気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

その他

アルオスメンテ6 

ico_grade6_3h

「何故できない」

「命を捨てる者をとめるのに おまえは命を惜しむのか」

「だからおまえは俺より弱い」

 

今回はダンテとランテ、そしてリヒター騎士団長の話が描かれていましたが……

あぁ、これは厳しいというか。ただ心が痛い。

神託士を排除する国が出てくるのもうなずけるというか、騎士団の面々の心中を察するに余りある。

 

リヒターにも悩みはあった。

「黒い戦車」を生かしてしまった事。本来なら、あの時に見捨てておくべきだったのではないか。

キアンの策に納得できる部分もあった。部下には恨むなと諭していた。けれど、悩みは尽きず心は淀み……悪魔の誘いに心が揺れかけた。

そしてそこをレグナが拾ってしまい……本当にこれは誰を責めればいいんだろうか。

引退した後もキアンの名で戦車を動かしていた元老院の面々かなぁ。

 

幼き時に、アルオスメンテを実行していた双子。

レグナとは対照的なボロボロな環境ではありましたが……驚きの速度で答えを導き出してましたね。

双子サイドで見ると、かなり神託ってのは胡乱な存在に見えますなぁ。リヒターが投獄されるまでの流れを見ると、レグナが聞いた強い殺意の正体も本当に陛下に向かっている物なのか怪しく思えてきましたが。

さて、レグナは真相に辿り着くことが出来るのか。……かなり父親世代の因縁とかも含めて複雑に絡んでる感じがしますので、何をもって真相と言うのかもあやふやですがね……

 

 

天賀井さんは案外ふつう2

ico_grade6_3h

「何を以て偽物と言うか だな」

(略)

「元の素材と変わってもそこに宿る魂に違いがなければ」

「それは本物と言えるのではないか」

 

日常系伝奇コメディを謳うだけあって、全体的にゆるーい感じが。

結構好きですけどね。真木の独特な雰囲気とか。……彼の両親はちょっと受け入れにくい部分がありますが。

あの親が干渉してくるとなると真木との交際は中々大変だったろうなぁ。

西陣先生の先行きが明るいことを祈っております。

 

化け物の形見を管理する部活。

色々と考えた末に作られているみたいですね。

役所が管理の仕事をしていたけれど、税金の使い道として追及されたときに面倒臭い。

だから、部活という体裁をとって管理している。

 

此れには、維持管理は形見を持たない第三者が公平に行うため、という思惑もあるようですが。

意外と作りこまれている、と言いますか……形見を交換するシステムなんかもあったり、市全体が化け物の形見を維持するために上手い事利用されている感じはあります。

この辺り、武流さんにも指摘されていましたけれどね。

 

彼が立てた仮説はかなり面白い意見だなぁ、と思いましたが。

それが真実らしく……おまけに蓬莱側からも、天賀井家の見張りの役目が一時休止になったりと一気に動きそうな感じですが。

とりあえず、真木の失われた記憶がよみがえるところからでしょうか。


 

変則系クアドラングル3

ico_grade6_3

「今はまだ いつかは消える幻想の中で 青春ごっこをしているがいい」

 

それぞれ事情があって、だからこそやり直しに挑んだ4人。

槇は千野に対する負い目以外にも、家族に対して思う所があって。

父親が過労で亡くなって。仕事に真剣な父を尊敬していたけれど、それによって倒れてしまった。

母と妹はそれでも何とか前を向いて行こうとしていたけれど。

槇自身は過去に囚われてしまって、荒れていった結果が本来の時間軸なのだと。

 

これは苦しい。自分で壊してしまったもの。

本来あったはずの形をまざまざと見せつけられているというんだから。

同じような苦しみを持っているメンバーに焚き付けられて、とりあえず家に帰った槇。

とりあえず受け入れることが出来て、少し進んだかと思いきや。

今度は別の問題が発生して。

 

このやり直しの世界から、千野の姿が消えてしまった。

ミオの手引きではない……ってことですが、向こうには向こうの言い分もありそうです。

というか、あのシルエットに見覚えあるような……えー。

とりあえず、槇がなんとか彼女を取り戻すことに成功しては居ましたが。

黒崎が一人でミオに確認していたある事実。千野言葉は、条件付きでやり直しをしているとのことで、まだまだ先行きは不安ですね……


あせびと空世界の冒険者5

ico_grade6_3

「彼女は仲間です 死なせるわけにはいきません!」

 

とりあえずグラムたちの元から離れたユウたち。

あせびの正体が知られてしまったので、隠れたほうがいいんじゃ、とユウは言いますが。

彼女はユウと一緒にいることを選んで。

 

あせびと一緒に帰還した船長。

彼が借りたウォルデシアの船。壊して沈めるように指示を受けていたのでそうしたそうですが……

船長もかなり強かで。雲が濃く大気が有害なため人が住んでいない低空域大陸と呼ばれる島があるエリアに沈めたとか。

まだ船が残っている可能性は高い。その為ユウは船から技術とか情報を取ってきて、古代大陸へ行く手がかりにしようとしてるみたいです。

 

