ico_grade6_2h

「逃げよう」

一人で生きよう

(略)

行けるところまで行って・・ 運が悪けりゃ死ぬだけだ

 

なろう書籍化作品のコミカライズ。

けやき先生の書かれている女の子は可愛いですねー。

環境的に、人間のキャラがほぼ一人しか出てきていないので今後の展開に期待したいところではあります。

 

孤児の少女レン。

特殊なスキルに目覚めたため、孤児院から出資者の商人の下へ運ばれる最中で、山賊に襲われた上馬車ががけ下に落下。

辛うじて生き残った彼女は、馬車からはい出たタイミングで前世の記憶を取り戻す。

前世では研究者やっていたおっさんで、今世では美少女になっているTS要素のある作品ですね。

 

前世の記憶を獲得したからか、ステータスにも変化が起きていて。

収納スキルのストレージと、MPさえあれば応用が効く創造魔法に覚醒。

生き残っているとばれてしまえば、商人に売られる奴隷ルートに入ってしまうため、彼女は森の中で自活することを決意して。

ステータスを伸ばし生活拠点を確保して、女性になったなりに楽しい生活を送っているようではあります。

 

商人に売られるIFの夢とか、彼女が獲得した「趣味」の事とか、ちょっと下世話なネタが多いのでそこは好み分かれそう。

WEB既読ですが、絵になるとなかなかインパクトあるなーと言ったところ。

……あと、冒頭のモノローグでは事故が「1か月前」なのに、その後の描写では「準備に2か月」かけて家作ってるので、どっちか誤字だと思うんですよね……