気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

その他

活版印刷三日月堂 雲の日記帳

ico_grade6_4

「運命なんてものはないですよ。みんな自分で決めなければならない」

 

シリーズ完結巻。

これまでの仕事、これまでの縁。

それらがつながって、三日月堂の未来になるというのが良いなぁ。

「星をつなぐ線」、「街の木の地図」、「雲の日記帳」、「三日月堂の夢」の4話が収録。

プラネタリウムの星空館。開館時に作った星見盤の木口木版を使って、リメイク版を作る話。

色々と時期が良かった。弓子が平台を動かそうと決意した後でなければ、縁をつないだ後でなければ、三日月堂に辿り着かなかったでしょうし。

 

そこからまた縁がつながっていくわけですが。

星座館でバイトしている学生が、課題で作る雑誌を三日月堂で作ることになって。

それを販売するために借りた店舗の店主についての話が始まり……三日月堂で本を作ることに。

 

終わろうとしていた、継ぐ予定もなかった三日月堂が、ついにここまで来たのか、と感慨深かった。

何でも電子で出来る時代ですけど、やはり紙は紙でいいですよねぇ。書店員としては、やはり紙の本の良さを推したい。電子書籍の手軽さも良いものだと思いますけどねぇ。

本づくりの時も、全て昔のやり方にすることには拘らずDTPソフトとかも活用してましたし。
良い所どりして共存していければいいんですが……

 

視点が切り替わっていく流れが綺麗にまとまってて、読んでいて楽しい。言葉の選び方が、好みなんですよね。

作中の人物だと、「雲の日記帳」の水上さんの言葉が特に気に入ってる物が多いですねぇ。

「でも、思うんですよ。夢だけがその人の持ち物なんじゃないか、って」とか。

地の文では最後の方にあった、「本とは不思議なものだ。」から始まる6行が好きです。

願いを込めて言葉をつづっても、届かないかもしれない。けど、誰かに心に残るかもしれない。
何の気なしに紡がれた言葉に胸を打たれるかもしれない。

言葉には、物語には、そうした力があるのだと信じたくはありますね。
うん、希望が見えるいいシリーズでした。



米澤穂信と古典部

ico_grade6_3


タイトル通り古典部シリーズと作者の米澤穂信さんに焦点を当てた公式のまとめ本。

『氷菓』の発売が2001年でもう15年を超えてるんですね……長いなぁ。

最新作の『いまさら翼といわれても』で、結構千反田が揺れてましたので、その後どういう決断を下すのか、というあたりはとても気になっています。

どうか、結末まで見届けられればいいんですが。気長に、待ちたい……

 

古典部の新作短編「虎と蟹、あるいは折木奉太郎の殺人」が収録されています。

ほぼコレ目当てで買ったといっても過言ではない。

掲載から本にまとまるまでが長いからなぁ……我慢できないので、掲載に気付いたら買う事にしてます。

 

時間軸としては、少し前ですね。

まだ一年生の大日向が部活に顔を出していた時期なので『二人の距離の概算』よりも前ですねぇ。

ある人物が描いた読書感想文について盛り上がる、というエピソードですが。

折木、省エネ主義の割に、色々と過去から飛び出てくる男だな……

「鏡には映らない」や「長い休日」などでも彼の過去の一部は描かれていましたけど。

昔から変わっていない部分があるんだなぁ、という感じもしてなんかほっとしました。

……黒歴史、とまでは言わないまでも何年も経ってから掘り起こされた折木自身はたまったもんじゃないでしょうけどね……

 

古典部メンバーの本棚の一部を作者が考えた、って言う企画とかも中々面白かったです。気になった作品に手を伸ばしてみたいような気はしますが。

既に積読が山になっているので、あれをもっと削ってからだな……

米澤穂信と古典部
米澤 穂信
KADOKAWA
2017-10-13


ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン下

ico_grade6_2h

「世界でただ一人、嘘をついてはいけない相手はだれだと思う?」

昭子はしばし考えた。

「自分か」

「それでもみんな嘘をつくけどね」

 

