気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

スクエア・エニックス

ヴァニタスの手記3

 ico_grade6_3

「でもオレは あんたという人間には興味があります」

「あんたがやろうとしてること…その結末を見届けたい!」

 

仮面舞踏会での騒ぎも何とか幕。

ヴァニタスが消されそうになっていましたが……元老院の一員であるというルスヴン卿が登場して、仲裁。

ヴァニタスとノエを客人として迎える、と宣言し取り合えずひと段落していましたが……

 

その保護された先で、相手に喧嘩を売るんだからヴァニタスは本当に自分の欲求に素直というか手段を選ばないというか。

ノエの先生というのも未だに謎が多いですよね……かなり高位の相手らしいルスヴン卿も知っているほどの相手ではあるようです。

……ノエの先生はルスヴン卿をひどく嫌っているそうですが、それをルスヴン卿当人が笑って口にするもんだから、どういう関係なのか本当謎ですな……

 

舞踏会でのヴァニタスの主張を受けて、ノエは彼と付き合う上での立ち位置を決めたようですけれど。

当初から語られて居たように、これは終わりが約束されている話なわけで。

このデコボココンビが結構見ていて楽しいんですけれど、「手のひらからこぼれおちていったもの 護ることが出来なかった人達」がこれから描かれると思うと、ちょっと怖い。

 

吸血鬼の重鎮にヴァニタスが喧嘩を売って険悪になったと思ったら。  

また別の事件が起きていて、その調査に赴いた先で更に教会の対吸血鬼部隊なんてものとまで遭遇して。

彼らの人生は波乱に満ち溢れてますな、ホント……


ヴァニタスの手記(3) (ガンガンコミックスJOKER)
望月 淳
スクウェア・エニックス
2017-04-22


天賀井さんは案外ふつう4

ico_grade6_3h

「善いことをすれが良い報いがある 悪い者は必ず最後に倒される 努力すれば夢はかなう」

「それは絶対的な法則ではないけれど」

「そういう物語がいくつもあり 長く語られているなら」

「世の中そういうことがおこりうると少しは信じられそうじゃない」

 

シリーズ完結巻。

とはいえ、異界を巡る謎に関しては前回までで基本的に回収されたので、残っているのはエピローグ的な日常回ばかりなんですが。

やっぱり、この部活の面々も結構面白いキャラ多かったし、ストーリー上真木と天賀井の絡みが増えるのは仕方ないですけど、日常回ももうちょっと見たかった感じがします。惜しい。

 

部活の引き継ぎの話。

新部長を誰にするか、という話から始まりますが……真木の事情もあり、そうすると二学年が1人になるから、必然的に天賀井さんが部長を務めることに。

転校時の最初の挨拶がアレだったので、それを知る方々からはかなり不安視されてますが。

見張り番が採用される部長という中々レアな立場です。笑う。

 

部長就任後に、住職からの相談が持ち込まれたりしてましたね。

真木も居なく、西陣先生も不在の為、天賀井部長に相談する事に。

「できれば私には相談したくなかったんだけどこの際やむを得ないという気持ちがばればれですが 話くらいは聞きます」に至るまでの流れにまた笑った。

それで実際スパッと解決してしまうんだから、頭の周りは良いしスペック高いんですよね、何気に。割とポンコツな面があって、初期の失敗から不安がられているだけで。

実際、当初の騒動を知らない後輩が入部した後にはかなり尊敬を集めていましたし。

 

真木の泰然としていて、どこでもぶれない性格とか結構気に入っていたので、もうちょっと読んでいたかったなぁ、という気持ちもあるんですが。

……とはいえ、原作者あとがきによれば、連載開始前の予定と大幅に変わった点も多く在り「伏線の意味の変更などまったくもって綱渡りでした」って話もあり。

それで4巻でなんとかゴールさせるんだから流石というかなんというか。

本来の想定だとどんなルートを辿ってどんな結末になっていたのか、なんてのも少し気になりますねぇ。

まぁ、終わるのが惜しいなと思うくらいには好きなシリーズでした。このコンビでいつかまた何か作品だしてくれないものかなぁ。

 



WEB版WORKING!!6

ico_grade6_3

「足立君これで勝ったと思わないでね 今日は引き分けよ」

「村主さんはいつも俺のなにと戦っているんだろう……」
 

WORKING!!シリーズの完結巻らしいですよー。

サイトの方で掲載していた小ネタとかをまとめた感じ。

時系列がバラバラだったりします。過去の話あり、未来の話もあり、といった様子。

 

小ネタ集でそれぞれのカップルのエピソードとかをまとめたり、いちゃついている様子が描かれたりしています。

後は鎌倉父母のエピソードとかもありましたねぇ。

あっちはあっちで糖度高めというか、恋愛モード入るとアホの子になる血筋の大本を見た気がすると言いますか。

 

村主・足立カップルが好きかなぁ。噛み合っているようでかみ合っていないような……でもあれはあれで噛み合ってるのか?

