気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

感想(文芸)

不純文学

ico_grade6_3h

それにしても、デートという言葉の懐の広さは凄い。これじゃあまるで、無敵じゃないか。

 

冒頭は、P120「世界が色づく」より。

見開きの右側にタイトル、左側に小説を掲載した1頁だけの物語。

合わせて124もの物語が紡がれています。

これは、とある先輩と後輩の、二人の不思議なお話。

 

在る時は前世の恋を思い出して。

別の話では更に前の時代での復讐の連鎖を思い出す。

はたまた、おかしな姿に変貌してしまったり、どちらかが失踪したりする。

二人は時に交際するし、死別する。

結婚することもあれば、別の相手と結ばれるのを見ることもある。

 

万華鏡のように煌めく話が、次々にやってくる。

話毎に事情が異なるのを説明しつつ、一ページでオチもつけている。

見開きで完結していることもあって、かなりスルスル読めましたね。

Twitterでも発信されているので、ちょっと調べてみて、気になるエピソードが見つかったら。是非、これも読んでほしい。


さよならの言い方なんて知らない。

ico_grade6_4
「たいていの物事はフィクションから始まる。そのフィクションに現実が出会う瞬間に、心の底から憧れる」

 

角川スニーカー文庫から刊行されていた「ウォーター&ビスケットのテーマ」の改稿版。

元々は同じグループSNEの河端ジュン一先生との共著でしたが、改稿に当たって河野裕先生の単著になってます。河端先生も変わらずストーリ―協力はされているそうですけど。

階段島シリーズが完結し、リスタートする物語。

 

スニーカー文庫版とは大筋は同じですが、ちらほら会話に変更がはいったりしてますね。

冒頭、トーマの姉に「いつまでもアニメとか」みたいな事を言われた……ってやり取りがライトフライヤー号の話になってましたねー。

 

同じアニメが好きだった、三人組。

香屋歩と秋穂栞。もう一人は、2年前にどこかへ消えてしまった。

その親友が残したのと同じマークのついた封筒が二人に届けられて。

調べてみても情報が出てこない、架見崎という町の名前。

訝しみながらも踏み込んでみて、彼らは不可思議なゲームに巻き込まれることとなった。

 

特殊な能力をポイントで購入し、それを用いた戦争で領土を拡大していく。

小さなチームに拾われた二人は、近隣の大きなチームの思惑に巻き込まれる事になりますが……

どちらも、ただの駒で終わる人材じゃないというか。

運営側の人間が初めに「ぜひ、戦いやすい能力を獲得してください」とか言ってくるガイダンスの中で、しっかり自分で考えて選択している。

確固たる意志を持ってる感じがしていいですねぇ。
書き下ろしとなる3巻も刊行予定のようですし、楽しみが増えました。


菓子屋横丁月光荘 浮草の灯

ico_grade6_3h

「そういうこと。まわりの意見にとらわれていろいろ迷うけど、人は意外と自分のしたいことをはっきり持っている。それさえわかればいいと思うんだ。そのときにしたいことをするしかない。未来のことはわからないんだから」

 

「浮草の灯」、「切り紙」、「二軒家」の三話収録。

川越の街で、縁が出来て悩みを聴いて。それぞれの道を進み始めるお話。

人間どうしたって迷うことはあるもので。

今自分のいる場所は確かにある。けれど、これからもここにいるのか。いていいのか。はたまた別の道を探すのか。今回はそういう話が多かったですね。

 

たとえば「浮草」。『三日月堂』でも出て来た古本屋。

そこでバイトをしている女子大生は就活中だが内定がなく、病をわずらった店主から、店は残るからこれからも働いてほしいと言われた。

たとえば、木谷ゼミの先輩。実家は紙屋だったが親に反発しIT会社に就職。だが、勤める中で齟齬を感じていた。そこに企業を予定している人から声をかけられて。

あるいは幽霊話に惹かれて来た少年。彼の家で起きていた問題と、流れた涙のこと。

 