友人からの借り物。

帯にもありますし、巻末の謝辞・解説にも名前が出ている『高い城の男』を知っていると、おそらくはもっと楽しめたのではないか。

普段SFを読まないので、新鮮ではありました。

しかしまぁ、どうにもビターな感じですなー。好みからは少し外れる。

 

どうにもこうにも、あちこちが不器用に過ぎると言いますか。

もう少し言葉を尽くせば、行動を惜しまなければあるいは変わった部分があったかもしれない。

六浦賀と妻が、或いは父と娘が。

紅功が口を閉ざしていなければ。

そんなIFを考えたりもしてしまいますが。けど行き着く先はあまり変わらなかった気もしますねぇ。

 

この世界はあちこち歪んでしまっているような感じで、修正するにも大分行き着くと衣まで行ってるような。

多分その内GW団ないし他の組織のテロ活動によって、致命的な打撃をこうむるのではないかと思ってしまいますが。

自浄作用とか弱そう……でもそんな世界でも彼ら、彼女らにとっては今生きるただ一つの世界なわけで。

好き勝手やっているように見えた紅功に覚悟があったように、揺るがぬ忠誠を捧げていた槻野が揺れた場面があったように、ギャップの演出は割と好みでしたが。



ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン上

ico_grade6_2h

「きみを鈍いと評したのはいったいだれだろうな」

 

友人からの借り物。

第二次大戦で日独が称した世界、というIFを展開しているSFモノです。

表紙のテイストからして、もっとロボロボしい感じなのかと思いましたけど、思ったよりは大人しい立ち上がりでした。

 

勝利した日本軍は、アメリカにあった日系人の収容所を解放した。

けれど、同時に彼らのトップを侮辱した発言をした相手へは容赦しなかった。

アメリカはかなり追い込まれていますが……争いの種は尽きず。

各地を爆撃され、多くの死者を出しながらも、「戦争ははじまったばかりさ。黙って死を受け入れるつもりはない」と述べたキャラが居たように、禍根を断つことがどれだけ難しいか。

 

勝利を得た日本がアメリカを統治するようになり、USAならぬUSJとなり四十年。

昇進時に儀式を行ったり、特高が存在していて、過激な取り調べ……と言う名の何かを行う輩も居て。

外から見ていると、全体的に暗いというか、曇り空に覆われているような感じで希望も何もあったもんじゃないなぁ、というような雰囲気ですけど。

 

消息を絶った上官の行方を問われた紅功。

同僚からの勤務態度の評価などは良くないモノの、技術者としての腕はあるのか、調査に駆り出されて、色々と目撃していましたが。

彼のキャラが何ともつかみにくいなぁ。不真面目なのか、真面目なのか。

特殊な銃で死んだ相手を見た時には気分を悪くしていたのに、特殊な性癖を持つ工匠との会話は普通にこなしていたしなぁ。前者は悪臭に耐えかねて、ではありましたが。

本人の中には揺るがない軸がありそうですけど、そこが何とも読み取りにくい感じがします。



活版印刷三日月堂 庭のアルバム

ico_grade6_3h

「亡くなる少し前、あの版を見ながら祖父は言っていました。この人の言葉に、この人と家族がこの世界に居たことに、いつも心打たれる。いつまでも残しておきたいと思う。自分が印刷に願うのはそういうものだ、って」

 

活版印刷三日月堂を舞台にした小説、第三弾。

これまで三日月堂が作った商品が、誰かの手にわたって、そこから次のお客様へとつながっていく流れが綺麗だなぁ、と思っています。

 

2巻で作った『我らの西部劇』の完成記念で、川越の小さな映画館で上映イベントが行われる事になって。

ちょうど川越特集を組むことになっていた旅行雑誌の出版社が取材に来て……流れで三日月堂に行って、三日月堂も取材して。

その記事を見た、弓子の母親の知人が訪ねてきて……と今回は特に前の話やそこで作られた印刷物がしっかり次の話に繋がっていった感じがします。

 

