ico_grade6_3h

「あんなものは塵芥だ」

 

魔術師の極致、魔王。

13人いる魔王の一角が欠け、その遺産がオークションに懸けられることに。

悪友に誘われて、そのオークションに足を運んだザガンは、美しい少女と出会い……彼女を全財産で落札。

 

口下手魔術師と、奴隷少女の微妙にすれ違っているやり取りが微笑ましいというか。

ザガン、凄い不器用なんですよねぇ。

単純に一目惚れした少女を、他の相手に渡したくなかったから。

そしてその後は、仲を深めたいと思っているのに、上手く言葉を伝えられずにいる。

けれど、悪辣ではないんですよね。その性根を感じてか、少しずつ距離が近づいているのは和みます。

 

原作最新刊でのこの二人の進展度合いとかを思うに、スタートが感慨深い。

オークション参加者のキメリエスやゴメリ、ウォルフォレのカットも中々いい感じでしたし、続いてくれると嬉しいなぁ。