ico_grade6_3h

「女の子ひとり見捨てて、もっとたくさんの人を助ければいいとかいうヤツは、自分で神様と戦えばいい。俺の知ったことじゃない。でも、俺にどうにかして欲しいなら、俺の流儀に合わせてもらう。要はそれだけの話です。他人の力を当てにするなら、四の五のうるさいことをいうなってことですよ」

「ご尤もな仰せですねェ。草薙さま、それこそまさに魔王のお言葉です」

 

羅濠との戦いで疲弊したところに、まつろわぬ神・斉天大聖が現れて。

復活早々で日光を己が王国に変貌させるあたり、神様って厄介だなぁ。

そして、6巻の冒頭で唐突に登場していたジョン・プルートー・スミスが来日。

ここで登場するために、あの章が差し込まれていたんですなぁ。

 

経歴を踏まえ、若輩の一手で意識を失ったことを「敗北」と認める羅濠は潔いですよね。

「我が誉れのためにあなたを救う」と言い切る姿勢は清々しいものがある。

……斉天大聖復活させようと引っ掻き回したのもこの人だから、自作自演というか封印されても自業自得な感じがしますけど。

最もそうたやすく封じられてくれるはずもなく。後々自力でぶち破って復活するんですがね……

 

護堂が今回で、全部の化身を顕現したことになるんですかね。

再戦に燃えてるどこぞの人達がいるから、この後大変だろうなぁ。

まぁ、実際にどんどんカンピオーネらしくなっていく護堂は、この後も騒動に巻き込まれていくというか、自らツッコんで火種を大きくしていくことになるんですがね。

カンピオーネ三人による共闘とか、恐ろしいとしか言えない状況。

とりあえず言えるのは、三対三だった割には、被害少ない方じゃないですかね……ってことぐらいだろうか。