気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

ぼくは異世界で付与魔法と召喚魔法を天秤にかける8

 ico_grade6_3

「カズっち。わたしも愛してるよ。ずっと」

 

四天王の一角をなんとか蹴散らした……と思ったら、その場に別の四天王が現れて。

色々と情報を遺して逝ったのが前回のラストでしたが。

一夜明けて冷静になったカズは、ドッペルゲンガーの主が、後から現れた四天王・アルガーラフだったのではないかと推測したりしてましたなぁ。

情報が増えても、謎も同時に増えてて、先に進んでるかは中々わかりにくい所ですが。それでも今日を生きる為に戦い続けなければ未来はない、と。

 

状況が良くはなくとも、敵が攻めの手を緩めてくれるはずもなく。

世界樹周辺の砦の奪還作戦を実行する事に。その中で、他国で聖女と呼ばれていた相手を救出し……魔王にまつわる重要な手がかりを得てましたが。

同時にとんでもない爆弾でもあるんだよなぁ、扱いにくいにもほどがある……

 

テパトの寺院なる場所に、魔王の手がかりがある、という情報を得てそこに精鋭部隊で踏み込むカズ達ですが……

そこで確かに手がかりを得たものの、大切な仲間を欠くことになってしまった。

死んだわけではなく、ミア自身が納得した上での行動とはいえ、この絶望的な状況の中で勝ち続けてきたチームの一人が居なくなったのは、戦力面だけみてもかなり厳しい。

ミアはジョークをはさみすぎる部分もありましたが、空気を読んだり、交渉したりは美味かったですからねー。ムードメーカーが居なくなって、カズがかなりへこんで見えますが……

容赦なく時間は流れるからなぁ。少し前にWEBも終わってましたが、書籍の方も次回九巻で完結だそうですよー。

 

ジャンプSQ 2017年 1月号 感想


ジャンプSQの感想。
 
続きを読む

銀の河のガーディアン2

 ico_grade6_3

「どこに行こうが、何をしようが、目的がわかっているのなら問題ないよ」

 

1巻で起きた事件を受けて、各部署から人員を集めた部隊が新設されることに。

能力はあるんだろうけど、あちこちから個性的なメンバーが集まってきて、ラリエナはそこはとなく不安を感じているようですが。

セーヤは、目的分かってるなら大丈夫でしょ、といつも通り平然としてます。

 

部隊が新設され……メンバーが集まり切る前に、任務が告げられ。

前回の事件を受けて、旧同盟国において叛乱が起きたため対応せよ、と。

その惑星ザザは、特殊な鉱石が算出される場所で、魔術が阻害される要素が大気中にばら撒かれている状況だとか。

よって、魔術で地表に転移することはかなわず、少数を選び大気圏突入させる、という作中においても珍しい手を使う事に。

 

そうして叛乱に対処していくわけですが……

事を荒立てるからには、それなりの目的があるわけで。と言っても、今回の相手は、何とも言えない小物感が、どうしても好きになれない。

理想にひたむきに走って、自滅するタイプと見た。周囲巻き込んで自爆するんだよなぁ。まぁ、引っ掻き回そうとして、最後皇帝に利用される結果となってましたが、やり方含め色々拙かったからしょうがないわな……

 

週刊少年ジャンプ No.2・3 感想


先週発売の合併号の感想-。

続きを読む

ミステリーズVol.80

ico_grade6_3h
「他人の恋よりも、わたし、マカロンに興味津々なの」


懐かしの小市民シリーズの短編が掲載されるという事で。
その為だけに買いましたよ! 通常配本なかったので追加で注文出しました。
収録は『巴里マカロンの謎』。
時期としては高校一年の秋という事で、時系列的に最新のエピソードではありませんでしたが、相変わらずの二人の様子が見れただけで満足です。
 
快速電車に乗れば、20分で着くから、と名古屋に連行された小鳩君。
互惠関係に則って、フォローを小佐内さんにしてもらったお礼返し、という流れのようですが。
新しくオープンするお店に行って、新作マカロンを食べるとのこと。

セットで突いてくるのは3個、限定フレーバーは4種。持ち帰りはやっていない……だから小鳩君を連れてきた、とのこと。

相変わらず甘味については熱心だなぁ。読んでるとちょっといいとこのケーキとか食べたくなります。

 

