ico_grade6_3

「多くの人は、愛してやまない人間の死には、何かの形で折り合いをつけなければ、そのまま生きてゆく事が出来ないわ」

 

積読消化―。いやぁ、懐かしいこの感じ。

甲田学人流「いばら姫」。怖い。

何が起きたのかわからない恐怖もあるし、風乃が語った真実を聴いても「理解できない」という怖さが残った。

 

生まれ育った町へ4年ぶりに帰って来た少女、繭。

かつての友人たちも歓迎してくれたが……彼女は、この地に、嫌な思い出があって。

仲良し6人組だった内の中心であった少女、小姫の死。

禁じられていた話題が、繭の帰還を期に話題に上がり……その後は、転げ落ちるように、結末へと至った。

 

風乃は、祖母の家があったためにこの地に来ていただけ。そして彼女たちの話を聞いただけ。実行したのは、少女たちではありますが。

同時に、彼女と出会わなければ、最後の一歩を踏み出すことはなかったのではないでしょうかね……いずれ別の形で崩壊していたかもしれませんが。

母が彼女を扱い兼ねて、祖母の家に療養の名目で封じようとしたらしいですけど。

まぁ、正直手元に置いておきたくないのわかるな……と言うエピソードでありました。

時槻風乃と黒い童話の夜 第3集 (メディアワークス文庫)
甲田学人
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
2014-12-25