ico_grade6_3

「受かると思ってる?」

()

「受かってほしいとは思っています」

 

12月が過ぎ、3学期。

麻衣との高校生活も残りわずかとなり……受験本番の季節。

それはつまり、三年の麻衣や同じ学校に行きたいと勉強するようになった咲太が望む大学受験だけでなく……高校受験も迫っているという事で。

 

花楓も、本調子ではないけれど、義務教育である以上卒業する事になってしまう。

故に彼女の進路問題も浮上してくるわけですが。登校を再開したばかり。

居なくなってしまった『かえで』が勉強していた分が『花楓』の中にも残っていて、全く勉強ができない、という状況にはなっていない。

故にいくらかは選択肢があるけれど、通学実績がないため内申点での評価がない等課題も多くて。

 

父親やカウンセラーがしっかり言葉を尽くして、説明会なども案内してくれて。

咲太がしっかり、花楓に対して兄として心配しつつ、応援する姿勢を取ってくれたのが、本当にいい兄だなぁ、と思いました。

本人的にはそういう自覚……というか自信はないようでしたけど。

今回のメインは花楓が前に進むために、何を選択するのか、という感じで咲太や麻衣もそれを応援し、見守るスタンスだったので、思春期症候群絡みのトラブルがあったこれまでと比べればかなり穏やかだった感じですけど……

まぁ、次に向けての伏線はしっかり引かれていましたけれど、今度はいったい何が起こるやら。