ico_grade6_4
(ああ――つまり魔女は……)

(中略)

なるほど、魔女は残酷だ。

 

イクスは相変わらずモルナの店に厄介になっているようですが、杖は造っていなかった。

前回、師の知り合いから聞いたことも合わせて、少し立ち止まってしまった部分はあるようですね。

そんな彼が、ムンジルの一番弟子であるところのラユマタに呼び出されて、ある依頼を受ける事に。

 

王都をはじめ大きな都市では、杖壁という魔法杖を組み込んだ守護装置があるようですが……

それを解き明かしたとする密書が見つかり、ラユマタが新調する事になったとか。

しかし、調べてみたところ今の杖壁は六十年前に更新されたはずが、三十年前ほどに広まった技法が採用されていて……それに関しての調査をイクスは任される事に。

 

一応気になる人物の情報とかは渡してくれましたし、魔女が関わって居るなんて噂も教えてくれましたが。

最後に伝えた言葉、「おまえは初めて作った杖を覚えているか」。

読み終えてから振り返るに、ラユマタはほとんど真相に気付いていたのではなかろうか……1巻でモルナが修復材を荷物に潜り込ませていたように。

ムンジルの弟子ってこんなのばっかりか。恐ろしいな。イクスも真実を見つけるのが上手いですし、成長が楽しみではある。

 

協力者がいるという事で行ってみたら、そこではユーイと彼女の新しい友人が居て。

変則的な調査が始まるわけですが。イクスはどこまでも職人なので、派手さも華々しさもありませんが、堅実で口は悪くとも誠実で。

地道に答えを探すあり方が好ましいです。1巻よりも謎解きは分かりやすかったかなぁと言うか。魔女の絡繰りは割と鉄板の設定ですよね……

 

後書きによれば、あくまで『竜と祭礼』は1巻のためのタイトルで、シリーズと言うのを示すためについているものとしていましたが。

今回のエピソードにも確かに竜の残滓は感じられ、収穫祭の時期という事もあり、これはこれで噛み合っていたように思います。

 

表紙と巻頭のカラーは相変わらず素敵でしたが、今回なんか絵の雰囲気違う……というか、最後のイラストとか上側、線画のような……?

3巻発売も決まった様でめでたいですが、スケジュール大丈夫かな、ってちょっと心配になってしまった。気にしすぎだろうか。

 

と、少し気になる部分もありましたが、概ね満足いく感じでした。

好ましく思っていた雰囲気が壊れてなかったのが嬉しい。3巻も買います。

イクスは一歩進んだように思いますが、ユーイの方は善良な杖を持ったが故に、注目を集めてしまっているので、どうなるのやら。


竜と祭礼2 ―伝承する魔女― (GA文庫)
筑紫 一明
SBクリエイティブ
2020-05-14