気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

その他

本好きの下刻上~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第一部 本がないなら作ればいい! Ⅴ

ico_grade6_3h
「マイン お前は何者だ?」
「秘密です これは小金貨なんかじゃ売りませんからね」

 

ギルド長の孫娘、フリーダの洗礼式用の髪飾りを売る事になったマイン。

2個作る事になり、その分割引してベンノに雷落とされたりしてましたが。

評判は上々のものを作り上げて。
フリーダと友達になったりもしていました。

甘い誘惑に速攻で負けてるマインが、もう…ちょろいなコイツ。
ちゃんと交渉してる場面もあるんですけどねぇ。
今回の顔芸レパートリーだと、契約に関する木札を呼んでる2コマが好きです。かわいい。
色々と順調に進んでいるかと思いきや、マインが倒れた……と言う所で今回終わってるのがまた、上手い展開ですねぇ。

本編もかなり動いていますが……描き下ろし短編「大店の会議と髪飾り」も良かったですねぇ。

収穫量が落ちている中で、商業ギルド所属の大店たちがどうするか、という会議をしてましたが。

西も厳しい状況で、南には変化がない。取引先を変えるか悩みもあるようですが。

ベンノが、ちゃんと負け組の西が落ちるのは分かるが、勝ち組の南が増えてないのは何故だ、と疑問を抱けているのがすごい。

ちゃんとあちこちから情報を得て、領地の事や貴族の事を把握しているからこそ、だよなぁ。

 

あと、巻末の「マインは変」が笑えました。

姉のトゥーリからの評価と、ベンノの話を聞いたコリンナとオットーの評価が、いい感じに笑いを誘う。


本好きの下刻上~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第一部 本がないなら作ればいい! Ⅳ

ico_grade6_3h

「その顔… 聞いてるふりしていう事聞く気ないだろ?」

「…バレたっ!?」

 

これまでのマインだったらできなかったこと。

麗乃の記憶を取り戻したからこそできるようになったこと。

そこの差をルッツが感じ取り、微妙な感じになったところからスタート。

まぁ、マイン目的のために暴走するし、詰めが甘いからどこかしらでボロは出たでしょうけど。

 

一人で行動し、マルクの前で倒れ、方々に怒られてへこんでるマインの姿は他人事なのでちょっと笑ってしまった。

目の前で倒れられた人々はたまったもんじゃないでしょうけど。

そして、マイン一人での来店を禁じられ、ルッツがマイン係として任命されることに。

いう事聞く気ない時のマインの表情がツボ。こういう細かい所で笑えるのもコミカライズの利点だよなぁ。

 

紙づくりの最後に、ルッツに秘密を打ち明けて。

それでも受け入れてくれたから、マインはまだ生き続ける気力を持ち続けられた。

ここで拒絶されたら、本当に死んでたろうし、ルッツもマインのサポート抜きじゃ商人見習い続けるのも大変だったろうなぁ……

見事試験に合格し、金銭のやり取りをするために、商業ギルドに登録に行ったりもしてました。

そこでギルド長やその孫娘と接点が出来たわけですが。ここで縁が出来なかったら、それはそれで死んでたのよなぁ。マインの生存ルートって割と綱渡り。



本好きの下刻上~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第一部 本がないなら作ればいい! Ⅲ

ico_grade6_3h

「ルッツ わたしの紙…ルッツが作る?」

 

トーゥリの7歳を祝う洗礼式。

その当日に会議が入ってしょぼくれているギュンターは本当親バカだよなぁ。

マインはそんな父親を連れて門で仕事のお手伝い。

親バカギュンターに振り回されるオットーが大変です。

そして門で順調に文字を覚えている者の、本づくりが停滞中のマイン。

 

ルッツから相談を受けて、それをオットーに伝えて。

旅商人になりたいという、この世界ではかなり無謀な夢。

それを諦めさせるため、あるいは普通の商人に変えるため会合を持つことに。

ここで大店のベンノと伝手があるオットーを頼れた、というのがマインの転機のひとつだよなぁ。

まぁ、そもそもあの家族の下で暮らし、ルッツに出会えなければ、とっくに死んでいたでしょうけど。

 

コリンナ愛を語るオットーがどこまでもオットーで、凄いな……

最初は興味津々で聞いてたマインが頭抱えるくらいですしね。

商人見習いになるために、紙づくりをすることになったマインとルッツ。

場面ごとに表情がちゃんと描かれていて、見ていて楽しい。

 

巻末には描き下ろし短編「洗礼式と髪飾り」が収録。

マインがトゥーリの為に作った髪飾りをギルド長とその孫娘が目撃して。

いったいどこで売り始めたのか、と探し始める顛末が描かれています。

コミカライズ途中から短編が乗るようになって、コレがまた面白いんですよねぇ。少しずつ世界が広がっていく感じが良いです。



本好きの下刻上~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第一部 本がないなら作ればいい! Ⅱ

ico_grade6_3h

「オレがマインを手伝ってやるよ」

 

