気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

オーバーラップ文庫

アガートラムは蒼穹を撃つ 三日月学園機関甲冑部の軌跡

ico_grade6_3

「必ず届く、この蒼穹に!」

 

ラノベニュースオンラインアワード201912月アンケートで、「総合部門」、「新作部門」、「新作総合部門」、「熱かった部門」の4冠達成していたのを見て購入。

……アンケート結果出た後に買って、その後積読の山に埋もれたんですが。

 

空を飛ぶ鎧「アガートラム」が開発された、近未来。

簡単に空が楽しめるようになり、アガートラムを纏って空で競い合う機関甲冑競技も存在して。

高校2年生の松原優は、幼馴染の少女・高坂凪に指示を出すヘッドクォーターとして、全国大会に挑んだものの準優勝で終わり……

 

次回以降の雪辱を誓うものの、レギュレーションが変更されて個人戦部門が廃止。

それによって、ギリギリの人数でやっていたこともあり、人数不足に陥ってしまい……

かつて選手だった遊が、選手として復帰する事に。ブランクはあるし、当時もエースと言う訳ではなかった。

そもそも。凪の才能に及ばないと、諦めてしまったから、選手の道を諦めた過去があって。

 

そんな彼が再び空に立つために。仲間たちと飛ぶために。

時に協力し時にぶつかり合い、先へ進もうとする部活もの。

すれ違う時は徹底的と言うか。遊が進むためには、凪に迫らなければと焦りまくっている辺りは、若者らしいなぁと思ってみてました。

 

試合の時とか熱くなるところもあるけれど、知識が豊富で色々と考えすぎてしまう面もあって。アクセルとブレーキを上手く切り替えられずに、どこにも進めないような状態になっていたのが、多少は改善されたかな、という感じ。

「俺は、お前を嫌いになる」みたいに、微妙にズレてるのは相変わらずでしたけど。

それでも、物語開始時点よりはマシな場所に立てたんじゃないですかね……

 

レギュレーション変更前の、最後の決勝。足りなくなった部員を確保するためのアレコレ。

特訓パートに、ライバルとのやり取りに規定変更後の大会。

1冊でかなりイベント詰め込んでて、濃度高めで熱い作品でした。



異世界迷宮の最深部を目指そう13

ico_grade6_3

「よし! これから臨死体験を繰り返してもらうよ! たぶん、これが一番早いと思う!」

「ちょっと聞いただけで帰りたくなってきたんだが……」

 

ジークと別れた後のライナーの物語。

フーズヤースに残った彼は、ラスティアラの密命を受けて、『ティアラ様の血』を集めることに。もっとも、エピソード開始時点でほぼ終了していて、最後の一人を確保しに行く所まで到達していたんですが。

 

フェーデルトは相変わらず暗躍しているし、ラスティアラも目的を定めて暴走しているようなものだし、おっかないにも程がある。

さらには、ライナーの前にティアラを名乗る少女が現れ、彼を揺さぶる。復活を望んでいない事、力をラスティアラではなくライナーに継承してほしい等々。

活動時間に制限がある中でライナーに特訓を付けてくれたりして、実際にそれは成果を挙げていましたが。

 

読みながらずっと「ライナー、よく胃に穴開かないな……」と思っていました。うん、強くなってそれでも上が居て。振り回されまくっている彼には、もっと幸せになってほしいと思いました。

P112ページの「どうして、あんなになるまで放っておいたんだ」と言う台詞は、うん本当にね……としか言えない。

ラスティアラ主導の再誕の儀式。想定通り横やりが入り、トラブルが大きくなり、想定外の介入も生じて。よくまぁ、渡り切ったものです。

想いは通じて、そして継がれた。なんかすごく最終回、みたいな感じですが。ノスフィーを筆頭にまだ障害は多く、むしろこれからこそが、残った謎を解き明かす核心に迫るエピソードだそうで。どうしてでしょうね、今から怖い。


そして黄昏の終末世界1

ico_grade6_3

「安易な正義に絆されて逃げるなということだ。戦うために剣を持ったなら、それに服う全ての罪は、目を逸らさずに被るべきだ」

 

1巻の記事作成忘れてたので、あわてて書いてます。

公式サイトのあらすじ見たら、大分詐欺っぽい感じで笑ってしまった。

あのあらすじ読んでからだと、序章の温度差にびっくりするのでは。

日本で高校生として過ごしている東雲冬夜。

 