要するに割とお似合いですよね、って話で。

全体的に糖度高いかネタに走った話ばかりでしたが……まぁ、いつも通りですね。笑えるエンディングだったのではないでしょうか。

WEB版 WORKING!!(6)(完) (ヤングガンガンコミックス)
高津カリノ
スクウェア・エニックス
2017-04-25


天賀井さんは案外ふつう3

 ico_grade6_3h

「あの子がいないとできなかった経験がたくさんあるし」

「第一」

「子は親から離れるものです 何も特別なことはありませんよ」

 

二人の化け物の扱いについて、蓬莱で和解が成立したため、ひとまず状況は落ち着いたようですが。

全ての真実が即座に明らかになるわけではなく……待機状態で夏休みが終了してしまって天賀井さんがちょっとテンションおかしくなってますねぇ。

まぁ、急転直下の状況で真木が落ち着きすぎって言う話でもあるんですが。

 

10年前の真相が明らかになり、真木が巻き込まれた理由なんかも判明しましたが……

真木は本当昔からあぁだったんだな……

変に落ち着いているというか、トラブルが発生しても出来る範囲で対応してのける辺り、かなり柔軟な精神をしてます。

 

真木の両親の特殊性が光っていましたが……血がつながらずとも、あの二人は立派に両親だったんだなぁ。

変人であるのにも間違いがない、って言うあたり、色々振り切った人達だと思いますが。

後書きで蓬莱側の事情については明らかにならない可能性もあったとか書かれていましたが、モヤモヤが残るよりはこうして解説が入った方が分かりやすくて好きですねー。

次回で完結となってしまうようですが、まぁ、10年前の謎も残ったらあとはエピローグだからなぁ。真木がいつどんな形で帰ってくるのか、結末が今から楽しみです。

 

ダストボックス2.5 1巻

ico_grade6_3

「演技力だけでなく一人一人存在感もあるので 全員揃ったら」

「すごく胸焼けしそうです」

「そうだろ?」

 

ワーキング等を描かれている高津カリノさんの新作。

声優業界に全く詳しくないのに、声優ネタにした作品書くとかチャレンジャー。

まぁ、ここまでコメディに振れてるなら、下手に知識ない方が変わり種のキャラ出せて楽なのかもです。

 

主人公は周囲に迷惑を掛けたくなく、引きこもっていた男子。

今家族に迷惑かけてるのよ! と姉に叱責され、とりあえず活動している形をとるため声優事務所を受けてみたら……なんと合格。

しかし、その事務所ダストボックスはその名の通り掃きだめというか、個性的な面々が集中している一風変わった場所で。

 

自称イタコで、霊をおろして演技しているという人とか。

「この水晶玉は値段高かったから信じられる」「その理屈は身を滅ぼすわよ みこと」とかのやり取りは笑いました。

後は、リアルで花を背負って出てくる先輩とか。ガチで年上を狙っている少年とか。

先輩の追っかけをしている女子とか。これで実力無ければ消えていったでしょうけど、無駄に腕はいいようで。

天は二物を与えずってこういう事かな……みたいな雰囲気があります。

 

まぁ、引きこもっていた神君も神君で割と個性的ですからね。

一応常識組よりではありますが。先輩を物理で黙らせたりする辺り、彼もスペックは高そうですなぁ。

変わり種ばかりで妙な化学反応起きそうなこの事務所の未来が気になります。

ダストボックス2.5(1) (ヤングガンガンコミックス)
高津 カリノ
スクウェア・エニックス
2016-12-24
 

ホリミヤ オフィシャルファンブック10.5

 ico_grade6_3h

「女の子だもんね」

 

10巻と同時発売のファンブック。

巻頭カラーで、人気投票の結果発表されてますが、まさかの井浦3位。

なんだかんだで愛されてるいじられキャラですしね。嫌いじゃないです。

 

それ以外ですと、好きなエピソードランキング。

1位はやっぱり9巻収録の告白の場面。

2位が1話で、3位が宮村が髪を切って登校したときの話。

大体順当な結果に終わってるんじゃないでしょうか。

ちょっと懐かしくなって読み返したくなりました。

 

キャラクターの初期ラフとかも掲載。

特別描き下ろし、メインキャラクターが大体出てくる「とある風の強い日」の話は出番なかった柳がどうなっていたのかちょっと気になる……あと3位なのに井浦いなかった。

……それは割といつもの事か。

巻末のイラストレーションギャラリーがカラーで掲載されていて嬉しかったですねー。



                                                                                      

ホリミヤ10

ico_grade6_3h

「――――ねえ宮村」「私達ずっと一緒?」

「――――ずっと一緒」「ずっと」

 

課題が出たので勉強する面々の話。

宮村と石川は進藤に教わって、由紀とレミは堀と河野さんに教わって。

勉強できない組の未来がちょっと心配だ……

 

クリスマスに思いのたけを打ち明けたというか。

思いが暴走して口走ってしまった感じですが。結婚しようと宮村が言ったことで、変に意識してぎこちなくなっていた二人ですが。

二年参りとかにいって、距離感を修正できたようで。やっぱり幸せそうでいいなぁ。

 