そうして辿り着いた店で、二人がちょっと目を離した隙に、ティーセットに3つついてきているはずのマカロンが4つに増えている、という謎と出くわして。

マカロンが1つ増えた、というだけの謎でもこれだけ読める話に膨らむもんなんだなぁ、と変なところに感心してました。

小市民二人のやり取りは、お互いのスタンスを分かってるから、流れるように進むので、読みやすいですよねぇ。

懐かしくなって、読み終えた後、思わず既刊読み返しちゃいました。冬期限定はでないのかしら……

ミステリーズ! vol.80
米澤 穂信ほか
東京創元社
2016-12-12
 

 

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿4 「Case.魔眼蒐集列車(上)」

 ico_grade6_4

「それでも、あなたのように誰かを守ろうとしている人を、私は信じたい」

 

下巻の発売予定が出るまで、読むの我慢してたんですよねぇ。

ようやく手を出すことが出来ました。あぁ、やっぱりエルメロイⅡ世好きだなぁ。

『序章』のⅡ世の「ああ……やっと……」という言葉にどれだけの思いが込められていたのか。

まだ道のりは果てないとはいえ、彼はまた一つ成し遂げたのだ。それを思えば、少し深酒して寝落ちするくらい可愛いものではないでしょうか。

 

エルメロイ教室の新しいメンバーも登場してましたが……

堂々と他学科からのスパイですと公言するイヴェットに、フラットが術式を読み解きⅡ世が理論化した原始電池を与えられたカウレス。

また個性的なキャラが出てきたな、と言いますか。カウレスはアポクリファの世界線でなくてもエルメロイ教室にくる運命なのか……

 

カウレスの方は、師弟の暴走の結果ではありますが……他者の秘匿した魔術を暴いて、別の奴に与えるとか。

そりゃあ、他の魔術師から歓迎はされませんわな……。グレイにすら得心されてるじゃないですか。

まぁ、その行いが今回後半Ⅱ世を助けるんだから、人生何がどう転ぶか分かりませんな。

 

今回の舞台は、「魔眼蒐集列車」。

その名の通り魔眼を集めるのみならず……オークションを実施し、その移植まで請け負う一種の都市伝説的な存在。

Ⅱ世は招待状を受け取り、奪われたものを取り戻すために、列車に乗り込むことに。

FGOでおなじみのオルガマリーが登場したりしてますなぁ。まだ幼さが見えるというか、人の死を見て悲鳴を上げられる可愛げが残ってる。

 

列車内で起きた殺人事件。

Ⅱ世も対面したときに硬直した、予想外の存在の登場。

そして予期せぬ列車の進路変更。さらにここに状況引っ掻き回しそうな乱入者が来るんだろ……?

なかなか混沌として来てますが、コレをどうまとめ上げるのか、下巻が今から楽しみでならない。


小説の神様

ico_grade6_3

「俺は、お前が屑だとは思わない。退屈だとも、空っぽだとも、日陰だとも思わない。お前は凄い奴だよ、一也。お前は、それを当たり前のようにできるから、気付けないんだろう。けれどお前は、俺達では決してできないことが、できてしまえる人間なんだ」

 

学生で小説家デビューしたものの、鳴かず飛ばずな千谷一也。

物語を書く意味を忘れ、どうすれば売れるか、という部分ばかり気にするようになって。

悩める後輩から相談されても、割とばっさりと切り捨てるというか……

「小説が人の心なんて動かすもんか」と正面から行ってしまう辺り、かなり余裕がなくなっている感じはありますね。

そんな彼が、同い年の人気作家小余綾詩凪と出会い、二人で合作を作成する事に。

 

一也が、小説家であっても先が見えず絶望の渦中にいるので、終始暗いんですよね。

後半ようやく多少巻き返してくるんですが……そこに至るまでが合わない、って人が出てしまうんじゃないかとはちょっと思いました。

一也の友人でる九ノ里がいい性格していて、彼が居なかったら、一也は詩凪と会う前に心折れて筆をおいていたかもしれない。詩凪の方が抱えている問題にも気づけなかったかもしれない。

いい友人を持ってますねぇ、ホント。巡り合わせってこういう事だと思いますが。

支え合いながら、一つの作品を書き上げた彼らは止まることなく、次なる目標へ進んでいく。

 

書店員として、一読者として、辛い部分はありましたねぇ。

部数の話とか、売り上げ見込みから打ち切りになる話とか。よくある話なんですよ。よくあるからって、慣れるかってそんな筈はない。

作者が、どれだけ熱を上げていても、2巻の原稿が既に編集者の手に渡っていたとしてもそれが形になる保証はない。

 

