ico_grade6_4
「わたしはそれが――とても哀しい」

 

ついに再会を果たしたレーナとシン。

二人の距離を測りかねている交流が、微笑ましくていいですねぇ。

エイティシックスを生み出した共和国への風当たりは激しく、レーナも正式に着任するにあたって洗礼というか報復を受けてました。

放っておいて爆発されるよりは、監督下で発散させた方がいいという考えもあったようです。

 

それを「自分が受けるべき罰」と行ってしまうのがレーナの優しさというか、非情になり切れない部分で。

シンはそれを否定した上で、以降は「権限と責任がある」から叱責するように

シャワー中に通信をつなぐ所とか、その後の交流とかは、ちょっかい出したくなるのも分かる初々しさがありました。

 

とは言え、可愛らしく思えたのも最初だけで。

今回は、共和国の北域奪還作戦。エイティシックスの生き残りを主力とした打撃軍を構成し、赴くことに。

しかしまぁ、共和国の生き残り。従軍を志願したレーナ達のように、危機感を持っている人も居れば、救いようがない人もいて。

憂国騎士団は、ひどかった。絶句しましたね。まだ、あんな思考でいるか。そんな人が代表として、指示を集められるのか。

エイティシックス達は迫害もいつもの事と聞き流していますが。同時に白ブタとも口にしていて。最後レーナが抱いた哀しみに、共感してしまう。

削ぎ取られた、という表現が生々しくて、痛い。

 

共和国の副都奪還作戦。

歴戦のエイティシックスが多いので、順調に進んでいる用にも見えましたが。

レギオンの狂気が、恐ろしかった。亡国の命令通りに戦闘行動を続けている、正常な機械だともいえるでしょうが。

機械だから、情がないから、効率を追求できる。実験の様が、その結果が。忌々しいくらい。

連邦の上層部が、エイティシックスを剣として重宝して、慰安の手配とかしてくれてるのがせめてもの救いでしょうか。剣や猟犬の類として評価はしてくれてる模様。

悲劇調の放送をしたり、決して理想郷ではないけど、それでも共和国よりはるかにましなんだよなぁ……