しかし、それはあくまで仮の姿で……実は異国の騎士と言う経歴を持ち、主君の仇を探していた。

そんな彼が、仇の一人を打破したときに、手に入れた時計。それによって彼は、彼が知らなかった世界の裏側に足を踏み入れる事になる。

 

刻の黄昏。

普通の人には認識できない世界へ切り替わる現象。その中にはケ物やベイガンといった、人に仇なす存在が跋扈する世界。

まぁ、ベイガンのほうはそうそう出てこないみたいですが。それらの危機に対処している集団の一員と東雲は接触。

どんどんと深みにはまっていくわけですが。彼がいたから助けられた命もあるわけで。

 

復讐だけが生きがいと言う訳ではなく、普通に学校生活を過ごしているあたり、掴み切れないキャラですねぇ。

サクラメントと言う、強力な武器を所有していながら、常時所持せず不覚を取っている辺りもうちょっと危機意識を持て、と思わなくはない。
これからに期待って感じですが、2巻で面白さ増したと感じたので、このまま上がり調子で行ってほしい所です。

 


そして黄昏の終末世界2

ico_grade6_3

「……やはり、私たちは報いを受けるべきなのでしょうね」

「当然だ。なにもないでは済まされない。誰も、納得はできないのだ」

 

2年ぶりの新刊―。ちょい内容忘れてたので1巻も読み直してきました。

序章が、東雲が復讐に生きる男だっていう事を改めて突き付けられて、本編との温度差に震えた。

その内の1人は、罪の重さを自覚し、今わの際にあっても相手を気遣える持ち主だった。……そんな相手が、戦禍を生み出したというのが、辛いなぁ。

 

同じ作者さんの『異世界魔法は遅れてる!』と同じ世界。

水明が所属しているのと同じような、裏側で繰り広げられている戦い。それを認識できる人も少ないみたいですけどねー。

サクラメントと言う強力な武器を持ってなお、9位だっていうソード・オブ・ソードの4位につけてる初美の父上は一体何なんだ。

 

あと、後半でしれっと名前出てた「イブニングフォール」って水明だろ! 変なところで接点あるな。なにしてんだ彼。いや確かに『異世界魔法は~』の方でサクラメントの持ち主にあったことあるとか言ってましたが。

水明が辛くも撃退したっぽい『魔に堕ちた十人』を超える存在と謳われてるとか、ゼルヴァ―ナの騎士も凄まじいですね。よくもまぁ、それを敵に回そうと思ったものです。

 

仇の存在を探るため、御姫の吸精症を隠すためと言う目的があって、シスカ日本支社に協力する事になった東雲。

表向きの理由としては、御姫のためとか言っているせいで、こうよくある巻き込まれ主人公系のようになってますが。

刻の黄昏を知らなかっただけで、彼は地獄を見て戦争を経験している、歴戦の猛者なわけで。まぁ、社長たちからすれば幸運この上ない話ですよね。

戦力が足りないところに鬼札が加わったわけですし。

しかし東雲の言動は、危ういというか、正直喋りすぎじゃない? みたいな気もしますけど。

 

ゼルヴァ―ナの騎士であることを明かすつもりは当面なさそうで、自分のサクラメントも伏せようとしてますが……知識があることとか、明け透けすぎてちょっと笑ってしまった。

変にとぼけて説明パートが長引くより、サクサク進行してくれて助かりましたけど。

 

組織の実働部隊に、クラスメイトの古道いつきが居て。彼は突然チームに加わることになった東雲に対して不満を隠そうとせず、無茶な試しもやってましたが。

サクラメントを遣わず、魔術で誤魔化しているとはいえ、一般人居る場所で剣を奮うとか。若いなぁ、って感じがしました。終盤、新しい敵が現れた時には協力出来てて、今後が楽しみな状態にはなってました。

しかし古道の剣を知ってる恭介の謎は深まりました……

あと、あるキャラの秘密が表紙や挿絵でモロバレしてるのはちょいとどうなんだと思ったり。3巻はもうちょい早めに出てくれると嬉しいですねー。


異世界魔法は遅れてる!9

ico_grade6_3h

「行くんだ。君の理想を示すために。それがひいては、ぼくたちの正しさを証明することになる。自分の我が儘でしか動いていない神格なんて、全部吹っ飛ばしてきちゃいなさい」

