ico_grade6_3

ドレッド:待て待て! くそっ! これは罠だ! オレたちの連携を崩さんとする敵の巧妙な罠だ! おい貴様! いい加減なことを言うな!

GM/ザイーム:「あの素晴らしき方の隣にいるべきは我だ! 貴様ではない!」

ドレッド:ブラフォスの隣など、こっちから願い下げだぁああああ!(切実)

一同:(爆笑)

 

第一話から第三話まで収録。

魔動機文明に栄え、それ故に大破局によって大きな被害を受けた地域。

今となっては遺跡が多く残る地域として知られる、リーンシェンク地方が舞台です。

人族と蛮族混合の、この地域の特殊性を活かしたグループSNEの新人がおくるリプレイ。

 

かつて生み出された移動する要塞こと機動要塞。

元々この地方にはヘリファルテという動き続けている物が残っていたわけですが。

今回は、新たに動き出した要塞を巡るストーリーが展開されていきます。

要塞管理用の魔動機械が稼働していて、その知識だけでも一財産築けるんじゃないかなぁ。

巻末にちょっと交流がてら過去の話をする「ワールドガイド」が描かれてましたが。

学術的には結構価値ありそう。

 

さておき。ひょんなことから要塞の管理者として登録されることとなったPC4人。

人族と蛮族という事で、微妙なすれ違いもありますが。

それぞれの事情なんかも踏まえて、一緒に行動していくことに。

暴走状態だと推定される機動要塞に対抗するために資材を調達したり、蛮族PCが因縁有る相手の手勢と争ったり。

 

オマケにその因縁の相手まで要塞を手に入れているようで、にわかにこの地方が大ピンチ。

単純に都市規模の質量が移動するだけで災害ですよね……家屋とかも踏みつぶせるだろうし。軍隊も文字通り蹴散らせるだろうし。

要塞を用いた戦闘のルールなど特殊な処理もされていましたが、PCの事情と要塞という独自要素を上手く合わせていたと思います。