ico_grade6_3

「何度でも言ってやる お前の絆は偽物だ!!」

 

山に住まう鬼の家族。その父親役と遭遇した炭治郎の伊乃助。

技を当てても、相手は硬く刃が途中で止まってしまう。

それでもあきらめず工夫して攻撃を当てようとしますが……敵のカウンターで炭治郎は吹き飛ばされて。

……飛ばされた先にも鬼が居るとか、ついてなさすぎだろ……

 

一方で柱も間に合ったようで、善逸の方に救援が来ておりました。

しかし、隊員を派遣し敗れたのを確認してからカラスが本部に飛んで、ちょうど屋敷にいたっぽい柱二人が派遣されたみたいですが。

よくもまぁ間に合ったものだな。意外と近くなのか、本部。柱だから移動速度がすごく早かっただけなのだろうか。地味に気になる。

 

鬼相手でも引かずに説教を始める炭治郎は、揺るぎないな……

相手の攻撃が強力で、刀がおられてしまっても諦めずに攻撃を仕掛けるあたり、真っ直ぐすぎてみていてハラハラします。

 

蟲柱の闘いっぷりも描かれていましたが……

その前の仲良くなるための方法が、かなりえげつなかったな……コレが組織の最高戦力の一角なのか……

最初読んだときはサイコパスっぷりに震えたものです。話数重ねるごとに違った顔が見えて、印象も変わりましたけどねー。