ico_grade6_2h

「会場で使えそうな本をかたっぱしから買ってきたんです」

「人手も道具も足りませんが」

「私たちにできる最善を尽くしましょう」

 

今回のネタはあまり刺さらなかったなー。

WEBで見た26話は面白かったので、継続するかちょっと悩む。

 

19話は過去編。2年前、クレアとミカの出会いの話。

研究が打ち切られて、故郷に戻り子供たちに魔法を教える教室を開いたクレア。

そこにミカが転がり込んできて。当初は魔力も上手く扱えずにかなり困っていたようで。

今は今で主人公印刷の仕事が忙しなく、大変そうですけどねー。

 

イベントの規模が大きくなって、救護エリアの問題が浮上。

参加するために徹夜だとか、体調不良を押して来たとか、そういうのはどこにもついて回る問題で厄介ですよねー。

救護の人員が足りないというのもリアルでこう胃に来る。

怪力王の本、どこ需要何だろう……マウスピースか何かかアレ。歯形着くと駄目みたいだけど。

 

聖地で開催してるマジケ。しかし、別の世界的なイベントの為に会場を分捕られて。

そんな大規模イベントなら、もっと事前に手配とかこうなんとかならんかったのか……

準備の為に動き出していて、更には前回の反省を生かして救護関係を手厚くしようと資金を使ってしまったため、参加費用の返還にあたって元手が不足して大ピンチ。今回はウルトラCな解決で乗り切ってましたけど。世知辛くて、つらかった……