色々と条件、状況は違いますが。

結局は、冒頭で引用した先生の言葉が全てのように思います。

判断を迫られたとき。分岐に差し掛かった時。自分が、なにをしたいのか。

誰かに相談する事があっても、決断するのは自分なんだという話。

だからって他の人がどうでもいいなんで事ではなく。支えてくれたり、残してくれたものがあるからこそ踏み出せる事もあるわけで。

今は懊悩の闇にあれど、これまでの積み重ねは灯りとなって、これからを照らしてくれることでしょう。相変わらず優しく温かい物語でした。

菓子屋横丁月光荘 浮草の灯 (ハルキ文庫)
ほしおさなえ
角川春樹事務所
2019-06-12


菓子屋横丁月光荘 歌う家

ico_grade6_3h

――行っておいで。

「行ってきます」

 

同作者さんの「活版印刷三日月堂」も川越が舞台でしたし、ちょっと気になりますねー。

いつか行ってみたいです。

発売日に買ってたんですが、積んでるうちに2巻出ちゃって焦って読みました。

 

家の声が聞こえる。幼少期から不思議な力を持つ大学院生、守人が新たな住み家を見つけるまで。

両親を亡くし、祖父に引き取られて。祖父との折り合いも悪かったものの…先日亡くなって。大学院への進学が出来たものの、親族は早く家を出ないかと匂わせて来て。

もっと荒れててもおかしくない経歴ですが、かなり真っ直ぐ育った好青年といった感じ。

 

縁あって、川越にある古民家で住み込みの管理人をすることになって。

元々人当たりの良い青年でしたが、それでも過去のあれやこれは彼の心に沈んで澱のようになっていて。

心の固くなっていた部分が解されていくような、暖かい物語です。

 

菓子屋横丁月光荘 歌う家 (ハルキ文庫 ほ 5-1)
ほしおさなえ
角川春樹事務所
2018-08-09


妻を殺してもバレない確率

ico_grade6_3

「かっこよかったよ」

 

未来に起きる事の確立を予測するシステムが完成し、誰でも簡単に利用できるようになった世界。

そこで様々な確率を調べる人々の人生の話。元は小説家になろうで表題の「妻を殺してもバレない確率」が掲載されていて書籍化。

新作書き下ろしを加えて、刊行されたようです。手元にあるの初版なんで2年くらい積んでるな……

 

「妻を殺してもバレない確率」、「あの子が同じ電車に乗ってくる確率」、「明日、世界が終わる確率」、「彼が奥さんと別れる確率」、「空から女の子が降ってくる確率」、「娘に彼氏ができる確率」、「私が一生独身の確率」。

以上7編からなる短編集。

 

表題作がやっぱり好きですねー。政略結婚で好きでもない女性と結婚する事になって。妻を上手く殺すと遺産だけゲットできないか、みたいな空想をして。

当人の前で行ってる辺り、実行するつもりのない夢想の類ですけどね。妻も「頑張って」とか言いますし。

妻の方は同時に「愛されたい」と表明して、彼へアプローチも続けてますしね。予期せぬ事態に石化してる場面とかは可愛くて良い。

なんだかんだで相性いいのでは? みたいな空気になりますが。有る時、確率が跳ね上がって……

うん、綺麗にまとまっていて好きです。

 

あとは「彼が奥さんと別れる確率」。

最終的にそれを調べていた女性が、旦那さんの背中を押してあげる場面が格好良くて好きなんですよねぇ。

店の大将もいいキャラしてました。

他の作品もそれぞれに良い所があって、お気に入りの一遍を見つけられるのでは。



鬼人幻燈抄 葛野編 水泡の日々

ico_grade6_5

「随分、遠くまで来たんだな、俺達」

「本当。もう帰れなくなっちゃった」

 

フォロワーさんが激しく推してるのをTwitterで目撃して、物は試しくらいのつもりで読んだんですが……

思いっきり、ぶん殴られたような衝撃を受けましたね。正直、舐めてた。

出来ればネタバレを見ない内に、自分の眼でこの本を手に取って読んでほしい。

「小説家になろう」の方にも掲載はありますが、あちらのあらすじはネタバレ満載なので、本をオススメしたいところです。

 

ある山間の集落、葛野。

鍛冶が盛んな里であるがゆえ、土着神である火の神マヒル様を崇めていて。

その巫女は「いつきひめ」と呼ばれ、巫女守と呼ばれる護衛役を置いていた。

よそ者ながら、その役を務めている甚太が、この物語の主人公です。

巫女守は里の守護者として鬼のような怪異を斬る「鬼斬役」でもあり、彼は日々刀を振るっていた。

 

