気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

その他

魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?4

ico_grade6_4
「だからお前にも同じ言葉を返す」

「いつでもかかってこい」
「負けるたびお前が働く時間は長くなっていくがな」


コミカライズ4巻! 

力を求めて魔王を襲った魔術師ウォルフォレ。ザガンから魔王襲撃の罰として、ネフィの仕事補助を振り分けられて。交流を通して二人を知って行くことに。

ザガンとネフィがまだまだ初々しくて、そこにフォルが加わることで良い変化が起きていて、楽しいですねー。

 

幼女な養女となったフォルがもうかわいいのなんの。

イチオシは78Pの「ちゃんと報告した」から「ザガンにほめられた」してる2コマ。

その後の「ここにいる」なんかも良いですね。

 

子どもの扱いに慣れてないザガンですが、要所で的確な言葉をかけてて、かなり真っ直ぐ主人公してるので好感が持てますし。

まぁ魔術師として、魔王として、容赦しない時はトコトンやるのでオンオフがハッキリしてますよね。

 

同じようにまっすぐでオンオフ切り替えてるのがシャスティルですが……

彼女、敵対している魔王を擁護して聖剣没収されたり、ザガン達とフォルの関係を誤解したり、絶妙にポンコツだからなぁ……

巻末オマケ、バルバロスは見た! ……じゃなくて「◆見張り」も1Pでかなり笑えたので、凄い。



ダーウィンズゲーム20

ico_grade6_3h
「私が 一番最初におかえりって言いたいの」

ダーウィンズゲームのGMから、助けを求めるメールが来たカナメ。
その誘いに乗ることにした彼は、こちら側の世界のGMと接触する。
護衛官に任じられるのを利用する事に。

幸いにして、こちら側のGMである皇ククリとの縁が出来ていたのも大きいですね。
……対面するまで伏せられていたことではありますが。
話が通じるって言うのは本当素晴らしいことですよね。
ククリが抱えていた情報を聞いたり、カナメたちの嘆願を聞いてもらったり。
異能を鍛える手助けまでしてもらってましたし、こちら側に来たのも悪い事ばかりじゃなかったなーと言う印象が強い。

カナメたちを帰すのは、不可能ではないが条件を整える必要があって。
三か月かかると言われてたので、もうしばらく修行パートするのかと思ったら意外とさっくり時間飛びましたね。
こちら側の世界も一枚岩じゃなくて、王を崇める国家を蛮族とみなすような外国勢力も工作を働いたりしていたようですけど。
看板だけが立派だったな、と言う感じですかね……もうちょっと頑張れよ。
「いくらなんでも過剰戦力だろコレェ!」という内心の叫びが、もう笑えて仕方がない。
実際過剰戦力ですけどね。元の世界トップクランの戦闘メンバーとかですし。

さっくりカナメは帰還に成功しましたが。
他のメンバーが取り残され、一人渋谷に放り出されるというのは予想外。
レーベンズのゲーム不参加組とか無事ですかねぇ。あの像たちに、大分手酷くやられたみたいですけど。



ささやくように恋を唄う2

ico_grade6_3h

「チャンスくれるってことだよね?」

 

憧れと恋心。想いは確かにあるけれど、その温度は異なっていて。

デートの別れ際ついに依がひまりに告白して。

そこから、二人ともちょっと態度がおかしいというか、距離をとってひまりがグルグルと悩んでいました。

でも、両親のなれそめを聞いたりして、ひまりは依に一歩近づこうと決めた。

 

とはいえ、まだ気持ちを恋と定めたはなく、傍で気持ちを確かめたいというもので。依がチャンスくれるんだよね、とポジティブなのが良いですね。

そして依はバンドへの参加を決めて。ひまりの方は家庭科部に入部する事になって。

学年が違う事もあって、それぞれの時間を過ごしつつ。空いたタイミングで、一緒にお話をして。他の先輩と仲良さそうな話を聞いて、内心で黒いものが渦巻いている依先輩の巨大感情っぷりが素敵。

このままゆっくりと進んでいくのかと思ったら、最後ひまりの方に爆弾が投げ込まれて。さてはて、どこに着地するかな。



理系が恋に落ちたので証明してみた 7

ico_grade6_3

「恋にも――人によって時間によっていろんな形があるのね」

「それをもっと研究しないと」

 