 
2年ぶりの新刊。WEBの方では該当部分アップし終わってましたし、随分刊行まで間空いたなぁ、という印象。正直もうでないかと思ってた……ので、続いてくれたのは素直にうれしいですねー。

プロローグでは、瑞樹に憑依していた中身とアルシュナの会話。

当然のように使命を刷り込むとか書いてあって怖いなぁ。

水明の存在も能力もアルシュナが知り、警戒しているのがどう影響をするのか。

 

話題にあがっていた水明は、初美や異世界の女子たちと帰還。

消えた彼を探し回っていた弟子に叱られてましたが。それもまた少女だったわけで。

連れて帰ってきたのは全員女子だろう、と初美の父親に見抜かれてましたし。その時にぽろっと出てきた水明父のエピソードもまた凄まじいというか。

えーっと、八鍵家の宿命なんですかね、アレ。

 

水明に対する周囲からの評価には笑いますねぇ。

あれだけの事できるのに、中の下とか言ってやがったのか……

まぁ、彼の周囲を見ると彼以上の化け物がボロボロ出てくるので、物差し歪むのも無理はないとも思いますけど。

異世界組は地球の文化を満喫していて楽しそうでしたし、わりと息抜き回だった感じ。

水明の弟子も異世界に向かう事になって、戦力増強できましたしね。

……なんか最後、面倒そうなのに目を付けられて、厄介事も一緒に持って帰る事になりそうですけど。


異世界迷宮の最深部を目指そう12

ico_grade6_4

「ただ、人間生きてると、それがとても難しいんですよ。ああ、やっぱり強いというのは、卑怯です……。弱い人間には出来ないことが、あっさりとできる」

 

ルージュの手助けも得て、ヴィアイシアを目指すカナミ達。

彼らの到着を見越して、アイドはこれまでの準備を全て出し尽くす決断をする。

『宰相』であろうとする様子は、中々危うい雰囲気を見せていました。

千年前の、理を盗む者になった経緯も描かれていましたが、本当に追い込まれていたんだなぁ、というのがありありと示されてもう……

 

使徒シスは、盟友と呼ぶカナミとまず会話で話をつけようとしましたが……彼女もまた、ネジぶっ飛んでますね……これは交渉決裂もやむなし。

アイドとの戦いが始まることとなって。カナミも予想していなかった、アイド陣営に手を貸す輩もいたりしました。

 

諸々手を打って、アイドが優勢にたった瞬間も確かにあった。けれど、最後にはカナミが勝つんだから、凄まじい。

あそこまでメタ張られてなお、余裕を感じさせる部分ありましたし。

守護者の本心を暴く舌戦も見事。いや、カナミ本当に強くなってますね。

 

『第四十の試練』と、その結末。やっとたどり着いた彼らを、止めることは出来ないと分かっていても、切なくて悲しい別れ。

迷子になっていた子どもが家に帰れた、優しい最後でもあるんですけどね……。

カナミは目的を達成しましたが、最後不穏な手紙が届けられて……。いやぁ、圧倒されるばかりでした。WEB未読勢なので、この勢いのままWEBにも手を出そうかなぁ。

……積読と相談しておきます。



異世界迷宮の最深部を目指そう11

ico_grade6_3h
「カナミ……?」

「ああ、僕だよ。ごめん、スノウ。帰ってくるのが遅れた」

 

無事に地上に戻って来たカナミたち。

情報を探りつつラスティアラに会いに行きましたが、彼女は同行を拒否。

様子がおかしいと気付き、退かなかったのは褒めたいけど、そこからの行動はちょっと性急すぎたんじゃないかな……

 

他のメンバーについての話を聞き、カナミとティティーはそちらへ赴くことに。

ライナーは、ラスティアラたちの傍に残ってましたが。いやぁ、彼はかなり覚悟決まってきましたね。

カナミやラスティアラが多くを知ってる分考えすぎている分、彼の思考はかなりシンプルになってる感じ。軸がぶれてないのは強い。

 

装備を整えて、船で大陸を渡り、スノウと合流して。
スノウ、スペックだけは高いんですよね。で、カナミが居なくなったことで奮起してパーティーをまとめようとしたり、英雄らしく活躍したりしてましたけど。
カナミが戻ってきて元の木阿弥になったのは、ちょっと笑ってしまった。