それは、よそ者であった自分と妹を迎え入れてくれた里に報いるためであったし、養父と幼馴染の少女との約束のためでもありました。

巫女守という役職に誇りはある。同時に鍛冶の里である葛野で、職人としての才能がなかったことに対する劣等感も抱いている。

年相応の青さを感じる場面もありましたが……それでも、甚太には、揺るがぬ芯があって。

 

彼に大きな影響を与えているのが、彼が守るべき巫女。

「いつきひめ」としてあがめられる立場になった、家族として過ごしたこともある少女、白雪。

母もおなじく「いつきひめ」であり…覚悟を持って、その地位を継いだ。

 

甚太と白雪の、不器用すぎる告白と、わかれてしまった道が切なくて苦しかった。

お互いの誇りを思えば、その答えになってしまうだろう、と丁寧に描かれてなお痛かった。

途中から、結末が予想出来て、それでもなおページをまくる手が止まらなかった。

書籍読んだ後、かっとなってPOP書いたりして気持ちを落ち着けようとしましたが、読み終えた後、残った熱が引いていかなくて…思わずWEBの方まで飛びましたね。

 

まだ途中までしか読めてないんですが、尊いやら悲しいやらいろんな感情が沸き上がって「あ、あぁ…」と呟く機械みたいになってました…

今までこの作品を知らなかったことを後悔したし、書籍化を期に読めた事には歓喜しました。すごい物語であると保証します。どうか、ご覧あれ。


きみの世界に、青が鳴る

ico_grade6_4

「でも、今も幸せな方がいいよ。いつだって我慢しない方がいい。なのに今は苦しいのを受け入れるなら、やっぱり諦めているんだと思う」

 

シリーズ完結巻。

安達と堀の話であり、七草と真辺の話であり。

次の魔女の座を巡って争っているということでしたが。

相原大地のための話でもあるんだよなぁ、と言いますか。

 

七草が今回もいろいろ動き回ってました。

安達を理解するため。堀を魔女にするため。自分の幸せのため。

大地の幸せを願っているという意味では、大体のところ一致してるわけで。

正解を探すために、一歩ずつ進んでいく。これからも続いていくんだ、というそんな感じの物語。

 

魔女の魔法で、何回も試行錯誤出来たりもしますが、それですぐに万事解決とはいかなくて。理想の為に足を止めない真辺の強さは、凄いと思うけど、真似できない。

堀が少しだけ彼女を嫌い、というのも納得してしまう。同時に、七草が理想だというのも分かって、こう読んでいてもどかしく感じる部分がありますけど。

言葉の選び方一つ一つが、それぞれのキャラの信念に誠実で、美しいと思うんですよね。だから、この作品が愛おしい。

 

フェア掌編の「ラブレター」もゲットしましたー。

発売日に買いに行ったら、まだ店頭で配布スタートしてなくて泣いた。      

その後、運よく見つけられたので、購入。

いやぁ、良い情景ですね。最後のテキストだけが決まっている手紙。

彼女は悩みながらもそれを書き切ったんだろうなぁ、というのがまた良い…

 



ミステリーズVol.92&93(小市民シリーズ掲載号)

ico_grade6_3

「我慢? 我慢だって、これをか? ははは、常悟朗、無理だ!」
 

積んでました。

Vol.92なんて表紙に2018って書いてありますよ。何してるんだ自分。

小市民シリーズが掲載されてるので買った号ですね。

シリーズ初の犯人あてをやっていたようで、92で『伯林あげぱんの謎【試食編】』、93で『伯林あげぱんの謎【実食編】』を掲載しています。

 

謎を提示し、次号で回答編。……どころか次の94号では講評までされてるそうで。どれだけ積んでるんだ……

まぁ、謎解きは苦手なので、期間内に読んでいても応募はしなかったと思いますが。

ミステリ系読むのは好きですが、さっぱり推理とかは出来ないので、作中の人物と一緒に「へぇ、そうだったのか」と驚くタイプ。

今回も推理するまえに回答編が手元にあったからサクサク読んで、「これはこれで楽しいが想定された形ではないよな……」とか思ってました。

 

