ico_grade6_3h

「そうか……そうだな。疑うよりは、信じた方がいい」

「でしょ? それに私達、ほんとに仲良かったんだから」

 

BOOKWALKER読み放題にて読了。

13巻は、キャラの繋がりこそあれど事件的には独立した、単巻でまとまったエピソードでしたが。46巻はシリーズですね。上中下巻構成な感じ。

 

「甲院派」。迷宮神群、長くのたうつアラクネを信奉していて……人体実験を繰り返したことで十年以上前にキャラバンに潰された一派。

既に登場しているキャラだと、神群の探知が出来る詩乃や、フローラやファウナもこの甲院派の関係者だったようです。……実験体側として、ですが。

実験を主導していた側にも、甲院を裏切りキャラバンに着いた人員は居たようですけど。

十年前に終わっていたはずの組織。それが、今になって蠢き始めることに。

 

メインとなるのは、新キャラ乾真砂。

彼もまた甲院の実験で異能に目覚めた子で……異能が戦闘に活用できるものだったので、華ヶ瀬が社長をやっていた会社に属してたようです。

が、解雇されて。新しく研究者の護衛を始めて。研究者の下には、懐かしい仲間も一人いて。このまま穏やかに時間が流れればいいなぁ、と思わずにはいられなかった。

まぁ、無理なんですが。

 

甲院派の元幹部が、真砂の護衛対象である研究者を追及して。

その人を助ける為に、真砂たちは行動を起こさざるを得なくなった。

否応なく騒動の最前線に駆り出されて、巻き込まれるんだからたまりませんな……

実験室の子供たちは、かつて約束をしていて。長く連絡を取っていないメンバーも多かったようですが。

来歴のこともあって、深いつながりが感じられて良いですねー。折れずに頑張ってほしい。