ico_grade6_4

ユリウス:………………(思案中)………………よくわからんな。

ミスティン:あはは(笑)。とりあえず飛んで王城にこのままつけましょうか

ユリウス:そうだな。我々は王城に行こう。

(略)

GM:合流、失敗ッ!(笑)

 

第一話『邪悪なる者たちの進軍』、第二話『異界より迫る破滅の足音』の二話収録。

超越者たちの物語を描くドラゴンスレイヤーズ・リプレイですが、今回はPC2人を入れ替えた形で進行。

蛮族PCでも16レベル以上に成長できるルールが導入されたため、それを用いたPCを登場させたかったから、とのこと。

 

片方の蛮族PCは名誉人族として登録されていますが……片方はガチ蛮族。

バジリスクだから「反応:中立」ではあるらしいですけど。気まぐれなキャラで……蛮族名誉点が3000点。

地域全土に名前が知られ、国家が冒険者や軍隊を派遣してくるレベルの脅威。魔物レベルとしては22レベルとか。GMからうつろな笑いがこぼれるレベル。

 

しかもこのバジリスク――サラディーンの取得していた邪眼が、もう一人の蛮族PCケンタウロスのリヴィエラの能力と奇跡的に噛み合って。

別々にPC作成したらしいですけど、それでシナジー発生するんだから、ゲーマーってすごい。

2ラウンド目に合流のイベント起こそう、とか考えていたのに1ラウンドで状況を解決されてしまった場面は思わず吹きました。

 

高サーペントシリーズのように、出来る事が多いからこそ、出来る事を忘れたり、うっかり大事故が発生するかと思いましたが……

今回は、読んだ限りではかなり余裕を持って対応出来ていたのでは。

サラディーンの邪眼が便利すぎたからなぁ。流石22レベルバジリスク……

まぁ、能力を活用して厄介な相手を的確に倒したからこそ、いくらか余裕を持てたわけですが。

 

今回も「何言ってるんだコイツラ」という、高レベル冒険者の訳が分からない程のすさまじさが楽しめたので満足です。

別シリーズになってもいいので、高レベルリプレイ定期的に出してくれないかなー。GMする方もかなり大変そうですけど。