気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

サプリメント

ダブルクロスThe 3rd Editionサプリメント タイムリゲイン

ico_grade6_3

朝日:……でも、僕はお前の理想なんて信じることはできない――

GM:「何故だ?」

朝日:だってエレイン姫が泣いたじゃないか!

 

TRPG『ダブルクロス』のサプリメント。

「オーバークロック」に記載された「クロノスガーディアン」を利用した、「複数のステージに亘るセッション」をモチーフにしたとか。

 

リプレイと、データから構成されていて、リプレイでは基本ステージから2人、ホーリーグレイルステージから2PCを選出してます。

旧版のリプレイも読んだことあるので、嵯峨童子の本体であるガウェインが肉体を得ていたのが中々面白かった。

思念のこもったレネゲイドビーイングが先に登場して、後に本体が描写される展開が面白いと言いますか。

 

リプレイ自体は、聖杯とか聖槍とか中二心くすぐりそうなワードが盛りだくさんでしたね。

複数のステージにわたっている演出として、それぞれの価値基準が異なるというロールプレイもうまく描かれていたと思います。

 

データ部分は『オーバークロック』の追加ステージで使用できるユニークアイテムと各ステージ用のエンブレムデータ。

エンブレムデータは必要経験点多いけど、なんというかロマンあって好きです。エンブレム所持PCとかプレイしてみたいものですが、最近GMやってばっかりでPC参加してないんだよなぁ。セッションやりたい……

ダブルクロス The 3rd Edition サプリメント タイムリゲイン
矢野俊策
ファーイースト・アミューズメント・リサーチ
2016-02
 

アリアンロッドRPG2Eルールブック1・2 改訂版

ico_grade6_3

「これが冒険の革新!」

「さらなる無限大の物語!」

 

アリアンロッドRPG2Eのデータを修正・追加した改訂版。

サプリメントに掲載されたデータも増えてきたため、選定しなおした一冊となっているそうです。

アリアンロッドに関してはサプリメントにまでは手を出せてないので、どの程度反映されてるかは不明。

 

一番大きな変化としては、「アーシアン」というクラスが追加されたこと。

これはエリンに生まれたものではなく、地球あるいは地球に似た別の世界からやってきた異邦人のこと。

事故でやってきてしまったもの。何かの意図をもって召喚された者。

あるいは一度死に、この世界に転生したもの等。

 

リプレイも既に出始めていて、そっちの感想を先に書いた気がしますな……

異世界転生ものとかをアリアンロッドの世界で出来るわけで、自由度がさらに高くなった感じでしょうか。

アリアンロッドは全くと言っていいほどプレイしたことが無いので、いつかやってみたいと思うんですが、中々時間が……

 

 




常夜国騎士譚RPGドラクルージュ

ico_grade6_3h
「――歴史とは無残なものだ。

千年の麗しき栄華を、最後の一夜が覆す。

伯よ。全ては美しい夢に過ぎなかったのかもしれん」

 

耽美だった……

太陽がない常に夜の国――常夜国。

そこに生きる吸血鬼たちをPCとしてプレイするTRPGです。

かつて吸血鬼の真祖ドラクルは太陽を滅ぼした。

偉大な真祖のそばにあった六人はその血を残し始祖と呼ばれた。

 

私達が「吸血鬼」と聞いてイメージするのとほぼ同じですかね。

太陽を忌み、長い時間を生きる存在。

PCは衝動を律することが出来ているが、敵役の多くは暴走している。

あるいは、太陽を復活させんとする一派や太陽の欠片と対峙する事になったりも。

 

永遠の夜の世界って言うのが雰囲気在りますね。

そこで麗しい不死身の騎士として遊べるということで、技名がかなり来る。

『甘き口づけ』『儚き薔薇城にて』『頬に触れし指先は』『夢編む木陰に』『せめて一時の…』とか。

いい感じにこの世界における騎士の在り方を表現してると言いますか。うまく溶け合っている感じがします。

前半がリプレイパートで、後ろ半分くらいがデータなんですが。

中々読み応えありました。この世界観は好きだなぁ。

 

常夜国騎士譚RPG ドラクルージュ
神谷涼/インコグ・ラボ
KADOKAWA/富士見書房
2016-03-19
 

 

ソード・ワールド2.0 バルバロスブック

ico_grade6_4

(ふん、見え見えの力任せの一撃だ。だが……ああ、そうだな、ベリンゲイ。これを避けてしまえば、オレの負けだ!)

