気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

スクエア・エニックス

天賀井さんは案外ふつう3

 ico_grade6_3h

「あの子がいないとできなかった経験がたくさんあるし」

「第一」

「子は親から離れるものです 何も特別なことはありませんよ」

 

二人の化け物の扱いについて、蓬莱で和解が成立したため、ひとまず状況は落ち着いたようですが。

全ての真実が即座に明らかになるわけではなく……待機状態で夏休みが終了してしまって天賀井さんがちょっとテンションおかしくなってますねぇ。

まぁ、急転直下の状況で真木が落ち着きすぎって言う話でもあるんですが。

 

10年前の真相が明らかになり、真木が巻き込まれた理由なんかも判明しましたが……

真木は本当昔からあぁだったんだな……

変に落ち着いているというか、トラブルが発生しても出来る範囲で対応してのける辺り、かなり柔軟な精神をしてます。

 

真木の両親の特殊性が光っていましたが……血がつながらずとも、あの二人は立派に両親だったんだなぁ。

変人であるのにも間違いがない、って言うあたり、色々振り切った人達だと思いますが。

後書きで蓬莱側の事情については明らかにならない可能性もあったとか書かれていましたが、モヤモヤが残るよりはこうして解説が入った方が分かりやすくて好きですねー。

次回で完結となってしまうようですが、まぁ、10年前の謎も残ったらあとはエピローグだからなぁ。真木がいつどんな形で帰ってくるのか、結末が今から楽しみです。

 

ダストボックス2.5 1巻

ico_grade6_3

「演技力だけでなく一人一人存在感もあるので 全員揃ったら」

「すごく胸焼けしそうです」

「そうだろ?」

 

ワーキング等を描かれている高津カリノさんの新作。

声優業界に全く詳しくないのに、声優ネタにした作品書くとかチャレンジャー。

まぁ、ここまでコメディに振れてるなら、下手に知識ない方が変わり種のキャラ出せて楽なのかもです。

 

主人公は周囲に迷惑を掛けたくなく、引きこもっていた男子。

今家族に迷惑かけてるのよ! と姉に叱責され、とりあえず活動している形をとるため声優事務所を受けてみたら……なんと合格。

しかし、その事務所ダストボックスはその名の通り掃きだめというか、個性的な面々が集中している一風変わった場所で。

 

自称イタコで、霊をおろして演技しているという人とか。

「この水晶玉は値段高かったから信じられる」「その理屈は身を滅ぼすわよ みこと」とかのやり取りは笑いました。

後は、リアルで花を背負って出てくる先輩とか。ガチで年上を狙っている少年とか。

先輩の追っかけをしている女子とか。これで実力無ければ消えていったでしょうけど、無駄に腕はいいようで。

天は二物を与えずってこういう事かな……みたいな雰囲気があります。

 

まぁ、引きこもっていた神君も神君で割と個性的ですからね。

一応常識組よりではありますが。先輩を物理で黙らせたりする辺り、彼もスペックは高そうですなぁ。

変わり種ばかりで妙な化学反応起きそうなこの事務所の未来が気になります。

ダストボックス2.5(1) (ヤングガンガンコミックス)
高津 カリノ
スクウェア・エニックス
2016-12-24
 

ホリミヤ オフィシャルファンブック10.5

 ico_grade6_3h

「女の子だもんね」

 

10巻と同時発売のファンブック。

巻頭カラーで、人気投票の結果発表されてますが、まさかの井浦3位。

なんだかんだで愛されてるいじられキャラですしね。嫌いじゃないです。

 

それ以外ですと、好きなエピソードランキング。

1位はやっぱり9巻収録の告白の場面。

2位が1話で、3位が宮村が髪を切って登校したときの話。

大体順当な結果に終わってるんじゃないでしょうか。

ちょっと懐かしくなって読み返したくなりました。

 