冬が来てろうそく一本使って、籠作りの手仕事を手伝って。

知識を活かしてするする作ったマインに、トゥーリがしゅんと落ち込んでるコマが可愛かった。

その後の寝ぼけて「春になった?」とか言ってるマインも可愛いですしねぇ。

キャラが生き生きしてる感じがして楽しいです。

 

パピルスを失敗したから、次は粘土板を作ろうとしてます。

折れませんねぇ、マイン。そこまで情熱を傾けられるのは感心してしまう。

冬の晴れ間にしか取れない不思議な果実パルゥ。

果汁は甘く、実からは油が取れ、搾りかすは家畜の餌になる。かなり競争率の高い実だそうで。

搾りかすがオカラみたいな感じになったから、とマインが工夫して料理を作ったりしてましたが。

 

それによってルッツを餌付けして。

力も体力もないマインだけど、ルッツはその知識で助けられたから、マインのフォローをしてくれることに。

この後も長く続き、色々と関係が変化する二人ですが、その始まりだと思うと感慨深い。

 

トーゥリの洗礼式のために、髪飾りを作ったり。

門でオットーの手伝いをしたり。少しずつ出来る事を増やしていってるマインですが……

本を読みたいという目的に近づいているような、遠ざかっているような。

 



本好きの下刻上~司書になるためには手段を選んでいられません~ Ⅰ 本がないなら作ればいい!

 ico_grade6_3h

「もうダメかも…と心配しているよりはちょっと変でも元気なほうがいいわ」

「トゥーリも大変だけど面倒をみてあげて」

 

本好きの下剋上本編コミカライズの1巻。

かなり丁寧に描いてくれていて、何度も読み返してます。

現代日本で本好きだった本須麗乃。不幸な事故で無くなった彼女は……気がついたら、マインという虚弱な少女になっていた。

しかも、その世界、地球ではないようで……よくある異世界転生モノなんですけど、元々の作品の設定が作り込まれていて、好きなシリーズです。

 

本が好きなマインは、この世界でも本を読みたいと願いけれど……

マインは貧しい家の子どもで、おまけのまだ製紙・印刷技術が発展せず、本が高級品であることも相まって、彼女が本を読みたいと願っても、到底かなわない。

生活環境も良くはなく、色々と苦労が多いですが……

 

多くの本を読んでいた事。また、母親が多趣味というか、色々と興味がうつろいやすい人で巻き込まれていたから知識があった事。

それらが幸いし、簡易シャンプーを作ったり、パピルス作ろうとしたり知識を有効活用してますが。

成功したり失敗したり。虚弱な体、物資も乏しい。そんな環境でも諦めずに試行錯誤し続けるマインの強かさが結構好きです。

あまりに本好き過ぎて暴走するのはどうなんだ、と思わなくはないですけど。そのエネルギーがなかったらまいんじゃないから難しい所です。

変わった言動をするようになったマインを叱りつつ、なんだかんだ付き合ってくれる家族がいいですよねぇ。



ゆくゆくふたり

ico_grade6_3h

「じゃあこれから頑張っていこっか お互い…」

「そっそうですね! お互い…一緒に」

 

もうなんというか、尊い……(語彙力)。

ピクシブ掲載時から読んでいて、書籍化するという事で迷わず購入。

いやぁ、もうこのカップルは可愛くて見ていて本当に頬が緩むというか、遠くから見守りたい感じがします。

 

はじまりとおわりに描き下ろしが加わっていて、いつでも幸せそうで良かったなぁ、という感じ。

4話のせまいまちが好きです。恋人と待ち合わせ中友人と出くわして「彼氏と待ち合わせ?」「ただの知り合い」と照れ隠しで答えて。

それを聞いた彼氏がすすけていたのが……そしてその話の最後、盛大に彼氏が居ることがバレて、もだえてるまるちゃんが可愛い。

 

大学生と高校生の彼氏彼女。

先輩が卒業する時に交際がスタートした、不慣れな二人の恋人模様が、本当もう……可愛い。

かなり癒されました。



ダーウィンズゲーム14

ico_grade6_3

「だけどお前は相手に期待しすぎなんだよ」

「見せる必要がねえ技は見せねえのが当然だろ 別に手を抜いたわけじゃねえよ」

()

「お前が挑んだのはDゲームだぜ 格闘試合じゃない」

 

ダーウィンズゲームに巻き込まれ、その最前線で戦い続けているカナメ。

それ故に日常生活は切り捨てていて。……以前のエイス絡みの時に自宅を拠点としなくなった、って言うのも理由ではあるでしょうが。

日本邑の住人の保護をタゴナカ達に頼んだ際、学校経由で捜索願が出ていると聞かされて。

手続きの為に、シュカを伴って学校を訪れたカナメ。

 

……何やらかなり荒んだ雰囲気になっていましたが。

養殖がおこなわれているようだ、と察したカナメはそれを潰しに行きましたが……

流れるように攻撃しかけられる辺り、箍外れてるよなぁ。だからこそのA3位なんですけど。

いやまぁ、最凶進化同好会の皆さんはご愁傷様です。敵に回した相手が悪かったんだよ……

 