デジタル化が進み、パソコンとプリンターで対応できるこのご時世に、敢えて活版印刷で作るわけ。

三日月堂で、店主とお客さんとが、それぞれ納得ができるものを作ろうと語らっている場面が、静かですけど「ものを作っている」という熱が感じられて好きです。



活版印刷三日月堂 海からの手紙

ico_grade6_4

「表現は翼ですよ」

(略)

「飛ぶことに意味はない。飛びたいから飛ぶ。飛べるから飛ぶ。それだけ。だけど、飛ぶためには技術が必要です。持って生まれたものだけじゃなくて、技術……飛びたくても、それを見につけてない人は飛べないでしょう?」

(略)

「飛べる人は飛ぶべきだ。僕はそう思うんですよ」

 

小さな活版印刷所、三日月堂にやってきたお客さんたちの物語。

わざわざ三日月堂に来る人々っていうのは、デジタルで色々と出来る時代に、活版印刷に興味を持ったり、それで何かを作ろうって人々ですから。

表現方法のひとつとして「活版印刷」をことばの可能性を見てくれている、という感じがして読んでいて心が温まります。

 

今回は「ちょうちょうの朗読会」、「あわゆきのあと」、「海からの手紙」、「我らの西部劇」の四話を収録。

冒頭の「ちょうちょうの朗読会」が結構いい感じでした。

店主の弓子さんが「いまできることだけをやってたんじゃ、ダメ」と、想いを新たにする場面とか好きです。

朗読会で取り上げられていた作品は知らなかったのでいつか読んでみたい……いつかとか言ってると、記憶の彼方に行ってしまいそうですが。

 

あとは表題作の『海からの手紙』でしょうか。

銅版画をやっていたという女性が、三日月堂を訪れて。

弓子さんと交流して、気が付いたら豆本を作る流れに。

まぁ、過去を吹っ切るきっかけになったというか、楽しそうにやっているからいいんじゃないですかねぇ。

 

他の2作も味わい深い感じでした。

元々、弓子の祖父がやっていた店を彼女が継いだという形で、失われつつあった三日月堂に灯がともった感じでしたが。

残された者が、残して行った者、残されていた物とどう向き合うかという話にもなってきて。

残せる物が果たしてどれくらいあるだろうか、何て考えたりしましたけど。

シリーズ3弾が出てくれることを祈っております。



ふたりべや4

ico_grade6_3
「ネガティブになっててかすみちゃんからの抱きしめを堪能し忘れたからもう1回!!」
「はいはい もう寝るよー」

 

高校の下宿で同室になった桜子とかすみ。

彼女たちも三年生になったので、大学受験の為に色々とやっています。

学校の夏期講習に参加したり、オープンキャンパスに行ったって話も出てますねー。

桜子は首席って事もあってかなり余裕ありそうですが、かすみの方が大変そう。

 

後輩たちともいつも通りに交流がありましたねー。

特に三年を送る会とかもないとかで、受験という一大イベントはありましたが……まぁ、概ねいつも通りの雰囲気。

桜子の友人たちも何とか合格できたようですし、一安心。

 

桜子とかすみは、大学進学後もルームシェアするつもりのようですが。

仲良しですね、ホント……

かすみのバイト先の人に桜子が「いつも迎えにくるストーカーちゃん」呼ばわりされてたのにはちょっと笑った。

かすみにもまぁ、間違ってないと思われているあたり桜子……スペック高いけど所々残念ですよね。



花を追え 仕立て屋・琥珀と着物の迷宮

ico_grade6_3

「なんで怪石にまで教えてしまうかなあ。切り札は最後まで取っておくものと、誰かに教わりませんでしたか?」

「それは大人のやり方でしょう? 私は子供ですから」

 

先代に住む八重は篠笛教室に通う女子高生。

かつてあったある出来事から、着物を苦手にしていますが……おそんな彼女が仕立て屋である琥珀という男性と出会い。

着物にまつわる様々な謎に挑むことに。

 

