気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

感想(女性向けライトノベル)

わたしの幸せな結婚三

ico_grade6_3
「構わない。お前は、おまえの好きなようにしたらいい」

「はい……!」

 

清霞の父親・正清が抜き打ちでやってきて、二人を久堂家の別邸に招待して。

この機会に美世は、確認の為にある質問をしていました。

「斎森家の娘」に持って来られた縁談。求められていたのは、妹の方だったのではないか……という疑念。

 

正清が隠すことなく、事情を話してくれたのは良かった。

調べた結果、娘が二人居るのは知っていたし、美世が来る可能性も考えていた、と。

あまりにも息子が結婚しないものだから、誰が来るかどう転ぶか分からない縁談に賭けてみた、と。

明け透けすぎる物言いではありますが。結果として丸く収まったのは良かったし、正清の方も息子の変化を感じ取って、君が来てくれて良かったと受け入れてくれたのには安心した。

 

けれど屋敷を訪問した際に出会った清霞の母親は、美世を絶対に認めないと宣言して。

清霞や葉月の反応から、癖の強い人なんだろうとは思ってましたが。

まぁ歯に衣着せぬ人で美世に欠けているものをバンバンいうし、貴女には使用人がお似合いよとお仕着せ着せようとするし。

 

美世は、とやかく言われるけど手は出してこないんだと感じ方ずれてるし、お仕着せも受け入れるし。

……いや、過去の扱いを想えば優しい扱いですけどね。

ただこれまでの彼女と違うのは、言われっぱなしじゃなくて、義母に認めて欲しいと思って自分から行動を起こすようになっていて。成長が感じられます。

 

若奥様と呼ばれたり、清霞と出掛けた先で新婚さんだろと誤解されたり。

気落ちするばかりではなく、可愛い和む場面もあります。

特に美世がもどかしい思いを抱いて改善に励んでいることを、清霞が気づいてフォローするような事を言った場面は見ものでしたね……

 

近くの村で広がっていた鬼の噂。その裏で蠢く組織と、首魁の存在。

謎が多く残された状態で、最後見るからに怪しい奴が現れたところで終わり。
4巻が楽しみです。



ぼんくら陰陽師の鬼嫁6

ico_grade6_3h

「わ、わいろには、まもりは……ちょっとしかくっしません! でも、うちでのおゆうしょく、たのしみにするのに、やぶさかではない、です」

 

一年と二か月ぶりくらいの新刊。

前回の終わりが気になる感じだったので、刊行されて嬉しいです。

廃園となった遊園地に踏み込んだ芹たち。

しかし、そこで芹たちは不審なミステリ作家かつ陰陽師である鷹雄光弦に出会う。

「北御門を、此処から出す気はない」。

それだけを告げると、彼は芹たちの前から姿を消して。

 

外に出ようにも、正門の外は八城曰く「ダイナミック握手会」と化しているので無理。

本間さんと笑ちゃんも残っていたのが、今回は良い方向に左右した感じですねぇ。

とりあえず、腹ごしらえをして方針を決めよう、と提案してくれた本間さんはナイス。

その後、園内を探索する事になってましたが、その際も廃墟探索の経験などを活かして色々とフォローしてくれてましたし。

 

ヘタレだけど優良物件だと思うんだけどなぁ。笑ちゃんに色々言われてたけど。色々言ってたのも、場の空気に呑まれて気落ちしない為って効果もあったし、いいんじゃないですかね……険悪になったわけでもないし。

 

あとは、「や、です」「いじわるー」みたいな玄武たちの会話がかわいくて和みました。

わいろにちょっと屈してる護里も可愛かった。アレをみて小さく噴き出すにとどめた芹の忍耐が凄い。

皇臥が連絡を受けて駆けつけてくれたのも良かったですね。愛されてるねぇ、芹。

自分には陰陽師の妻としての知識が不足しているのでは、と勉強する決意を決めたようですし。覚悟を決めた彼女は強いぞー。

 

