ico_grade6_3h

「いくら汚い棋譜を残そうとも、負けるよりはいいと思い直しました。もう誰にも負けたくない。それが全てです」

 

なにやら11巻の評判がやたら良くて、気になったので購入。

将棋をテーマにしたライトノベルですねー。

16歳の若さで棋士のタイトルの1つ、「竜王」を獲得した九頭竜八一。

しかしタイトル獲得後にスランプになって連敗記録を更新。

そんな彼の下に、「弟子にしてくれ」と言う小学生女子が押しかけて来て。

 

顔文字とかが台詞の末尾についてたり、ラノベらしいラノベ。

同時に、この上なく熱い物語でもありました。
最初の挿絵のあいちゃんの変化が凄くて引き込まれましたね。

プロ棋士として戦い続けるという事。研究し、実践し、何時間もうち続ける日々。

八一は、押しかけ弟子志願のあいとの出会いによって、将棋の楽しさを再認識して。

 

タイトルの重さに潰れそうになっていた、彼が再出発を決められたのは良かったですねぇ。

まぁ、小学生女子を弟子にとり、彼女の友人を招いた研究会を開き、順調にロリコン呼ばわりが広まってる辺りは、もう、なんというかかける言葉が見つからない。

周囲の評価に負けず、強く生きて欲しい。


りゅうおうのおしごと! (GA文庫)
白鳥 士郎
SBクリエイティブ
2015-09-25