ico_grade6_4

「再会を……」

それは、冗談でも、祝えない。

「呪って」

 

数日後に、隕石が降って来て世界が終わる。

そんなニュースを聴いた私は、仕事を放り出して一人、無為に時間を潰していた。

誰に会うでもなく、趣味に費やすでもなく。

ただ一人だけ、思い出した顔はあったが、会いたいとは思わなかった。

けれどチャイムが鳴って、ドアを開けた先にはその後輩が立っていた……

 

世界が滅ぶ、最後の数日を共に過ごす二人の話です。

もう、凄まじかった。情念が濃い、と言いましょうか。

ドロドロとした想いが、読んだこちらにも伝わってくるようで、手が震えて……それが、たまらなく面白かった。

                                                                                                    

お互いが、お互いの特別であるために、彼女たちは名前を呼びません。

「せんぱい」とか「君」で通じてしまう。殊更に、識別記号としての名前を必要としていない。

陳腐にまとめるなら、好きという事。それも、間違いではないですけど、一面でしかないですよね。

彼女たちの想いは、比類ないほどで、だからこそ離れた。だからこそ、会いたくなかった。でもコレ、反語ですよね。裏側には強い肯定が隠れていて、それを隠していた。

 

ここまで強い想いは、ある種の「呪い」ですよ。

だってお互い相手を忘れずにいて、最後の時間を共に過ごすことになって。

縛られている。別れてから時は流れたけれど、根っこが変わっていない。

そんな有様を、突き付けられるようなお話でした。

暗さも重さもあって、毒のような物語。でも、二人がともにいる様が美しく思える。

用法用量を守って、お読みください。もし、世界が終わる前だったなら、ご自由に。刺さる言葉が記されている筈。