結果発表された、このラノ2020の感想記事です。
ネタバレ含むのでご了承の上ご覧ください。

続きは下記。
ico_grade6_4

やったぜ!!!

と、最初からテンション高めで記事書いてますが。
イチオシだと叫び続けて来た『Unnamed Memory』が、無事単行本部門で1位、総合7位のランキング上位につけていてホクホクです。
全人類『Unnamed Memory』読もう…? Act.1の終わりとなる3巻まででも、とても美しいファンタジ―なので。楽しかったです。
キャラ部門でもオスカーとティナーシャが上位10位にこそ入らなかったものの25位までには収まっていて、ほっとしたと言いますか。……掲載スペースの都合上オスカー・ティナーシャになってましたが。どれだけの人がフルネームチャレンジしたんだろうとかちょっと思った。
インタビューも掲載されていて、例年より更に楽しく読めました。
さらっと4巻の刊行予定も出てましたしね。目下準備中とのことで、多少変動もあるかもですが。具体的な日付が出てくると、楽しみが増しますね。

総合&文庫ランキング1位の『七つの魔剣が支配する』も納得の順位。
無事に卒業できる生徒は8割という、キンバリー魔法学校を舞台にしたファンタジーです。
6人の新入生たちの学園生活を通じてみる、魔道の恐ろしさにただただ震える。
恐ろしいばかりでなく、彼らなりに絆を育んでいく学園モノでもあるんですが。
魔法が浸透した、魔法使いたちの常識には驚くことが多いですねぇ。

文庫ランキング上位10位まではとりあえず半分くらいは読んでましたね。
単行本の方は、1位・2位は読んでましたが他は全然だったので、弱い分野です。もうちょっと読みたい。

去年までは文庫で1~5位、単行本で1~5位を選ぶ形式でしたが。
今年は枠を取っ払って両方まとめて1~10位で回答するように変わったんですよね。
だからか、ランキングの収録数が変わってるのはちょっと残念なような。
特に単行本が40→15と大幅減少してるのが惜しい。文庫に票持ってかれましたかね?
代わりに両方まとめた総合順位を100位まで見れたのは良かったですけど。
投票した作品が90位代に滑り込んでたりしたので。もっと多くの人に手に取って欲しいものですが。

そして2010年代のベストも収録。
『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』は早々に殿堂入りしていましたが。
さらに『ソードアート・オンライン』、『とある魔術の禁書目録』シリーズ、『りゅうおうのおしごと!』の三シリーズも殿堂入りになったようです。
『りゅうおうのおしごと!』は11巻の評判が良くて、追いかけはじめて最近読み終えたところなので、ちょっと惜しい事をしましたね。投票の機会を逃してしまった。

『バカとテストと召喚獣』が13位、学生時代にハマっていた『ココロコネクト』シリーズが35位と懐かしいタイトルも散見されて、読み返したくなりましたねー。
そして、2010年~2019年のベストだというのに、しれっと45位に入ってる『七つの魔剣が支配する』よ。総合1位はダテじゃない……
まぁ、去年一昨年とか2000人前後だったのに、今年は4831人と倍近い人が参加していて、純粋に票が多いんですが。

投票作品と順位は下記の通り。投票時に作成した記事はコチラ
『放課後は、異世界喫茶でコーヒーを』は後半の紹介ページ(P147)に掲載されていて、投票時のコメントが採用されてましたー。

総合1位&文庫1位 七つの魔剣が支配する 宇野朴人(電撃文庫)
総合7位&単行本1位 Unnamed Memory 古宮九時(電撃の新文芸)
総合12位&文庫10位 お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件 佐伯さん(GA文庫)
総合56位 わたしの知らない、先輩の100コのこと 兎谷あおい(MF文庫J)
総合90位 滅びゆく世界と、間違えた彼女の救いかた(命数世界シリーズ)涼暮皐(ノベルゼロ)
総合96位 あの日、神様に願ったことは 葉月文(電撃文庫)

ランキング外
魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい? 手島史詞(HJ文庫)
放課後は、異世界喫茶でコーヒーを 風見鶏(ファンタジア文庫)
ミリオン・クラウン 竜ノ湖太郎(角川スニーカー文庫)
EDGEシリーズ 神々のいない星で 僕と先輩の惑星クラフト 川上稔(電撃の新文芸)