ico_grade6_2h

「あんたの隣に私が居て、私の隣にあんたがいる。至極当然な話だと思うけど?」

 

1巻でティナとエリーの家庭教師として、最高の仕事をしたアレン。

リディヤの家にお世話になっていますが……彼女の妹にも懐かれているし、母親からも信頼厚く息子のように思われているとか、既に外堀を大分埋められている状況なのでは。

 

アレンとリディヤが剣姫とその頭脳、みたいにコンビで扱われているのも頷ける信頼関係が伺われた、というか。

これでヒロイン確定してないで、幼女たちに慕われているとか。初対面の相手の頭を撫でようとする癖を発揮しかけたりとか。

絶対以前にも同様の事例があっただろう、というか。過去からヒロイン出て来ても驚かないぞ、って感じでもうアレン本当に誰かに刺されるんじゃないか。

……彼自身のスペックが高いし、そもそも彼を良く知る人々からも注目されているので、手を出した後の保証ができませんが。

 

しかしまぁ、極致魔法をポンポン使うリディヤのせいで、かなり物差しが歪んでたと言いますか。

彼女の実兄であるリチャードが、アレンを認める好青年ではあるものの、妹には絶対勝てないと言って。「明日の朝日は拝めないとしても」今を生き残るために全力を賭けるとか口にする割に近衛になれている辺り、リチャードの力量が割と標準な気はするんですよね。

 

そうすると、アレンの周囲にバランスブレイカーしかいないんだなって……。

学院長からちょっと授業やってよ(やりすぎ厳禁)と釘刺されてたのに、子供達の常識ぶち壊すようなことしてるし。ブレーキが存在しないのか彼には。

イラストは可愛いし、読みやすい読み口は変わらず、といった印象。