先週のジャンプの感想。
・尾田栄一郎 『ONEPIECE』第862話 頭脳派
寝ぼけていたルフィがまだ起きず……っておい、自由か!
プリンの三つ目。あれは能力とか種族特性とかではなく異質な物であったようで

。ビッグマムにも「我が子ながら気味が悪い」とか言われて育ったようです。
それをサンジが綺麗、と零したことで衝撃を受け、銃撃を放つことが出来ず……
仕方ないので神父に撃たせようとして、それを失敗する未来を見たカタクリが狙

撃するものの、サンジが回避するという。
……これ、傍から見るとカタクリが神父を狙撃したという、中々変なシーンです

よね……
そしてようやく起きたルフィが騒然とした会場に乗り込んでますが……え? な

んで分身してるの。

・佐伯俊 『食戟のソーマ』211 絶対的裁定者
「相変わらず幸平相馬が理解に苦しむ行動をとってる」という司会の言動は、会

場の皆が感じている事でしょうね……
そして、今回の試合の審査員は、この世界における美食審査機関WGO。
最大三ツ星で味の評価をつける集団から三人。
審査員の一人が「食事処ゆきひら」という店舗が、星を獲得してないことに触れ

てましたが……この人が城一郎の存在知ったときにどういう反応するのか見てみ

たいなぁ。
「彼が一つの星ももっていない事実と 彼が今から出す一皿とはなんの関係もな

いのです」と断言するあたり、職業意識は高そうです。
これなら変に薊側に肩入れとかもしなそうですし、その点は安心できるかなぁ。

・空知英秋 『銀魂』
源外を脅す予定が、地球にいる解放軍諸共始末するといわれ……
ナノマシンウィルスをなんとかするか夜明けまでにこの国を落とすか、という選

択を迫られることに。
夜兎は源外に、ナノマシンウィルスを止める手はないとしても、あの皇子を殺す

手段はないか答えろ、と一度だけの問いかけをされていますが。
通信が回復できるように穴を用意していたというなら、そういう対策のひとつも

ありそうですがねぇ。
敵の母艦と言うだけあって陣容も厚くなかなか攻めきれずにいましたが……ここ

で、応援がやって来るのか。
地球側であれだけ増援やっていましたから、まぁ、宇宙側でピンチになったら来

るか。でも、ちょっと予想外というか、行動早いな……

・葦原大介 『ワールドトリガー』
休載。