気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

その他

同居人はひざ、時々、頭のうえ3

ico_grade6_3

(ぼくの書いた小説が 誰かを あんな風に)

()

(あの ひとつひとつ 誰かが 生きているんだな)

 

昔から一人で日々を過ごしていた素晴。

誰かと好きな本の話をしたりする……なんてことも無く。

ただ、猫の陽の影響で交友範囲が、彼に見えている世界がどんどん広がっていって。

 

押守の家では、彼女の弟と遭遇して。

彼は、素晴の小説に最近はまっているようで、作者に作品をオススメするなんて状況になっていました。

友人の大翔が兄弟姉妹引き連れて陽を見学しに来る話も乗ってましたねぇ。

 

陽が小さい子は弱い、弱い者いじめは良くない、と子供たちに付き合ってあげてるの偉いなぁ、と思いました。

実家で飼ってる猫は、家の住人以外が怖いのか、ピンポンなっただけで高い所にげたり、隠れたりするので、あんなにぞろぞろと押しかけたら多分姿も見られないだろうな……

 

素晴も、心境の変化があってこれまでやったことのなかったサイン会を行う事に。

サイン会をやるとなった時点で予想してましたが……最後に押守さんがやってきて、作家という事がばれましたが、さてまた素晴がテンパって心中大惨事になりそうですが。

単行本待ってたんですが、今回はWEBで先に読んでしまおうかな……まぁ、WEBの最新が3巻の最後のエピソードなので、WEBの方でもちょっと時間かかりそうですけど。

 

 

アルボスアニマ3

ico_grade6_3

「恵まれてなきゃ生き方の清濁なんて選べないさ」

(略)

「俺はお前がいてくれたら助かるよ ラジャード」

 

ラシャードが抱えている物が重いというか。

彼は彼で大変不器用だよなぁ。ノアの方も、能力故かリアルに温室育ちの生かそのあたりの機微に疎いからなぁ。

 

アスカムからの伝言を受けて、一人行動を起こしたラシャードを心配して追いかけたノア。

危なく一人で死んでるところでしたけど。何とか助かって。その代りラシャードとちょっとギスギスしてしまってましたね。

まぁ、この辺りで一回喧嘩しておいた方が、後腐れなさそうですが。

彼の回想で父親の描写が増えましたが……自由な人だったんだなぁ、とひしひしと感じましたが。

 

アスカムが雇った連中と追いかけっこしながらの探索。

起源追想の危険性なんかも、ここに来て明らかになりましたが……実行中に無理やり話されると死ぬって。それが分かってるってことは、過去にそれが行われたってことで……

アスカム一派と接触してしまいそうな状況ですし、かなりヤバそうですけど、どうなるかなぁ。

 

カバー裏の「知らない隣人」と、巻末会議が相変わらずのネタ具合で笑った。

お前等、今本編がシリアスなのに何をしてるんだ。

まぁ前作『虫籠のカガステル』の巻末もクライマックスまでこの調子だったと思えばいつも通りですね!

 

思春期ビターチェンジ6

ico_grade6_3

「やらん」

「お前にだってユイはやらん」

 

転入生に「入れ替わり」の会話を聞かれたかもしれない。

確認するのも怖いが、確かめないわけにもいかず。

佑太が小泉さんに、接触して……やはり聞かれていたのが確定。

そうしたら話を聞いた彼女が「入れ替わっている相手」にもあってみたいと言い出して。

 

佑太はそれを拒否しますが……

その後和馬との相談中に小泉さんと出くわして、入れ替わりの相手を誤解してました。

もっとも和馬は、コレは好都合だからこのまま誤解させておこう、と言ってますが。

いや、ホント彼が居てくれるからこそ佑太と結衣の危うい状況が何とかなってるので、本当頼りになりますな。

 

しかし、今回その頼りになる和馬の家の方で問題が起きて。

母親が倒れて家の事に専念するため、学校にも来ず。

それを二人に伝えず、自分で対処しようとしてるんだから、強いよなぁ。

……最も無理がたたって結衣が訪問したときに倒れてしまってましたが。逆に結衣がいるタイミングで良かったね、といいますか。

入れ替わった二人がそれぞれの思いを自覚し始めたようですが……この気持ちが何処に辿り着くのか、着地点が見えないからなぁ。

あまり不幸な結末になってほしくはないですが、さてはて。

 

変則系クアドラングル4

ico_grade6_3

「――だいぶ参ってきたんじゃない?」

()

「大切なものをすくうなんて 本当は最初から不可能なのに」

 

期末テストも終わり、4人で海に遊びに行くことに。

前回の事件からミオはセキュリティ強化に奔走しているとかで、顔を出していないようですが。

また時喰いが現れたら、という不安はあるけれど。せっかくの機会だから楽しもうと、少しは前向きな感じ。

 