唾液に含まれる成分にとって、幸福度を測ろうとする実験。

自然にイチャついてるカップルと、数値を競おうとしますが……裏表紙にあるので言っちゃいますが、普通に敗北。

数値が救いと好きではないのか? と疑問が生じたところで、それでもなお計算に走るというのは、彼らしいと言いますか。

雪村の愛の形が不器用すぎて、もうなんというか……割れ鍋に綴じ蓋でもうお互いしかいないから、相手を絶対に逃がすなとしか言えない。

 

そして奏が以前告白を受けていた場面がありましたが、返事は保留中で。

彼女は悩み続けていたようですが、それをついに他の人に相談してました。

とはいえ、そこでどうして雪村を選んでしまったんだ……まぁ、うん、最終的には参考になるアドバイスに辿り着いていた……ような気がするので結果オーライ?

巻末の「ヒール履いてみた」の氷室が特に可愛かったです。

 

理系が恋に落ちたので証明してみた。(7) (メテオCOMICS)
山本 アリフレッド
フレックスコミックス
2020-01-09

疑似ハーレム3

ico_grade6_3

「先輩とデート…したいです。」

 

5170話、EX812話が収録。

「だったら夏休みに会ってくれんのかよ」という先輩の言葉に「私夏の予定ありませんから!」と食い気味に言う後輩が可愛い。

 

「え……切な…」って言う先輩はちょっと一回叩かれろ。でもその後ちゃんと「いっぱい遊ぼうな…」って続けているので、不幸中の幸いと言うか瓢箪から駒というか。

部活メンバーと一緒とはいえ夏祭りにいったり(はぐれて結果的に2人きりになってましたが)、七倉妹とその友達と一緒にプールに行ったり、しっかり遊んでいて仲が良いですね。早く付き合えばいいのに。

 

文化祭の準備をして、当日はドタバタしていて一緒に回れる感じではなかったようですけど。その分、劇を頑張ったご褒美としてデートすることになって。

あーもう本当に微笑ましくてかわいい。ほぼ告白してるけど、うん、改めての機会を楽しみに待ってます。



魔王様と結婚したい1

ico_grade6_4
「そんなに心配しなくても僕はご主人様ひと筋ですよ!」

 

Twitterで発売の宣伝をみて気になったので購入。

魔族と人間、340歳と18歳、王と従者という種族・年齢・身分に違いがある二人のイチャイチャ風景。

色々と差異があるとは言えど、総じて幸せそうだからいいんじゃないですかね……

この中で問題になるのは、まぁ、従者の方が人間で寿命が違うという部分でしょうか。

一人残されることが約束されている、というのはちょっと寂しくなってしまいますね……

 

まぁ、今は一緒に居て、どこまでも明るいというか「魔王様大好き!」を公言して、行動でも示しまくるハルのお蔭でそこまで沈まずに済みます。

というか本当に微笑ましいし、自然にいちゃついてるもんな……

許可されていない奴隷として扱われていたハルを、魔王が保護したところから関係が始まり、従者として側に在り続けた。

 

当初は子どもだったから、という事はあっても育ってもずっと一緒のベッドで寝ていたって言うんだから色々と凄い。

イチャイチャしてるだけではなく、それぞれの領分においてはちゃんと仕事もしているようですけど。全体的に糖度高めではあった印象。

あと、カバー裏に表紙の撮影風景が描かれていてとても可愛かったので是非見て欲しい。

魔王様と結婚したい(1) (メテオCOMICS)
池内 たぬま
フレックスコミックス
2020-01-09

ヲタクに恋は難しい8

ico_grade6_3

「…これでよかったんだ」

「…これで…よかったのか??」

 

エピソード55のお題を認識して、コメントしてるメタネタな1頁漫画が結構ツボ。

そしてついに告白した樺倉たちの話がいくつか。

先輩を畏れている後輩と、打ち明けようとしているのに上手くボールを拾えない樺倉のディスコミュニケーションっぷりが笑えました。

最後に宏嵩がオチを持っていって、まぁ、あのままだと一生言えなかっただろうからファインプレー。

 

今回はこーくんと尚のエピソード多めでしたね。
表紙にもいますし、引きもそんな感じだったし、しばらく主役回続くのだろうか。

服を買いに来たところを成海・小柳コンビにみつかったこーくんが……えーっと、ご愁傷様ですというか。

小柳がノリノリで、こーくんが成海に助けを求めた時に真顔で「ごめん」って言った場面が笑えました。



同居人はひざ、時々、頭のうえ6

ico_grade6_3

「すっごく しあわせそうだったんだもん」

 

