気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

楽園コミックス

柔肌

 ico_grade6_3

「そんなことしなくても一緒にはいられるんだよ」

 

いやぁ、重いというか暗いというか。

まとわりつくような恋の、圧力を感じる話が多かった。

ガールズラブ多めの短編集。

 

例えば「柔肌」。

母子家庭で育った少女。母の新しい恋人は、娘にも近づいて……

母は、娘を信じなかった。従姉を頼って逃げた少女が見つけた居場所の話。

「たのしいからだ」。

男遊び女遊びが激しいグループに属する少女が、そのグループから距離を取りたがっている男子に興味を持って。

舞浜君、かなりズケズケ言うなぁ。それでも近づくサラミが強い。まぁ、誠実にフラれるんですけど。

 

他にも数編収録。夜をとめないでの2人が好きなので、アフター収録されてたのは嬉しかった。

柔肌
ハルミチヒロ
白泉社
2019-07-31


ジェミニはお年頃1

ico_grade6_3h

「でも」

「そーいう私だから好きになってくれたんでしょ?」 

 

志摩先生の新刊!

12もなく買ってきましたとも。

しかも今回はひさしぶりに特典付きの店舗で購入できた喜び。

特典は多作品でやってる「ネクタイ交換」のネタでした。可愛い。

 

楽園で連載していた「ジェミニはお年頃」と「夜毎のジュリエット」の2作品が掲載されてます。

それぞれの主体となるカップルは別々ですけど、同じ学校通ってるので他視点を入れやすくなってる感じ。

 

「ジェミニ」の名の通り、気の知れた女子と付き合う事にしたら、彼女には双子の弟が居る事が発覚。

彼女のお宅にお邪魔するといつも鉢合わせる弟と彼氏の微妙な距離感が良いスパイスになってる感じですねー。

「夜毎のジュリエット」は隣に住んでる幼馴染のカップル。一度別れた後、元さやになったからか、結構あけすけ。元々そういう距離だった風味ですが。サバサバしてるけど、側にいる二人が結構新鮮で良い。

ジェミニはお年頃 1
志摩時緒
白泉社
2019-04-26


夜にとろける3

ico_grade6_4

「純香ちゃんなんで俺と付き合ってくれたの?」

「・・・うーん」

「・・・魔がさしたのかもしれない」

「なんて」

 

最終巻ってことでさみしくなります。

楽園本誌での連載があるから、癒しは残ってる。

好みな作家さんなので、続いてほしいものです。

「制服の恋人」、「こいはやみ」、「夜にとろける」を各3話、同人誌から「かたくなノンシュガー」、「ぎりぎりマイシスター」を収録。

 

個人的には、ぎりぎりマイシスターが収録されていたのは嬉しかった。

同人誌系の情報は積極的に収集してなくて、刊行に気付いたの「ぎりぎりマイシスター2」巻出てからなんですよねぇ。

「かたくなノンシュガー」は、「ぼっちな僕ら~」の追加エピソード。相変わらず喧嘩しているようですが……なんだかんだで続いているあたり、相性はいいのだろうか。

 

「制服の恋人」は新しいライバル登場かと思いきや、愛ちゃんが強かった。

「こいはやみ」の想いの方向がからまりあった複雑な状況は、他人事だと少し楽しかったですけど。当人たちには苦しい場面もあったのでは。

順当に幸せそうな小岩井・速水カップルのエピソードもちょっと見てみたかった気はしますが、あそこは「やみ」じゃないからなぁ……

 

「夜にとろける」は二人が付き合い始めるエピソード。気軽に突っ込んでいける新太は神経丈夫ねぇ。コミュ力高い。

そして告白されて、決定打がなくて迷ってる純香ちゃんが可愛い。「これだけ?」って固まってから顔を赤くする場面とか、もう。糖度高くて好きなカップル。

夜にとろける 3
志摩時緒
白泉社
2018-08-31


ディアティア5 エンゲージ

ico_grade6_3

「たぶん 先輩よりも私の方が先輩のこと好きですね」

「私の好きな人のこと 大事にしてくださいね」

 

ディアティアシリーズ、完結巻。

相手に触れたい、という気持ちが沸き上がって、改めて意識してしまっている二人が初々しくてかわいい。

睦子の友人の環にも恋人ができて、その付き合いっぷりを友人に語っていたので、睦子も影響を受けていましたねー。

後書きで「環の彼氏 名前はまだない」と書かれていて、完結巻なのに……と笑いました。

 

変に意識してしまって避けていた所に、環達カップルの交流を見て秋人に会いに行ったり。

環達が喧嘩したと聞いて、「言いたくても言えない事がないのか」気になったりしたり。

心配した秋人が睦子に会いに行ったりしてました。

ラブラブだな、この二人……

 