4人で交流するようになって。

そこそこ付き合いも深まってきたのか、色々と相談したりとかもしていますねぇ。

「やり直し」に参加しているくらいだから、悩みとか色々根深そうですが。

黒崎が「4人のうち俺だけのけ者みたいだし」と空き時間に顔出したりと変化も出てきてるんですよねぇ。

 

文化祭の準備に打ち込んでいる中、槇に過去の過ちが――あるいは、未来の残酷さが突きつけられて。

やり直しの最中、あるかもしれない可能性にすがって罪と向き合っていた彼にはかなり痛い一撃ですなぁ。

そして、槇の前に「未来」を知る相手が現れて……ってまさか。ネタキャラかと思っていたら意外と重要人物だったのか。

接触したところで今回は終わっているので次回以降、わざわざ出張ってきた相手が何を語るのかが気になりますね。

 

詐騎士1

ico_grade6_3
「私はあまり長く生きられない身体だと言われております」
「やりたいことを やるんです」
 そして これは ルーフェス様のお心だ

そうたとえ相手が姫君だろうと 私はこの嘘をつき通さねばならない 
 

正直懐かしいと思いましたが。

単行本版で読んでましたよ、途中まで。いや、残りも買ってはあるんですけど積読の山に埋まったまま発掘されてないので、実はどう終わるのか知らない。

完結巻まで読み終わらないうちに外伝の薬草魔女でしたっけ? だとか文庫版とかも出てるんだよなぁ。

いい加減発掘するか……

 

閑話休題。詐欺師な騎士の少女の話です。

性別、年齢、身分、余命すべて詐称して騎士として活動している少女ルゼ。

貴族の義務として複数の男児がいる家には兵役が課される。

けれどある一族の次男は体が弱く余命宣告を受けている身。

その為、少女が男装して「ルーフェス」として騎士団に所属して……色々と騒動に巻き込まれていく話です。

 

女子であること、本当のルーフェス自身が病弱であることも含めて騎士として動くのは大変そうですが……

ルゼには魔術の才能があって、それで不足を補ってうまくやってます。

能力故に面倒事に駆り出されたり、王子と対面する羽目になったりと、代理としてそんな騒ぎに巻き込まれ行っていいのかと思わなくないですが。

ルゼが生き生きとしてるので、読んでいて楽しく感じる。割とサクサク進んでますなぁ。原作もこんな感じだったろうか。

……今度読み返そう。

詐騎士 1 (Regina COMICS)
かいとーこ
アルファポリス
2016-07
 

ふたりべや 3

ico_grade6_3
「先生は進路学部どうやって決めたんですか?」

「俺は…まあ適当だ 参考にするな」

「お母さんは?」

「私はあみだくじで決めたわ~ なつかしいわぁ」

 

桜子とかすみも三年になり。

影響を受けた桜子の妹雛子も入学してきて。

かなり賑やかになってきましたねー。

進路の話なんかも出てますし、桜子たちが卒業するあたりでシリーズ完結とかになるんでしょうか。

三者面談もありましたが……桜子の母がかなりゆるかったなぁ。この子にしてあの母ありというか。うん。あみだで進路決めるとか。

 

巻頭のバレンタインイベントから始まって花見とかやってるので24月あたりのエピソードですな。

間に入っている特別篇が「学校の七不思議」の話なので、ちょっと浮いてたかなぁ。

まぁ発売時期からすれば、そこまで変ではないかもしれませんが。

 

しかし相変わらず楽しそうですねぇ彼女たち。

闇鍋やったり、かすみがバレンタインでモテモテだったり。

芹と硝子も一年たって仲が深まってるようですし。芹の方が微妙に距離感計りかねてる部分ありますが。彼女お嬢様だしな……

 

雛子が進学で悩んだりするエピソードもありましたが、無事合格していて何よりです。

やっぱりこのマンガはゆるーく楽しい雰囲気で会ってほしいですし。

描き下ろしの「ふたり童話」なんかこの作品に求めてるものをまとめた感じですな。なんかもう楽しそうだからいいや、みたいな。
画像が電子版しか出なかったのでコレを乗せてますが、紙の書籍を買ってます。電子版だとおまけついたのか……

 

同居人はひざ、時々、頭のうえ。2

ico_grade6_3

「……お前 よくもしれっと帰っ…」

「………おかえり…」

 

家に乗り込んでいた不審人物は素晴の幼馴染だったようで。

十年以上の付き合いだとかで勝手知ったる他人の家と乗り込んできたようです。

見知らぬ人に驚き出て行ってしまったハル。

すれ違ったままになってしまうのか……と思いきや、思ったより帰還が早かったですなぁ。

 