迷子の猫を保護して、訪問したものの不在。

しかし帰ろうとした矢先、探し回っていた家族と遭遇して。

無事に送り届けることができてなによりでした。

猫との付き合い方も色々ですよね。あのご夫婦も猫をあれだけ心配していて、温かい家庭だなぁ、と和みました。

 

元々奥さんが飼っていたとかで、旦那さんにはまだ懐き切ってないのも良いですねー。

当人はもっと懐いて欲しいと切実そうでしたけど、微笑ましい。

……いや他人事じゃないんですけどね。実家で猫飼ってるんですが、一人暮らし始めたもんで忘れられてしまって。たまに帰るたびに威嚇されます。悲しい。

でも、全く知らない人が来ると、どこかに隠れて物音ひとつ立てないので、姿見せてくれる分忘れ切ってはいないのかなぁ。

 

晴に振り回されているのでも大変そうなのに、軒下にいた子猫を保護する事態になって。

そこからまたてんやわんやの大騒ぎ。でもまぁ、一人だったら周囲に頼るって事も余りできなかったでしょうし、少しずつ変わっているのが見えますね。

 


ダーウィンズゲーム19

ico_grade6_3h

「まぁようやく自分がやらなければいけない事を思い出しただけさ」

 

敵の能力と自分たちの能力。置かれた状況。

それらを全て加味して、カナメたちは降伏するという道を選んで。

いやはや、それまで追い込まれていたからとはいえ、海兵たちを丸め込んで、その上で海賊側との交渉を成功させるとか。

こういうのも勝負強さって言うんですかねぇ。後半、龍がカナメの事を勧誘していたのもうなずける。悪魔的だ。

 

カナメたちのゲームが終わったのと同時に、シブヤの状況もちょっと描かれてましたが……

GMが情報を流しても対抗できず、壊滅状態とのことで。あれはひどい。え、これまで情報工作してましたけど、流石にここまで規模でかいと隠しようがないのでは……

確かに最近、手口が変わってきていたというか、行動が露骨になってはいましたがそれにしたって。あと、レーベンズの他のメンバーの安否がハッキリしないのもちょっと不安。

流石に無事ではいると思いますけど。クランマスター含め、戦力が捕虜になって音信不通の状態じゃ、活動にも制限かかるだろうし、他のクランの狙い集まると大変そうだけどなぁ。

 

さて、そのカナメたちは捕虜となって海賊たちの世界に連れ込まれて。

交渉時に自由を求めたこともあって、監視はつくし外には出られないものの、蔵書を閲覧したりは出来るし、結構満喫してる感じがありました。

ギョクトとイノリは、元々ゲームで成り上がろうとしていなかったとかで。

丸ごと圏外みたいな、ダーウィンズゲームから逃れられるこちら側に残る意思を早くも固めた様子。

 

そういったアレコレもあってカナメもちょっと揺れていたようですけど……

世界線を超えた彼に届けられたメールで覚悟を決めて

やることを決めたカナメは強いですからねぇ。頑張ってほしい所ですが。とはいえ平行世界への移動なんて難題どうすりゃいいんでしょうね。



恋が夫婦になる前に

 ico_grade6_4

「…『ただいま』って言ってくれたこと…かな」

 

作品集『夏色の君へ 少女アラカルト2』に収録されていた「四年目記念日」の二人をピックアップしたコミック。

4年付き合ってきて、同棲もしている二人が。交際4周年の日に、指輪を送られて。

結婚に向けて準備を始めるお話です。

もう本当に、お互いが好きなんだなぁと言うのが伝わってくる。誰も彼もが優しくて、ほっとする作品でしたー。

 

ご両親にあいさつにいって、合間にだらだしたりデートしたり。

寝顔が可愛くて起こせなかったといって、朝食当番を変わり、体調崩しているのに気づけば仕事を休んで看病する。

てつ君が優良物件過ぎて、お目が高いとか思ってた。何目線だ。

真紀の方も、落ち込んでいるのを見たらクッキー作って元気づけようとしたりしてますし。

思いやりの心に満ちてる。優しい世界。

 


プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