今月のジャンプSQの感想。

・加藤和恵 『青の祓魔師』第89話 ハッピー(メリクリ)バースデー
飾りつけを盛大にしたけれど……ちょっとしたハプニングで、ボロボロに。
男連中は、こんなこともあるかと大笑いしてましたけど。
そして誕生日だという事でシュラが、かつて一度だけあったことがある二人の母親について話してくれて。
雪男は、自分たちが生まれた経緯を知りたくないかと兄に問い、燐は「そんなんしったって何もいいことねーよ」とばっさり。
燐は過去を気にしていませんが……雪男の方は、過去に囚われすぎてる嫌いがありますなぁ。危うく見える。

・山本ヤマト 『終わりのセラフ』第五十六話 お喋りヴァンパイア
仲間を連れてフェリドの屋敷にやってきたグレン。
かと思えば、真昼の力を借りて仲間を気絶させたり、割と行動がちぐはぐな感じが。
真昼の推測、「心がもたないから」というのが当たりっぽいですけど……さて、この状況から救う方法って言うのは、なにかあるんですかねぇ。
そして優たちに合流したグレンから語られる、真実の一端。
柊家が黒幕なのかと思いきや、そうではないという事実が明らかになりましたが……
ここで場面が切り替わって暮人のクーデーターに移るあたり、不安しか感じない。

・アミュー 『この音とまれ!』#57 ホワイトクリスマスイブ
思わず想いを口走ってしまった来栖。
全員で全国、という目標が胸をよぎり……誤魔化す方向に走ってしまい。
倉田の方もかなり意識してしまっているようですけれど。
おかげで、翌日から微妙に二人気まずそうな感じ。
それを感じた鳳月が来栖に話しかけて、一緒にケーキ作ったりしてましたね。
そして、「何かあれば言ってください ちゃんと聞きますから」と鳳月から踏み込んでいったのはいいなぁ。この部の、今の形は結構好きです。
そこから改めて来栖が倉田に言葉をかけて。それを受けて、ちゃんと返答した倉田は良い奴。
告白したわけではないけれど、倉田も来栖への想いを自覚して、あぁじれったい。ただ、一歩進んだのは確かなので、今後に期待。