廃遊園地と、そこにいた陰陽師。

その真意が明らかになった時は、正直ちょっと脱力しましたね……

口下手にも程があるというか、これだけの仕込みをしたのに、終わりはコレか。骨折り損のくたびれ儲け、という言葉を贈ればいいのかな。

 

まぁ「北御門への呪詛」は本物で、それを為した怪しい存在が居るわけで。式神がら逃げおおせたっぽいし、何者なんだ……

芹の父親のこと。芹自身のこと。不審者と、先生の名前。などなど、気になる情報があったので続きが楽しみ。続刊を祈っております。


詐騎士 特別編 恋の扇動者は腹黒少女

ico_grade6_3

「大丈夫。竜は賢いから分かりやすいの。キラキラのたまにえ、力の使い方を練習するのよ。男に頼らず自分で稼ぐの」

 

7~8巻は積んでたので単行本だったんですが。特別篇はkindleで購入。
刊行から時間経ってるので探すのも手間だったので……。あと、8巻の終わり方がアレだったもので、続きを読みたかった。

タイトル通り、恋に焦点を当てた、本編後のエピソードを収録した一冊。

ティタンとウィシュニア、ニースと姫様。ルースやアリアンセの話などが収録されています。

第一話~第七話、終話と番外編の9編収録されていますが、各話ごとに時間軸が結構動きますね。

一話ではルゼがまだ妊婦なのに、途中で出産して、人に預けて外での仕事が出来るくらいに復調してましたし。

 

パリルちゃん、立派になってました。

かなりルゼを筆頭に、強い女性陣の影響を受けている感じがしますが。

まぁ、特殊な傀儡術を扱える以上、弱腰でいるよりは彼女の為になるでしょう。

ルース君の恋の話まで出てきたのはちょい意外というか、割とお似合いのカップルになりそうでしたけどね。

 

しかし、弟ですら男を見せたのに、婚約者という関係で一番無難にまとまっている筈のニースと姫様の関係の進展が亀の歩みでちょっと笑ってしまった。

ニースが幼少期にしたことのツケが溜まっていたせいでもあるので、すぐにくっつかず、時間をかけて少しずつ歩み寄っていく展開に落ち着いたのは良かったですねー。

当たって砕けた後のニースが強かった。

そして、概ね恋絡みのエピソードがまとまったなぁ、と思ったら最後に小娘たちがオチ担当という。
いや、本当にしぶといな彼女ら。もうそういう「引っ掻き回す装置」として使い続ける算段なのかなぁーという感じ。


詐騎士8

 ico_grade6_3

「夫婦になるんですから、仕事以外のことでも苦労を分かち合えたらぐらいは思っていますから、多少は甘えてくれてもいいですよ」


積読。
最終巻、らしいです。

ルゼとギルの結婚式に向けて、調整したりしててまぁ恋愛の方に決着がつくのはいいんですけど。

散々かき回してくれた小娘たちに逃げられたのは、ちょっと腑に落ちないというか。

 

ここに来て新キャラ出してくるぐらいだったら、紙面割いて確保して欲しかったかなぁ……

本気のギル達から逃れる手腕があってこそ、これまでの成果があったというか、コアトロが権力握り続けていられるのかなぁ。

 

ウィシュニアがティタンを落とすべく、アドバイスをルゼに求めて。

聞く相手を間違えたわけでも、アドバイスが間違っていたわけでもないのに、どうしてあぁなった……

しかしまぁ、生まれが生まれとはいえ無欲すぎるのも難ですねぇ。贈り物するのも大変だ。

婚約者という肩書があるのに、未だにろくに進展してないニースと姫様も相当ですけどねぇ。

今回は、結婚式回ということもあって、これまでの暗躍要素は控えめで恋物語みたいな様相でしたねー。

詐騎士〈8〉 (レジーナブックス)
かいとーこ
アルファポリス
2014-07-01


詐騎士7

ico_grade6_3

「気にしてるのはそこですか? どこの乙女ですか?」

 

積読。ギルとの婚約が決まり、準備が着々と進んでいます。

確保した傀儡術師たちの拠点も設け、彼らへの教育も始まっているようです。

まぁ、最初は神官連れていたとはいえ、事故物件の除霊から入ってましたけど。

これまでもルゼは結構器用に傀儡術を使っていましたが、実際制御能力トップクラスみたいですねー。

 