スノウらしくて、良いと思いますけどね。そんな感じで再会が順調にいっている部分もありましたが……

アイドは結構暴走しつつあるというか。この時代にヴィアイシアを作り、魔人を生み出すような知識を広め、順調に間違った方向に進んでいる。

ティティーと会話してなお止まらないというか。彼は彼で『統べる王』を神聖視しすぎてるきらいがあるからなぁ。

直接対決は次の巻へと送られましたが、さて守護者2人の結末はどうなるやら。


異世界迷宮の最深部を目指そう10

ico_grade6_3h

「騎士ライナー。これから僕がロードと話す間、ノスフィーを完璧に抑えてみせろ。いまここで終わらせるには、あいつが邪魔だ」

 

地上への帰還を目指すカナミの前に立ちふさがった守護者たち。

最初は逃げて地上を目指そうとしていましたが…途中で奮起し、戦う事を決意。

ライナーとの信頼し合った主従のやり取りが格好良くて好き。

ノスフィーを相手取って、追い込まれながらも、諦めずに攻め続けるライナーも良かったですね。

 

一方のカナミはティティーを相手取って…

彼女の未練。王であった彼女の歩みを追体験する事に。

いかにして北連盟をまとめ上げるにいたったのか。

スペックこそ高く、王としての仕事が出来てしまったのが、悲劇だったんだなぁ。

誰にも理解されず、孤高の王として在り続けてしまった。

 

しかし、未来を手繰ったり、過去を想起したり、マジにカナミの魔法は反則的のが多いですね……

無理をした甲斐があって、ティティーの本当の願いを見つけ、彼女を味方につけるところまでは出来ましたが。

ノスフィーの方は……うーん、大分ぶっ飛んでるから、相互理解かなり難しそう。とりあえず引いてくれましたが、次に戦う時も激戦になりそうな怖さがある。

……守護者相手取って激しくなかった試しがないからいつも通りか。

 



異世界迷宮の最深部を目指そう9

ico_grade6_3h

「それは断る。いまさら、子供みたいに生きられるか。それに僕は行かないといけない。地上に、妹や仲間たちが待ってる……」

 

パリンクロンを撃退したものの、弱った隙を突かれ、魔法陣に呑まれたカナミとライナー。

彼らは迷宮・六十六層の裏で五十層の守護者『風の理を盗む者』ティティーと出会う。

一年もの時間が過ぎている事も明らかになり、二人は可能な限り速やかに地上へ戻ろうと決意する。

しかし六十層まで踏み込んだところで、次なる守護者『光の理を盗む者』ノスフィーまで現れて。

 

千年前の真実、その一端を知ったカナミ。

しかし始祖であったころの記憶はまだ抜けが多く、かつての彼をしるティティーやノスフィーとの会話が微妙に噛み合わない事も。

とは言っても、ティティーの言っていたように、ノスフィーを忘れていたのは酷い。

完璧な形で計画を運用できなかった分の欠落が、かなり響いてますね……

 

千年前の情報が残っている六十六層の裏で、特訓が出来たのは良かったですけどね。

時間がない中で、出来る事をして穏やかな時間も確かにあった。

けれど、最終的には守護者の『試練』が開始される状況になってしまって……

長い時を過ごして、壊れかけている彼女相手にどこまで対抗できるのやら。



異世界迷宮の最深部を目指そう8

ico_grade6_4

「私たちはここを離れません。少年が教えてくれました。私も私の選んだ願いのために戦います。命を懸けて戦い続けます――それが私の本物なんです」

 

ワイスの案内で、パリンクロンの親族であるシアをはじめとするパーティーメンバーに会いに行って。

ライナーや、『木の理を盗む者』アイドという相手も居ますが。

最初の接触は思った以上に穏やかでしたね。途中から戦争をすることになり、思わぬ刺激を受ける羽目になっていました。

 

ある意味では、パリンクロンと本格的にぶつかる前に、問題を知る事が出来て良かったでしょう。

それを知ってなお、カナミの心を揺らしてくるんだからおっかない。

元々ラスボスにしようとしていた、というのも納得できるくらい規模のデカさで。

立て続けに戦線を離脱していく仲間、思いがけぬ援軍、真実が明かされ、死力を尽くして戦い抜いた。

いや、マジでこれラスボス戦でもおかしくないくらいのボリュームありましたよ。

千年前の使徒にまつわる情報も、完全ではないものの出て来て。いやぁ、熱かった。

 



プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