キャラクターの初期ラフとかも掲載。

特別描き下ろし、メインキャラクターが大体出てくる「とある風の強い日」の話は出番なかった柳がどうなっていたのかちょっと気になる……あと3位なのに井浦いなかった。

……それは割といつもの事か。

巻末のイラストレーションギャラリーがカラーで掲載されていて嬉しかったですねー。



                                                                                      

ホリミヤ10

ico_grade6_3h

「――――ねえ宮村」「私達ずっと一緒?」

「――――ずっと一緒」「ずっと」

 

課題が出たので勉強する面々の話。

宮村と石川は進藤に教わって、由紀とレミは堀と河野さんに教わって。

勉強できない組の未来がちょっと心配だ……

 

クリスマスに思いのたけを打ち明けたというか。

思いが暴走して口走ってしまった感じですが。結婚しようと宮村が言ったことで、変に意識してぎこちなくなっていた二人ですが。

二年参りとかにいって、距離感を修正できたようで。やっぱり幸せそうでいいなぁ。

 

沢田との交流も進んでいて。

輪が広まって、「いつものメンバー」がどんどん増えていくのは青春してるなぁ、と言いますか。

……まぁ、沢田はクラスメイトとうまくいっていなくてちょっと大変そうですが。

まさか宮村が「宮村にはわかんない」「友達いっぱいいるじゃん」と言われる日がこようとは。

彼女の問題が解決したわけではないけれど……その言葉で、宮村は少し救われたんじゃないかなぁ。

 

仙石父と仙石が堀父に拉致られて、堀・宮村と堀家で対面するというよくわからない状況になってるエピソードもありましたが。

「親子そろって拉致られるプロなの?」とばっさり行かれてましたが、なんで父子揃って連行されてるのよ……

仙石父が、仙石の彼女の事を知らずにとても楽しい時間になっていましたが。仲いいな……

ホリミヤ(10) (Gファンタジーコミックス)
HERO
スクウェア・エニックス
2016-11-26
 

 

ヴァニタスの手記2

ico_grade6_3h

「……わかりません」

「ヴァニタス……!」

「〝救い“とは なんですか」

 

ヴァニタスの書の力を証明して。

オルロック伯爵との相互利用関係が成立しそうな感じです。

ノエの吸血鬼としての能力だとか、呪い持ちが出会った「シャルラタン」という謎の存在とか気になる情報が巻頭から盛りだくさんですなー。 

 

ノエの幼馴染も登場。

また一癖も二癖もありそうな手合いですが……ノエが好奇心からすぐにどこかへ行ってしまうのを承知していて、逃さないための対策を取っていたあたりは流石。

……それが首輪ってあたり、もうちょっと手段選べば……とは思いましたけど。

いやしかし、首輪外した途端迷子になったんだから、あれくらいしないと駄目なのか……

 

混沌という、これまでになかったものを生み出した実験事故なんかも出てきましたが。

なんかもう黒幕がノエの師匠でいいんじゃないか、みたいな雰囲気なんですけど。あの人一体何を考えて動き回ってるんだ……?

ヴァニタスの真意に関しても一部表に出てきましたが……彼も彼で色々抱え込みすぎというか、狂気に堕ちそうで怖い。

「お前達の意志に関係なく救う」と言っている時点で、既に手遅れという説もあります。

ヴァニタスの手記 (2) (ガンガンコミックスJOKER)
望月 淳
スクウェア・エニックス
2016-10-22
 

WEB版WORKING!!4

ico_grade6_3

「えーと今までは進藤さまがお嬢に殺されないよう見張る仕事だったんですが」

「今日付けで」

「進藤さまとお嬢がイチャ付くのを程よく邪魔する仕事になりました」

「転職したい!!」

 

恋愛模様が決着した後の物語。

鎌倉家の黒服さんたちは……その内良いことあるといいね!

志保がどんどん幸せで馬鹿になっていく……

そして、進藤父はいつまでだってもダメ人間ですな。なぜ返済まで稼ぎ切ったところで捕獲しなかったんだ……折角稼いだのに競馬でするとか。

何をしているのかと。

 

足立・村主のカップルは……足立頑張れ?

