ico_grade6_3
「貴方は……、本当に、達観しすぎです」

 

ついに復讐を果たしたリオ。

王女二人を保護しようとしたところに、デュランが声をかけて来て。

ルシウスの作戦に乗っかりながら、明け透けにリオを勧誘できる辺り肝が太い。

ま、リオにあっさり断られてましたけど。ある程度問答した所で引き下がって、最後には次に会った時は友人として酒に付き合えと言える辺り、バランス感覚も良いと言いますか。

 

後にレイスと会話したときにも顕著でしたが、リオと言う戦力をしっかり評価してるのが見て取れる。

抱え込めれば最善でしょうが、無理そうなら敵対は避けようとした。うん、信用できないというリオの意見も分かりますが、割と嫌いじゃないですよデュラン。

やはり各国の王族はそれなりのキャラが居て、視野が広めなのがいいですね。その力を持って王侯貴族の近くに居る勇者諸君には是非見習ってほしい。

 

今のところマシなの紗月と瑠衣くらいで、他はそれぞれにトラブル起こしてるからなぁ。

瑠衣もまぁ、友人絡みでなんかあったみたいですけど、彼らの問題だし、立ち位置を弁えてる感じしますし。

……マシなの5分の2って暗澹たる気持ちになりますね。何のために勇者なんて呼びだしたのやら。

 

王女二人を助けたリオが、彼女達を無事に連れ戻そうとする一方。

神輿を失ったレストラシオンは結構ドタバタしていて。勇者サカタヒロアキはリーゼロッテとのお見合いをセッティングさせたり、相変わらずですねぇ。模擬戦一回くらいじゃ懲りないか……

 

今回はリオが本懐を遂げた後ということもあって、大人しめの話でしたねー。

王女二人に、リオの事情を話す説明回だったともいえる。いや、レイスがただで返すはずがなく、ルシウスの配下使って襲撃とかしてるんですが、相手がリオだと圧倒的に力不足だからなー。

護衛対象2人抱えて、勇者を交えた戦力に襲撃されて、するっと逃げられる辺り流石と言うほかない。次号予告が結構気になる感じなので今から楽しみです。

精霊幻想記 15.勇者の狂想曲 (HJ文庫)
北山結莉
ホビージャパン
2019-11-29