秋人の家は初期の頃かなり関係がこじれていましたが……最近は小康状態で。

会話が出来る程度には話が進み、結果として距離を取ることになっていましたが。

ちゃんと相談できる相手がいて、良かったなぁ、と。最初に睦子に言わない辺りはアレですが……いやまぁ、かなり重い話でもあるからなぁ、言いにくいのは良く分かる。

かなり不器用な伝え方にはなっていましたが……まぁ、彼ららしいのかなぁ。

受験の話題とか色々出ていたので、卒業式辺りで終わるのかなぁ、と思いきや夏期講習終わった辺りで幕となったのはちょっとびっくりしましたが。

ま、ここまで来た二人なら大丈夫ですかねぇ……多分。



夜にとろける2

ico_grade6_3h

「……うん わかった」

「そばにいるね」

 

WEB楽園で公開していた三組のカップル中心のストーリー。

「制服の恋人」47話。

『あまあま』でも登場していた愛ちゃんと、家庭教師だった先生のお話。

夏のある日、長袖長ズボンに日傘。日焼けしたくないといいつつ「先生のお誘いだから」と外に来ている愛ちゃん健気―。

途中の喫茶店に立ち寄ってますが、他のシリーズで出てた店ですねー。こういう遊び心は大好きです。

高校生になって、先生との距離感の変化に戸惑っているようですが……なんだかんだ幸せそうで何より、って感じですなー。年齢差はありますが、作中では一番健全なカップルなのでは。

 

「こいはやみ」69話。

2作が幸せそうなカップルですが、こちらは一転、まだまだ迷いの中にある少年少女の様子が描かれてますなー。

仲良し6人組の中からカップルが1組出来て。それで関係は変わってしまった。

早々にくっついた二人ではなく、残りの4人のお話がメインなんですよねー。

恋人になった小岩井と速水は、未だに一線を越えてないそうですが……初心だなぁ……別に他と競ってるわけじゃないんだから、ゆっくり行けばいいと思いますけどねー。

 

恋人同士になったことは祝福するけれど……思いが敗れた男女もまた確かにいて。

更には、その思い敗れた方の二人に気持ちを寄せてる、同性が好きな男女もいて。

想いの矢印が一方通行ばかりで、中々に危うい状況だったのでは、って感じですが。

思い敗れた二人も、いつまでも失恋を引きずらずに別の相手を探しに行ったりしてますが……それでさらっと相手を見つけてくるあたり大塚も要領良いな……

旭は中々ダメージを受けて、同性好きという事情を知ってるから、と鳥居の隣にいることを選んでました。

どんどん関係が変化していく中で、どこに着地するのかは読めないなぁ。

「夜にとろける」47話。Specialと、同じキャラが出てる「春の引力」も掲載。

同じバイト先の歳の差カップル。

一番進むところまで進んでる感じがします。

ひたすらに糖度高くていちゃついてばっかりなので、砂糖吐けそう。

いやまぁ、悩みが無いわけではないみたいですが……何とかなりそうな判り合いっぷりですからねー。幸せなのは良いことです。

夜にとろける 2
志摩時緒
白泉社
2017-08-31


君にしか教えない

ico_grade6_3

「自分を好いてくれてる好きな子をからかうのがこんなに楽しいとは知らなかったからなあ」

 

著者初のおねショタらしいですよー。

そういえば、これまでって男の方が年上ってパターンとか学生の恋愛が多めでしたか。

昔近所に住んでいた、年上の幼馴染。

当時から思いを抱いていたけれど、伝えることはできず。

時は流れ……少年が高校生になったとき、幼馴染は教師となって同じ学校に居て。

 

過去のエピソードなんかも織り交ぜながら、1巻でまとめられております。

千秋と一時付き合っていた詩織も結構いいキャラしてると思いましたがねー。

デザイン的には好み。まぁ、「他の人の事が好きでそれが報われない感じが良いと思った」というあたり、ちょっと厄介ですが。

うっかり千秋が明里と再会しなかったら、このまま詩織ルート入って、それはそれでうまい事まとまってたんじゃないか、みたいな感じはありますが。

 

年齢差と教師と生徒という距離感。

でも学校という場を離れれば、幼馴染という近い関係もあって。

じれったい二人の関係は、見ていて中々楽しかったです。

 

『あまあま』で登場していた女子二人も教師となって登場しているあたりファンサービスも有り。

今も仲が良さそうで何よりですねー。

アフターエピソードの中で、美咲の方はついに結婚する事になって同僚に報告したりしてましたが。今も壁殴り代行業必要になるほどいちゃついてるのかしら……

君にしか教えない
志摩時緒
白泉社
2017-07-31


あにいもうと

ico_grade6_3h

この恋のゴールはどこにあるんだろう

それがどこでも怖くないし

いま 他の恋ならいらない

 

妹から兄への気持ち。

少女から少女への気持ち。

男女間でのエピソードなどなど。

さまざまな恋…というか愛について描かれております。

 

2Pだけでしたが「夜をとめないで」のアフターが入っていて嬉しかったですねぇ。

幸薄いのは変わらないようですが……変な形になっていたとはいえプロポーズしてもらってましたし。

 

