先週のジャンプの感想。
・尾田栄一郎 『ONEPIECE』 第866話 NATURAL BORN DESTOROYER
ビッグ・マムは巨人の血が混ざってるとかではなく、普通に人間みたいですけど……
5歳で既にかなりの巨躯になっていて。
父母のサイズから考えると、あれ比喩でなく小さな家くらいの大きさになってないか。
生国でトラブルを起こしたため、国外追放処分を下され、巨人族の住まう島へすてられてた。
そこにいたのが、マザー・カルメル。
身分種族を問わず行く当てをしなった子供たちを受け入れる施設を、エルバフの地に築き、巨人族と人間の交友の架け橋となっていた人物。
ビッグ・マムはマザーに拾われ、その施設「羊の家」の一員になったようですが……
熊を一撃で即死させるパワーを持っているとか、どんな突然変異が起きたらこんな子が生まれるんだ……
性格や能力から、トラブルを巻き起こすビッグ・マムですが、マザー・カルメルは全てを受け入れ、許していった。
けれど、ある日村に壊滅的な被害をもたらして。いや、コレは酷い。
最初に国外追放なんて生ぬるいことを言わずに、罪に見合った罰を与えていたらこんなことにはならなかったのでは……? と思ってしまいますなぁ。

・佐伯俊 『食戟のソーマ』216 極星寮を背負って
えりなが影響を受けたように、極星寮ではそれぞれがやりたいことをやりながら、お互いに影響を与え合って、毎日励んでいたようで。
それを一色は陰ながら見守っていて。「見てないではいってきゃいーのに」と幸平にツッコミ入れられてますが、それいってるお前も輪に入ってないからな……?
あと、榊と丸山が新機軸の日本酒の研究をしてるって言ってますが、酒作るのって資格とかいるのでは……
自宅で梅酒作る感覚で、手を加えてるだけなのだろうか。
一色がついに本気で料理を披露したわけですが、和食にフランス料理のソースを合わせたり、と「新しいものが出来るならどんな食材でも調理法でも使う」と言ってのけるあたり、幸平と似たタイプなんですかね。
そして見事に相手を下して勝利。いやぁ、割とあっさり勝ちましたね。

・空知英秋 『銀魂』第六百三十六訓 気功じゃなくてもあそこは硬くなる
神威と神楽の兄妹が夜兎の爺と相対して。
巨躯を見せつけたかと思ったら小さくなり、伸縮自在で間合いを読み違える場面も。
神楽が神威に蹴りを入れてしまい、神威が投げ返し……
そのまま敵を間に挟みながら、兄妹喧嘩を続けるあたり、いつも通りだなコイツらとしか言いようがない。

・葦原大介 『ワールドトリガー』
休載。