なぜなら、我らは共に剛力こそを己が証としたのだから――

 

タイトルに在る通り、ソードワールドの世界において一大勢力である蛮族(バルバロス)についてまとめた一冊です。

複数部位を操る際の助けとなるフィジカルマスター技能と言った新しい技能なんかも掲載されていました。

蛮族PC用のサンプルキャラクターとかデータ部分も結構充実してましたね。

 

けどやっぱり、この本の肝はバルバロスの紹介ページです。

「下級の妖魔たち」の区分でゴブリン・レッドキャップ・コボルド・グレムリンについて記されたり。

「剛力の蛮人」としてミノタウロス・ゴーリーが、「強大なる支配者」の枠にドレイクとバジリスクが。

共通項目でくくられていて、それぞれが登場するショートストーリーの後に種族ごとの特徴について記されています。

 

特徴や性格を上手く描写しているので本当読み応えありました。

アンドロスコーピオンのSSの結末とかは実に蛮族的と言いますか。

全体的に見てまさしく弱肉強食の世界だなぁ、と。

SSで気に入ったのは「殺戮する者」、「剛力の蛮人」、「剽窃の魔動機師」、「姿を偽る者達たち」あたりですかねー。

他のもそれぞれの個性が出てて味があるんですがねー。

ソード・ワールドも楽しそうだよなぁ。12回しかやったことないのでこれももうちょっとプレイしてみたいものですが。時間がなぁ……

 

ソード・ワールド2.0 バルバロスブック (ドラゴンブック)
北沢慶/グループSNE
KADOKAWA/富士見書房
2016-07-20
 

片道勇者TRPG

 ico_grade6_3

ウルファ:選ぶ項目自体は、クラス、特徴、クエストの3つだけで済むのでかなり早かったですね。お手軽!

雷蔵:すぐ死ぬからキャラクター作成が早いとか、そんなパターンでは……。

GM:はい。

雷蔵:やっぱり!

 

闇に飲まれようとしている世界。

勇者たちは西から来る闇から逃れるように東へと進み、闇を生み出したとされる『魔王』を倒すべく旅をしている。

引き返すことの出来ない旅。……そして、リトライもOKという中々面白い設定のTRPGです。

 

元々は片道勇者というフリーゲームがあって、それをTRPGで再現したのがこのシステムみたいですけど。

最初の一歩でまずい感じのモンスターに突っ込み、戦闘したら死んでたとかが普通にあるそうですよ。

死んでも幽霊となってセッションの最後までは付き合える親切設計!

死亡前提なあたり既に優しくないという説もあります。

 

闇が迫ってきて、日数が経過するごとに、自分たちが立ち寄ったエリアすら闇に飲まれていくって言うのはスリルありそう。

NPCのイベント部分を読むとかなり重要な要素書いてあったりしますね。

引き返す場所が物理的になくなっていくこともあり、早い時には1時間ちょっとで終わることもあるそうで、やってみたくはある。

片道勇者TRPG
齋藤 高吉/冒険企画局
KADOKAWA/富士見書房
2016-06-18

モノトーンミュージアムRPGリプレイ&データブック トレイメント

ico_grade6_3h

GM:「僕が……僕が怖がっているだと?」

ロジーナ:「ひとつの物語が終わるとき、新たな物語は生まれ落ちるのだから。えぇそう、我が神の美しい世界のように。そうでしょう? あぁ、ああ……っ!」

クワイア:お前も伽藍になっちまえよもう!(一同爆笑)

アニマ:最後まで言わなければかっこいいのに()

 