基本的に彼女に振り回されてばっかりですしね。

……彼が振り回す方に回るとそれはそれで大参事なんですけど。

「次の休みは温泉へ」の下りは……もうちょっと冷静になれ、と思いましたけどね。

折角、村主が一度考えるチャンスをくれたというのに、悟君に気付かされるって言うのはどうなんだ。

 

宮越は……なんか馬鹿さ加減にまた一段と磨き掛かってるというか。

このカップルの話だと「おバカに教える礼儀と節度」が好きですかねぇ。

相変わらずというかなんというか。

作者サイトで書かれていた落書きまんがの再構成なので時間バラバラな部分はありますが、まとめて読めるのはありがたい限り。

 

WEB版 WORKING!!(4) (ヤングガンガンコミックス)
高津 カリノ
スクウェア・エニックス
2016-09-24
 

 

魔法科高校の劣等生 九校戦編5

ico_grade6_3

「お前達は 触れてはならないものに手を出した」

 

原作34巻のエピソード九校戦編のコミカライズ、完結巻。

幹比古が意地を見せる場面からスタート。

この場に立てているのはCADや術式にアドバイスをくれた達也のおかげ。

けれど、全て達也のお蔭で済ませてしまうのは彼自身が許せなかった。

だからこそ、カーディナル・ジョージを倒すことで証明とする! と覚悟を決めた彼は格好良かった。

 

九校戦で悪巧みをしていた組織を潰したあたりは容赦なさに驚きましたが……

一部では成功していたように、彼らのやり方は裏の組織として目的を果たすという観点では間違ってないんですよね。

ただまぁ、手を出す場所を間違えたというか。あの兄の逆鱗に触れてたがゆえの当然の末路と言いますか。

 

十文字先輩が達也に結婚相手を勧める話のあたりだとか会話が減っていたのは少し残念。

あそこで達也が天敵認定するあたりのやり取りが結構好きだったんですが。

相変わらず兄妹で完結している二人で、いっそ安心すらしますけど。



月刊少女野崎くん8

 ico_grade6_3h

(そうか…この人には先輩が可愛く見えるのか…)

(そうか…こいつ結月に好かれてるかもしれねぇのか…)

((かわいそうに…))

 

自由なテーマでの読み切りを書くことになった野崎。

お題が自由なので逆に悩み、剣さんが他の作家さんでランダムカードで決めてる人がいるという話を聞きます。

要するに、三題話を自分で作れるように箱を3つ作って、テーマを放り込んでおくって言うアイテムなんですが……

野崎とそのアシスタントたちでやったら、凄いカオスな三つのお題になって……

折角ランダムに選べるよう箱まで用意したのに、最終的にカードすべて並べて選ぶという展開になってて笑った。


今回一番面白かったのは、瀬尾の兄貴のバイト先に鹿島がヘルプに入る話。

妹の友人から、妹の学園生活の様子が漏れ聞こえて頭を抱える兄……

オマケに、都さんと野崎の関係を誤解したままだから……一緒に店に来るのをデートと思って気落ちしたりと大変ですな。

若松ですら最近は瀬尾に反撃して悪くないリターンをもらってたり、安眠剤として歌姫の唄があったりするのに。瀬尾兄は今のところ癒しないよな……哀れな。

瀬尾兄と若松が遭遇して、お互いすれ違った会話をしたうえで相手を憐れんでる辺りには笑うしかなかった。

 

あとは、79号の鹿島の行動も笑えましたねー。

堀先輩愛情グラフとか書いて御子柴に解説している時間を部活に割けよ……!