我欲で妨害しようって輩がいて、気に食わないなぁ。

あれだったらまだグラムの方がマシだ。

是非とも無事に戻ってアイツに痛い目見せてほしい所です。

船の機関がやられたためちょっと無茶な手に出てますが……ここでユウまで倒れると衛士いなくなって帰還絶望的なんですが。

 

巻末のオマケ漫画であせびのスペックについて話がされてましたね。

同じ人型モジュールで、ダリアと同じような速度で動けなくもない。けれど、その動作を制御するプログラムがないため、壁に激突したりするから、結局は使えないとか。

この辺りは戦闘用とか目的に応じてプログラム構成が違ってるって事でしょうかね。気になるところです。

 

魔法使いの嫁5

ico_grade6_3h

「老いて死に向かうことは…恐ろしい」

(略)

「――しかし変わることは悪ではない」

 

リャナンシーとジョエルのお話。

残り僅かな時間。それをどう過ごせれば一番いいのか。

チセはエリアスにわがままを言って、少し手を貸してもらう事に。

「私は私に笑ってくれた人たちには 私のために 笑ったままでいてほしいだけなんだよ」。

 

妖精を見られるようになる、塗り薬。

それを作り、わずかな逢瀬の時間を与えたチセは少し成長できたのかな……と思ったら、根を詰め過ぎてぶっ倒れてましたね。

妖精の国に運ばれて、そこで治療を受けることに。

チェンジリングなんかも出てきて、また色々とお話を聞けました。

 

一人残されることになったシルキーのお話も良かったですねぇ。

彼女の過去。かつていた家が滅び、廃墟の前で一人たたずむ少女。

他の妖精に声をかけられて、どこかへ歩こうとして……辿り着いた先。

うん、やっぱり彼女はこの作品の癒しですね。和む。

魔法使いの嫁 5 (BLADE COMICS)
ヤマザキコレ
マッグガーデン
2016-03-10
 

彼岸の石

ico_grade6_3h

「俺の経験によると いい結果を期待して願ったものは大概ろくな事にならん」

「…不安になるこというなよ」

「だが 悪い結果ばかり浮かぶ『願い』は逆かもしれん」

(略)

「おまえが不幸になれば 誰か幸せになるかも知れんぞ」

 

願いを叶える石を体に持つ男、露華。

彼は、願いを持つ者も前に現れそれを叶えていく。

喋るカラスを伴い、旅をする彼は、ある街で芝居一座に身を置く楠成と出会う。

彼は願い……というよりは悩みを抱えている男で。

 

「女の顔が分からない」。

白く塗りつぶされたように見えて、区別が出来ない。

でも、自身の見目は良いもので、女がよって来たりする。

それによってすれ違いが生じて……居づらくなって旅に出る、なんて逃避を続けているわけですが。

縁あって楠成と露華は旅路を共にすることに。

 

途中、露華の前身についても触れられていましたが……

元々は大きな石であり長い事大切にされていたため、力を持った。

意識を持った彼は、人々には見えなかったが……願いは聞こえていたため、時に力を使い、村を助けていた。

けれど、それは代償を求めるものであり。こちらの村に雨が降ればあちらに降らず、と言った感じで。

歪みが蓄積されていった結果、砕かれて……年月を経て、また形を作った。

 

そして、旅路の果てに二人はそれぞれの求めていたものを得て。

1冊で綺麗にまとまっていて良かった。

 

 

ヲタクに恋は難しい2

ico_grade6_3

「俺も 成海のことはもう手遅れと思って諦めてます」

「どっちが手遅れかおしえてやろうかぁあァアア」

 

巻頭のカラーが良いなぁ。

コスプレさせたい花さんとそれを回避したい樺倉のやり取りが。

ご丁寧に訳注までついてるし。

喧嘩するほど仲がいい、と宏嵩が言ったように傍から見てると楽しいですね。

……宏嵩はその後、成海の導火線に火つけるんですけどね!

喧嘩していたはずの二人に仲裁に入られるとか、楽しそうだなぁ。

 

宏嵩の弟が登場。

非オタクで、ゲームがドヘタ。社交性も高そうで、兄とは正反対ですが。

仲は良いみたいですね。兄にちゃんと恋人がいるって言うのを聞いて、それがよく知ってる相手だと知って。

安堵の涙を流してましたから。できた弟や……

 

番外編の「かわいいはつくれる」からの「かわいいは金で買える」の流れがすごい。

……浩嵩も樺倉も付き合いいい、というか。ものでつられたりしてますけどね……

「いきなり何言ってんだ?」「何煽ってんだ!」「お前らには届かないのか!? 俺の声は!?」からの次のコマが、もう……笑う。

今回も腹筋にダメージ来たり、共感できる部分があったり、良い展開でした。

相変わらず「恋は難しい」と言いつつ、十分恋愛している作品でしたが……宏嵩が成海をデートに誘ったところで終わったので、3巻はさらに糖度アップしてそうで怖い。

 

