まんがタイムきららフォワードの感想。

今回で読んでいた作品が一つ完結したため、ちょっと購読を見送ることとなりました。
他の作品も読んでないわけじゃないんですけど……
単行本待ちでいいかなぁ、という優先度の作品が多いので。
 
・崎由けえき 『病めるときも健やかなるときも』 第11滴
大規模なドール茶会に参加したいばら達。
詩李も思うところがあって参加してるみたいですが。
なんか参加者に柘榴拉致られてましたけど…… 
カオスだなぁ。

・七路ゆうき 『オンリーロンリーヴァンパイア』 最終話
追い込まれたけれど、静流が助けに来てくれたり、友人がフォローしてくれたりととりあえず落着。
吸血鬼拘束用の手錠をあっさりちぎるあたり、静流って本当に強い吸血鬼だったんですね……
はぐれの吸血鬼が云々とか言っていたのに、その辺のネタは広がらなかった。
純が思わず血を吸ってしまった衝動のあたりとか、確かに危ない面もあるんだろうけど、そんな一般に広めてまで退魔師を育成してまで、追い払わないといけないほどの脅威かなぁ、とは終始感じました。
まぁ、最後純が結構いい感じのキャラになっていたんで、終わり良ければ総て良しってことでいいんじゃないですかねー。