ico_grade6_3h

「客を放っといて賄いか たいした店だ」

「皆さん肴もお酒もあまり召し上がらないようですので」

「ム…」

 

どの店でも断られた果てに、のぶで開催される事になった、水産ギルドの会議。

険悪な空気に他の客が逃げ出すほど。

料理も酒も出しはしたが、全く手を付けない状態で、開き直って自分たちの賄いを作りだす辺り強い。

会議の話題でウナギの名前が出て、古都の市場で買ってきたという流れで、結果として良いフォローになってまとまってましたが。

 

イカ嫌いだったベルトホルトさん、結婚の話は上手いことまとまった様でめでたいですね。

ただ、不測の事態があってすぐに新居に移れなくなって。お嫁さんを一時のぶで働かせてほしいと提案されて。

うなぎが話題になって大忙しだったため、人手が増えて助かったようですねー。彼女のアイデアのおかげで混雑も上手いこと解消できてましたし。

 

このまま順調にいけるかと思いきや、のぶで提供している「トリアエズナマ」が流通を禁じられている品だと絡んでくる客がいて。

ちょっと不穏な空気が漂ってましたが、早期解決して良かった。古都の人々と培ってきた絆が生きて、多くの人が手を尽くしてくれて。そうしてもらえるくらい良い店なんだな、と改めて実感しました。