ico_grade6_2h

「お前を助けた理由だったな。――何となくだ」

 

BOOKWALKER読み放題にて読了。           

キャンペーン追加タイトルで、対象期間は7月末日まで。

 

有希と奈穂は、情報屋の鰐塚と一緒に変わらずチームのように動いていて。

潜入とかもあるので、単独行動も多いですけどね。

本格的な作戦の時は打ち合わせしたり協力したりもしてます。

今回は応援で狙撃手も出てきた上に、暗殺を実行しようとしたら私怨で行動している調整体の魔法士に先を越されたり、新キャラの描写が多くて奈穂の活躍少な目でしたが。

 

調整体の魔法士が復讐しようとしている状況で、有希たちは依頼を実行しなくてはいけない。

途中で鉢合わせたりもしてましたが、極力干渉しないほうこうで話をまとめていた辺り、有希も意外と弁が立つ。

……いやまぁ、相手がわりかしチョロかったというのも、無きにしも非ず。その前に軽く一当たりして有希たちが勝ってるのも大きいですが。

 

リッパーと呼ばれている調整体の彼が、復讐に目が向きすぎてかなり猪だからなぁ……

今回もまぁ、達也を狙っている無謀な連中を先んじて刺しに行くわけですけど。

どうしてこう命を無駄にするんだ。……まぁ、リッパーみたいな復讐鬼もいたので、達也にちょっかい出さなくても、いずれ死んでいた気もしますけど。

周公瑾に注力していた時期のため、黒羽からのバックアップも最小限。肝心なところに間に合わせてくるあたり、地力の高さを感じさせますが。

標的を片したあと、後日談の修行パートからの実践がかなりスピード感あって笑った。

 

『暗殺計画』シリーズは『魔法科高校の劣等生』本編完結に合わせて終了の予定で、現在のスケジュールだと4巻出る前に本編の方が完結するそうです。マジか。

まだまだ本編の方でも不穏抱えてると思いますが、どう解決するんだろ……まぁ気長に待ちます。