彼女を苦戦させた組織のメンバーでも、皿をまとめて動かすのには難儀するとか。

ルゼと同じ、物を苦くする魔力持ちはいましたけどね。発現しやすいのか? 苦味魔力。

少しずつ勉強して、それぞれに未来を思い描けるようになったのには、安心しましたねー。良い庇護者を見つけたね、本当に。

 

聖女様の侍女であるウィシュニアの恋の話とかもありましたが。

メインは、地下で開催される王族の会議に合わせて足を運んで顔合わせをする流れになったところでしょうか。

またしてもギルが誘拐される羽目になってました。なんだこの王子様。普通そういう誘拐される役回りってお姫様だろ……まぁ、騎士モードのルゼが、割り切りまくった格好いい子だから仕方ないですね……

 

詐騎士〈7〉 (レジーナブックス)
かいとーこ
アルファポリス
2014-01-01


浅草鬼嫁日記七 あやかし夫婦は御伽噺とともに眠れ。

ico_grade6_3h

「良かった。良かったね、馨」

 

茨木童子の転生者である、茨木真紀の存在は既に結構な界隈に広まってしまって。

陰陽局は津場木茜を真紀たちの学校に派遣したりして、手を打っている様子。

ミクズ達も動いていて、叶先生の方もまだなんか隠してる事ありそうな雰囲気だったりしましたが……

 

今回の見どころはやはり、天酒馨の母方の実家へ、馨と真紀が連れ立っていくことになった所でしょう。

すれ違い壊れてしまった家族の形。それぞれに後悔があって、それをしっかりと相手に伝える事が出来たのにはほっとした。

良かったねぇ。うん、本当に良かった。

 

馨の実家、九州でもまたあやかし絡みのトラブルに遭遇していましたが。

これまでの危うい事件を想えば、サクッと解決できた類でした。

その分次回への引きが怖いんですが。ついに凛音の、吸血鬼陣営の話になりそうです。


没落令嬢の異国結婚録

 ico_grade6_3

「だから――リェン・ファ、ありがとう」

 

没落寸前、名ばかり貴族の令嬢レイファ。

彼女は金髪碧眼が幸運を呼ぶという占い師の託宣を信じた、異国の婦人に買われて。

すわ珍品扱いが待っているのかと思いきや。

レイファを買った夫人の息子であり、当主でもあるシン・ユーが、一族が人買いをしたなぞ表に出せるはずがない、と反発。

最終的に、シン・ユーの妻とすることで落着。奥様は結構反発してましたけどね……

 

シン・ユーの妻となるとは言っても、異国の言葉も文化も分からず、一先ずは家の中で勉強して。

名のある家ではあったけれど、使用人の人々も優しくレイファを迎え入れてくれて。

結婚に当たって名をリェン・ファに変えたり、異国の地ならではの慣習などもあって大変そうですけど……

 

リェン・ファ、自身を繊細だと言いますが、割とタフですよね。

繊細さがみじんもないとまでは言いませんが。シン・ユーが咳をしていて辛そうだから、蜂蜜の飴を作ってみたり。薬膳の勉強をしたり。

シン・ユーも彼女の努力に気付いて、少しずつ親密になっていくのがいい感じです。


わたしの幸せな結婚二

ico_grade6_3

「私に寄りかかればいい、美世。もっと、本心を言え。わがままになれ。そうしたら全部、受け止めてやれる」

 

美世が、清霞に追いつきたいと勉強を始めて。

信用できるというのもあるんでしょうが、そこで教師役に姉を連れてくるあたり清霞も過保護だ。

婚約者候補を追い返してばかりだった清霞が、ついに相手を定めたとあって一時噂にもなっていたようですしね。

 

二人の交流はとても初々しくて、美世が少しずつ変わってきているとはいえ、まだまだ自分に自信がないのが、勿体なく思えますが…

そういきなり変われるものでもない、か。「家族とは、何なのですか」という彼女の悩みは、切実でこちらの胸にも刺さるようでした。

 