左の地を舞台に紡がれる、モノトーンミュージアムの世界。

リプレイを1話と、新データを掲載した新しいサプリメントです。

いやぁ、やっぱりモノトーンの童話のような世界は好きですね。

読んでいて楽しい。プレイしてみたいところですが、知人でルルブ持ってる人少ないのよなぁ。

 

リプレイは、巨大な時計の中に築かれた街アンティキラの物語。

新しいクラスの屍人をPC1として綴られる話。

PC4が狂信者的で、とても怖かったです。えぇいつか背中から刺されそう。

いっそ伽藍になっちまえよ! とか言われてましたしね。

危うい協力関係ではありましたが、事件の真相にはしっかりたどり着いてる辺りはミゴと言いますか。

モノトーンはやっぱり「御標」が特徴的でいい味だしてます。

 

データ部分は、「屍人」と「渡り」という新しいクラスが追加されてます。

新しい装備品なんかも掲載されていて、中々楽しい。「剥離値がチェック後に10だったらエンディングフェイズ終了までに死亡する」という「終わりの首枷」とか。

伽藍になるくらいなら死ぬ! といういっそ清々しいデータですな。

ワールドセクションで、左の地の文化や古族・古都についても記されていて読み物としても楽しい。

シナリオクラフトルールまで乗っていてますますやってみたい熱が高まるばかりです。消化する先がないんですがねぇ。もっと時間がほしい……

 

神話創世RPGアマデウス

ico_grade6_3

伯爵:「いい子だねぇ。……でもその『守りたい』って想いに殉じる覚悟はあるかな?」おじさん、急に真顔になるぞ。

 

古の災厄が現代に蘇る「神話災害」と呼ばれる事象が起こるようになった世界。

災害をもたらすものが神話に由来するならば。災害を鎮め、問題を解決するのは神々の領分。

プレイヤーは神の力を宿した人間「アマデウス」となり、そうした災害に立ち向かっていく……というのが大枠。

 

本の内容としては最初にリプレイが掲載されていて、その後にデータ部分が乗っている感じです。

リプレイも、ルルブ掲載の簡易なもので、どうやって遊ぶのかの解説編みたいな構成。そういう意味では少し物足りなさがありました。

戦闘絡みのデータとかは自分が冒険企画局のシステムをあまり使わないこともあって、途中いくつか飲みこむのに時間かかる部分も。

……そもそも最近セッションも出来てないんですがね。

 

神話ごとに対立しているとかではなく、それぞれの神話に起源を持つ親神より力をもらった神子として、協力しあうという流れになるのは面白いかな。

特にクトゥルフ神話ですら協力しているというのは、中々愉快です。通常だとクトゥルフ系は敵側に回されそうなものですが。

まぁ、そうするとありきたりになってしまいますし。そもそもクトゥルフTRPGありますしね……

このごった煮加減は嫌いじゃないです。

神話創世RPG アマデウス
河嶋陶一朗
KADOKAWA/富士見書房
2015-12-19


バディアクションRPG ガーデンオーダー

ico_grade6_3h

最上:これまで6連続で外した攻撃はいわば布石――――。

一同:ウソだ――――っ!(笑)

最上:これ以上、我が雷光が的を外すことは……なしっ!(ダイスを振る)

一同:もうだめだ―――――っ!?

 

破壊と殺戮を招く人類の敵ネフィリム。

戦争末期に現れ、既存の兵器が通じない異形の登場に、世界の国々は団結を余儀なくされて。

その後、ネフィリムに対抗できる超能力や魔法としか言えない特殊能力を振るう人々、後に「オーダー」と呼ばれることになる能力者達が生まれ、対抗する力は得て。

一方で、ネフィリムを崇める宗教結社とかも出てきてるようです。

……と、そんな世界を舞台にしたTRPGのシステムですね。

 