顔見知りだったらしい同好会のメンバーに泣きつかれたイヌカイがカナメに喧嘩吹っ掛ける場面もありましたが。

カナメと戦えるシチュエーションがあるから使っただけで早々に同好会のオオサコはどうでも良いとか言ってたのには笑った。

 

一方で、リュウジ達は、タゴナカからの連絡があり「圏外村」の視察に行くことに。

アプリの解析を続けているレインも何やら確認したい事があって、同行しています。

スイやオージも同行していますが……クランに属している者が居ない筈の圏外村でスイはエイスのジャケットを来た男を目撃して。

 

クラン戦を仕掛けて、カナメの特権でポイント全損したから、クランメンバー全員死んだはずですけど。

途中脱退とかあの王が認めるはずもないし、幻覚系の異能か……? いやでも明らかに最後リュウジに攻撃しかけてるから実体あるよな……続きが気になる。



ダーウィンズゲーム13

ico_grade6_3h

「君の――君たちの未来を選ぶ時だ」

 

見事カネヒラの異能の種を見破り、本体を見つけたカナメ。

狙撃を見事命中させますが……カネヒラもAランカー、簡単にやられてくれるはずもなく。

自らの異能で発動した分身を盾にして、弾丸を逸らすことに成功していました。

流石に腕に一撃貰っていましたが……負傷しても即座に離脱行動に入れる辺り、流石にイベントを生き延びて特権を得ているだけのことはある、って感じですねぇ。

まぁ、今回はカナメの方が上をいったわけですけれど。

 

そして、カネヒラの追撃よりもこの騒動の決着を優先し、信号弾を撃ちあげて。

保険屋に唆された連中は、カネヒラが負傷し逃げ出した――つまり自分たちの負けを突きつけられ、保険屋一派は降伏。

ゲーム内でかなり優位な状況を獲得しましたが――イベントはまだ終わらず。

そんな中で、この邑の守り神アラバキ様からカナメは呼び出され、衝撃の事実を明かされたりしています。

 

カナメ達とは別世界の、いうなれば「ダーウィンズゲームのGM」だった男。

何がしかの目的を達成するために動き、失敗し、力を失いつつある男。

イベント会場となっている島にアメリカ海軍が介入したり、GMの配下であるオボロとGMの思惑によりイベント勝者がカナメにされたりと、これまでとは違う雰囲気も出てきましたねぇ。

 

なるほど、ゲームはこれからが本番というわけだ。この調子で、ダーウィンズゲームの影響がどんどん拡大していくんだろうか。

……少なくともサンセットレーベンズは扶養家族が増えて、国家権力との交渉まで発生してややこしくなりそうな状況ではあります。

カナメたちは向かう所敵なしって感じですが、その快進撃を快く思わない連中も居て、他国のランカーを呼び寄せたりとか、正気を疑う行動をしてますが、さてどうなるやら。



ヲタクに恋は難しい5

ico_grade6_3

「ちなみに今なるの新刊ってどんなカンジ?」

「まだネーム!!!」

 

カラーで二藤が同僚と交流していましたが。

途中まで必死に言葉を飲み込んでいたのに、最後ぽろっと本音がこぼれてしまったのが彼らしくて笑える。

 

夏祭りに浴衣で行ってるいつもの4人。

少しずつ変化が見られて、それを喜んでくれる相手が居るって言うのは幸せですね。

……その先輩、二人から「魔除け」扱いされてますけどね!

 

女子二人がコミケに向けた準備をしてるエピソードが笑えた。

写真が送られてきて、察する樺倉と成海の顔見て草はやしてる二藤よ……

「これでやっと本気だしてレイヤー沼にひきずり込めるわね」「許して」って言う女子二人の会話も笑えました。

日々楽しそうで、趣味を同じくする友人というのは貴重だなぁ、と思える話が多かったですねぇ。




同居人はひざ、時々、頭のうえ。4

ico_grade6_3

「事情はまったく わかりませんが」

「どうやら素敵な偶然があったみたいですね」

 

押守さんに素晴が作家であることがバレて。

以前話題に出た時に言葉にできなかった秘密。それが予期せぬ所で発覚してしまったわけですが。

素晴の方はかなり内心ハラハラしていたようですが。

押守さんが何で行ってくれなかったのか、とか言い出さずにほっとしました。

「私はまだびっくりしてます」のコマの押守さんがカワイイ。

                                                                                                                     

そのあと、弟からのメッセージ伝え損ねたのと、なんて説明しようかとあわわわとなってるシーンとか。

話と話の合間にあったカットイラストで弟と対面し「落ち着いて聞いてね…?」っていう場面も中々。

 

友人の大翔の妹と友人がハルちゃんに会いに来たりしてました。

ごはんを食べない素晴を心配している彼女視点のエピソードもいい感じですねぇ。

自分のご飯を食べきってから、素晴に食べさせないといけなかったのに! となってから彼の近くにいって机を見た時の「いっぱい あるわ」とか笑った。




プロフィール

ちゃか

 友人に「活字中毒っていうか読書中毒」と評される程度には本が好き。適当に感想を書いていく予定。リンクはフリーでコメントはご自由に。悪質と判断したものについては削除する場合があります。

アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索