ico_grade6_3

「それから、お前は虚弱であまり外に出ていなかったせいか、もともと常識に疎いところがあった。その上に、商人の常識が混ざり、神官の常識が混ざり、今、貴族の常識が混ざろうとしている。お前の常識はどの階層から見てもどこか歪だ。その辺りをきちんと話し合わなければ、お前の考えていることは神官長に通じないぞ」

 

上級貴族から領主の養女、そして神殿長となったマイン。

そんな彼女と公に家族といえなくとも。会える機会を逃さず、絆を大事にしているエーファ達がいいですねぇ。

この絆があったからこそ、マインは慣れない環境においても平穏を保てた部分が大きいと思う。

 

ただ、そうして今までと変わらない部分もあったりするから完全に意識が切り替わってないというか。

ベンノが言った通り、いろんな常識が混ざり合って……異世界の知識まで抱え込んでいるもんだから、温度差があるんですよね。

その差があるからこそ、マインは色々と改革が出来ているって言うのもありますが。違いを踏まえて修正してくれる人は必要です。

その意味ではベンノが叱ってくれたのも大きいし、神官長の存在もかなり重要なんですよね。

 

今回のポイントは、ハッセ絡みの騒動に対する対応と……

ヴィルフリートとの入れ替わり生活でしょうか。いやぁ、予想以上に酷い有様だったと言いますか。

これマインが居なかったら本気で廃嫡コースだったろうなぁ……            

平民から貴族となったマインと比べるのは可哀想ですが、それにしたってという状況で。

改善していってくれればいいんですが、ねぇ……