝ち残ってきたのは三神たちの実力の賜物ってことですけどねー。どうだか。

 

アスタロトがここに至るまで積み上げて来たものもあり、何とか即座に消されることなく、抗う時間が与えられて。

ここまで来て、相棒が死んでおしまい、なんてエンディングは確かにふざけんな、って感じですけどね。

一度は手を離してしまいましたが……最後まであきらめることなく、道を探し続けて三神はその願いを叶えた。

上手くいきすぎかな、とかGMは確かに蹴散らしたけど、他にも数名いたマスタークラスの相手はどうなったんだとか疑問点は残ってますが。

見事完結、という事でお疲れ様でした。

 
livedoor プロフィール
アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索