ico_grade6_3h

「だから、今はこれで満足。攻めたから、勝ち」

 

真白の告白を受けて揺れる明照達。

珍しく寝坊をしたり、彩羽らしからぬ演技が見えたり。

対面している時は相変わらずの塩対応な真白ですが、明照の前だと照れてるらしくスマホを介すると甘さを見せて。

いやぁ、見守っている乙馬たちからすると中々の見ものだったのでは。楽しそうです。

 

ただ、恋愛関係の事ばかりに悩んでもいられなくて。

5階同盟』としての活動をしようとすれば、巻貝なまこ先生のシナリオが浄化されてパニックだし。音声収録しようとしたら彩羽が不調だし。

紫式部先生は締め切りを守るし……いやこれは良いことですが。交渉のネタにしようと奮起しただけだしな……

 

振り回されるばかりじゃなくて、目の前の問題に対処していく明照は、格好良かったですねー。

真白の告白に対しても、ちゃんと返事をしようと場所を設けてましたし。
しかし、真白が思った以上に本気というか、彼女の熱意を甘く見ていたので反省しなくてはならない。

、新しく持ち込まれた演劇部の騒動についても、しっかり成果を上げてました。

5階同盟』のプロデューサーとして、彼が慕われている理由がよくわかる。

とりあえずの問題を乗り越えたと思ったら、今度は先生に土下座されて頼み事をされる縁ディングでしたが…

えー、まためんど…いや、厄介事の臭いしかしないお願いでしたが、どう解決するのやら。

 

友達の妹が俺にだけウザい2 (GA文庫)
三河ごーすと
SBクリエイティブ
2019-07-12