鹿島の手作り大作戦が相変わらず凄いというか、彼女もスペック高いよなぁ……

手作りだとばれないように、ロゴからつくって誤魔化そうとするあたり、情熱傾ける場所を間違えてる。


以下に画像が特装版のものしか出てこなかったのでこちらを張ってますが、購入したのは通常版です。 



ヴァニタスの手記1

ico_grade6_3h

「遂にオレを手伝う気になったかノエ!!」

「違います!!」「えっ」

「オレがあんたを手伝うんじゃない あんたがオレを手伝うんですよ!!」

「いいぞ! やっぱりおまえは面白い!」

 

相変わらずの綺麗な絵柄で、好みです。

吸血鬼が存在している世界。

多くの人には、ずっと昔にあった人間との戦争に負けて滅びた、と思われているらしいですけど。

実際には割と生き延びているようで。

 

そんな世界にある、一つの童話。本来紅の月の下に生まれるはずの吸血鬼。

けれど、ヴァニタスという吸血鬼は、一人呪われていると言われる青い月の下に生まれて。

彼が残した、紅月の吸血鬼たちへ復讐するための道具。

それがヴァニタスの手記。

 

実際吸血鬼たちからは呪いの道具として恐れられていますね。

今、それを手にしている人間……ヴァニタスを名乗る彼は、その道具を使って、吸血鬼たちの治療を為しています。

志は立派だけど……割と最低ですよね、彼。ノエには生理的に無理とか言われてる場面ありましたし。

 

けど、これってヴァニタスがアイテムを持ってるのに、名を歪められた相手があちこちで生まれているって言うのが不穏だよなぁ。

可能性としては「ヴァニタスの手記」が複数存在する、とか。「仮称・ヴァニタス派」とでもいうべき、名を歪める術を確保して暗躍してる連中がいるとかそういう展開になりそうですし。

 

一方で、彼と出会った吸血鬼ノエも不思議な存在ですよね。

かなりの田舎者で、パリに出てきたときにはかなり感動していましたが。

呪われた青い月を恐れない変わった子ども。そして凄腕の吸血鬼に対しても「先生程じゃない」と判断していたり。

……謎なのは、彼の先生の方か。少なくともヴァニタスの存在自体は把握していただろうし、先生の登場が待たれる。

 

そして、カバー裏のデザイン話で、アシスタントさんたちが冷静で笑った。

「描きたくねぇ」「見る分には良い」とか。

「落ち着いてください。人間の腕は2本しかないんです(略)早まらないでください」とか。

ヴァニタスの手記(1) (ガンガンコミックスJOKER)
望月 淳
スクウェア・エニックス
2016-04-22


ホリミヤ9

 ico_grade6_3h

「どうせまた欲しい物でもあるんでしょ」

「アンタどうしても欲しい物って周りに言わないでしょ 何でか知らないけど」

「別にねぇ…何かを欲しがることなんて恥ずかしいことじゃないのよ」

「それが手に入るにしろ 手に入らないにしろ」

 

平然と堀家でくつろぐ宮村。

もう見慣れてきた光景ですが。今回は季節的にこたつが出てきて大活躍。

ギャグに使われ二人がいちゃつく場面でもこたつにみかんという定番アイテムあったりしましたし。

堀父に拉致されてこたつで寝てる仙石……いったい何をしているのか。

 

石川と吉川の二人組は亀の歩み……というか。

お互いに優良物件蹴って、どうしてか一緒にいる状態で。

捻くれてるというか、少し歪んでしまってる部分があって。

お互いの隙間に相手が上手い事入って、居心地よくなってる感じでしょうかね。

吉川姉がちゃんと妹のことを理解して、言葉をかけてくれるのはいいなぁ、と思いました。

 

クリスマスのエピソードも収録されていました。

上手くいっているところ。微妙に上手くいっていないところ。

カップルそれぞれに事情と課題とありますが。

仙石は昆虫ショックでちょっと挙動不審になってましたが。彼も扱い難しいよなぁ……

日々楽しく過ごしているようで、見ていて眩しい。

ホリミヤ(9) (Gファンタジーコミックス)
HERO
スクウェア・エニックス
2016-05-27
 
livedoor プロフィール
アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索