泥棒になるから着物は着ない、という七五三前の少女の言葉の意味ですとか。

端切れで作られたシュシュ、その絵柄に込められた謎だとか。

本人は着物に関わらないようにしてるのに、縁が出来て向こうから問題がやって来るのがまた何とも。

しかし、最初の方の話はまだ可愛げがあったというか、日常の謎的ではありましたが。

 

後半に行くにつれ、重たくなっていくからその辺の温度差がなぁ……

和装の雑学というか蘊蓄部は面白かったですけど、後半のそう上手くいったら苦労しないんじゃ……みたいな部分がありましたし。

真犯人を罠にかけてやる部分とか。全体的に嫌いではないんですが、もう一押し何か欲しかったかなぁ、と感じました。



ミステリーズVol.80

ico_grade6_3h
「他人の恋よりも、わたし、マカロンに興味津々なの」


懐かしの小市民シリーズの短編が掲載されるという事で。
その為だけに買いましたよ! 通常配本なかったので追加で注文出しました。
収録は『巴里マカロンの謎』。
時期としては高校一年の秋という事で、時系列的に最新のエピソードではありませんでしたが、相変わらずの二人の様子が見れただけで満足です。
 
快速電車に乗れば、20分で着くから、と名古屋に連行された小鳩君。
互惠関係に則って、フォローを小佐内さんにしてもらったお礼返し、という流れのようですが。
新しくオープンするお店に行って、新作マカロンを食べるとのこと。

セットで突いてくるのは3個、限定フレーバーは4種。持ち帰りはやっていない……だから小鳩君を連れてきた、とのこと。

相変わらず甘味については熱心だなぁ。読んでるとちょっといいとこのケーキとか食べたくなります。

 

そうして辿り着いた店で、二人がちょっと目を離した隙に、ティーセットに3つついてきているはずのマカロンが4つに増えている、という謎と出くわして。

マカロンが1つ増えた、というだけの謎でもこれだけ読める話に膨らむもんなんだなぁ、と変なところに感心してました。

小市民二人のやり取りは、お互いのスタンスを分かってるから、流れるように進むので、読みやすいですよねぇ。

懐かしくなって、読み終えた後、思わず既刊読み返しちゃいました。冬期限定はでないのかしら……

ミステリーズ! vol.80
米澤 穂信ほか
東京創元社
2016-12-12
 

 

Know

ico_grade6_3h

「ただ、せっかく生きているのだから」

(略)

「せめてその生は幸せでありたいものだな」

 

「情報材」や「電子葉」の開発により、情報化が進んだ社会。

特に電子葉は移植が義務付けられるようになったため、容易く検索などが出来るようになった。

わりと読みやすいライトなSFだと思いましたよ。SFそのものを数読んでるわけではないんですが。

 

主人公は、情報庁で働く官僚。ある時、恩師が残したコードの中に暗号を見つけて。

物語的にはそこから動き出した、と言うべきなんでしょうが。

その暗号は「14年前」に仕込まれた者で。そこに至るまでの道もある意味では既定路線ではあったわけですが。

14年前に失踪した恩師、残された暗号、託された者。

そこから巻き起こる数々の騒動と、最後に導かれた答え。

 

物語の本筋にはほとんど関与してないけど、三縞副審議官がいいキャラしていて好きです。

連レルの「僕が触れたら、きっと汚れる」。汚れたらもう落とせない「だから最初から触っちゃいけない」という彼女の評価とか。二人の距離感が割と好みでありました。

 

恩師に託された、この物語のもう一人の主役である少女知ルは……

独特過ぎて、評価しがたい。いや、嫌いじゃないんですけどね。

遠すぎて理解できる範疇にないので怖い、というのがまだ正確かな。

実際目的の為には危険に飛び込むことも厭わないわけで。……スペック高いから、並大抵の危機じゃ危機として機能しないって言うのもあると思いますが。

know (ハヤカワ文庫JA)
野崎 まど
早川書房
2013-07-24
 

 

プロフィール

ちゃか

 友人に「活字中毒っていうか読書中毒」と評される程度には本が好き。適当に感想を書いていく予定。リンクはフリーでコメントはご自由に。悪質と判断したものについては削除する場合があります。

アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索