ico_grade6_3h

「意味なんてない。ただ俺はお前に言うだけだ。それでも俺は、お前を助けてやれるんだと。――お前がそれを求めてくれれば、俺はそれにこたえられるんだと」

(略)

「俺がお前を騙してやる。だからピトス、お前は、安心して俺に騙されろ」

 

タラス迷宮編、決着巻。

書籍化に当たって「火星」さんがちょっかいかけてくるシーンが追加されていたり、中々楽しかったです。

アスタがピトスと決闘する場面とか、結構好きなんですよね。

戦いに入るまでの前口上とか。あれを見ると魔術師が格好つけというのがよくわかる。

 

迷宮の奥には、アスタの師匠。時間の魔法使いがいて。

メロが先行して、彼と対峙していましたが。天災と呼ばれる彼女であっても、遊び相手にすらならないレベル。

この世界において魔術師の位階は、如何に多くの魔術を上手く使えるかで決まるので、位階高いからって必ずしも強いわけじゃないんですが。

 

流石に魔法使いは別格ですな。しかし、本人居ないところでアスタはかなりボロクソに言われております。

仮にも主人公なのに……そろそろ「趣味:吐血」とかになりそうな主人公ですけど。

なにしろWEB版で描かれた過去のエピソードで、呪われる前から骨折したり吐血したりしてるのが明らかになったからな……哀れな。

 

そして最後に、今後重要な位置にたつ少女がアスタを訪れて。

魔競祭も近づいてますし、今後の展開が楽しみですねー。書籍版の加筆もいい感じですし、このまま続いていってほしい所。

セブンスターズの印刻使い3 (HJ文庫)
涼暮 皐
ホビージャパン
2016-04-28