収録作だと「間違ってる恋」の二人の歪さが好きかなぁ。

笑顔ではなく、怒ってる顔、悲しそうな顔が好きだと言う少女。

束縛したい、とか他の人には渡したくないという欲求がある。「大好きなんだよ。だけど、かわいそうなあなたが好きなんだ」と心中で呟いてますが。

相手の男子も悲しそうな顔が好きだとか零してますし、割れ鍋に綴じ蓋な感じでお似合いなんじゃないかな……

 

あとは表題作の「あにいもうと」。

本編よりアフターの方が微笑ましくて好きですね。

兄の事が大切で……でも他の人と結婚して、子どもまで出来て。

学生のうちに「おばさん」になってしまった少女。「おばさん」と呼ばれたくないから子供を教育しに行く、という辺りが微笑ましい。

 

あにいもうと
ハルミチヒロ
白泉社
2016-12-22


夜にとろける 1

ico_grade6_3h

「いやいや 俺愛されてるなぁと思って」

「………… そうだよ」

「うん俺も純香ちゃんのこと好きー」

「…知ってる」

 

糖度たっぷりの恋愛コミック「あまあま」を書いた作者さんの新作。

3シリーズくらいをまとめて収録されています。

「制服の恋人」、「こいはやみ」、「夜にとろける」で3組のカップルが描かれています。

 

最初に収録されている「制服の恋人」は『あまあま』内で描かれていた「好きな人になりました」サイドの妹の愛ちゃんと先生の話。

先生の顔を見切れる構図にするのが毎度大変だそうです。

愛ちゃんは普段から積極的に動いてますが、いざ反撃されるとすぐ顔赤くしてる辺り可愛いですねー。

 

「こいはやみ」は仲良し6人組の中で結ばれた1組の話。

男子3人、女子3人の仲良しグループだったけれど、カップルが出来たことでちょっと関係が変わった部分もあって。

他の4人も付き合いだした二人の事が好きで。自分の好きな人が他の人と付き合って悔しい。けれど相手の事もよく知っているから反対も出来ない。

 

そうして自分の想いを飲み込めるあたり、強い良い子ですなぁ。いい友人に恵まれている。

勝ち目のない想いを燻らせている二人もいましたが。残り4人の関係がどう変化するのかにちょっと興味ありますな……

付き合いだした二人が甘味処「一条」に行ってるみたいな話があったので世界つながってるなぁ……と。

 

「夜にとろける」はバイト先で知り合った二人の話。

大学生男子と高校生女子。母校が同じで、文化祭に遊びに行ったりもしています。

この二人のエピソードは同人誌に収録されていたものも再録されているようで、嬉しいですねー。そっちまでは追い切れてなかったので。

このカップルが一番甘いですかね。「こいはやみ」は付き合いだした二人より友人たちの描写がメインですし。

イチャイチャして、不安になる場面もあって、でも日々を楽しんでいる。幸せそうで何よりですな。

 

微熱空間1

 ico_grade6_3

「私たち 今姉弟っぽいかなぁ」

「どうだろうなー…」

 

親の再婚によって、同い年の姉弟となった二人の話。

お互い「弟ができる」「姉が出来る」と聞いていたため、印象の違いに困惑したり。

そもそも、同年代の異性と上手く交流できず。

進んだと思ったら、同じだけ戻ってしまったり。

 

いやぁ、いい感じにもどかしいですなぁ。

下手に年齢が近すぎるから、距離感を上手く計れてない。

一方で、長い間一人でいた親が再婚すること自体は、めでたいと思っているもんだから難しいよなぁ。

 

今のところは、亜麻音の方がしっかり家族であろうとしてる感じ。

……というか男子に対しての警戒心が、実は薄いというか。親友も不安になるだろうなぁ……

逆に直耶の方は、家族とか姉としてではなく、異性として見て心乱れている様子がありありで。

コレが恋へ発展していくのだとしたら、自覚するのは直耶のが早そうですが。

亜麻音がその時どういう反応をするのかが今から楽しみではあります。

 


ディアティア4 トゥハート

ico_grade6_3h

「好きだ 好きだな…」

だからこそ こんなに苦しくなってる

 

新学期になって、色々と変化も出てきてます。

睦子と葉月は同じクラスになって、クラス発表の場で会った少女と友達になり。

サバサバしてるというか、初対面から睦子にモテる先輩に告白された人? って聞いて来たり、どこまで行ったのか、と聞いたりしてますし。

 

成田も進級して進路を考える時期に。

二人の関係はいつまで続くのか。どこまで踏み込めるのか。

付き合いが長くなってきた以上、そういう悩みとかも出てきまして。

イチャイチャはしてますが、微妙に距離感測り兼ねてる感じ。

 

でも、お互い思いは募らせてるので、なんていうか見ててじれったい。

睦子は卒業して会える時間がどうしたって減ってしまうことを実感したときに涙してましたし。

家に問題を抱えていたはずの成田の方にしろ、なにかにつけ睦子のことばかり考えてますし。

次で完結になりそうとのことで。今回みたいにじれったいのも嫌いじゃないですが、もっと砂糖吐きそうなくらい甘いオチにならないかなぁ、とか思ったり。

どうせならハッピーエンドの方がいいですし。

 
プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