ペットを飼うのも初めてなので定期検診に行くのも一苦労。

作家を生業としていて、締め切り前なんかは不規則になるので「とりあえず」で大量にガーッと餌をやっていたり。

そしたら、ふっくらとしてきちゃって、ダイエットさせなきゃという話に。

 

ペットショップの店員さんとエンカウントして助言をもらってますが。

この人もお人よしというかなんというか。

普通こう上手くはいかないだろうなぁ、という感じはします。

けど素晴のコミュニケーション能力低いから、向こうから来てもらわないと話進まないよなぁ。

不器用だけど真面目だから。周囲の人に助けられている。素晴の世界が少しずつ広がっているのを見ると、なんかほっとしますな。

 

 

折れた竜骨2

ico_grade6_3

「何も見落とさなければ真実は見いだせる」

「理性と論理は魔術をも打ち破る」

「必ず そう信じることだ」

 

ソロンの領主は暗殺騎士の刃に倒れた。

……デーン人の問題もあるし、領主が死んだ以上は息子が継承するわけでその辺りの問題もあったりしてややこしいですなぁ。

とりあえずはアミーナが、ファルクに調査を要請し同行することに。

 

魔術を用いた調査によって、暗殺騎士が動いている事が明らかに。

今回使われた魔術は「強いられた信条」。

血を手に入れた相手を「走狗」とし、その人物に相手を殺させる術。

しかも走狗には走狗の自覚がなかったり……とかなり厄介なもの。

 

ただし、状況からして容疑者は8人。

彼らに犯行が可能であったかを調査していきます。

魔術なんてある中で、真相を掴もうとするファルクの姿勢が結構好きなんですよねぇ。

中々いい感じです。が、じりじりと進行していくので、原作読み返したくなりますなー。

折れた竜骨(2) (ファミ通クリアコミックス)
ファミ通クリアコミックス
KADOKAWA/エンターブレイン
2016-07-15
 

折れた竜骨1

ico_grade6_3

「要請は重んじるが約束はできない」

「君が捕えたのなら君の獲物としてよいが もしわれわれがその暗殺騎士を捕えたときはどうする」

「その場合は 我が剣と名誉に賭けて暗殺騎士を告発いたします」

 

魔法が存在するファンタジー世界でのミステリー。

「古典部シリーズ」などを書かれている著者、米澤穂信の原作をコミカライズしたものですね。

 

アミーナが思った以上に可愛く描かれていましたねぇ。

海の向こうから来るものを好む、領主の娘。

彼女が、遥か当方から来た騎士と対面したところから色々と動き出します。

まぁ領主が傭兵を呼び寄せていたりと、水面下では既に動いていたのが、この出会いによって表に出てきたというのが正確でしょうか。

 

ソロン諸島に伝わる伝承。

デーン人。村を襲い男を殺し女を奪う伝説の悪鬼。

彼らが攻めてくると領主は言い、それに備える為に行動していた。

一方で領主の娘が連れてきた騎士の目的は、外道に落ちた「暗殺騎士」の始末。

魔術を扱う彼らは、高額な褒章を求める……故に狙われるのは、その額に見合う重要な人物である、と。

色々と情報が出てきたところで、最後で事件が起きて……上手い構成ですなぁ。

 

アルオスメンテ6 

ico_grade6_3h

「何故できない」

「命を捨てる者をとめるのに おまえは命を惜しむのか」

「だからおまえは俺より弱い」

 

今回はダンテとランテ、そしてリヒター騎士団長の話が描かれていましたが……

あぁ、これは厳しいというか。ただ心が痛い。

神託士を排除する国が出てくるのもうなずけるというか、騎士団の面々の心中を察するに余りある。

 

リヒターにも悩みはあった。

「黒い戦車」を生かしてしまった事。本来なら、あの時に見捨てておくべきだったのではないか。

キアンの策に納得できる部分もあった。部下には恨むなと諭していた。けれど、悩みは尽きず心は淀み……悪魔の誘いに心が揺れかけた。

そしてそこをレグナが拾ってしまい……本当にこれは誰を責めればいいんだろうか。

引退した後もキアンの名で戦車を動かしていた元老院の面々かなぁ。

 

幼き時に、アルオスメンテを実行していた双子。

レグナとは対照的なボロボロな環境ではありましたが……驚きの速度で答えを導き出してましたね。

双子サイドで見ると、かなり神託ってのは胡乱な存在に見えますなぁ。リヒターが投獄されるまでの流れを見ると、レグナが聞いた強い殺意の正体も本当に陛下に向かっている物なのか怪しく思えてきましたが。

さて、レグナは真相に辿り着くことが出来るのか。……かなり父親世代の因縁とかも含めて複雑に絡んでる感じがしますので、何をもって真相と言うのかもあやふやですがね……

 

 

livedoor プロフィール
アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索