ico_grade6_3

(――予感はあった)

(もっと笑顔にしてあげたい 報われてほしい 触れたい 幸せになってほしい)

(この、気持ちは――)

『あなたは あと戻りできなくなる』

――ふと みれいさんの声が聞こえた気がした

 

家族の為に部を離れた哲。

そんな彼の残したものがあって。手を伸ばしてくれる人がいて。

引退セレモニーじみた真似をできた事は良かった。

哲と交流する中で、「好きなもの」が増えた志津。

 

前より笑うようになった、というか。

哲がいい影響与えられているようでほっとしました。

涼も酷いことを言ってしまった自覚あるようで、ギクシャクしていましたが。

友人の千尋がフォローして、何とか元通りになるきっかけが得られた感じでしょうか。

「おまえらの兄妹愛ってちょっと歪んでるよな…」と評価されてましたけどね。

 

そして少しずつ距離を詰めていったわけですが……

噂の父親が帰国して。志津の母親の悩みなんかも打ち明けられたわけですが。

母の方の葛藤は、まぁ分からないでもない。

けれど父親の方は……虫唾が走るな。

哲が思わず行動してしまったのは、こうこの先どうすんだ、と不安が募りますが。

あの父親には負けないで欲しいと応援したくなります。