最近は打ち切りになるまでの速度も、早くなってきてる感じがしますし、ネットがあるからすぐに情報が拡散していく。

良い評価が広まって、売り上げ伸びて重版につながるなんて流れなら歓迎ですが。酷評されてもそれが広まってしまう。

言葉によって傷付けられることだって、ままあるのです。それでも負けずに、何かを書き続けている二人の事は尊敬します。

 

小説の神様 (講談社タイガ)
相沢 沙呼
講談社
2016-06-21
 

薬屋のひとりごと6

ico_grade6_3

「私はあなたに幸せになってもらいたいと思った。ただ、それだけなのです。その願いすら、単なる官の一人には過ぎた望みでしょうか」

 

壬氏がついに行動を起こしましたが……猫猫にいいように振り回されますなぁ。

本当に彼女は猫みたいに気ままなので、壬氏からしても調子が狂うのではないでしょうか。

馬閃との会話が噛み合ってないことにも気づかずに誤解を招いてましたしね……笑った。

 

猫猫の周りでもチラホラ怪しい動きがありましたねぇ。

変人軍師の実家で当主の座を奪われた老人に絡まれるなどもありましたが。

羅の一族は変り者ばっかりだな、ホント……それに振り回されてるご老体は哀れ。まぁ、彼自身小物臭くて、羅漢に蹴落とされなくても別の奴に追われてたんじゃないかなと思えますがね……

 

里樹妃の周りもきな臭いというか、彼女もトコトン運が悪いというか巡り合わせが良くない。

あちこちから疑いを向けられ、大分心を痛めたのではないでしょうか。

思惑が重なり、妃でありながら幽閉されることに。命を狙われるのを危惧し、守るために隔離した結果なんですが……

 

よりにもよって、なんでそいつと接触してしまったかなぁ、という状況になって。

此ればっかりは彼女のせいではなく、管理が甘かった周囲のせいだと思いますが。

まぁ、その結果としてなんか綺麗にまとまりそうな感じになってたのは、良かったですが。猶予期間があるわけで、その間に何かトラブルが起きないことを祈ります。

 

アルボスアニマ3

ico_grade6_3

「恵まれてなきゃ生き方の清濁なんて選べないさ」

(略)

「俺はお前がいてくれたら助かるよ ラジャード」

 

ラシャードが抱えている物が重いというか。

彼は彼で大変不器用だよなぁ。ノアの方も、能力故かリアルに温室育ちの生かそのあたりの機微に疎いからなぁ。

 

アスカムからの伝言を受けて、一人行動を起こしたラシャードを心配して追いかけたノア。

危なく一人で死んでるところでしたけど。何とか助かって。その代りラシャードとちょっとギスギスしてしまってましたね。

まぁ、この辺りで一回喧嘩しておいた方が、後腐れなさそうですが。

彼の回想で父親の描写が増えましたが……自由な人だったんだなぁ、とひしひしと感じましたが。

 

アスカムが雇った連中と追いかけっこしながらの探索。

起源追想の危険性なんかも、ここに来て明らかになりましたが……実行中に無理やり話されると死ぬって。それが分かってるってことは、過去にそれが行われたってことで……

アスカム一派と接触してしまいそうな状況ですし、かなりヤバそうですけど、どうなるかなぁ。

 

カバー裏の「知らない隣人」と、巻末会議が相変わらずのネタ具合で笑った。

お前等、今本編がシリアスなのに何をしてるんだ。

まぁ前作『虫籠のカガステル』の巻末もクライマックスまでこの調子だったと思えばいつも通りですね!

 

銀の河のガーディアン

ico_grade6_2h

「助けられる命なら、助けるに越したことはないだろう?」

 

銀河を統治する魔術帝国がある世界。

かつては帝国としのぎを削る「同盟」と呼ばれる敵対国家もあったものの、十年前に帝国によって滅ぼされたとか。

まだ十年前、ってことで禍根もあちこちに残ってる状況。

 

元同盟の中でも辺境にあった惑星出身のセーヤ。

帝国の版図に加えられたのも最後の最後、ということで。

魔術師の才能があると認められたセーヤは帝国に招かれることに。

最も、その容姿と魔力量から、忌まれてあちこちたらいまわしにされたそうですけど。

 

魔術があり、それによって動く機械の人型……「機甲杖」なる兵器があって。

直属軍、蒼衣衛に加わることになったセーヤは、ラリエナという少女とコンビを組むことになり。

セーヤがかなり頑固というか、周囲への興味に薄いため、ラリエナという常識人が隣にいることで、何とか回ってる感じですねぇ。

ラリエナが振り回され続けて大変そうですが……うまく使いこなせれば、君の相棒はかなり強力だよ、多分……

 

 

livedoor プロフィール
アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索