沢田との交流も進んでいて。

輪が広まって、「いつものメンバー」がどんどん増えていくのは青春してるなぁ、と言いますか。

……まぁ、沢田はクラスメイトとうまくいっていなくてちょっと大変そうですが。

まさか宮村が「宮村にはわかんない」「友達いっぱいいるじゃん」と言われる日がこようとは。

彼女の問題が解決したわけではないけれど……その言葉で、宮村は少し救われたんじゃないかなぁ。

 

仙石父と仙石が堀父に拉致られて、堀・宮村と堀家で対面するというよくわからない状況になってるエピソードもありましたが。

「親子そろって拉致られるプロなの?」とばっさり行かれてましたが、なんで父子揃って連行されてるのよ……

仙石父が、仙石の彼女の事を知らずにとても楽しい時間になっていましたが。仲いいな……

ホリミヤ(10) (Gファンタジーコミックス)
HERO
スクウェア・エニックス
2016-11-26
 

 

ヴァニタスの手記2

ico_grade6_3h

「……わかりません」

「ヴァニタス……!」

「〝救い“とは なんですか」

 

ヴァニタスの書の力を証明して。

オルロック伯爵との相互利用関係が成立しそうな感じです。

ノエの吸血鬼としての能力だとか、呪い持ちが出会った「シャルラタン」という謎の存在とか気になる情報が巻頭から盛りだくさんですなー。 

 

ノエの幼馴染も登場。

また一癖も二癖もありそうな手合いですが……ノエが好奇心からすぐにどこかへ行ってしまうのを承知していて、逃さないための対策を取っていたあたりは流石。

……それが首輪ってあたり、もうちょっと手段選べば……とは思いましたけど。

いやしかし、首輪外した途端迷子になったんだから、あれくらいしないと駄目なのか……

 

混沌という、これまでになかったものを生み出した実験事故なんかも出てきましたが。

なんかもう黒幕がノエの師匠でいいんじゃないか、みたいな雰囲気なんですけど。あの人一体何を考えて動き回ってるんだ……?

ヴァニタスの真意に関しても一部表に出てきましたが……彼も彼で色々抱え込みすぎというか、狂気に堕ちそうで怖い。

「お前達の意志に関係なく救う」と言っている時点で、既に手遅れという説もあります。

ヴァニタスの手記 (2) (ガンガンコミックスJOKER)
望月 淳
スクウェア・エニックス
2016-10-22
 

WEB版WORKING!!4

ico_grade6_3

「えーと今までは進藤さまがお嬢に殺されないよう見張る仕事だったんですが」

「今日付けで」

「進藤さまとお嬢がイチャ付くのを程よく邪魔する仕事になりました」

「転職したい!!」

 

恋愛模様が決着した後の物語。

鎌倉家の黒服さんたちは……その内良いことあるといいね!

志保がどんどん幸せで馬鹿になっていく……

そして、進藤父はいつまでだってもダメ人間ですな。なぜ返済まで稼ぎ切ったところで捕獲しなかったんだ……折角稼いだのに競馬でするとか。

何をしているのかと。

 

足立・村主のカップルは……足立頑張れ?

基本的に彼女に振り回されてばっかりですしね。

……彼が振り回す方に回るとそれはそれで大参事なんですけど。

「次の休みは温泉へ」の下りは……もうちょっと冷静になれ、と思いましたけどね。

折角、村主が一度考えるチャンスをくれたというのに、悟君に気付かされるって言うのはどうなんだ。

 

宮越は……なんか馬鹿さ加減にまた一段と磨き掛かってるというか。

このカップルの話だと「おバカに教える礼儀と節度」が好きですかねぇ。

相変わらずというかなんというか。

作者サイトで書かれていた落書きまんがの再構成なので時間バラバラな部分はありますが、まとめて読めるのはありがたい限り。

 

WEB版 WORKING!!(4) (ヤングガンガンコミックス)
高津 カリノ
スクウェア・エニックス
2016-09-24
 

 

魔法科高校の劣等生 九校戦編5

ico_grade6_3

「お前達は 触れてはならないものに手を出した」

 

原作34巻のエピソード九校戦編のコミカライズ、完結巻。

幹比古が意地を見せる場面からスタート。

この場に立てているのはCADや術式にアドバイスをくれた達也のおかげ。

けれど、全て達也のお蔭で済ませてしまうのは彼自身が許せなかった。

だからこそ、カーディナル・ジョージを倒すことで証明とする! と覚悟を決めた彼は格好良かった。

 

九校戦で悪巧みをしていた組織を潰したあたりは容赦なさに驚きましたが……

一部では成功していたように、彼らのやり方は裏の組織として目的を果たすという観点では間違ってないんですよね。

ただまぁ、手を出す場所を間違えたというか。あの兄の逆鱗に触れてたがゆえの当然の末路と言いますか。

 

十文字先輩が達也に結婚相手を勧める話のあたりだとか会話が減っていたのは少し残念。

あそこで達也が天敵認定するあたりのやり取りが結構好きだったんですが。

相変わらず兄妹で完結している二人で、いっそ安心すらしますけど。



livedoor プロフィール
アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索