現代魔女図鑑5 

 ico_grade6_3

「私のものなんて一つもないよ 当摩も 当摩にいる全員のものだよ」

「マリ 考えてね…」

「みんなの当摩がこれからどう変わっていくのか みんなで」

 

当摩の街に、魔女の技を悪用する組織が手を出そうとして来て。

大魔女様の弟子とか、当摩の魔女たちがそれぞれに出来る事をして、それを撃退する話がありました。

当摩は魔女の街、と呼ばれて花火とかで親しまれていますが……この世界、薬に魔法をかけて~とかいわゆる魔女っぽい魔女いたんだな……

いやまぁ、悪魔とか色々出てきて何を今さらって感じではありますけど。

                                                                                                           

当摩の街が出来るまで。

大魔女様が当摩を救っていないという言葉の意味。

これまでに描かれた、多くの魔女の力で、彼女は自分の成すべきをなした。

自分のものなんて何もない、と大魔女様は言っていましたが。

単に先払いだっただけで、これまで積み重ねてきたものが、ちゃんとあるじゃないか。

 

大魔女様の背負っている物を描く、という意味で、今回は一貫していた気がします。

これはこれで結構好きですけど、やっぱり一巻の予言の魔女みたいなエピソードが好きだったので、その色が薄れてしまったのは少し残念だったかな。

でも、きっとまた読みます。いいシリーズでした。

 

虫籠のカガステル7

ico_grade6_4h

「どこでどう生きたっていいさ 眼と耳塞いで選んだ人生じゃないならな」

「…どうせ言い訳じみた覚悟しかできないんだ」

「だったら…声も姿も思い出すときは 首の骨を砕く音と共にでも構わない」

「怯えながら一緒に生きてみたいんだ」

 

商業版カガステル、最終巻。

アドハムも……彼は虫籠を作り、独裁的ではあったかもしれない。

けれど、カガステルという奇病が広まった世界において、未来を見て動いていた。

「理想も野心も…掴めなければただの狂気だ」と自分の行いをしっかり自覚している。

だからこそ、多くの兵隊が彼についてきたんでしょうけど。

 

イリがフランツと通信で会話できたのは良かったなぁ。

「グリフィスが本当の父なら良かった」と叫ぶイリに、「タニアが自分を選んでいなかった可能性」を考えたことがなく……それは嫌かもなぁ、と零したフランツ。

全く勝手だよなぁ。他に色々と見えすぎるせいで、結局自分の大切にしていたものが見えていなかった様だし。

 

一方で、因縁の相手と対峙したキドウ。アハトと三度目の戦い。

バケモノでありたい人間と、人殺しの駆除屋。

この男どもは不器用ですねぇ、ホント。

キドウが剣を離した時のアハトのきょとんとした顔が良いですね。

純粋な人ではなく、かといって虫にも届かず。泣き言を漏らすあたり、年相応の部分が見られて、少しほっとしました。

随分穏やかな表情を浮かべることも出来てましたし、「自分の生きる道を探す」と一人で動き始めた彼も……いつか居場所を得られることでしょう。

 

そして巻末の短編は、グリフィスのエピソード。

A区へ逃げた後、物語が始まるまで。彼がイリの父親として生き、キドウ達へ託したモノ。

もう一つは……彼がみた、夢の話。

こんな世界がありえたのなら。あぁ、それはきっと幸せだったろうなぁ。最後にこの話を差し込んでくるあたりは、卑怯だ。

良いシリーズでした。……後書きとカバー裏が相変わらずで、ここまでくるともう流石としか言えない。

 

お酒は夫婦になってから 3

ico_grade6_3

「あなたはこれからも、ボクを夫として愛することを…誓いますか?」

「はいっ! ずうっと誓います ソラは?」

「もちろん一生愛しますとも」

 

お酒を飲んだちーちゃんは可愛いなぁ。

ホラー映画を見ていて怖がるちーちゃんにお酒を飲ませて。

甘々モードになった彼女が、怖い場面で抱き付いたり、しまいにはべったりになるあたり幸せそうで何よりですね……

一話が短いのに大体甘いから、こう胸焼けしそうです。

 

ちーちゃん、お酒好きなのに、弱いからなぁ。

ブランデーチョコ一個で口角緩んで、いつもの癖で「しふくという所だった」と慌ててる様も見てると楽しい。

徹底して外では飲まずにいるようですけど……その会社の人、割と酔うと人変わるから、ちーちゃんも一回振り切って飲んでしまえばいいのに。

 

まぁ、主任ともなると色々難しいのか。

ちーちゃんの性格的な問題もあるのかもしれませんが。

ソラが家で上手い事甘えさせてるから、仕事とのバランスとれてるんですよね。

この当たり、いい夫婦だなぁと思います

付き合うまでを描いたエピソードなんかも描かれて、この夫婦はいつまでも糖度たっぷりだな……砂吐けそう。

 
livedoor プロフィール
アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索