じっくりと距離を縮めている2人を見れれば満足ではあったんですが。

周囲がそれを許してくれず。特に、美世の血。薄刃の異能に絡んだ暗闘は正直気持ちのいいものではなかったですねー。

いや一読者としては、薄刃家関係の伏線を回収してくれたのは嬉しかったですけど、それはそれ。

だから、最後の方に「はらわたが煮えくり返っておるのだよ」と言ってくれるキャラがいてよかったです。ああいう人が上に立ってくれれば、今後は安泰でしょう。



ぼんくら陰陽師の鬼嫁五

ico_grade6_3h

「生憎、夫が迎えに来てくれるので、有料でも、出ていきます」

 

いろんな事情が重なり、笑の保護者代わりに二泊三日の旅行に行くことに。

高倉家恒例の家族旅行が、両親の都合がつかなくなったとかなんとか。

芹が旅行に出た裏側で、ぼんくら夫は北御門ゆかりの寺に預けられている三枝大典の下を訪れていて。

過去の事件については特に話はしないが、最近は明るい表情も見せるようになってきたとか。暗示じみた仕掛けの可能性も示唆されてきな臭い。

 

芹は道中、父親の墓参りに行ったり親戚や墓参に来ていた父親の知人から、自分の知らない父の姿を聞いたりしていましたが。

いろいろと見えている類の人だったようで、苦労していた模様。

芹の幼少期、祈里が見えていた時期は同じように思われて、預かった親戚はちょっと対応に苦慮していたみたいだなんて話まであって。

 

両親を亡くした子供が、見えない友達と話してるとなれば、まぁ、心配にはなるでしょうけど。最初からいなかったと、全否定から入るのもなぁ……

親戚と若干距離があるのも、仕方ないと思ってしまった。

それはそれとして、駆け落ち同然だったとか、母方の親戚の行動とか、芹の両親についても謎が深まった感じがしますね。

 

親戚がやっている食堂に立ち寄ったところ、廃墟研究会のメンバーと出会って。

話を聞いた笑が興味を持ってしまったため、同行。

そしてそこで厄ネタに出会うわけですが。本間先輩の引きが強くて笑う。

しかも北御門に思う所ある相手の仕込みのようで、この後どうなるか気になって仕方がない。なんでこういう時に本家の当主がいないの! 頑張って来て。



浅草鬼嫁日記六 あやかし夫婦は今ひとたび降臨する。

ico_grade6_3
「何もかも、何もかもお前を殺すために備えて来たことだ、ミクズ」

 

あやかしを商売道具とする「狩人」。

スイや浅草の組合長など知り合いが攫われて黙っている真紀達ではなく。

陰陽局とも協力して奪還作戦を実行する事に。

人間に転生した大妖怪、茨木真紀。彼女は注目を集めている“商品”で。

だからこそ囮になる、という作戦を立ててましたが。身体は人間なのに、無茶しようとするな……

 

幸いにして、叶先生から許可が出て由理が協力してくれたから何とかなりましたが。

真紀に変じた由理が敵に捕まって。その反応を元に拠点を補足して紛れ込んでました。

オークション形式で割と大物が参加していたりするのもおっかないというか。

闇は深いわー。いつぞやのぬらりひょんとかもいましたしね。

 

捕まってしまったスイも、事前に色々と備えていたあたりは流石ですねー。

ついに酒呑童子と茨木童子その配下も集ったのは中々熱い展開でした。ま、敵になった輩も居るんですがそれはそれ。

ミクズ側も中々人材揃ってるなぁ、と言いますか。

 

ライの真実に関しては、正直予想外。最後、叶先生が訳知り顔で答え合わせをしていましたが、そこまで分かっていたならもうちょっと何か……

いや、式神二体派遣してくれてるから、何もしてないわけじゃないんですけどね。

馨の嘘について聞かされた真紀がこの後どうするのか、が肝になりそうです。

ここでいつもの大雑把さを発揮しないように祈りたい。さすがにないか。

 



プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