現代が舞台で、異能を持っていると聞くと、一番自分が親しんでいるダブルクロスを想像しますが。

これは、異能を持った「オーダー」の存在が公になっているという点で違いがありますね。

ネフィリムに対抗できる数少ない存在という事で、オーダーは国連の関連機関「ガーデン」に管理されているようですし。

判定方法は、クトゥルフみたいな感じか。それぞれの判定用の技能があって、初期20%とかなのを、作成時にポイント割り振って個性を出す、というような形。

 

つくりとしては、前三分の一くらいがリプレイで、残りがデータという形。

リプレイの方は、本当に世界観説明ぐらいな感じで、簡潔でわかりやすかったです。

クライマックス戦闘での最上さんの出目が笑えた。あれはひどい。

何連続で攻撃外すんだ……いや、最後それまでのひどさを取り戻す大ダメージ与えてたから、とりあえず収集はついてるんですが。

ガーデンオーダー
久保田悠羅/F.E.A.R.
KADOKAWA/富士見書房
2015-09-19


ダブルクロスThe 3rd Editionデータ集 ヒューマンリレーション

ico_grade6_3h
「煩わしいこともある」
「でも、しがらみも 思い出になるものさ」
「そういうものでしょうか」
「キミには遠い未来の話かな」


オーヴァードが紡ぐキズナをテーマにしたサプリメント。
これまでにダブルクロスに登場してきた、15人の代表的なNPCに焦点を当てて、より深く紹介するリレーションデータ。
それ以外にも追加で、新たなエフェクトやDロイスなどが収録されています。
紹介されているNPCは簡単な経歴と、代表的な一日の過ごし方。
彼らの日常について記したSSと、他のNPCからの雑感。
NPCとの絆を示すユニークアイテムなどが掲載されています。

15人のNPCは、リヴァイアサンやプランナー、コードウェル博士といった各組織のトップ。
玉野椿や、薬王寺結希。墓守や青峰ミユキなど、これまでのリプレイでPCを務めたキャラなども掲載されています。
組織の幹部との関係はどうあればいいのか。
他にも、玉野椿はチルドレン出身のエージェントで今はチルドレンの指導教官を務めているNPC。
これは、引退したPCを再登場させるときの参考になる、だとか運用についても色々書かれています。

一番気になっているのは、フィン・ブースロイドの奥さんについて何ですけど。
いや、あの年齢なら、結婚していれば孫までいるでしょう。
それはいいんですけど、プランナーが恋のキューピッドになるような存在と付き合っていたっておいおい。
なんかSSでも愉快なネタがばら撒かれていて、1冊の本にでもなりそうなんですけど。
一体どんな青年期を過ごしたんだフィン……


ディープフロント

ico_grade6_3
「この町で何が起ころうとしているの……」
『大丈夫、キミと私ならやれるさ』
―そして、日常を護るための戦いが始まる


ダブルクロスのシナリオ集。
初期のサプリメントだからか、シナリオ運用に関していろいろと文面が割かれてます。
プレイガイドとして、浸食率管理とかについて色々と。
シナリオとしてはちょっと短めでしょうか。そこそこ楽しく読みましたけども。

シナリオ1「Life on Edge」。
シナリオ2「Last Day Rhapsdy」。
シナリオ3「Deep Front」。
以上の三話からなるキャンペーンシナリオですね。
舞台は、ルールブック1にも掲載されている東京近郊N市を舞台としてます。
だから、そっち掲載のNPCとかも登場してますねー。

詳細書くわけにも行かないのでざっくり行きますが。
キーワードは「賢者の石」と「レネゲイドビーイング」。
レネゲイドビーイングをうまく扱っていたといいますか。
ループ入っているシナリオとかもあって、実際にやってみたいものだなぁ、としみじみ思いました。
リプレイ・メビウス読んでループものの面白さを知りました。
アレは秘密をうまく活用しているっていうのもありますけど。

PC1が賢者の石を手にして、それをめぐる争いに巻き込まれる、って言うのはわりと王道な気もしますが。
それだけ、判りやすいシナリオの構成だと思いましたねー。
他のPCにも設定をつけて、PC2辺りも地味にキーパーソンになっているあたりが面白いと思います。


livedoor プロフィール
アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索