メタ的に、不要な登場人物はいないだろうから怪しいかなーとは思ってましたが。

現場でちゃんと論理立てて推理出来る小鳩君は相変わらずだなぁ。

新聞部のアンケート回答が出揃ったため、提出にいったら厄介事に遭遇する運もありますけどね。

新しいパン屋の記事を書くにあたって、ドイツにあるらしいゲームをすることに。

なんでも揚げパンの中にマスタードを入れて誰が当たるか遊ぶゲームだそうですが……当たった人が記事を書くことになっていたものの、誰も辺りを引いてないという。

これはいったいどういう事か、という謎。

当たりを引いた人も災難でしたが、調査の為に結局新聞部全員辛さの餌食になったのには笑った。


ミステリーズ! Vol.92
奥田 亜希子ほか
東京創元社
2018-12-12

ミステリーズ! Vol.93
真藤 順丈ほか
東京創元社
2019-02-12


年間日本SF傑作選 プロジェクト:シャーロック

ico_grade6_3

『まさにアレは「パンドラの箱」なのかもしれない。だとしたらその箱を開けたのはわたしだ。わたしが開けなければあれはこの世に解き放たれることはなかった。殺されることになったとしても文句は言えない。』

 

友人からの借り本。SFにはあまり手を出さないので毎度新鮮な気持ちで読んでます。

楽しいのもあれば、自分には合わないなぁ、というのもありましたが。

特に気に入った物を抜粋して感想を。

 

『プロジェクト:シャーロック』我孫子武丸

警視庁のデスクワーカーが暇を持て余して趣味で作ったAI

名探偵シャーロック。

ネットに挙げられたそれは、興味を持った多くの人の手によってどんどん改良されていき、実際の事件を解決する事も出てきた。

そんな中で、生みの親である人物が殺されて……

というストーリー。いやぁ、こうホラー見てるような、破綻が迫ってる雰囲気が好き。

 

『ホーリーアイアンメイデン』伴名練

妹から姉に送られた手紙。何の変哲もない導入かと思いきや……

それが死んだ妹から送られてきたもので。

彼女の考えていた事が、ゆっくりと明かされていく展開には引き込まれました。

こういう手紙とか日記系の情報開示方法が好きなんですよ。

姉はいったいどんな気持ちでこの手紙を読んだんだろう、と想像の余地が残るのも、作品の雰囲気にあっていて良かった。

 

『鉱区A-11』加藤元浩

唯一の漫画。『C.M.B』の一エピソード。

番外編的な話らしいですけどね。

たった一人しかいない小惑星の上で射殺された作業員。

その死因は? いったい何があったのか。

絵があると状況が分かりやすくていいですねぇ。

C.M.B』は名前とかは知ってるけど読んだことが無い作品なので興味が湧きました。

 

『天駆せよ法勝寺』八島游舷

SF×仏教という初めて見たテーマでした。

何を言ってるんだお前は、みたいな雰囲気にゲラゲラ笑った。

宇宙僧とかすごい力強いワードだと思うんですよね。

実際「第九回創元SF短編賞」受賞しているようですし。

中々楽しい作品でした。


昨日の僕が僕を殺す

ico_grade6_3
「協力はしてやる。だがそこから先は自分で考えろ。道は教えられるが、歩き方やどの道を選んで進むか決めるのは自分自身だ」

 

表紙絵がBUNBUNさんで目を引いたので購入。

したのはいいんですが、残念、ちょっと苦手な雰囲気でした……

北海道、小樽が舞台。

厄介事に巻き込まれたときに、あやかしに助けられたルカ。

彼らとの交流や、周囲で起こる異変に対峙することとなるホラーミステリ。

 

母親が父親を殺すというトラウマじみた過去があって。               

親族はいるが、そこまで親しくはない微妙な関係。

厳しくしかり同時に褒めてくれた叔母が居たが……彼女も亡くなってしまった。

 

そういう喪失があって、彼自身が他の人と距離を測りかねている部分はあるでしょう。

過去を掘り返されたくなくて、人と関わらないようにしている。

彼自身の迂闊さがどうにも見ていてハラハラするというか、どうにも苦手。

渚もそうですが、もうちょっと言葉を尽くすと、いいのでは……

ホラー要素が強めではありましたが、あやかしと人、魔が差すということ。そうした怖さは魅力的だと思いました。

ただ、ルカ苦手なのは致命的なので、続きは手を出さないんじゃないかな……


プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